ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:批判

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木下優樹菜、水筒禁止…学校側の熱中症対策に疑問「職員室はクーラーついてる」

    y


    タレントの木下優樹菜(30)が19日、自身のインスタグラムを更新し、母親として学校側の熱中症対策に疑問を呈した。

    日本列島は猛暑が続き、熱中症患者が相次いでいる。
    17日には愛知県豊田市で小学1年の男児(6)が校外学習から戻った後に教室で意識を失い、病院で死亡した。

    木下は「熱中症のニュースについて」と切り出し、「今いろんな学校でも毎日のように、熱中症で搬送!とかニュースで見るんだけど、学校に送り出す親としては、ハラハラしちゃうよ」と母親としての心情を明かした。

    続けて「こんなに、毎日学校で過ごしている時間の、いろんなとこで、児童が熱中症になっているのに、いまだに水筒持ち込み禁止とか。。
    子を送り出す親としては、心配でしかたない」と学校側の熱中症対策に疑問を投げかけた。

    「ただちに、今から、明日からでも防げるような、対策をして欲しいですね」と切望し、ハッシュタグでも

    「中1小4年中を持つうちのお姉ちゃんも」
    「学校側に疑問を持っている」
    「賛否両論あると思うけど」
    「子を送り出す親としてのキモチ」
    「職員室はクーラーついてる」
    「教室にもつけていただきたく」

    と訴えた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/20/kiji/20180720s00041000159000c.html


    所長見解:まあな・・・

    【【熱中症対策】木下優樹菜、学校に疑問「職員室はクーラーついてる」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ナインティナインの岡村隆史(48)が、ZOZOTOWN前沢友作社長(42)と交際中の女優剛力彩芽(25)に「ファンのことをまず第一に考えた方がいい」と苦言を呈した。

    t


    岡村は19日放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、剛力がワールドカップ(W杯)ロシア大会の決勝戦を現地で観戦したことを報告したインスタグラムの話題に触れた。
    決勝戦が行われたモスクワのルジニキ・スタジアム前で満面の笑みを見せた写真をアップしていた。
    交際中の前沢社長も同じタイミングで同じ構図の写真をツイッターにアップしたことから、2人が一緒だったのかなどとネット上で話題になった。
    また、剛力はインスタのコメント欄でファンと交流し、前沢氏について「お金がなくてもモテるので心配ですけどねっ笑」とのろけてみせたことも話題になった。

    岡村は一連の言動に「やっぱり女性の方って人を好きになると周りが見えなくなるというか。何かすごい楽しそうやなあっていうふうに思ったんですけど、僕なんかからしたら、そこまでおっぴろげにしないでほしいなとか思ったりするんですよ」と複雑な心境を吐露した。

    これまで恋愛を我慢していた剛力に「今こうやってバーンって爆発するっていうのも分からんでもないんですけど」と一定の理解を示したが、「剛力彩芽さんを応援してらっしゃる方からすると、あんだけ同じ画角で『ロシアです』みたいになると(剛力ファンを公言する明石家)さんまさんなんか、すごく傷ついてると思うし、やっぱり応援してくれる人がいるわけですから。
    『やっぱり好きやねん』っていう人もいるわけですから、ちょっとこう、抑えていただいた方がいいんじゃないかなって思ったりもするんですよね」と私見を述べ、「ファンのことをまず第一に考えた方がいいような気がするんですよね」と釘を刺した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00274136-nksports-ent


    所長見解:そうやね・・・

    【【ZOZO恋愛】 岡村隆史、剛力彩芽に苦言がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    運動部のみんな、熱中症「無理」「もうダメだ」の勇気を

    熱中症の危険が高まる季節が今年もやってきました。
    この記事は、主に中高の運動部員のみなさんに読んでもらいたいものです。
    大人の方は、周囲にいる子どもたちに危険を伝えてください。
    去年も書きましたが、今年も同じことを書きます。
    毎年、熱中症でみなさんと同年代の部員が亡くなったり、意識不明になったりしています。
    今年も事故が起きました。
    12日に、大津市の中学校で、男子ソフトテニス部の2年生が、熱中症で救急搬送されました。
    練習中にサーブミスが目立った罰則として、顧問の先生から、「校舎の周りを80周走れ」と命じられ、午後4時半ごろから走り始めました。
    9周目に倒れていたのを工事業者が見つけたそうです。
    大津市の夕方の気温は30・1度でした。
    幸い、2年生は退院しました。
    そして、校長が「一歩間違えば生死に関わる理不尽な指導だった」と認め、謝りました。

    n


    熱中症の予防には、気温や湿度から総合的に計算する「暑さ指数(WBGT)」があり、環境省の熱中症予防サイトで各地方の予報を見ることができます。
    日本スポーツ協会はこのWBGTが25~28度になると「積極的に水分、塩分を補給する」、28~31度だと「激しい運動や持久走は中止」という指標を出しています。
    そうした状況では練習には細心の注意が必要なのですが、正しい知識を持たず、認識が甘い先生がいるのが事実です。
    これからの時期、給水が少なかったり、過度な持久走が課されたり、そうしたことについての意見が言えない雰囲気があるなら、それは先生の間違いです。
    「それは無理」と感じた時、「もうダメだ」と体に異変を感じた時、仲間の様子がおかしい時、自分や仲間を守るために、声を上げましょう。
    とても勇気がいることです。
    でも、みなさんの方が正しい場合がきっとあります。(編集委員・中小路徹)

    https://www.asahi.com/articles/ASL7G5H4GL7GUTQP03W.html


    所長見解:さすが・・・

    【【批判炎上】朝日新聞「熱中症「もう無理」と声を上げる勇気を!」 → なら夏の甲子園をまず辞めろ ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    TBSの宇垣美里アナウンサーが、7月5日に発売された「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の表紙を飾った。
    グラビアは写真家の細居幸次郎氏による撮り下ろし。
    夏の休日を過ごしている様子をコンセプトに、涼しげにホースを手に水をかけているシーンや、気持ちよさそうに畳で寝転ぶシーンが収められている。
    ファンにとってはたまらない写真の数々だが、局内からは厳しい声が飛んでいるようだ。

    no title


    「宇垣さんは、ささいなことで怒ったりするので、TBS内ではスタッフ受けが悪く、アンチが多いんです。
    今年5月に『週刊プレイボーイ』(同)でグラビアを出した時にも聞かれたことなのですが、今回も局内から

    『アナウンサーなのにタレント気取りかよ』
    『やりすぎだし調子に乗りすぎ』
    『なんで上司は認めたのか』
    『仕事しろ』
    『局員のやることじゃない』

    といった批判の声が上がっています」(テレビ局関係者)

    宇垣アナといえば、入社直後にテレビ朝日の草薙和輝アナとの熱愛が報じられたり、アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの伊野尾慧との交際が報じられたりと、その奔放さはアナウンサー界随一。
    また、情報番組『あさチャン!』)のサブキャスター降板をプロデューサーから告げられた際に、コーヒーカップを投げつけ激怒するなど、感情を表に出しやすいタイプとしても知られている。
    そんなこともあり、局内では浮いた存在だという。

    「干され気味で、独自路線を歩んでいます。
    いずれは独立するだろうとみられていて、現在はラジオ番組で“ぶっちゃけキャラ”を確立しようとしているようですよ」(同)

    オトコを悩殺するカマトトぶりには根強い人気があるだけに“ぶっちゃけキャラ”も加われば、タレントとして活動の幅は広がりそうだ。
    果たして独立は、いつになるだろうか?

    http://www.cyzo.com/2018/07/post_168961_entry.html


    所長見解:いいよな・・・

    【【TBS女子アナ】宇垣美里アナが撮り下ろしグラビアを出した結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉岡と言えば、ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系、2018年1~3月期)で、自己評価が低く他人の前で挙動不審になってしまう“キョドコ”こと主人公・小川今日子を演じて話題となった。
    視聴者からは、「見てるだけでイライラする」「全く共感できない」「痛々しくて見てられない」など役柄に対しネガティブな意見が殺到。
    同時に「役に関係なく(吉岡には)嫌われる要素がある」「あの媚びる目が嫌」と、吉岡本人にも厳しいコメントが寄せられた。

    r


    もともと吉岡は、決して女性ウケが良いタイプではない。
    デビュー当初は「可愛い」「演技が上手い」と評価する声が多かったが、番宣でバラエティ番組などにたびたび登場するようになると「計算高そう」「男ウケを狙い過ぎじゃない?」といった声が広がり、女性アンチが急増。
    大はしゃぎする様子を見せたり、イケメン共演者と過度なスキンシップをとる吉岡を“あざとい”と感じる女性視聴者が多かったようだ。
    また、グラビアタレントとして活動していることも、女性の反感を買う要因になっている。

    https://npn.co.jp/article/detail/44727049/


    所長見解:いいよね・・・

    【【疑問】吉岡里帆には、なぜ女性アンチが多い? ←これwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ