ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    新しい地図

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いよいよ、11月2日夜9時から、ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演するAbemaTV「72時間ホンネテレビ」が放送される。
    長時間ぶっとおしの生放送をうたっているだけに、いったい何が起こるのか予断を許さない。

    s


    「SMAPの育ての親である飯島三智氏によるアイデアによるものです。
    デビュー前まで事務所から見向きもされなかったSMAPがこれほどのアイドルグループに育ったのも、バラエティーだったり、メンバーとのガチ旅行だったり、ありえない状況に彼らを放り込んだリアクションが世間にウケたから。
    72時間という長尺にしたのも、テレビに出なくても存在感を示すためでした。
    飯島氏はAbemaTVを運営するサイバーエージェントの藤田晋社長に直談判して、これを成し遂げたのです」(テレビ関係者)

    これまで市川海老蔵、山田孝之、関根勤、GLAY、キャイ~ンの出演が決定。
    関係者によると、ほかにもサプライズ出演があるようだ。
    おそらく放送中は、ファンだけではなくマスコミ関係者、芸能関係者がかたずをのんで見るに違いない。

    何しろテーマは「ホンネ」。
    ネットユーザーからリアルタイムの質問を受け付けるというだけに、何が飛び出すかわからないからだ。

    「業界を忖度したようなきれいごとコメントに終始したら、彼らの注目度は一気に下がるでしょう。
    『なんだホンネじゃねえじゃん』と思われてしまう。
    先日稲垣がMXテレビで『AV見たことある』と言っていいましたが、そんなのはどうでもいいですよ。
    それより、『メリー喜多川と藤島ジュリー景子についてどう思うか』とか『キムタクは裏切り者だと思ったのか』とか『ジャニーズタレントの乱交事情』などをビシバシ答えてほしいですね」(スポーツ紙デスク)

    そんな周囲のハラハラした雰囲気をよそに、元SMAPの3人は意外に楽観的だという。

    「むしろ『楽しみ~』と言っていましたよ。
    ネット空間に軸足を移したことで、自由にできる喜びにあふれています。
    それが新鮮のようですね」(前出のテレビ関係者)

    だが、1人だけ浮かないメンバーがいる。
    草なぎだ。

    事情を知る関係者がこう明かす。

    http://dailynewsonline.jp/article/1371345/

    所長見解:おもしろそうだよね・・・
    【【待望解禁】草なぎ剛が「72時間テレビ」で恐怖する戦慄の事情ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPの5人が2017年の年末を迎えそれぞれ大きく動き始めている。

    中居正広は解散後も地道にMCをこなし変わらぬ人気をキープ、木村拓哉も興行成績的にはパッとしない作品が続いているが映画にドラマに大忙しだ。

    そんな中、ジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎と香取慎吾と草なぎ剛。
    この3人は、レギュラー番組が終了するなど一時は芸能界引退までささやかれるほどだった。
    しかし、蓋を開けてみれば元マネージャーである飯島三智氏と合流を果たし新事務所を設立。
    ジャニーズ時代では考えられなかったようなフットワークの軽い活動を行っている。

    「レギュラー番組が続々終了となり引退間近と言われた香取慎吾が、今は一番イキイキしているとか。
    一時は自暴自棄になっていたようですが、今では草なぎと稲垣を引っ張る存在になっているようです。
    もちろんそれには、幼い頃から母親のように慕っていた飯島氏と合流できたことが大きいでしょう。
    また、その飯島氏から自分が好きなファッションとアートについての仕事を提案されたとかで、元気いっぱいのようです。
    香取は自前の洋服が全部で3億円は買い込んだと言われるほどのファッションジャンキー。
    スタイリストが付く場合も、事細かに指示をするほどこだわりがありますからね。
    すでに香取のためのファッション会社が立ち上がるのでは、という話もあるくらいですよ」(芸能関係者談)

    t


    さらに3人がハマっているのが、ファンの声だ。

    「3人はそれぞれインスタグラムやツイッターなどのSNSを開始。
    瞬く間にフォロワーが伸びています。
    ここに書き込まれているメッセージを3人とも読んでいて、自分たちに対して様々な思いをぶつけてくるファンの言葉が非常に刺激的だったようです」(スポーツ新聞記者談)

    元気があるのは、お金の面での心配がないということも大きいようだ。

    「新スマップ『新しい地図』のサイトではファンクラブ会員も募集し入会費1000円、年会費4500円をファンから徴収しているが、3人は『ファンに喜んでもらって4500円払ってよかったと思われるサイトにしたい』とやる気満々のよう。
    入会者は開設から3日間で10万人を突破したとあって、とにかく上り調子のようです。
    映画の発表などもあり、現時点では20万人を超えているとの予想も。
    単純に計算しても10億円以上の売上がすでにある。
    お金と心に余裕ができた3人はさまざまなファンサービスを考えるために燃えているようで、とてもいい状態と聞きます」(スポーツ新聞記者談)

    どこまで元SMAPの3人を支持するファンは集まるのか?
    これからに注目だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1370314/

    所長見解:やり手ですね・・・
    【【飯島三人】新SMAP「新しい地図」の3人、心もお金も余裕タップリってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元SMAPの香取慎吾(40)が作品を出展しているアート展「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」に安倍晋三首相(63)が30日、来場。
    香取本人が首相に絵画の説明も行った。

    香取は今月13日、同展のレセプションに出席。
    昨年9月以来、1年1カ月ぶりのイベント出席となった。
    同展には作家として絵画2点を出展し「作家の香取慎吾です。作家と紹介されるなんておこがましいけど、凄くうれしい」と笑顔であいさつを行った。

    同展を主催する日本財団とは縁が深く、SMAPは2020年東京パラリンピック支援を目的に設立された「日本財団パラリンピックサポートセンター」(パラサポ)の公式応援サポーターを務めていた。
    都内の同センターには香取が延べ60時間かけて完成させた壁画が展示されている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000095-spnannex-ent

    no title


    所長見解:なんかすごいね・・・
    【【飯島無双】香取慎吾出展のアート展に安倍首相来場ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    株式会社CULENを設立し、ついに元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が新事務所での活動をスタートした。
    公式のHPである「新しい地図」では様々な憶測が飛び交うような仕組みもあり、またジャニーズ事務所が禁止をしているネット解禁もいち早く取り入れ、すでに映画制作まで見据えている。


    「3人での初仕事が、テレビではなくネット企業のサイバーエージェントが運営するAbemaTVなのが象徴的ですが、今後はジャニーズでは出来なかったネットを中心とした活動をしていく方針を取っている。
    特に香取慎吾は、インスタやツイッターをSMAP時代からやりたいと常々話していたのでやる気満々なようです」(芸能関係者談)

    この新事務所を切り盛りするのが、SMAPを国民的アイドルに育て上げた元ジャニーズ事務所の飯島三智氏だ。
    飯島氏はマスコミには再三、元SMAPメンバーとの合流はないと説明してきたがそれはもちろん嘘だ。

    「飯島氏のバックに付いているのは、SMAPの人気が解散後の今でも高い中国に資本を持つラオックス。
    また、そのチャイナマネーに興味を示しているのがバーニングプロダクション。
    彼女が、帝国とも言える巨大なジャニーズ事務所に対抗するために、ここ数年で着々と準備を進め手に入れた最強の切り札です」(週刊誌記者談)

    大手芸能事務所を辞めたら仕事を干される……、都市伝説のように語られてきているこの噂は、ここ数年、能年玲奈をはじめ様々な場面で本当だったことが明かされ始めている。

    「ジャニーズでも辞めたメンバーに圧力はあるのですが、元所属メンバーのONE OK ROCKのボーカルとして活躍しているTakaこと森内貴寛や、赤西仁はジャニーズを辞めた後もしっかりと人気を確保し活動を続けている。
    これは、二人が音楽業界に活動の軸をおいているからで、ジャニーズの圧力が通じるのは主にテレビ業界だけというのが定説です」(芸能関係者談)

    そこで、余計ないざこざを起こさないためにも、元SMAPの3人はまずはAbemaTVでの「復活」を大々的に行うつもりとなったようだ。

    「ネット配信といってもテレビ朝日の資本が入ったAbemaTVは、設備も技術も民放と遜色が無いと高い評価を得ています。
    しかも、運営元のサイバーエージェントの藤田社長を飯島氏に紹介したのはバーニングプロの周防氏と幻冬舎の見城氏。
    2人がジャニーズの妨害を何としても阻止するのではないかといわれている。
    飯島氏も、今回の配信をジャニーズに邪魔されないように、細心の注意を払っている。
    今後は、より多くの視聴者を確保するために、AbemaTVで放送した番組がテレ朝でも放送されるなどのコラボを積極的に行うようです。
    現在では、元SMAPの3人が年越し番組をネットと連動して行うプランもあるようで、ついに紅白歌合戦を超える民放番組が誕生するかもしれないと話題となっています」(民放関係者談)

    そんな話題ばかりの3人だが、忘れてはいけないのはジャニーズに残された2人、中居正広と木村拓哉の存在だ。

    n


    「実は木村も中居もiPhoneですらまともに使いこなせないような機械音痴で、ネット配信に関しては正直ピンときていないようです。
    ただ、3人が事務所を作ったことで行動が注目されるのが中居正広です。
    元々、稲垣、草彅、香取と来年合流すると言われ続けてきた中居ですから、どこで元メンバーと一緒に仕事をするタイミングがあるのか、注目されています」(民放関係者談)

    しかし、仕事も絶好調の中居の合流など、ジャニーズ事務所が許すはずもなく、嫌がらせにも近い報復が始まっているという。

    「ジャニーズ事務所は中居がジャニーズに残ったことに当初はいたく感動し、仕事を次々と取ってきていたんです。
    ただ、3人の盛り上がりもあって、徐々に中居を力で押さえつけようと圧力をかけ始めているとか。
    中居がメンバーにカバンをプレゼントしたなどの個人的な情報を女性週刊誌に流し、中居と3人の信頼関係を分断させようとしています。

    また中居にはマネージャーが増員され、私生活まで含め監視をされている状態です。
    今後、3人や飯島氏と密会をするようなことがあれば、女性週刊誌やスポーツ新聞に直ぐに情報を掲載するようリークするつもりなのかもしれません」(民放関係者談)

    果たして中居正広は3人と合流することはあるのか?

    http://dailynewsonline.jp/article/1368184/


    所長見解:来年だろうね・・・
    【【古い地図】中居正広をジャニーズ監視「新しい地図」との合流を本気で阻止ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛の情報を掲載する公式ファンサイト「新しい地図」が、映画「クソ野郎と美しき世界」を2018年春に公開予定だと発表した。
    しかも、この作品の制作陣には東京五輪のエンブレムで国を巻き込む盗作騒動を起こした佐野研二郎、CM業界で知らない人はいないと言われるほど有名な多田琢や権八成裕が名前を連ねている。

    t


    国家プロジェクトを動かせるレベルのクリエイター陣が揃ったわけだが、全員がSMAPの仕事に関わっていたとはいえ、無償で手伝ってくれるというわけではないだろう。

    「各スタッフのギャラを合わせれば、数千万円規模の企業CMでも予算が合わないほど豪華です。
    今回は、電通の子会社に勤務する権八成裕氏が各方面へ声をかけたそうで、映画の制作委員会を設立するようです」(民放関係者談)

    ネットも解禁した元SMAPの3人だけに、クリエイターたちも制作意欲を刺激されたことは確かなようだが、気になるのはこの映画の展開だろう。

    「気になるのは映画を制作するための資金です。
    最近の映画製作では常識となった、各方面から資金を集める制作委員会方式を取るようですが、それにしても本格的な映画を作成するとなると、数億円規模のお金が必要となる」(芸能関係者談)

    「また、ジャニーズとしても、クビにした面々がここまで大掛かりなプロジェクトを行うことをスルーするわけにいかない状況です。
    当然、民放各局や電通にも探りを入れ妨害工作をしていると聞きます。
    本来であれば、電通がメインとなって資金集めをして制作委員会を調整するところですが、ジャニーズの手前できない。
    そこで、関係者が考えだしたのがネット配信での一社買い上げという方法です」(広告代理店関係者談)

    今回、大々的に告知をしたが、内容も明かされないのにはこのネット配信に関わる裏事情があるという。

    「現在、巨額の宣伝費を使って広告展開している映像配信サイトがHulu、Amazonプライム・ビデオ、ネットフリックスです。
    その中でも、HuluとAmazonは様々なオリジナルコンテンツに大金をかけて勝負をかけている。

    今回、実はこの元SMAPの『クソ野郎と美しき世界』は映画という体制を取りますが、出資はHuluかAmazonの2社に絞られ、ここからどちらがより制作費を出すかの調整に入るようです。

    一歩リードしているのは、ジャニーズとの癒着が全くないAmazonで、数億円の制作費とメンバーへのギャラを用意していると聞きます。
    映画と言いながらも、先行上映はAmazonプライム・ビデオ限定で行い更にパッケージもAmazon独占で販売するという全方向でのサポートをするつもりのようです。
    その上で、今回の元SMAPの活動をサポートしている幻冬舎やバーニング、サイバーエージェントなどが制作委員会に参加するようです」(民放関係者談)

    確かに劇場公開となれば、ジャニーズタレントの作品がいまだに人気の高い邦画業界では苦戦が強いられることは明らか。
    ジャニーズ事務所からの妨害も受ける可能性が高いだけに、ネット展開は願ったりかなったりだろう。

    「更に、現在募集している『NAKAMA』という新しい地図の会員には、映画のクレジットに名前を出すなど特典も検討中のようです。
    最終的には、この年会費で4500円のファンクラブの会員を、100万人までに増やそうと考えているようです」(芸能関係者談)

    ファンクラブビジネスで利益を上げているジャニーズ事務所。
    独立した面々もまた、ファンクラブビジネスで巨額の収益をあげようと考えているようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1368183/


    所長見解:すごいことになってきたよね・・・
    【【華麗逆襲】元SMAP3人「新しい地図」の契約が億超え、大ブレイクへ ジャニーズの妨害を華麗にスルーってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ