指原莉乃

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    指原莉乃、木下優樹菜引退で衝撃発言 

    松本人志も「どえらいもの投下」と驚き

    12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、6日に芸能界引退を発表した木下優樹菜の騒動が、大きく話題に。

    ゲストコメンテーターとして招かれた指原莉乃の持論に、注目が集まっている。


    no title


    ■「芸能界って恐ろしい」


    タピオカ騒動を受け「芸能界ってめっちゃ恐ろしい」と感じたという指原。

    その真意について、語り始める。

    「芸能界って運とかでバーって売れることがある」「昔ヤンチャしてましたって人とか、一般常識ないですよって人とか(が面白がられたりする)」と話し、そのようにして持ち上げられていくことによって、感覚が麻痺していくことを示唆。

    最終的には一般社会との感覚のズレが生まれていくとし、「普通の社会の人と交わったらこんなことになってしまう(のか)」と驚いたという。


    ■「憧れカップル」に疑問

    さらに藤本敏史と婚姻関係にあった時代に「憧れカップル」とされていたことを挙げ、「誰か本当に憧れてたんですかね」とスタジオに問いかける指原。

    この発言に松本人志も「最後にど偉いもの投下するの止めて」とツッコミ。

    笑いながらも指原は「メディアが持ち上げてるんじゃないかなって思うんですよ」と続ける。

    MCから「指原さんは一度も憧れたことはないんですか?」と問われると、「芸能人としては憧れる」としながらも、「(夫婦としては)ない」ときっぱり。

    「メディアが持ち上げるからこんなことになっちゃう。気持ちが偉くなっちゃって」と持論を展開した。


    ■「すごいぶっちゃけ」

    松本も「ど偉い」と評した指原の衝撃発言に、視聴者からも「さっしーがすごいぶっちゃけてる」「そこに切り込むのはさすが」と驚きの声が。

    また指原と同様に、「あれは本当にメディア側が作り出したイメージだと思う」「正直、憧れってほどではなかったな…」といったコメントも見られた。


    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0712/srb_200712_5504122532.html

    所長見解:そやけども・・・
    【【放送事故】指原莉乃さん「木下優樹菜夫妻に本当に誰か憧れてたんですか?」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    指原莉乃 収入はフット後藤の「倍倍くらい」 

    東京タワーの見える「ほぼ窓」の家に引っ越し


    タレント、指原莉乃(27)が6日放送の日本テレビ「しゃべくり007SP」(後9・00)に出演。

    自身の収入について、フットボールアワー・後藤輝基(46)の「倍倍くらい」と表現する場面があった。

    s


    この日は、ゲストとして同局「今夜くらべてみました」に出演する後藤、指原、SHELLY(36)が登場。

    「リアルに聞きたい質問でくらべてみました」との企画を実施した。


    チュートリアルの福田充徳(44)が「ギャラでくらべてみました」と題し、「誰が稼いでいるのかなって思って」と質問した。

    後藤は「それはもう、丸分かりやん。指原」と返答。

    現在、CM契約本数9本を数える指原はまんざらでもない様子で、「だって、こんなにテレビ出ているのにCM出ていない人いないですよ。
    (後藤は)全くCMない」と指摘した。


    カラーコンタクトのプロデュースなど、マルチに活躍する指原に対し、くりぃむしちゅーの上田晋也(50)が「後藤の倍くらい稼いでいるの?」と質問。

    指原は「倍倍くらいです」と即答、さすがのコメント力で沸かせた。

    「分からないです、後藤さんがどれくらいか知らないですけど、推測で倍倍」とも話した。

    お金の使い道については「本当に使っていない、マジで貯めています」と告白。

    「今後のために。女の人のタレントって長く出る人ってあんまりいないかなってあって、そうなったときに自分も貯金があったほうがいいかなって」と“堅実ぶり”もアピールした。


    また「3カ月前に引っ越しました。ほぼ窓です。下から上までほぼ窓」と報告。

    共演陣が高層タワーマンションと予想し、何が見える?と質問。

    指原は「東京タワー」と打ち明けていた。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1f53d1cd2bb9eac088e911b31b5dae32f886c98c 




    所長見解:そらな・・・

    【【CM契約本数9本】指原莉乃さん、現在の収入がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    指原「拓也さん、哲也さんの言葉を聞いて、何も思わない日本人は居ないと思います」


    指原 莉乃@345__chan

    先ほど番組でお話しした会見のフルです。

    たくさんの若い人に知って欲しい、見て欲しいです。

    自分の家族だったら?友達だったら?色んなことを考えると思います。


    https://twitter.com/345__chan/status/1271985982498201601


    no title



    https://www.excite.co.jp/news/article/E_talentbank_149413/

    所長見解:狙われそう・・・
    【【話題】指原莉乃「横田さん会見のノーカット版見ました。若い人達も知らなくてはならない」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    指原莉乃が、検察庁法改正案問題について“安倍晋三首相寄り”とも受け取れる発言をしたことで、にわかに自民党からの次期衆院選「出馬内定説」が囁かれ始めた。


    s


    「指原は5月17日放送の『ワイドナショー』で、ツイッター上で“検察庁法改正案に抗議します”という
    ハッシュタグが広まり、芸能人も次々、批判書き込みをした件について聞かれ『偏ったやつ (話や情報)だけ見て “え、そうなの? 広めなきゃ”という人が多い感じがしています』などとコメント。
    抗議を促す依頼があったことも暴露し、『そこまで信念を持てるほど勉強できてなかった』と、
    突き放すように告白したのです」(芸能記者)


    検察官や幹部の定年延長などを含んだ検察庁法改正案は、政権に都合がいい人間を据え置くことも可能だとの批判も出て、ツイッターでは小泉今日子ら芸能人も加わり抗議が殺到。

    政府は今国会での成立を断念したが、指原は安倍首相側の意を汲んだような発言をしたため、
    政権内で評価が急騰しているという。

    「安倍首相らは指原を絶賛しているそうです。
    コロナ対応で支持率が下がる中、自民党内では
    次期衆院選に指原を擁立し、巻き返すべきとの意見が強まっている」(全国紙政治担当記者)


    実は指原、安倍首相に近い芸能人の1人でもある。

    2016年1月に安倍首相が『ワイドナショー』にゲスト出演した際、出演者の中で政治家に向いている人と
    して「指原さんですね」とトーク能力を絶賛していた。

    「さらに17年12月には、指原は『ワイドナショー』出演者、松本人志らと焼肉店で安倍首相と約3時間会食。

    安倍首相はそこで“指原さん、出馬しませんか”とプッシュしたともいわれています。
    今回、指原が検察庁法改正案問題に言及したのは、安倍首相との間で次期衆院選出馬で合意しているからと、永田町筋の多くは見ています」(同・記者)


    http://npn.co.jp/article/detail/200004742 


    ▼写真
    http://npn.co.jp/res/images/article/200004742/8fc98b836eb09de06fa1b9b549948e27_photo.jpg

    所長見解:当選やろな・・・
    【【政界進出】指原莉乃が次期総選挙出馬ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    r


    ラサール石井
    @lasar141

    指原さんがそうだとは言いませんが、「賢く立ち回って、生き残る」という考え方は、堀江貴文、橋下徹、箕輪厚介、などの本が売れている現象でもわかる。
    若者にはそれの何が悪いかわからない。
    100人に1人のエリートになりたいのだ。
    しかし私は残りの99人に興味がある。
    文学や演劇はそういうものだ。

    https://mobile.twitter.com/lasar141/status/1262201471837155328

    所長見解:もうね・・・
    【【激怒】ラサール石井さん、指原莉乃さんにブチ切れの模様wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ