新しい地図

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「新しい地図」の稲垣吾郎(46)が、現在放送中のNHK朝ドラ「スカーレット」に出演することが「週刊文春」の取材でわかった。

    「スカーレット」は戸田恵梨香主演で、陶芸家を目指す女性を描いたドラマ。

    3月のエンディングに向けて、物語が佳境に入るころ、稲垣の出演となる。

     
    稲垣が地上波のドラマに出演するのは、SMAP解散直前の2016年の秋クールドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)以来。

    NHK朝ドラでは、15歳のときに出演した1989年の「青春家族」以来、31年ぶりとなる。

     
    稲垣、草彅剛(45)、香取慎吾(42)の「新しい地図」の3人について、かつて所属していたジャニーズ事務所が彼らを起用させないよう、テレビ局に圧力をかけた疑いがあるとして、公正取引委員会が独占禁止法違反の疑いで調査し、注意したと昨年7月17日にNHKがスクープ。

    他局も追いかけて報じた。

    「公取問題以降、ジャニーズ事務所に忖度して、出演を見合わせていた各局の雰囲気がガラリと変わった。
    昨年の大みそかには、3人揃って、日本テレビのダウンタウンの恒例特番『絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』に出演。
    今年1月2日放送の『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)の特番にも3人で出演しました」(民放社員)

    g


    稲垣を重用するNHKで先陣を切ってドラマ復帰


    なかでも稲垣を重用していたのが、NHKだった。

    稲垣は、誕生日である12月8日に「NHK俳句」(Eテレ)にゲスト出演。

    元日に放送された、古今東西の名著を識者たちが論じた「100分deナショナリズム」(Eテレ)にはMCで出演した。

    また、昨年末から放送されている、ややこしいけれど誰もが避けて通れない問題を検証する番組「不可避研究中」(総合)にもMCで出演している。

    「『100分deナショナリズム』では、独立戦争が話題になると、『独立戦争したわけじゃないんですけど』と笑いながらも、ジャニーズ独立を経ての意識変化を語ったり、ネット右翼について触れるなど、積極的に発言していました」(前出・民放社員)

     
    そして、「新しい地図」の3人のなかでは、先陣を切ってドラマ復帰を果たすことになる。

    「稲垣は主演しかやらなかったSMAPメンバーのなかで、いちはやく2番手以下の脇役に回りました。
    そこには人気の問題というのもあったのですが、かえって役柄が広がり、2010年の映画『十三人の刺客』で演じた残虐非道な殿様役は高く評価され、日刊スポーツ映画大賞や日本インターネット映画大賞の助演男優賞を受賞し、性格俳優としての道も開けました。
    木村拓哉が苦労した“アイドル俳優”からの脱皮も、果たすことができたのです」(芸能プロ関係者)

     
    今回の朝ドラ出演について、所属事務所は「局のほうにご確認ください」と回答。

    NHKは「個別の出演者情報、問合せについてはお答えしていません。
    出演者の発表については、さまざまな状況、タイミング等を見ながら発表しています」と回答した。

    「昨年の大河ドラマ『いだてん』で、のんを起用するのではないかという話がありましたが、実現しなかった。
    共演者が多く事務所同士のしがらみがある地上波のドラマ出演は、それほどハードルが高いんです。
    今回、NHKで稲垣さんのドラマ出演が“解禁”されたことで、今後、他局も『新しい地図』の
    メンバーを起用しやすくなる。
    稲垣さんだけではなく、草彅さんや香取さんの姿をドラマでみられる日も近いでしょう」(前出・民放関係者)

     
    脇役上等!で国民的ドラマ枠に臨む稲垣。

    「スカーレット」にどんな色を加えるのか。


    「週刊文春」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200121-00027825-bunshun-ent 

    所長見解:よかったやん・・・

    【【スカーレット】稲垣吾郎がNHKの朝ドラに出演ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年の大みそか、テレビ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)で、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が揃って出演。

    これが“地上波出演本格解禁”として話題を呼んでいる一方、そんな“祝福ムード”に水を差す声が上がり始めているようだ。


    t


    「元SMAPマネージャーで3人が所属するCULEN代表の飯島三智さんの天狗ぶりに呆れるメディアが、出始めています。
    ジャニーズ事務所取締役だった飯島さんのメディア対応は、いまだに“ジャニーズ方式”。
    ジャニーズという大きな後ろ盾がない今、そんな天狗対応ではやっていけないのですが、いまだにご本人はそれに気づいていない様子です。
    昨年は公正取引委員会から注意を受けたりしたこともあり、ジャニーズが影響力を利用してメディアに圧力をかけていると、よく指摘されますが、それだって飯島さんがかつて使っていた手法。
    そうやってSMAPを国民的アイドルに仕立て上げたんですから」(テレビ局関係者)

     
    そんな飯島氏の姿勢は、タレントも同様だという。

    今月10日、草なぎが主演の舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』の公開舞台稽古と囲み取材に登場したときのことだ。

    「当日昼頃に、取材時間の変更連絡がメディアにきたんです。
    午後5時20分からの予定だった囲み取材が、午後6時からに。
    舞台稽古中ですから時間がずれるのは珍しくもないので、特段気にしていませんでした。
    しかし、草なぎ本人が囲み取材中に『さっき40分くらい昼寝したんですけど』と言ったんです。
    40分押しは、まさかの草なぎの昼寝待ちだったのでしょうか。

    さらに、舞台初日の前日なのに『まだセリフを覚えていない』とか『芝居って難しいですよね、怒ってないのに怒ったり、悲しくないのに泣いたり』などと、とてもプロとは思えないような発言ばかり。
    SMAP時代なら許された言動かもしれませんが、ただの怠慢にしか見えませんね。
    正直呆れました」(メディア関係者)


    深夜会見でメディアから反感
     
    翌11日には、稲垣と香取が東京パラリンピック関連イベント「NO LIMITS SPECIAL 2020」に小池百合子都知事とともに出演した。

    「囲み取材は用意されていませんでしたが、スポーツ紙6紙だけが集められての囲み取材が行われていました。
    スポーツ紙の事務所担当記者だけを別室に呼んで、レクチャーや囲み取材をしたりするのは、ジャニーズ事務所のやり方です。
    社名と記者の顔もしっかり把握できているので下手なことを書かれなくてすみますし、都合の良いことを吹き込めばいいわけです。
     
    スポーツ紙に扱われた記事は、翌日朝の民放情報番組が紹介することで一気に拡散されるため、情報をコントロールしやすい方法なんです。
    しかし、今となってはスポーツ紙だってそこまでこの3人の情報を欲しがってはいません。この日も何紙かの記者はすでに現場を離れて、事務所サイドから呼び出しをかけられるほど。
    メディアも興味をなくしているんですよ」(テレビ局関係者)

     
    3人は2017年9月に「新しい地図」というユニットを立ち上げ再始動したが、こんなこともあったという。

    「再始動当初、東京・千代田区の帝国ホテルで期間限定のグッズ売り場を開設する際も、深夜にメディアを集めて会見を開くなどして、メディアからの反感を買っていました。
    こうしたことの積み重ねが、今後の活動にボディーブローのように効いてくると思いますよ」(スポーツ紙記者)


    地上波への“本格復帰”を果たしたこのタイミングだけに、新しい地図サイドは“配慮ある”対応を求められそうだ。


    https://biz-journal.jp/2020/01/post_137578_entry.html

    所長見解:そうなんや・・・
    【【新しい地図】香取・稲垣・草なぎにメディアが総スカンの深刻すぎる理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大みそかの夜から年明けにかけて放送された年またぎの特番『ぶっちゃけ寺』(テレビ朝日系)にて、MCを務める『爆笑問題』の太田光が、ジャニーズ事務所の元社長、故ジャニー喜多川氏の〝人情エピソード〟を語った。


    この日の番組は2019年の総ざらいとして、年内に起こったさまざまなニュースについて出演者が本音でコメント。

    太田に加え講談師の神田松之丞、社会学者の古市憲寿氏、『メイプル超合金』カズレーザーが意見を述べ合い、太田は19年に逝去した著名人をまとめたコーナーでジャニー氏との思い出を語り始めた。


    太田はデビュー前の『嵐』らジャニーズJr.と共演していたころの思い出から話し始め、ある日、収録にジャニー氏が視察で訪れていたことを知らず、持ち前の切れ味や〝放送できないネタ〟でJr.たちをイジってしまったと回顧。

    当時、「この番組には呼ばれなくなる」「もう終わりだ」と血の気が引いたが、当のジャニー氏は一切怒ることなく、以降も収録には頻繁に参加していったと明かした。


    さらに太田は、19年1月に『King&Prince』とジャニーズJr.が出演する舞台を見学した際のエピソードも告白。

    終演後、ジャニー氏のもとにあいさつへ訪れ、同氏と〝元ジャニーズ〟タレントの話をしたのだという。


    実態とかけ離れている世間の〝ジャニー氏像〟

    太田は『爆報!THEフライデー』(TBS系)で田原俊彦と長年共演しており、ジャニー氏との会話でも田原の話題が出たとのこと。

    すると、それを聞いたジャニー氏は「ウチのトシをよろしくね」など、田原の現状を心配しながら太田と話を続けていったという。
    さらに、太田が『新しい地図』の稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾主演映画で脚本を担当したことを話した際も、「3人のこともよろしく」と心配そうに気に掛け、退所後も〝教え子〟を案ずる素振りを隠さなかったと振り返っていった。


    「昨年7月、ジャニーズ事務所がかつての所属タレントである『新しい地図』の稲垣・草彅・香取をテレビ出演させないよう、一部の民放局に圧力をかけていた〝疑い〟があるとして、公正取引委員会から注意を受けていたことが一斉に報じられました。
    これにより、事務所社長だったジャニー氏は『元タレントを干そうとしていた極悪人』かの如くネット上でたたかれましたが、これは全くの誤りでジャニー氏は関与していません。
    今回、太田が話したエピソードはその証拠で、ジャニー氏は退所したタレントも我が子のように愛情を注いでいます。
    郷ひろみの退所を晩年まで悔やんでいたのは有名な話ですよ」(芸能事務所関係者)

    j


    では、「新しい地図」に圧力をかけていたのは誰なのか。

    その黒幕は、『嵐』の元チーフマネジャーだという。

    「昨年の『週刊文春』8月1日号は、『新しい地図』のテレビ出演を巡り、民放各局に圧力をかけていたのが『嵐』の元チーフマネジャー・A氏だったと独占スクープで明らかにしました。
    A氏は『嵐』の育ての親である藤島ジュリー景子氏の右腕として、元『SMAP』担当マネジャーで現在は『新しい地図』の事務所社長・I氏とも対立していた急先鋒。
    同報道により、一連の圧力工作はすべて〝嵐派〟によるものだったと明らかになりました。つまり、ジャニーさんを圧力の黒幕にしてたたくのは全くの勘違い・事実無根であって、ジュリー現社長を利するスケープゴートにしかならない。

    そもそも、ジャニーさんが担っていたのはあくまでプロデュース業で、事務所運営や対外的な交渉といった実務面は姉のメリー氏と姪のジュリー氏の仕事でしたから。

    ジャニーさんの人物像にしたって〝どこか抜けたところのある天然なおじいさん〟でしかなく、根回しとか圧力とか、昔からそんな狡猾なことができる人じゃありませんよ。
    彼は元タレントでも分け隔てなく愛する〝ジャニーズの父〟で、問題なのはジャニーさんの威を借りて好き放題やってきた部下たちなのです」(ベテラン芸能記者)


    〝死人に口なし〟となった以上、これからもジャニー氏は何かと批判にさらされる運命にあるだろう。

    しかしそれは、現社長のジュリー氏にとってこの上なく好都合な流れに他ならない…。


    http://dailynewsonline.jp/article/2145072/

    所長見解:おそろしな・・・
    【【衝撃真相】元SMAP3人に圧力をかけていた人物がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年12月31日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)で、“新しい地図”の稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)らが見せた、体を張りすぎたネタに視聴者がザワついた。


    s


    今回もテーマに沿って、新入生にふんしたダウンタウン、ココリコ、月亭方正(51)の5人を笑わせるため、豪華ゲストたちがさまざまなトラップを繰り広げた。

    天海祐希(52)や鈴木福(15)といったゲストが続々と登場する中、今回最も注目を浴びていたのは、新しい地図。

    企画がスタートして早々に現れた草なぎは、下着一枚にカメラを担いだ“全裸監督スタイル”で登場し、一緒に登場したバイキング小峠英二(43)から

    「あなたが一番やっちゃいけないネタでしょ!」
    「あの数年前の忌々しい出来事、忘れちまったんですか!」
    「なんも反省してないんですか!」

    とツッコまれ、

    「反省しすぎているかもしれません」

    と真顔で答えていた。


    その後登場した香取は、コワモテの生活指導の先生というキャラにふんしていたが、なぜか下半身はミニスカートにハイヒールをはいている常に下着が丸見えの状態で、5人に向かって「お前ら何でパンツ見てんだ!?」とツッコミ、全員を笑わせた。

    また稲垣は、『キングオブコント2019』で優勝したどぶろっくの歌ネタを披露。

    クールキャラの稲垣が、思わぬ力強い下ネタ熱唱にまたも全員爆笑していた。


    SMAPの頃とは違う、3人のふっきれた姿には視聴者も大爆笑。

    「本当に全て最高だった……! やり切る、カッコいい!!」
    「バラエティに出る覚悟と本気の姿勢、3人を私は心の底から尊敬します」
    「つよぽん、最高じゃん!」
    「MVPは吾郎ちゃん」
    「慎吾ちゃん登場苦しいほど笑える」
    「新しい地図の3人が出てて胸熱」
    「地上波で見られるのはメッチャうれしい」

    など、歓喜の声が上がった。

    もう3人に怖いものはない!?


    http://dailynewsonline.jp/article/2145663/
    日刊大衆

    所長見解:おもろかったな・・・

    【【元SMAP】香取慎吾・草なぎ剛・稲垣吾郎、地上波完全復活説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優・歌手の香取慎吾が、1日放送のAbemaTV『7.2 新しい別の窓 #22』元日SPで披露した“三ツ星ポーズ”がSNSで大きな話題となっている。

     
    ゲストのさまざまな芸能人が“初めて”のことに挑戦していくコーナー「元日初体験チャレンジ」で、お笑いコンビ・ナイツが「新しい地図で漫才」に初チャレンジ。

    SMAP時代のエピソードのほか、木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』も取り入れたネタで、爆笑を巻き起こした。

    ネタ披露後、3人とトークしたナイツの塙宣之が「10年くらい前にSMAP5人で作ったのが、一番最初の“ヤホー”漫才だった。
    それが話題になって『M-1』の決勝に行けたり、テレビに出られるようになった」と、SMAPが自身の飛躍のきっかけになったことを感謝した。

     
    また、土屋伸之が「スタッフさんから『香取さんがグランメゾンを見てるから、ネタをやっても大丈夫だよ』と言われた」と伝えると、香取は「ん?」とトボけた表情を見せながら「見れてないですね……、全部は」と木村のドラマを見ていたことを明かした。

     
    ゲスト陣から「見ていたの?」とツッコまれた香取は、木村がドラマで見せていたバイクにまたがりながら右手の指を3本あげる“三つ星ポーズ”を披露。

    スタジオからは大きな拍手があがった。

    no title


    SNSでは

    「慎吾ちゃんのグランメゾンポーズ最高!」
    「見事な三つ星ポーズ!」
    「きっと木村くんにも届いたよね!」
    「新年早々、嬉し涙が止まらない…!」

    などSMAPファンから歓喜の声が寄せられている。

     
    ナイツが新しい地図やSMAPをネタにした漫才も含めて、同番組はAbemaTVで見逃し配信中(1週間以内)。


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17612037/

    所長見解:解禁なん・・・

    【【元SMAP】香取慎吾、木村拓哉と和解した説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ