ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:放送事故

    Sponsored Link

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    23日放送の「炎の体育会TV」(TBS系)で、オードリー・春日俊彰がエアロビスの大会に出場し、世界的名コーチを激怒させた。

    番組では、競技のエアロビ日本一を目指す春日が、地区予選の全日本エアロビクス大阪大会「男子シングル部門」に出場する様子を放送した。
    全国大会に出場するためには3位以内入賞が絶対条件となる。

    そこで春日は、ブラジル出身の元世界王者・パウロコーチから日本語による指導のもと、3カ月間の猛特訓を重ねてきた。
    パウロコーチはエアロビの世界選手権の初代王者であり、世界王者に5回輝いた実績を持つ。
    また、世界30カ国で指導し、105人を世界王者に輩出している。

    大会本番で、春日は異様な盛り上がりを見せる会場で、持ちギャグを盛り込んだ振り付けを披露。
    演技後、観客席からは大きな歓声が上がった。

    ところが、パウロコーチは浮かない表情で競技後の春日を出迎えた。
    そして春日に「私はコーチとしてプライドあるから」「何で、本番で違うことやってる?」「ふざけるな!」「お客さんは楽しいかもしれないけど、審査員はちゃんと点数出してるから」と激怒。
    結果発表を待たず、会場から出て行ってしまったのだ。

    パウロコーチが激怒した理由は、春日が練習通りにしなかったから。
    盛り上がる観客を前に調子に乗り、登場は19秒以内というルールを忘れ52秒もアピールを続けた。
    さらに、冷静さを失い、細かいミスを連発し、減点となった。

    結局、春日の最終順位は5位で、全国大会への切符を手に入れられなかった。
    スタジオでVTRを見たあき竹城は、春日に謝りに行くよう促す。
    春日は収録後、パウロコーチに謝りに行こうと移動しているところで番組は終了した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13656051/

    no title

    no title


    所長見解:やりすぎだね・・・
    【【放送事故】春日俊彰がエアロビ大会出場も世界的名コーチが激怒ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「番組には、ココリコ、ロンドンブーツ1号2号、おぎやはぎ、品川庄司など有名芸人が多数集結。
    艶系アイドルグループの恵比寿マスカッツとプールにて『騎馬戦』や『相撲』などの競技を繰り広げました。
    番組の後半では、水泳対決が早く終了したということで、加藤の自宅で打ち上げをすることとなり、そのまま移動。
    残りの放送時間は、加藤邸からの中継となりました。
    そこで“事故”は起きたんです」

    m


    テレビ誌記者が、そう振り返るのは、9月1日に放送された極楽とんぼがMCを務めるバラエティ番組「人気芸人対マスカッツ!ポロリ100%!夜の水泳大会 極楽とんぼKAKERU TV」(Abema TV)。
    同番組には、様々な人気芸人が登場、10時間以上にわたる生放送が行われたが、いったい、加藤邸で起こった“事故”とは──。
    問題の場面を再生すると、まず加藤宅で、水泳対決を終えた出演者らが、談笑しながら加藤の妻・香織の手料理を楽しんでいる様子が映る。
    ところがここで、番組側の演出によって加藤が激怒する事態が発生するのだ。

    「出演者が加藤宅のリビングで食事中、突然、おぎやはぎの矢作兼が『(加藤の)部屋がヤバイ!』と大声を出して奥から飛び出してきました。
    そして出演者らが、部屋に向かうと、艶系女優の葵つかさが、加藤の中学生の息子をベッドの中に連れ込み、仲良く横たわっていたんです。
    これは番組側のドッキリだったのでしょうが、加藤は『マコト、てめぇコノヤロウ、何させてんだよ!子供に!』と、演出家と思われる男性の名前を呼びながら激怒。
    さらにその後、葵が『経験とかないかなと思って』と続けたことで、加藤は『あるわけねぇだろコノヤロウ!』と本気で声を荒げました」(テレビ誌記者)

    その後、加藤の息子と葵は引き離され、放送は元通りに続けられた。

    そんな葵といえば昨年末、嵐・松本潤との交際が報じられていた。
    そのため、番組での「ベッドシーン」が放送されたことについては、ネット上に「松潤ともこんな感じだったのか?」といった書き込みが殺到。
    今回の“事故”を目の当たりにして、2人の熱愛を思い出した視聴者も多かったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1352360/
    アサ芸プラス


    所長見解:松潤・・・
    【【放送事故】加藤浩次がガチギレ! 嵐・松本潤の元カノが自室ベッドで・・・ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8月31日に放送されたフジテレビの夕方のニュース番組『みんなのニュース』にてとんでもない読み間違えがあった。

    手錠を付けたまま逃走した外国人のニュースの報道にて、男性の特徴を伝える際に加藤愛理さんが「男は外国人と見られ、身長約160センチ、30歳くらいで、左胸にししゅうがあるとのことで」と説明。

    i


    しかしこの手錠を付けたまま逃走した男性は裸で、左胸にししゅうが有るわけないと分かるものの、加藤愛理さんはそのまま「ししゅう」と強行して続けてしまった。
    「ししゅう」という直前に一瞬戸惑う場面も見られ少しおかしいと思ったのだろう。

    その後、スタジオに画面が切り替わり伊藤利尋アナウンサーが「はい、左胸には刺青があるということで」と言い直した。

    「刺青(いれずみ)」と「刺繍(ししゅう)」確かに似ているが、上半身裸の胸にししゅうは無いだろう。
    迷ったときは青い墨を使うから「刺青」と覚えると良いぞ。

    動画あり
    http://gogotsu.com/archives/32732
    http://fast-uploader.com/file/7059725064854/


    所長見解:これはおもろい・・・
    【【放送事故】フジのニュースで「刺青」を「ししゅう」と読み間違え 「上半身裸で左胸にししゅうがあり」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    30日に放送されたNHKの「おはよう日本」の天気予報コーナーで、酒井千佳キャスターがブルゾンちえみ風の予報を行い、ネットをざわつかせた。

    酒井キャスターは、渋谷のNHK前から中継で登場。
    白地に黒のストライプが入ったブラウスに黒のタイトスカート姿。
    「午前中中心に晴れて暑くなりそうです」と語った後、いきなり声のトーンを変え「じゃあ、質問です。今日の東京の気温は何度まであがるで、しょ、う、か?」と言い出すと後ろを向いて髪をかき上げた。

    BGMにはブルゾンがネタで使用するオースティン・マホーンの「ダーティーワーク」。
    曲が終わると前を振り向き「35度」と色っぽく言った後「…までは上がりません、32度です」と紹介。
    「でも、西日本では35度ぐらいまで上がるところもありそうで、メークも落ちてしまうような気温です」と、日本テレビ系「24時間テレビ」チャリティーマラソンで90キロを走ってもメークが崩れなかったブルゾンを意識したコメントも披露した。

    no title


    この突然の“ブルゾン天気予報”にネットも「かなり頑張った」「お堅いNHKにあってクスッと笑えるひとこま」という声や「ずっこけたし会社休みたい」という声、また天気予報が終わっても何もいじらなかった高瀬耕造アナらに対し「リアクションしてやれよ」「この後、北朝鮮のミサイルニュースを動揺なくやる高瀬さんはさすが」など、さまざまな声が上がっていた。

    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/30/0010507465.shtml 


    所長見解:おもしろいね・・・
    【【放送事故?】NHKでブルゾンちえみ風天気予報 「35度」と気温紹介ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    晩夏の風物詩『24時間テレビ』(日本テレビ系)。
    今年はマラソンランナーが、当日発表という異例の展開になっている。
    7月30日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の番組終盤に羽鳥慎一アナウンサーから「今年の24時間テレビマラソンランナーですが……なんと!24時間テレビの当日に発表します。当日まで本人は知らされません」と明かされたのだ。

    丸1日以上、生放送で行われる『24時間テレビ』は毎年のようになにかしらのハプニングに見舞われている。
    1992年のダウンタウンがパーソナリティーとなった回からバラエティ化が始まり、2000年代から世の中にインターネットが普及。
    2010年代からは番組放送前からもネット上で一般人からツッコミを入れられるようになっていく。
    過去には取り沙汰されなかったような微細な事象も、顕在化してしまう。

    ●アンガールズ

    特にマラソン企画はハプニングがむしろ恒例となってしまっている。
    2006年にアンガールズのふたりがランナーとして“実務”をこなしている際、沿道で応援していたひとりの女性がふたりに近寄ろうとしたところ、スタッフは女性の前でわざわざ立ち止まって「触らないでっ!!」と、怒鳴り散らしたことがあった。

    動画投稿サイト「YouTube」に“この”恫喝録画映像がアップされると20万件以上のアクセスが殺到。
    その女性が年配らしき容姿だったことから、ネット上の匿名掲示板には批判的な見方を中心に8000件を超える意見が書き込まれた。

    g


    ●西村知美

    西村知美が100キロマラソンに挑戦した2002年。
    18時すぎに『残り30キロ』だった表示が、約1時間後には『残り10キロ』になっていた。
    これが世界記録を上回るペースだったため、“ワープ”疑惑が噴出。
    2012年に家族リレー形式で120キロマラソンに挑戦した佐々木健介・北斗晶ファミリーも、北斗が3歩ほど進んだだけで表示距離が610メートルも縮んだため、ヤラセだという批判が飛び交った。

    ●城島茂

    2014年にTOKIOの城島茂が101キロマラソンに挑戦した際には、国道246号は城島の走行ルートに沿って渋滞が発生。
    TwitterなどのSNS上では「城島茂を先頭に上下線とも約5キロの渋滞」と茶化すようなコメントが出始め、“城島渋滞”という言葉も生まれた。
    SNS時代になるとランナーの位置がリアルタイムにわかるため、沿道に駆けつける人が増えていく一方だ。

    マラソンだけなく、バラエティコーナーでも見ていてハラハラするような場面が数多くあった。

    http://tocana.jp/2017/08/post_14141_entry.html
    http://tocana.jp/2017/08/post_14141_entry_2.html


    所長見解:西村知美・・・
    【【これはひどい】恫喝、ヤラセ、ワープ…「24時間テレビ」放送事故レベルの事件ってよwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ