政治

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    学業専念のため、今年4月より無期限の芸能活動休業に入っているタレントの春香クリスティーン(26)が、12月7日に結婚したことを所属事務所が発表した。

    お相手は、かねてより交際が報じられていた共同通信の記者Aさん(30)。

    クリスティーンはかつて、「若い頃の麻生太郎さんに似ている」と語ったこともあったが、なかなかどうして、かなりのイケメンで――。

    h


    ちなみにAさんが勤務する共同通信は、2人の結婚をどう報じたかといえば――、

    〈タレントの春香クリスティーンさん(26)=写真=が30歳の男性と結婚したと所属事務所が8日発表した。
    春香さんはスイス生まれで父は日本人、母はスイス人。テレビの情報番組などで活躍し、芸能界屈指の「政治マニア」として知られる。
    今年4月に芸能活動を休止し、秋にドイツの通信制大学に入学、日本とドイツを往復しながら政治・行政・社会学を学んでいる。(共同)〉

    クリスティーンの情報ばかりで味も素っ気もないので、Aさんがどういう人なのか関係者に聞いてみた。

    「東大では文学部の仏文でしたが、三島由紀夫(1925~1970)ファンでした。
    豊島区のシェアハウスに男ばかり3人で暮らしていたそうです。
    頭がいいのはもちろんですが、長身で目のパッチリしたイケメンですから、結構モテましたよ。
    クリスティーンとは2年前から交際していたので、去年の11月に彼女が休業を発表したときには、『結婚が近いのかな?』と思っていました」

    Facebookを見せてもらうと、確かにイケメンの好青年だ。

    大学卒業後は、最初から新聞記者を目指したのかといえばそうでもなく、テレビ局も受験したようだ。

    ここからは、政治部記者の話である。

    「なんでも民放から内定をもらっていたそうです。
    しかし、共同で面接を担当したデスクがえらく彼を気に入って、人事に『絶対に採ったほうがいい』と猛プッシュしたそうです。
    2011年に入社し、京都、水戸、東京、そして現在は沖縄の那覇支局で勤務しています。
    沖縄では米軍基地関係の仕事がメインになるわけですが、結構、独自ネタも拾ってきますし、若手のエース記者と言っていいんじゃないですか」

    たしかに那覇支局に移ってからは、米軍普天間飛行場の辺野古移転に関する記事が多いようだが、Aさんの人柄がわかるようなものではない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181217-00553443-shincho-ent


    所長見解:なんやね・・・


    【【電撃結婚】春香クリスティーンの結婚相手がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    漫才コンビのウーマンラッシュアワーが9日、フジテレビ系「Cygames THE MANZAI2018 マスターズ」に出演し、昨年に続き沖縄基地問題、原発問題、自然災害を受けた被災地の問題など時事ネタを披露した。

    ネット上では「去年より良かった」などと盛り上がり、瞬く間にトレンドランキングのトップになった(午後10時の時点)。

    w


    村本は得意の早口でまくしたてた。

    「LGBTの人たちにカミングアウトという言葉を使わせている。自分が自分のことを言うのにカミングアウトという言葉を使わせている社会は普通じゃない」

    「沖縄の海ってだれのもの?日本のもの?アメリカのもの?違う。沖縄県民のものなんです。今こそ沖縄県民の怒りの声に耳を傾けるべき」

    などとマシンガンより早いと思われるスピードで次々と問題提起した。

    ネット上では直後から盛り上がり、

    「村本すごい感動」
    「ネタに感動しました」
    「面白い すげえなあ」
    「見終わった後で考えさせられるネタというのは素晴らしい 心に留まっている。映画のようである」
    「今の社会情勢を訴えていたことに感謝!社会情勢を訴えながら笑いに変える村本さんはすごい」

    などとほかのコンビとは全く異なる芸風に称賛の声が多く見られた。

    また、

    「説教して終わるのは芸人ではない」
    「何が言いたいか分からない」

    と批判的な声も見られた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000127-dal-ent


    所長見解:どこへ・・・

    【【放送事故】ウーマンラッシュアワー村本さん、THE MANZAIでまたやらかす・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    報ステ富川アナ、「中国を刺激することになる」と発言し炎上
    “どこの国のアナウンサー?”の声も

    5日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、MCの富川悠太アナウンサーが尖閣諸島で領海侵犯を続ける中国を擁護するような発言を行い、炎上している。

    t


    番組では政府が防衛計画の大綱を見直す意向を示し、その中で「護衛艦『いずも』の甲板を改修し、多用途運用護衛艦とする方針であることを紹介。

    番組は「事実上の空母化」と何度も繰り返し、「(空母化に伴い)垂直に着陸できる戦闘機F35BとF35Aを計100機購入する」と報道する。

    そして、小野寺五典前防衛相に「事実上の空母化ではないか」と女性記者が質問。

    同氏は「多用途で使える護衛艦という議論なので空母という範疇にはあたらない」とコメント。

    続けて女性記者は自民党の中谷元(げん)元防衛相には「専守防衛に反する」などと質問をぶつける。

    これに対し、中谷元防衛相は、「南西の島が不当に上陸された場合に、奪回したり阻止する意味においては、その作戦が可能な態勢というのは取っておかねばならない」と至極当然と思える回答を行った。

    しかし、『報道ステーション』は野党の声として、国民民主党玉木雄一郎代表が「他国を攻撃できる能力を持つことになれば専守防衛という防衛の基本的な考え方を逸脱する可能性がある。説明を求めたい」と話す様子を放送。

    そして、小野寺前防衛相が「空母化ではない」と否定しているにもかかわらず、「事実上の空母化」と決めつけ、議論を進める。

    スタジオではテレビ朝日の解説員を登場させ、「北の脅威を理由にこれ(防衛力)を整備したかったのではないか」と問題視。

    さらに、機密情報に近い「いずも」の能力やステルス戦闘機F35Bの能力を大々的に紹介。

    そして、解説員は「空母という定義はないが、周辺国は空母と思うだろう」として、「空母化である」と断言した。

    次に富川アナは尖閣諸島周辺の地図が書かれたフリップを見ながら、
    「じつは昨日ですね、中国海警局の船4隻が尖閣諸島の近くを航行していたそうなんですね。
    例えばこういうことがあったとき、那覇からだと尖閣諸島まで単純計算すると20分くらいかかるんですって」

    と状況を説明。そして、

    「これを空母化した『いずも』を尖閣諸島の近くに置いておけば、20分と言わずすぐに対応できるんじゃないかと。
    たた僕思うんですけども、尖閣諸島のすぐ近くにに空母がずっと待機していると中国を刺激することになりませんか?」

    と、意味不明な発言を行う。

    これにはテレビ朝日の記者が「日本は尖閣諸島を守る側の立場ですので、刺激することにはならないと思います」と一瞬で完全論破。

    左寄りの記者も富川アナの発言は、「中国側の物の見方」と感じた様子。

    その後、徳永有美キャスターが「なぜ事実上の空母にたどり着かなきゃいけないのか」と政府批判に話を軌道修正。

    そして、「空母という言葉を使わないのはおかしい」と政府批判を繰り返した。

    そこに「尖閣諸島を防衛しなければならない」という視点は、全く入っていなかった。

    富川アナの「尖閣諸島に事実上の空母を置くと中国を刺激する」発言に、ネットユーザーは大激怒。

    「どこの国のアナウンサーなんだ」
    「尖閣諸島は日本の領土だと思っていない」
    「日本人とは思えない発言」

    と非難轟々。
    さらに、

    「中国が日本を刺激している」
    「中国に対する対抗措置」
    「そもそも中国の船が尖閣諸島に来ることが問題。なぜそこを問題視しないのか」

    などと、冷静にツッコミを入れるユーザーも多かった。

    尖閣諸島は日本の固有の領土であり、中国が領海や領空侵犯を続けている現状で、防衛力を強化することは当然のことだろう。

    それについて「中国を刺激する」と中国政府を慮るような発言を行うことについては、日本国民から怒りの声が出るのは当然だ。

    専守防衛を逸脱するのではないかという声も1つの意見ではあり尊重されるべきだが、「尖閣諸島に中国の船が侵入している」という事実をひた隠しにして議論を進めるのは、放送法に定められた「放送の中立性」を逸脱していると言わざるを得ない。

    富川アナと『報道ステーション』スタッフは、ネット上に溢れる「批判の声」に耳を傾けるべきだろう。

    https://wjn.jp/article/detail/1612827/

    所長見解:富川・・・

    【【炎上中】報道ステーション・富川アナ「中国を刺激することになる」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NHKのネット常時同時配信、来年通常国会に法案提出へ

    n


    NHKがテレビ番組をインターネットで常時同時配信するために必要な放送法改正案が、来年の通常国会に提出される見通しになった。

    29日に開かれた自民党の「放送法の改正に関する小委員会」の佐藤勉委員長が明らかにした。

    NHKは2020年夏の東京五輪までに常時同時配信を始めたい考えだ。

    佐藤氏は記者団に、この日の委員会で「総務省に対し、通常国会の冒頭に法案を出して欲しいと申し上げた」と説明した。

    総務省から異論はなかったという。


    NHKはこれまでも災害時やスポーツ番組などはネットで同時配信をしてきたが、24時間常に同時配信をするには法改正が必要だった。

    総務省は常時同時配信を認める条件として、受信料の引き下げや業務の見直しなどを要求。

    これに対し、NHKは今月27日、実質4・5%分を20年10月までに引き下げることを表明した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000009-asahi-soci 


    所長見解:取る気マンマン・・・

    【【スマホから料金徴収へ】NHK「ネットでNHKがいつでも見られるぞ!よかったなぁ。スマホから受信料とるぞスマホから」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    コラムニストの勝谷誠彦さんが28日未明、亡くなった。

    享年57歳。関係者が明らかにした。

    勝谷さんは8月22日に腹痛を訴えて緊急入院。

    2007年1月から毎朝続けてきた有料配信メール日記を初めて休載し(配信は代筆で継続)、劇症肝炎の療養に入っていた。

    その後、一時退院したが、10月下旬から再度、療養生活に入っていた。

    k


    勝谷さんは1960年、兵庫県生まれ。

    早稲田大学在学中からフリーライターとして活動し、編集プロダクションを設立。

    1985年に大学卒業後、新卒入社した電通を数か月で辞め、文藝春秋に転職。

    花田紀凱氏が当時編集長だった「週刊文春」の記者として活躍した。

    文春時代は、フィリピンのマルコス政権を民衆が倒したエドゥサ革命(1986年)や、三井物産マニラ支店長誘拐事件(同)、湾岸戦争(91年)など海外の歴史的事件を相次いで取材。

    また、在籍当時の週刊文春は、1989年の東京・足立の女子高生コンクリート詰め殺人事件で、犯行に関わった少年グループの実名報道に踏み切ったことが社会的論争を呼んだ。

    http://agora-web.jp/archives/2035909.html


    所長見解:復活したと思ってたのに・・・

    【【訃報】勝谷誠彦さん死んだってよ・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ