ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    料理

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1990年代に人気を博した中華料理人・金萬福氏(64)が15日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。

    現在は六畳一間のワンルームで一人暮らししていることを明かした。

    92年にテリー伊藤(69)が手掛ける「浅草橋ヤング洋品店」(テレビ東京系)に炎の料理人として出演し、片言の日本語と独特なハイテンションで大人気に。

    翌93年には、テリーとともに中華料理店をオープンし、月商3800万円を叩き出した。

    ピーク時の年収は5000万円以上だったという。

    ところが、「今は貧乏だから…」と現在は六畳一間のワンルームで一人暮らし。

    今でも中国料理店で総料理長を務めており、88年に香港に家族を残し単身赴任して以来、31年間、仕送りを続けているという。

    テリーの話題になると「怖かったよあの人」と切り出し、「ガソリンを口の中に入れて火を吹かされた。僕、料理作るために日本来たんだから。おかしいよ」と27年越しに“クレーム”をつけていた。


    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000146-spnannex-ent 


    所長見解:懐かしいね・・・

    【【あの人は今】人気料理人・金萬福氏の現在がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の工藤静香(48)が自身のインスタグラムに投稿した食事が話題となっている。


    k


    工藤といえば先日、ツナ缶を活用したお弁当を披露したところ「さすがのクオリティ」「お昼これだけ?」など賛否両論のコメントが寄せられたばかり。


    そんな工藤が12日、「友人から頂いた美味しいローストビーフに金柑の甘煮、一緒に食べると美味しいです。タレは甘辛和風にしました。
    小さいガラスの中はザックリおろした大根にシラス、ポン酢のジュレ サラダはワカメ、大根に、お揚げ、シソ、トマトがアクセントになります。
    こちらはポン酢に胡麻油を少し あとは肉じゃがさんと、マグロの漬け」とつづり、豪華な食卓の写真を公開した。

    おかずはメインのローストビーフや小鉢などを含めると5品となる。



    ※インスタ画像がコチラ


    そんな食卓の光景に対してファンからは、

    「レストランみたいにキレイ!!美味しそう!!」
    「最高の食卓です。健康的この上ないっ!」

    「手間暇かかった丁寧な食卓」
    「ローストビーフに肉じゃが!肉食系な御家族ですね」

    などの絶賛コメントが寄せられていた。



    複数のお肉料理が並んでいても不健康なイメージは微塵もない。

    バランスや彩りは見事であり、これが日常の光景と言われても、少々疑いたくなってしまうレベルのクオリティだ。


    仕事に子育てと多忙を極める中でも一切手を抜くことのないところにフォロワーたちは驚くばかりなのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1733582/

    所長見解:センスが・・・

    【【キムタク家の食卓】工藤静香さんが作るレストランのような晩ごはんがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の工藤静香(48)が自身のインスタグラムに投稿した内容が話題となっている。

    工藤といえば先日、賞味期限が2カ月ほど過ぎている乾燥昆布を使ってお新香を作ったことを公開したところ、「普通の主婦感覚で親近感半端ないです」「あるあるです」などの共感を得られるコメントが殺到したばかり。

    b


    そんな工藤は12日、「お弁当のおかずを用意し忘れた朝、戦力になるのはツナ缶。
    玉ねぎみじん切り、キツネ色になるまで炒めると甘くて美味しいです。

    人参摩り下ろしをしっかり炒めて冷やご飯そしてツナ缶の水分を切り炒めて塩コショウ。
    栄養たっぷりツナチャーハンの出来上がり。」とコメントを添えて、お弁当の写真を公開した。


    さやえんどうや花びら型のニンジン、ブロッコリーがプラスされ、彩り鮮やかな仕上がりだ。



    ※インスタ画像がコチラ


    この投稿を見たファンからは、

    「ツナ缶なら、だいたいストックしてます!」
    「用意し忘れてこのクオリティ流石です。」

    「ツナ炒飯絶対美味しい!」
    「栄養のバランスもいいですね」

    などのコメントが寄せられた。



    しかし、一方では「本当にこんな庶民的な感じなんですか?」「お昼これだけ?」など疑問の声もあがっていた。

    栄養のバランスや見た目的には問題ないようだが、お昼ご飯としては少し分量が物足りないように感じられてしまったのだろう。

    豪華なお弁当であっても質素なお弁当であっても何かしらの批判的なコメントが寄せられてしまうのが現実なのかもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1729716/

    所長見解:センス・・・

    【【インスタ投稿】工藤静香さんのセンスあふれる手作り弁当がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    松屋フーズは、ステーキの新業態店「ステーキ屋 松」の展開を始めた。

    1号店は東京都内に出店。

    1980年代に同業態を手掛けたことがあり、約30年ぶりの再挑戦となる。

    低価格帯のステーキ店が増えており、1千円程度の手ごろな価格の店舗には商機があると判断した。

    全国に順次展開し、新たな収益の柱に育てる。


    ステーキ屋松の1号店はJR三鷹駅(東京都三鷹市)北口に設けた。

    看板商品の「松ステーキ」は200グラムのステーキとサラダバー・スープバーがセットになり、価格は1千円。

    米国産牛の肩甲骨付近の部位「ミスジ」を使用。濃厚な味わいで脂身は少なめという。

    同社は82年にステーキ業態を1店出店したが、88年に閉店。

    その後は松屋のメニューにステーキを取り入れたことはあったものの、同業態を手掛けてはいなかった。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42301880R10C19A3HE6A00/

    no title

    所長見解:うまそうやん・・・

    【【いきなり対抗】松屋が「ステーキ屋 松」をオープンってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本テレビの朝の情報番組『ZIP!』の人気コーナー『MOCO’Sキッチン』を担当してきた速水もこみちの番組卒業が発表された。

    同コーナーは2011年4月から始まり、番組を支え続けてきたが、8年で終了することになった。

    これにより心配されているのが、速水の行く末だ。

    最も大きな仕事を失ってしまった速水には、ユーチューバー転向がウワサされている。

    しかし、本人は芸能界に見切りを付け、実業家転身を目指しているとも囁かれている。

    「2002年に正統派のイケメン俳優としてデビューした速水ですが、俳優としての評判は決して良くなかった。
    早々に芸能界から消えかけたのですが、MOCO’Sキッチンでの料理が人気となり、再ブレークを果たしました。
    だからと言って再び俳優業に戻ろうにも、需要はないでしょう」(テレビ局関係者)

    m


    キッチングッズのプロデューサーに?

    現在のイメージは速水=俳優ではなく、速水=料理人であり、料理に多用するオリーブオイルが代名詞となっている。

    「料理の腕前が確かなのは周知の通り。
    そのため『ユーチューバーとなって料理チャンネルを開設するのでは?』といわれています。
    日々の献立に頭を悩ませている主婦たちを視聴者として取り込めることが確実だからです」(同・関係者)

    しかし、それ以上に速水が興味を持っているのは、実業家としての道なのだという。

    これまでもオリーブオイルのプロデュースなどを行ってきたが、いよいよ本格的に乗り出そうというのだ。

    「食材やキッチングッズのプロデュースや輸入、飲食店の経営など多角的に行う構想です。MOCO’Sキッチンが終了する4月以降に本格的に話を進める意向のようですね。
    速水本人も俳優としては頭打ちなことは分かっていますから。
    これまで築き上げたイメージがあるので、成功は間違いないと予想されていますよ」(芸能プロ関係者)

    速水にとってMOCO’Sキッチン終了は青天の霹靂だっただろうが、災い転じて福となす、となりそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/77750

    所長見解:いいやんか・・・

    【【実業家転身】速水もこみちが芸能界引退説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ