放送禁止用語

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    テレ朝 大熊英司さん、マンホールで放送事故wwww

    動画①

    @so_dumping01

    マンホール→○○○


    これは放送事故集に載るぞwwww


    k


    大熊英司 プロフィール

    大熊 英司は、テレビ朝日アナウンサー。

    生年月日:1963年9月5日 (年齢 56歳)

    ★過去の事故
    https://twitter.com/Yamaju_/status/1226061576760741889
    https://snjpn.net/archives/179734

    所長見解:おもろい・・・
    【【話題】テレビ朝日・大熊アナ、放送禁止用語ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月23日に放送された『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が、〝差別用語〟を編集せず放送したと物議を醸している。

    この日の番組は、令和への改元が間近に迫っていることから皇室のニュースを取り上げることに。

    「退位の礼」の関係儀式である「親謁(しんえつ)の儀」を行うため、昭和天皇が埋葬されている武蔵陵墓地を訪れた天皇陛下と皇后陛下の様子を報じていった。

    武蔵陵墓地には多くのギャラリーも詰めかけており、番組は訪れた人へのインタビュー映像も放送。

    すると、持参していた使い捨てカメラを「バカチョン!」「チョンバカ写ルンです」と表現した73歳の女性が映され、VTRが明けると「さきほどVTRの中で一部不適切な表現がありました」とスタジオで謝罪が行われた。

    s


    ■番組は謝罪も「過剰反応」との指摘も

    「おそらく、番組側が不適切と判断したのは『バカチョン』との表現。
    『チョン』とはもともと〝半人前〟や〝取るに足らない人〟という意味でしたが、時がたつにつれ『頭が悪い人への侮蔑』や『特定の国籍を持つ人への差別表現』として用いられるようになりました。
    そのため、現在のマスコミでは〝キチ○イ〟や〝メ○ラ〟と同様の放送禁止用語になっています」(制作会社勤務)


    禁止用語が飛び出したことに視聴者は驚き、ネット上には、

    《バカチョンカメラはアウトでしょ》
    《VTRなのになぜカットしなかった》
    《昔は通じたけど今は不適切だよ》
    《今の放送してええんか?》

    などといった声が続出。しかし一方で、

    《謝罪しなくていいのに》
    《昔は普通に使ってた》
    《特定の国を指すなんて被害妄想》

    などと、番組側の対応が過剰だと指摘する者も見られている。


    「2015年、大阪都構想の住民投票を巡る街頭演説で、当時、自民党幹事長だった谷垣禎一氏が『〝自民党は都構想に反対している〟〝バカだチョンだ〟と維新の方は言っている』と発言し、後に『不快な思いをさせ大変申し訳ない。不適切な発言についてはお詫びして撤回する』と謝罪・撤回しました。
    確かに、高齢の世代にとっては悪意のない自然な表現なのでしょうが、一般人の中に〝差別〟を目的として使う者がいる以上、公人やメディアは誤解を避けるためにも使用を控えるべきという大人の対応でしょう。
    言葉狩りや過剰反応といった指摘は的外れです」(地方紙記者)

    昭和の時代、〝キチ○イ〟という言葉は、「狂っているように何かに熱中している」というプラスの意味も持ち合わせていた。

    名作漫画『釣りキチ三平』の〝キチ〟もここからきている。

    言葉の意味とは、時代とともに代わるものである。


    https://myjitsu.jp/archives/82006

    所長見解:まあな・・・
    【【これはヤバい】ミヤネ屋で放送禁止用語連発の結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新元号が「令和」に決まった直後、新元号と同じ漢字の名前を持つ神奈川県鎌倉市にある小町通り商店街会長を取材した4月1日放送の「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)。

    新元号の発表があったのはこの日の11時30分で、同番組は13時45分から放送スタート。

    そのため進行や段取りに乱れがあったのは見ていてよくわかった。

    が、生放送中に、取材に応じていた商店街会長の口から“差別表現”が飛び出したのではないかとしてネット上で騒動になっていた。

    d


    「番組MCの安藤優子がスタジオから何かフォローコメントがあるかと思っていましたが、番組終了時まで誰もそのことには触れませんでした。
    ネット上では

    《グッディが放送事故やらかした》
    《CM明け強気のスルー!》
    《差別用語放送しちゃったよ。生放送とはいえやばいんじゃないの今の時期》
    《素人は生放送で差別用語言っても平気なん?》

    など、番組を見ていて差別表現を聞いたと主張する視聴者から指摘が続々噴出したんです」(女性誌記者)

    3月25日放送の同番組では、ピエール瀧被告が薬物事件で逮捕されたことに、同じ電気グルーヴのメンバーである石野卓球が謝罪コメントを出さないことはおかしいといった論調で識者がコメントしていたものだ。

    それだけに、安藤の“スルー”にも敏感に反応した面もあったのかもしれないが、

    「実際、差別表現とされた発言は厳密には差別とは言えないという意見もあります。
    だから、あえてコメントを避けたのかもしれません」(芸能記者)

    いずれにせよ、新元号発表からオンエアまでがかなり現場が“バタバタ”していたことは間違いなさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1761342/

    所長見解:何言ったの・・・


    【【悲報】フジテレビ「グッディ!」で放送禁止用語の結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1日深夜に放送されたテレビ朝日系「朝まで生テレビ!」(土曜・前1時25分)で評論家・田原総一朗氏(84)が不適切発言を行い、番組内で謝罪した。

    t


    田原氏は、加計学園問題の討論で柳瀬唯夫・元首相秘書官(56)について「柳瀬のヤツ、何やってる、○○○○じゃないかって」と発言した。

    この発言を受けて、番組内で同局の村上祐子アナウンサー(39)が「先ほど、田原さんから不適切な発言がありました。お詫びいたします」と謝罪した。
    ところが、この謝罪の最中に画面に映っていなかった田原氏が「○○○○って言ったの。○○○○って言ったの。○○○○って言ったの」と連呼した音声が流れた。

    困惑した表情を浮かべる村上アナは「お詫びいたします。田原さんお願いします」と田原氏に進行を委ねた。
    画面に映った田原氏は謝罪を受けて「とんでもないってことを言いたかったんだけどね。はい、まぁいい」と次の議論に移り、自身からの謝罪はなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000071-sph-soci


    所長見解:もうアレやね・・・

    【【放送事故】田原総一朗氏、女子アナ謝罪中にも連呼した放送禁止用語がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    26日放送のラジオ番組「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ)で、不適切な発言があったとして、アナウンサーが謝罪した。

    s


    「サンデーマナブくん」のコーナーでは、各種電子マネーを取り上げた。
    話題が中国における電子マネーの人気に及ぶと、ジャーナリストの中島恵氏が電話取材に応じ、中国事情を紹介していた。

    この中で、リスナーから寄せられた質問が紹介される。
    中国では路上ミュージシャンへの投げ銭も、電子マネーで渡されると聞いたことがあるというのだ。
    すると、中島氏は事実だとし「路上ミュージシャンもスマホ持ってますので」「スマホがないと×××も…、×××もQRコードを首からつる下げて持っている人も多いので…」と発言したのだ。

    その場では特に指摘がなかったものの、番組終盤に女性アナウンサーが言及した。
    「訂正です。先程放送の中で、×××という言葉を使用していましたが、こちらは低所得層やホームレスの差別につながるため取り消しいたします。大変失礼いたしました」と話し、中島氏の発言を取り消したのだった。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13943601/


    所長見解:ダメなの?・・・
    【【禁止用語】TBSラジオで謝罪  女性アナ「先程放送の中で、×××という言葉を使用していましたが...」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ