放送禁止

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、テレビドラマの放送に大きな影響が出ている。

    春ドラマの目玉と目されていた『半沢直樹』(TBS系)の続編をはじめ、木村拓哉主演の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)や篠原涼子主演の『ハケンの品格』(日本テレビ系)など、話題のドラマが収録上の理由で次々と放送開始を延期。

    なんとか放送することができた月9ドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)は、第2話まで放送するも、3話以降の放送延期が決定。

    27日からは、長澤まさみ主演の『コンフィデンスマンJP』の再放送となる。


    d


    時代の変化においてけぼりの作品


    苦肉の策として、各局では過去のドラマの再放送や“特別編”がゴールデン/プライム枠で放送されている。

    この期間に再放送されているドラマは『恋はつづくよどこまでも』や『コウノドリ』、『下町ロケット』『JIN-仁-』(いずれもTBS系)、『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)など、近年放送のものから少し懐かしい名作まで、さまざまなラインナップが並ぶ。

     
    新作ドラマがしばらく見られないのは残念だが、再放送で数々の名作に触れられるのはうれしいことでもあり、一定数の視聴者は獲得できているようだ。

    そうなると、「あれが見たいな」「あのドラマの再放送もやってもらいたい」という思いが当然、出てくるが、実は、なかなか再放送“できない・されない”作品というのがいくつも存在するのをご存知だろうか。

     
    '90年代に大ヒットした安達祐実主演のドラマ『家なき子』(日本テレビ系)は、地上波での再放送は行われていない(配信では視聴可能)。

    その理由について、あるドラマ評論家が語る。

    「過激ないじめの描写などが、コンプライアンス的な観点から地上波での放送が難しいといわれています。
    赤井英和主演の『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』(TBS系)も、いじめが原因で堂本剛が命を落とすなど過激な描写があり、地上波では再放送しにくい。
    『家なき子』も『人間・失格~』も野島伸司さんの作品ですが、彼のヒットドラマは、地上波再放送のハードルが高いものが多いと思います」



    ドラマの影響で起きた事件・事故


    どんなに高視聴率を出した大ヒットドラマでも、誰もがテレビをつければ見ることができる地上波での再放送は難しいのが現状だ。

    さらに、ほかの理由で“封印”となった作品もある。

    「キムタク主演の『ギフト』(フジテレビ系)は有名ですね。
    実際に起きた刺殺事件の犯人が、このドラマでバタフライナイフを見て、それに影響されたと供述したことで、再放送ができなくなりました。

    頭部切断の描写があった堂本光一主演の『銀狼怪奇ファイル』(日本テレビ系)も、放送が自粛され封印作となっています。

    ほかにも草なぎ剛主演の『フードファイト』(日本テレビ系)も、子供が大食いをまねて窒息死するという事故が起こったため、再放送されなくなっています」

     
    ほかにも、“出演者自身”の事情により、なかなか再放送されない作品もある。

    「松嶋菜々子主演の『やまとなでしこ』と江角マキコ主演の『ラブレボリューション』(ともにフジテレビ系)は、保護責任者遺棄罪と薬物使用で逮捕された押尾学が出演していることで封印状態になっています。

    同じ理由で加勢大周や、最近ではピエール瀧の出演作も当面、地上波での再放送は難しいでしょう。

    清水健太郎が出演していたことで地上波再放送がずっとされていなかった『ムー』シリーズ(TBS系)が、現在BSで再放送されるようになりましたが、これらの作品も、BSやネット配信としてなら、見ることができるようになると思います」

     
    また、事件でも出演者都合でもなく、まさに緊急事態宣言が出された“今”、再放送されるのは厳しいと思われる、ジャンルもある。

    それは、「三浦春馬主演の『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)などの、パンデミック描写のあるものは、コロナウイルスとの苦しい闘いを連想させるため、まず難しいでしょうね」


    再放送で思わぬ名作と再会できる環境下でも、それが叶わぬこともある。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200426-00017776-jprime-ent&p=2

    所長見解:あるよな・・・
    【【放送禁止】地上波では絶対に再放送できないドラマがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京都内で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者数が、4月4日に117人、5日に143人と3桁に達してから、雲行きはにわかに険しさを増してきた。

    実はそれまでは、「総理官邸では中枢に近づくほど、緊急事態宣言の発令には慎重でした」
     
    そう語る政治部記者に、この間のいきさつを説明してもらうと、「総理周辺は、なんとか持ちこたえていると判断。
    都内の新たな感染者が1日に3桁に達しても出さない。
    出したら経済が一発で止まってしまうと言っていた。
    ところが、コロナ対策の司令塔の今井尚哉首相補佐官が、小池百合子都知事に籠絡されたのです」

    d

    ・さる医師

    「我々は楽観的な見通しが立つと考えても、テレビではとてもじゃないが話せません。
    外れたとき、ネット等でどんな非難を浴びるかわからないからです。
    その結果、テレビからは悲観論ばかりが発信され、緊急事態宣言を出さなければ世の末が訪れるかのごとき世論が形成されたのです」


    ・医師で大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授の石蔵文信氏は、

    「経済的損失は、人命と無関係ではありません。
    男性の場合、失業率が1%上昇すると、10万人当たり約25人、自殺者が増加するというデータがあります」と警鐘を鳴らすのだ。


    次のような影響も無視できまい。

    音楽や舞台、スポーツなどのライブ・エンタテインメント業界の惨状を、文化部記者が説く。

    「3月23日までに中止、延期になった公演、試合数は8万1千件で、損失は1750億円。
    緊急事態宣言の期間中に損失額は倍以上に膨らみ、今後、公演団体などがバタバタと潰れていくと見られています」


    充実した文化事業から得る精神的活力は、日本人が長寿である秘訣の一つだと言われてきた。

    ところが緊急事態宣言は、すでに青息吐息の文化事業に、とどめを刺そうとしている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/91e8923f75356c9a1d35c767d38c99f64a0b558d
    https://news.yahoo.co.jp/articles/91e8923f75356c9a1d35c767d38c99f64a0b558d?page=2
    所長見解:そうなんや・・・


    【【暴露】匿名医師さん「コロナウイルスを楽観的な見通しでもテレビでは話せない」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
    所長見解:あったな・・・
    【【検証動画】エチすぎて放送禁止になったCMがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昭和の名優の一人だった俳優の梅宮辰夫さんが12日午前7時40分、神奈川県内の病院で慢性腎不全のため81歳で亡くなった。

    梅宮さんの死去を受け、多くの著名人が追悼のコメントを寄せた。

    このうち、TBS系ドラマ「スクール☆ウォーズ 泣き虫先生の7年戦争」で梅宮さんと夫婦役を演じた歌手の和田アキ子は、梅宮さんを「アンちゃん」と呼んでいたそう。

    「撮影現場では、アンちゃんがお弁当を何度も作ってきてくれて、それがとても楽しみだったことを覚えています」と懐かしんだ。


    同ドラマに主演していた俳優の山下真司は、「昭和の大スターは面倒見がよく、希代の大食漢。そして酒も強かった。そんな豪華な梅宮さんが逝ってしまった。 最後まで最強のオヤジだった。ご冥福をお祈りします」と豪快な梅宮さんの人柄を振り返った。


    実話をもとにした同ドラマ。

    山下演じる主人公の熱血教師が弱小高校のラグビー部を率い、わずか7年で全国優勝させるまでの軌跡を描いている。

    オープニングテーマとともに流れるナレーションで最終回までのあらすじがバレバレであることも話題になった。


    「W杯の日本開催で空前のラグビーブームが到来した。
    まだ盛り上がっているし、梅宮さんを追悼する意味でも再放送してほしいところだが、現状ではかなり難しく、実現しないだろう」(テレビ局関係者)

    ドラマの名シーンの一つが、強豪校に0対109で惨敗した後の全体ミーティング。

    ヘラヘラする生徒たちにぶち切れた主人公が説教をかまして鼓舞。

    校長や父兄が見守る中、生徒一人一人に“鉄拳制裁”を与える感動のシーンなのだが…。

    「当時、体罰は“愛のムチ”と受け止められたが、現代だと大問題。
    体罰を美化するようなシーンはコンプライアンスでアウトなので、地上波での再放送は難しい」(同)

    そのシーンは各種インターネットテレビサービスでも視聴可能。

    若い層にも梅宮さんの名演技を見てほしいものだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2117964/


    動画①

    スクールウォーズOP:「ヒーロー」by麻倉未稀


    動画②

    ドラマ 名場面 スクールウォーズ 「今からお前達を殴る!」

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    所長見解:懐かしいな・・・

    【【スクールウォーズ】梅宮辰夫さんの代表作が地上波で再放送できない理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 【放送事故伝説】平成時代最悪の放送事故「ポケモンショック」のその後

    1997年12月、平成時代において、もっとも社会的に影響を与えた放送事故との呼び声も高い「ポケモンショック」が発生した。

    p


    これは、1997年12月16日18:30 ~にテレビ東京系で放送されたテレビアニメ『ポケットモンスター』第38話「でんのうせんしポリゴン」の後半部分で、主人公の味方ポケモンであるピカチュウが必殺の電気ショックを放った際、赤と青の光が激しく交差・点滅し、テレビを見ていた子供がめまいをおこし卒倒するなどの被害が出た。

    自治省(現・総務省)の調べによると、「ポケモンショック」の影響により、最終的に全国600人以上の子供が病院に運ばれるなどしたという。

    以上が、「ポケモンショック」の全容であるが、実は当該エピソードの放送から数日後、先ほどの600人に追加して、全国で100人前後のポケモン視聴者が倒れるという事件が全国で相次いだ。

    問題のあった38話を録画したビデオを興味本位で視聴した人たちが、本放送時と全く同じ症状を起こし、病院へと運び込まれたためである。

    このケースでは、倒れた視聴者は子供だけではなく、いわゆる「オタク層」と呼ばれる大人たちも含まれており、中には42歳の男性が、問題の38話を興味本位で鑑賞したところ、衝撃に耐え切れずに倒れてしまったという大人げない出来事もあった。

    また、ポケモンショックの本放送から半年後の1998年5月、この問題の「ポケモンビデオ」を巡り、教育上とても信じられない事件が発生した。

    なんと、愛知県名古屋市にある某小学校の男性教諭が授業を中断し、この個人的に所有していた問題のポケモンビデオを小学2年生児童29人に見せていたのだという。

    教諭がこのビデオを見せた結果、一人の女子児童が「気分が悪い」と訴え、保健室で寝込むことになったという。

    ビデオを見せた教諭は、ビデオを見せた行為に対し「子どもが喜ぶので見せた。
    問題の放送分とはわかっていたが、子どもたちの興味を引きたかった」と証言しており、後日、名古屋市教育委員会から厳重な処罰を受けたという。

    ポケモンショックから22年が経過した現在、38話は引き続き封印作品扱いとなっており、公式な形で視聴することは不可能となっている。


    https://npn.co.jp/article/detail/29458202/

    所長見解:そんな前か・・・

    【【検証画像】平成時代最悪の放送事故がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ