新しい地図

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2月16日、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、東京・調布市の武蔵野の森スポーツプラザメインアリーナで、初のファンミーティングを行った。

    会場には、昼夜2回公演で1万6000人ものファンが集まったという。

    「3人がジャニーズ事務所から独立後、初の単独イベントということで多くのファンが集結。
    一部スポーツ紙によると、会場では『新しい地図』の代表曲『雨あがりのステップ』などのライブパフォーマンスや、抽選で選ばれたファンをステージに上げ、一緒にゲームを楽しむなど、ファンにとっては満足のイベントとなったようです」(芸能記者)

    そんななか会場では、一部の心無いファンの暴走によって、お年寄りが大怪我を負う悲劇が起きたという。

    t


    「イベント後、ある女性ファンのツイッターの投稿が物議を醸しています。
    彼女によると、85歳の母親がイベントに参加していたそうなのですが、客席に金のテープが落ちてきた際、我を失ったファンが殺到し、母親は押し倒され、骨折したというのです。
    その時、ファンはイノシシ化しており、倒れた母親に目もくれずテープを追いかけていたとのこと。
    また、怪我をした女性はその後、入院となったようです。
    これにはSNSで『ご高齢の方を突き飛ばすとか、いい歳して常識がなさすぎる!』と批判の声が殺到。
    今後、イベントでは警備員の増員やテープの廃止が検討されるかもしれません」(前出・芸能記者)

    ファンには節度とマナーを守ってライブを楽しんでもらいたいものだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16044453/

    所長見解:元気やね・・・

    【【元SMAP】「新しい地図」ファンミーティングで何やら大事故の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中居正広の冠番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)が、3月いっぱいで打ち切られるという。

    14日発売の「女性セブン」(小学館)がその打ち上げの様子を報じ、中居正広に囁かれている「6月事務所退所説」も、とうとう信憑性を増し始めている。

    「女性セブン」によれば、2月8日の午後9時頃、中居正広は都内の居酒屋に姿を現した。

    中居が引き連れていたのは、陣内友則、アンタッチャブルの山崎弘也、おぎやはぎの矢作兼、タカアンドトシのトシ、ハリセンボンの近藤春菜。

    中居の冠番組『ナカイの窓』のレギュラーメンバーである。

    この夜は、3月いっぱいで打ち切りとなる『ナカイの窓』の打ち上げの席だったそうだ。

    日本テレビの正式な発表はまだないものの、『ナカイの窓』は4月の番組改編時期に合わせて終了すると見られており、後番組の担当にはジャニーズの後輩グループ、King&PrinceやSexyZoneが浮上しているという。

    n


    1月から囁かれてきた中居の番組打ち切り。

    1月16日付の「デイリー新潮」が、中居正広が抱える冠番組5本のうち、『ナカイの窓』と『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)が相次いで打ち切りになると報じたのだ。

    いずれも理由は「視聴率の低迷」という。

    しかし、実際の数字はどちらも打ち切りが必要なほど悪くはない。

    キー局が不自然な「中居切り」へと舵を切ったことに、関係者には驚きと衝撃が広まっていた。

    この不可解な動きによって浮上したのが、中居正広の「ジャニーズ事務所退所」だ。

    ジャニーズ事務所の契約更新確認は6月に行なわれるが、中居は契約を更新せず9月で退所するとの説である。

    現在、ジャニーズ事務所は転換期を迎えており、2018年をもって引退して裏方に回った滝沢秀明がJr.を統率するなど抜本的な改革が始まっている。

    この背景には、2016年のSMAP解散騒動に端を発し、ジャニーズのブランド毀損が進んでいるという事情がある。

    そんな中で、中居は事務所を立て直す役割を負うのか、それともこのタイミングで事務所を離れるのか。

    不可解な冠番組の打ち切りが相次いでいるのは、事務所が中居を「干して」いるのではなく、むしろ中居が現状の仕事を“整理”していると見ることも出来る。

    草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾は独立し、現在は自由な活動ぶりを見せている。

    中居がそちらに合流するとしても、ファンは納得するだろう。

    また、木村拓哉も同じく6月に契約更新を控えており、その動向が注目されている。

    木村は1月14日放送の『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に出演、占い芸人のアポロン山崎から「6月に新たなことがスタートする」とのお告げを受けて複雑な表情を浮かべていた。

    何事もなく夏を過ぎ、冬を迎えるのか。

    それとも「新たなことがスタートする」のか。

    中居と木村の決断に、注目が集まっている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1694320/

    所長見解:どうなんやろね・・・

    【【合流へ】中居正広、6月に決断説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPで俳優の稲垣吾郎がMCを務める、TBS系「ゴロウ・デラックス」が今春終了することが内定したことを、一部スポーツ紙が報じている。

    同番組は、2011年4月にスタート。

    稲垣と同局の外山惠理アナウンサーが、毎週1冊の話題書やベストセラーなど、さまざまなジャンルの本を深く紹介し、著者をゲストに招いて辛口トークを展開。

    良質な教養番組として評価が高かった。

    記事によると、これまでも番組存続について議論されることがあったというが、春の改編を機に、8年の歴史に幕を下ろすことになったというのだ。

    「稲垣は香取慎吾、草なぎ剛とともに17年9月にジャニーズ事務所から独立。
    その後、香取と草なぎは翌年4月の改編までに民放地上波のレギュラー番組が0本になり、稲垣のみ残っていたが、これで消滅してしまった。
    その背景には、相変わらずテレビ各局の、3人の古巣であるジャニーズ事務所への必要以上の忖度が働いてしまっている」(放送担当記者)

    t


    民放地上波でレギュラー0本の3人だが、映画、舞台、CM、インターネットTV・AbemaTVのレギュラー番組、SNSなどでマルチに活動を展開。

    それぞれの年収はすでにジャニーズ時代を上回っているとも言われているが、今後、民放地上波への復帰が叶うかどうかが気になるところだ。

    「一部報道によると、元SMAPの中居正広が3人の起用を旧知の制作サイドに対してアピールしているという。
    しかし、結果、中居のアピールは聞き入れられず。
    3人のために中居が大胆な行動を起こす可能性もありそうだ」(テレビ局関係者)

    今後、売れっ子の中居が3人を“サポート”し続ければ、民放地上波への復帰がかなうかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1680259/

    所長見解:中居いいやつやね・・・

    【【中居協力も】元SMAPの3人、民放キー局のレギュラーが全滅した理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ニュースサイト「デイリー新潮」は16日、中居正広がMCを務めるテレビ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)と『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)が打ち切りになると報じた。

    「『ナカイの窓』に関していえば、深夜番組としては視聴率は決して悪くない」(日テレ関係者)というが、テレビ局関係者は語る。


    「両番組とも打ち切りはまだ決定事項ではなく、その可能性も含めて4月以降も継続するかどうかを検討中という状況のようです。
    4月の番組改編期を見据えて、そろそろ各局が動き出し、業界内でも新番組や打ち切りなどに関する情報が流れ始めています。

    もし打ち切りとなれば“前広(まえびろ)”に番組サイドから広告代理店などへの説明が行われるので、もしかすると『図書館』や『ナカイの窓』の制作側から『打ち切りの可能性もある』という伝達が代理店側へなされ、その情報が漏れたのかもしれません」

    n


    では、なぜ中居の番組打ち切りという話が浮上しているのだろうか。

    「背景にあるのは、以前から取り沙汰されている、中居のジャニーズ事務所からの独立問題です。
    元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎はすでに事務所を退所し、木村拓哉と中居は残留しているものの、事務所が木村に力を入れる一方で、中居が冷や飯を食わされているのは明らか。
    元リーダーでもある中居は、やはりジャニーズには“居づらい”ようで、今年、事務所との契約を更新するかどうか悩んでいるという情報が広まっています。

    そのようななかで、責任感の強い中居だけに、局と事務所の関係を考えたときに、もし自分が事務所を辞めることになった際に冠番組が残っていると、局に迷惑がかかると判断し、退所の可能性や番組降板の意向を伝えたのではないかともいわれています」(別のテレビ局関係者)

    では、中居がジャニーズを退所して現在香取ら3人が所属するCULENに“合流”する可能性はあるのだろうか。

    「昨年末、中居が香取たち3人と忘年会をやるために集まるんじゃないかということで、複数のメディアがマークしていましたが、4人の関係は今でも悪くない。

    新たな所属先としては、CULENのほか、大手の吉本興業や田辺エージェンシーなどの名前が取り沙汰されている状況ですが、まだ何も決まっていないようです。
    もっとも、ジャニーズの“お家事情的”には、稼ぎ頭の嵐も全員30代後半となり、NEWSやTOKIOなどの不祥事もあり、さらには若手グループも順調に育ってきているとはいいがたい状況のなか、安定的に稼いでくれる中居は、事務所としてはありがたい存在であることは間違いない。

    “反SMAP”だったメリー喜多川副社長が一線から身を引いた今、事務所としても簡単には手放さないでしょう」(週刊誌記者)

    今年、中居をめぐる周辺が慌ただしくなりそうだ。

    https://biz-journal.jp/2019/01/post_26335.html


    所長見解:出るのかね・・・

    【【合流へ】中居正広、ジャニーズ事務所を年内退所説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    脱・地上波という立ち位置ながら、快進撃を続ける香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人。

    当初、SMAP解散以降は厳しい船出が予想されていましたが、ファンの強い後押しと、また流れに身をまかせる形が功を奏したのか「業界から干されている」ようには殆ど見えません。

    それどころか、笑福亭鶴瓶師匠や古舘伊知郎など諸先輩の力添えもあって、これまでにない新しい芸能人としての在り方を証明してくれています。

    しかしそうは言え、いまだキー局から声がかからないという現実。

    何が原因なのかと考えてみると、やはり思い当たるのはジャニーズ事務所の彼らに対する妨害行為と、それに屈する姿勢の民放局及び大手芸能事務所ではないのでしょうか。

    某プロダクション関係者に、話を伺ってみました。

    「YouTubeにブログ、Instagramなど自ら近況や情報を発信するスタイルでファン離れを防いでいる彼らですが、やはりシンプルに民放局に出られないという部分では苦戦しているかと思います。

    最近は若者のテレビ離れが深刻ですけど、それでも腐ってもテレビみたいな部分はまだまだ世間的に残ってる。

    香取くんがパリで個展を開いたり草なぎくんが舞台で活躍するなど、彼ら3人はびっくりするほど多様で快挙とも言える大きな仕事を成し遂げてますが、ワイドショーで取り上げられることは皆無と言っていい。

    ジャニーズが水面下で圧力をかけているのはもちろん、事務所に残ったと中居くん、とくに木村くんへの配慮を局に求めているのは事実ですし、いわゆる〝そちら側〟を贔屓していた大手事務所は新しい地図を共演NGにして、関係者らにそう公言もしています」(芸能関係者)

    t


    その大手事務所とは一体、どこなのだろう?

    「吉本興業ですよ。
    まず、中居くんとナインティナインの関係性は、笑っていいとも時代から始まり、めちゃイケの名物企画『日本一周』へと繋がった。
    そのイメージは今でもとても強い。
    そして明石家さんまさんと木村くんはプライベートでつるむほど仲が良く、特別番組『さんタク』も不定期ながら放送中です。

    どちらの番組もフジテレビなので、ジャニーズに配慮しているのは明確。
    吉本はナイナイ以下の芸人たちが新しい地図との共演を熱望しているそうですが、事実上黙殺された状態で、それにはさんまさんが一枚絡んでると聞いてます。

    さんまさんは古い体質の方で、業界を引っ掻き回した挙句に世話になった事務所を飛び出したんだから、それなりの覚悟があってのこと。

    まだこっちに戻ってくるのは早いんとちゃうか、という考えを持たれているらしい。
    天下を取ったSMAPですし、いろんな事務所の方と仕事されてきたと思いますが、とくに共演数の多さや中居くんと木村くんと仲の良かったタレントを抱える事務所は、今後のことを踏まえ自主的に共演NGにしているともっぱらの噂です」(同上)


    昔より弱体化しつつあると業界内で囁かれる吉本興業ですが、とは言え芸人以外のタレントまで全てひっくるめると、所属タレントは6500人を超えています。

    なので、テレビ、広告媒体、イベントなど何かしら辿っていくとジャニーズに繋がることが多々あり、それが新しい地図を故意に避ける原因となっているのだと推測できます。

    また、フジテレビ社員からは、こんな興味深い話を聞くことができました。

    「いくらネット社会とは言っても、地上波に出られないタレントは致命的。
    新しい地図の3人はできれば業界人、どこの局や媒体も本音では使いたいはずなんですよ。
    大手企業のCMにも起用されてますし、音楽や舞台など実績も積んでますから。
    彼らはまだまだスターなんです。
    もちろん事務所同士のしがらみなどありますけど、キー局、とくにうちがその封印を解いてあげれば全てが解禁状態となって、なんなら中居くんとの4人での共演も夢ではないと思うんです。
    しかしそれ以前の問題というのも実はありまして、香取さんらを連れてジャニーズを出たマネージャーの飯島女史。

    まだまだ前途多難な元SMAPの三人衆。

    年内のキー局復帰は難しいかもしれない......。

    https://news.infoseek.co.jp/article/knuckles_4374/


    所長見解:そうなんや・・・

    【【元SMAP】「あの事務所」の圧力 で「新しい地図」いまだに地上波出演は絶望的ってよ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ