ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    新しい地図

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大みそかの夜から年明けにかけて放送された年またぎの特番『ぶっちゃけ寺』(テレビ朝日系)にて、MCを務める『爆笑問題』の太田光が、ジャニーズ事務所の元社長、故ジャニー喜多川氏の〝人情エピソード〟を語った。


    この日の番組は2019年の総ざらいとして、年内に起こったさまざまなニュースについて出演者が本音でコメント。

    太田に加え講談師の神田松之丞、社会学者の古市憲寿氏、『メイプル超合金』カズレーザーが意見を述べ合い、太田は19年に逝去した著名人をまとめたコーナーでジャニー氏との思い出を語り始めた。


    太田はデビュー前の『嵐』らジャニーズJr.と共演していたころの思い出から話し始め、ある日、収録にジャニー氏が視察で訪れていたことを知らず、持ち前の切れ味や〝放送できないネタ〟でJr.たちをイジってしまったと回顧。

    当時、「この番組には呼ばれなくなる」「もう終わりだ」と血の気が引いたが、当のジャニー氏は一切怒ることなく、以降も収録には頻繁に参加していったと明かした。


    さらに太田は、19年1月に『King&Prince』とジャニーズJr.が出演する舞台を見学した際のエピソードも告白。

    終演後、ジャニー氏のもとにあいさつへ訪れ、同氏と〝元ジャニーズ〟タレントの話をしたのだという。


    実態とかけ離れている世間の〝ジャニー氏像〟

    太田は『爆報!THEフライデー』(TBS系)で田原俊彦と長年共演しており、ジャニー氏との会話でも田原の話題が出たとのこと。

    すると、それを聞いたジャニー氏は「ウチのトシをよろしくね」など、田原の現状を心配しながら太田と話を続けていったという。
    さらに、太田が『新しい地図』の稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾主演映画で脚本を担当したことを話した際も、「3人のこともよろしく」と心配そうに気に掛け、退所後も〝教え子〟を案ずる素振りを隠さなかったと振り返っていった。


    「昨年7月、ジャニーズ事務所がかつての所属タレントである『新しい地図』の稲垣・草彅・香取をテレビ出演させないよう、一部の民放局に圧力をかけていた〝疑い〟があるとして、公正取引委員会から注意を受けていたことが一斉に報じられました。
    これにより、事務所社長だったジャニー氏は『元タレントを干そうとしていた極悪人』かの如くネット上でたたかれましたが、これは全くの誤りでジャニー氏は関与していません。
    今回、太田が話したエピソードはその証拠で、ジャニー氏は退所したタレントも我が子のように愛情を注いでいます。
    郷ひろみの退所を晩年まで悔やんでいたのは有名な話ですよ」(芸能事務所関係者)

    j


    では、「新しい地図」に圧力をかけていたのは誰なのか。

    その黒幕は、『嵐』の元チーフマネジャーだという。

    「昨年の『週刊文春』8月1日号は、『新しい地図』のテレビ出演を巡り、民放各局に圧力をかけていたのが『嵐』の元チーフマネジャー・A氏だったと独占スクープで明らかにしました。
    A氏は『嵐』の育ての親である藤島ジュリー景子氏の右腕として、元『SMAP』担当マネジャーで現在は『新しい地図』の事務所社長・I氏とも対立していた急先鋒。
    同報道により、一連の圧力工作はすべて〝嵐派〟によるものだったと明らかになりました。つまり、ジャニーさんを圧力の黒幕にしてたたくのは全くの勘違い・事実無根であって、ジュリー現社長を利するスケープゴートにしかならない。

    そもそも、ジャニーさんが担っていたのはあくまでプロデュース業で、事務所運営や対外的な交渉といった実務面は姉のメリー氏と姪のジュリー氏の仕事でしたから。

    ジャニーさんの人物像にしたって〝どこか抜けたところのある天然なおじいさん〟でしかなく、根回しとか圧力とか、昔からそんな狡猾なことができる人じゃありませんよ。
    彼は元タレントでも分け隔てなく愛する〝ジャニーズの父〟で、問題なのはジャニーさんの威を借りて好き放題やってきた部下たちなのです」(ベテラン芸能記者)


    〝死人に口なし〟となった以上、これからもジャニー氏は何かと批判にさらされる運命にあるだろう。

    しかしそれは、現社長のジュリー氏にとってこの上なく好都合な流れに他ならない…。


    http://dailynewsonline.jp/article/2145072/

    所長見解:おそろしな・・・
    【【衝撃真相】元SMAP3人に圧力をかけていた人物がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年12月31日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)で、“新しい地図”の稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)らが見せた、体を張りすぎたネタに視聴者がザワついた。


    s


    今回もテーマに沿って、新入生にふんしたダウンタウン、ココリコ、月亭方正(51)の5人を笑わせるため、豪華ゲストたちがさまざまなトラップを繰り広げた。

    天海祐希(52)や鈴木福(15)といったゲストが続々と登場する中、今回最も注目を浴びていたのは、新しい地図。

    企画がスタートして早々に現れた草なぎは、下着一枚にカメラを担いだ“全裸監督スタイル”で登場し、一緒に登場したバイキング小峠英二(43)から

    「あなたが一番やっちゃいけないネタでしょ!」
    「あの数年前の忌々しい出来事、忘れちまったんですか!」
    「なんも反省してないんですか!」

    とツッコまれ、

    「反省しすぎているかもしれません」

    と真顔で答えていた。


    その後登場した香取は、コワモテの生活指導の先生というキャラにふんしていたが、なぜか下半身はミニスカートにハイヒールをはいている常に下着が丸見えの状態で、5人に向かって「お前ら何でパンツ見てんだ!?」とツッコミ、全員を笑わせた。

    また稲垣は、『キングオブコント2019』で優勝したどぶろっくの歌ネタを披露。

    クールキャラの稲垣が、思わぬ力強い下ネタ熱唱にまたも全員爆笑していた。


    SMAPの頃とは違う、3人のふっきれた姿には視聴者も大爆笑。

    「本当に全て最高だった……! やり切る、カッコいい!!」
    「バラエティに出る覚悟と本気の姿勢、3人を私は心の底から尊敬します」
    「つよぽん、最高じゃん!」
    「MVPは吾郎ちゃん」
    「慎吾ちゃん登場苦しいほど笑える」
    「新しい地図の3人が出てて胸熱」
    「地上波で見られるのはメッチャうれしい」

    など、歓喜の声が上がった。

    もう3人に怖いものはない!?


    http://dailynewsonline.jp/article/2145663/
    日刊大衆

    所長見解:おもろかったな・・・

    【【元SMAP】香取慎吾・草なぎ剛・稲垣吾郎、地上波完全復活説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優・歌手の香取慎吾が、1日放送のAbemaTV『7.2 新しい別の窓 #22』元日SPで披露した“三ツ星ポーズ”がSNSで大きな話題となっている。

     
    ゲストのさまざまな芸能人が“初めて”のことに挑戦していくコーナー「元日初体験チャレンジ」で、お笑いコンビ・ナイツが「新しい地図で漫才」に初チャレンジ。

    SMAP時代のエピソードのほか、木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』も取り入れたネタで、爆笑を巻き起こした。

    ネタ披露後、3人とトークしたナイツの塙宣之が「10年くらい前にSMAP5人で作ったのが、一番最初の“ヤホー”漫才だった。
    それが話題になって『M-1』の決勝に行けたり、テレビに出られるようになった」と、SMAPが自身の飛躍のきっかけになったことを感謝した。

     
    また、土屋伸之が「スタッフさんから『香取さんがグランメゾンを見てるから、ネタをやっても大丈夫だよ』と言われた」と伝えると、香取は「ん?」とトボけた表情を見せながら「見れてないですね……、全部は」と木村のドラマを見ていたことを明かした。

     
    ゲスト陣から「見ていたの?」とツッコまれた香取は、木村がドラマで見せていたバイクにまたがりながら右手の指を3本あげる“三つ星ポーズ”を披露。

    スタジオからは大きな拍手があがった。

    no title


    SNSでは

    「慎吾ちゃんのグランメゾンポーズ最高!」
    「見事な三つ星ポーズ!」
    「きっと木村くんにも届いたよね!」
    「新年早々、嬉し涙が止まらない…!」

    などSMAPファンから歓喜の声が寄せられている。

     
    ナイツが新しい地図やSMAPをネタにした漫才も含めて、同番組はAbemaTVで見逃し配信中(1週間以内)。


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17612037/

    所長見解:解禁なん・・・

    【【元SMAP】香取慎吾、木村拓哉と和解した説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    この年末年始も、笑うことを禁じられた5人が日本中を大爆笑の渦に陥れた。

    2019年12月31日に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系)の「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時」を見た視聴者から、満足したとの声が続出しているのだ。


    「笑ってはいけないシリーズ」が大みそかに放送されるのは2019年で14回目。

    近年は年末が近づくと放送を楽しみにする声が上がる一方で、一部の視聴者からは「マンネリ化している」との声が上がるなど、パワーダウンがささやかれていたが、いざふたを開けてみると、そのパワーに圧倒されたとの声が噴出している。



    「今回のガキ使は新しい地図に持ってかれた」

    番組冒頭、例年のごとく「バスシーン」がはじまるや、その最初に姿を見せたのは元SMAPの草なぎ剛さん(45)。

    草なぎさんは2019年に反響を呼んだ「全裸監督」のモデルとして知られる村西とおる監督(71)よろしくパンツ一丁の姿にカメラを担いで車中に突入し、出演者の5人を笑わせた。


    k


    また、番組中盤には香取慎吾さん(42)が生活指導担当の教員役として超ミニスカ姿で出演したほか、番組後半では稲垣吾郎さん(46)がどぶろっくの森慎太郎さん(41)と共に堂々と下ネタを披露。

    地上波から遠ざかっていた3人を起用した番組に対しては、「はー...今回のガキ使は新しい地図に持ってかれた」といった絶賛が殺到した。


    笑いの刺客の強力布陣に加え、「絶対に笑ってはいけない」はずのルールにひねりが加えられたことについても視聴者からの賞賛が相次いだ。

    バスシーンが終わってロケ現場に到着した5人のうち、ココリコの田中直樹さん(48)については、序盤に「無敵ボンタン」なるアイテムが提供された。

    このボンタン、ひとたびはくと、どんなに笑っても尻を叩かれないという「無敵化」が発生するという夢のような効果を持ったアイテム。

    このボンタンのおかげで、田中さんは序盤では幾度となく「アウトー!」を免れていたため、ほかの4人から羨望のまなざしを受けていたほか、視聴者からは「叩く人がビビって逃げていくのウケた」といった絶賛が相次いだ。

    なお、この無敵状態は20時前に、田中さんが「ボンタン狩り」に遭ってあえなく終了したのだった。


    「スッキリパロディ最高だった!」

    2019年の吉本興業と言えば、宮迫博之さん(49)らによる反社会勢力の会合での闇営業問題が会社を大きく揺るがせたが、「笑ってはいけない」はずのこれらの要素も、番組では笑いに昇華されていた。

    番組中盤では、ロバート・キャンベルさん(63)とモーリー・ロバートソンさん(56)というワイドショーの常連2人が宮迫さんと田村亮さん(47)の記者会見を、学校の全校集会のテイストのVTRで再現。

    また、このVTRを5人と共に見ていた加藤浩次さん(50)は、自身が出演する「スッキリ」(日本テレビ系)で会社の体制を批判した際の発言を踏襲し、「こんなこと言っていいのか分かりませんけど、みんな怖がってる!」と、会社の空気をチクリと批判するなど、2019年ならではのネタが満載だったため、視聴者からは「スッキリパロディ最高だった! ここまできたら岡本(※編注:吉本興業の岡本昭彦社長)も出ればよかったのに」といった声が相次いだ。


    このほか、昨年まで見られた定番コーナーが新コーナーに置き換わっているのも視聴者を喜ばせた。

    赤チームと青チームに分かれて対決するクイズコーナーは、出演者の5人が回答者として答えるクイズコーナーに変化。

    回答時間が長引けば長引くほどミイラのように布でグルグル巻きにされていくその様子が笑いを誘った。

    また、例年あったグラウンドで鬼ごっこが、今回は縄のぼりなど体力測定的な要素を含んだ「特別授業」に置き換わっており、やはり、その新鮮さが視聴者の注目を集めた。


    これら、新要素満載の2019年の「笑ってはいけない」に対しては、「今年のガキ使時間たつのあっという間だったな。マンネリ打破したのがいい。面白かった」といった絶賛が続々。

    ほかにも、「今回のガキ使はめちゃくちゃ面白かった!顔が痛くなるくらい盛大に笑い納めができました」と、大満足の結果だったとする声も上がっている。

    闇営業問題が明るみに出た2019年7月には、「笑ってはいけない」の放送を危ぶむ声すらあったが、それら困難な状況を見事に吹き飛ばした放送だったと言えるだろう。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17608625/

    所長見解:おもろかったな・・・

    【【高視聴率】今回の「笑ってはいけない」が好評だった理由がコチラwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大晦日「笑ってはいけない」で稲垣、草なぎ、香取の3人が揃って出演の超サプライズ


    ■果たして視聴率は!?
     
    大晦日に日本テレビ系列で放送される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の年越しスペシャルで、最新作「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」に「新しい地図」の3人が出演することが12月6日、デイリー新潮の取材で分かった。

     
    t

     
    番組の記者会見は12月4日に開かれたが、もちろん、そんなことは一言も発表されていない。
     
    都内の会場では、ダウンタウンの松本人志(56)、浜田雅功(56)、月亭方正(51)、
    ココリコの遠藤章造(48)、田中直樹(48)の5人が報道陣の前に集結。

    松本が「笑ったら叩かれるとは思っていなかった」とボケを披露した場面は、芸能メディアが大きく報じた。
     
    要するに長寿番組の余裕と貫禄の漂う会見だったわけだが、実は超弩級の“隠し球”を用意していたことになる。

    関係者が明かす。

    「今年の吉本興業は闇営業問題で揺れに揺れました。
    一時は制作を危ぶむ声もありましたが、日本テレビは続行を決断。
    それどころか、稲垣吾郎さん(45)、草なぎ剛さん(45)、香取慎吾さん(42)を出演させるという、とてつもないサプライズも準備していたわけです。
    もちろん撮影は終了しており、日テレは関係者に厳重な箝口令を敷いていたそうですが、これだけの大ニュースです。
    人の口に戸は立てられなかったのでしょう」


    「新しい地図」のファンなら、2018年も似た報道が行われたことをご記憶かもしれない。

    Smart FLASHは昨年の11月17日、「草なぎ剛、敏腕マネージャーが目論む『地上波復帰』計画」を掲載した。

    現在でも閲覧が可能だ。

    「出典は写真週刊誌のFLASHが11月27日号に掲載した記事です。
    『新しい地図』の3人を『笑ってはいけない』に出演させる動きがあったが、《最終的に日テレがジャニーズに忖度。
    土壇場で話は立ち消えになった》と伝えました。
    それが今年は無事に撮影まで漕ぎ着けたわけですから、日テレからすると悲願の企画が成功したということなのかもしれません」(同・関係者)
     

    別の関係者は、「一体、視聴率は何パーセントになるのか、業界では多大な関心が持たれています」と指摘する。

    「今年の『NHK紅白歌合戦』は“目玉に乏しい”と視聴率を不安視する声が根強く、一部のメディアも記事にしています。
    一方、『笑ってはいけない』シリーズの最高視聴率は、2013年の第1部が記録した19・8%です。
    最高記録の更新は当たり前というのが現場の雰囲気で、『紅白』にどれだけ肉薄するかというのが焦点になっています」

    もし、稲垣、草なぎ、香取の3人が出演したことが高視聴率につながったら、ライバル民放キー局も「自分たちの大問題」として再認識するのは間違いない。

    「これまで民放キー局は一丸となって、『新しい地図』の3人を“出入り禁止”にしてきました。
    香取さんが萩本欽一さん(78)と共演する『全日本仮装大賞』(日本テレビ系列)といった例外はありますが、ごく少数にとどまります。
    そのため彼らは、AbemaTVやYouTubeに活路を見出していたわけです。
    しかし日テレが“出演解禁”に踏み切ったとなると、追随する局が現れないほうがおかしいでしょう。
    特に来年は、東京五輪が開催されます。
    特番などに3人を出演させやすい環境になるはずです」(同・別の関係者)
     

    そして忘れてならないのは佐野史郎(64)だ。

    11月に番組のロケ中に腰の骨を折ったことが報道されたのは記憶に新しい。

    今のところ一部の芸能メディアは、佐野の場面を放送するかどうかを日テレは「検討中」だとしている。

    出演するのかしないのか確認したくて、大晦日にチャンネルを合わせる視聴者も少なくないはずだ。
     

    3人の出演について日本テレビに取材を依頼すると、文書で「個別の番組の制作過程についてはお答えしておりません」との回答が寄せられた。


    デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/12061900/

    所長見解:おもろそう・・・

    【【朗報】大晦日「笑ってはいけない」に稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が揃って出演ってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ