懐かしい

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    p


    http://news.livedoor.com/article/detail/11772224/
    ネット黎明期・懐かしのウェブサイトは今

    http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8714/link/under/under.html
    日本海溝
    Webマニア
    WINMX
    ネットタクシー
    地球病
    多段串
    ヤフーの1分オセロ
    ネオ麦茶バスハイジャック事件

    いろいろあったな


    所長見解:懐かしいね・・・
    【【日本海溝】インターネット黎明期の思い出ってよwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ロックバンドSHAZNAが、デビュー20周年を記念して再結成することがわかった。

    SHAZNAの元ボーカルである俳優、タレントのIZAM(45)は、27日にブログを更新。
    「デビューから20周年を迎え、改めてアーティストとして原点に立ち戻ろうと思う」とSHAZNAが新たに動きだすことを発表した。

    新しいアーティスト写真も公開したが、なんと新メンバーが3人加入して6人組バンドになっている。
    IZAMは、「急にメンバーが増えていたりとか、全然普通じゃなくて、SHAZNAらしくて面白くない?」「僕達を昔から応援してくれている皆は、3人じゃないと。。。とかナンセンスな事を言わない子達ばかりなのは判っているんだ。だって、昔からいつも色々な変化を求めて自由にやってきたからね」とイタズラっぽくつづっている。

    s


    IZAMは、「復活とか再始動とかそんな肩書きは、いらない」と自身の考えを明かす。「だから、プレイバックではなく新しいファミリーと共に、《新華》として咲くSHAZNAを感じに来てくれたら嬉しいな」と説明しており、過去の活動とはまた違った何かを仕掛けてきそうな様子だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-01878525-nksports-ent 


    所長見解:懐かしいね・・・
    【【これは今更感】IZAMがSHAZNA再結成発表「新華として」ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    工藤静香が、ラジオ生放送中に涙!「スタジオに入ったら、工藤さんが号泣してるからびっくりした!」

    毎週金曜日22時?24時放送のニッポン放送『オールナイトニッポンGOLD』は、週替わりの様々なジャンルのパーソナリティによる、バラエティに富んだトークと音楽が楽しめる大人の『オールナイトニッポン』。

    そして、8月25日の生放送は、31日にソロデビュー30周年を迎える工藤静香が登場。
    初めてパーソナリティを務めた。
    工藤がニッポン放送で冠番組を務めるのは、2005年2月24日に放送された『工藤静香のミルクがお好き』以来、およそ12年半ぶり。

    番組では、過去のレギュラー番組の貴重な秘蔵音源が初公開。
    これは当時の担当ディレクターが保存していたもので、曲紹介やタイトルコールを間違えて、自分で大笑いしてしまうNGシーンや、CM中にふざけているトークなどが、編集なしでオンエアされ、工藤は「恥ずかしい!」と、笑いながら当時を懐かしんだ。

    番組が進行するにつれ、ゆかりのある方々からの「お祝いコメント」がサプライズで続々と届き、このドッキリには工藤もびっくり。
    明石家さんまからは、工藤が参加したCD『明石家さんまさんに聞いてみないとネ』のレコーディング秘話とともに、“おうちにお伺いして手料理をいただきたい”というおねだりも。

    憧れ尊敬する中島みゆきからのメッセージには、「泣いちゃうな~」と涙ぐんだ。

    そこに、「スタジオに入ったら、工藤さんが号泣してるからびっくりした!」と言いながら、ゲストの土田晃之が登場。

    『土田晃之のマタギキ!』企画として、土田が各所から又聞きして集めた数々の“工藤静香の噂”の真偽を本人に直撃。
    「カラオケの点数が娘に負けたのは本当か?」などの質問に、「何で知ってるの?」と笑いつつ、エピソードを交えながら真相を答えた。
    土田も親衛隊時代の失敗談を披露し、スタジオは笑いにつつまれた。

    サプライズお祝いコメントはさらに続き、関根勤からは30年前にニッポン放送『TOKYOベストヒットwithうしろ髪ひかれ隊』で共演していたときの暴露話、長年の友人である森高千里からは「子育てもひと段落したら、また遊びに行きましょう」という温かいメッセージが寄せられた。
    リスナーからも、「しーちゃんの笑い声が懐かしい」などと、たくさんのメールが届いた。

    8月30日にリリースされるオリジナルアルバム『凛』の制作エピソードも紹介され、色褪せることのない1980-90年代の工藤のヒット曲と、ニューアルバムからの曲もオンエア。

    そして、最後に用意されてたドッキリ音源は、工藤が4~5歳の頃の歌声「山口さんちのツトム君」。
    自身も持っていない音源にまた涙。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    no title

    http://www.m-on.press/music-news/0000119241?show_more=1


    所長見解:懐かしいね・・・
    【【何があった?】工藤静香が、ラジオ生放送中に涙ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元EE JUMPのユウキこと後藤祐樹さん(31)が、25日にAmazonプライム・ビデオで配信されるバラエティー番組『今田×東野のカリギュラ』に出演。
    芸能界を引退してから約15年ぶりに番組収録に参加した。
    その後、ORICON NEWSのインタビューに応じ、今の心境や逮捕時に話題となった首の入れ墨などについてたっぷりと語った。

    “カリギュラ”とは“禁止されるほど試してみたくなる心理現象”。
    25日に配信される第13話「地上波ではなかなか会えないあの人は、今?!」に後藤さんが出演。
    MCの今田耕司と東野幸治から呼び込まれると、緊張した面持ちで15年ぶりにカメラの前に姿を見せた。

    番組は後藤さんの人生をクローズアップ。
    1999年に姉・後藤真希が『モーニング娘。』としてデビュー。
    その会場で事務所の目に留まり、スカウトされて自身も芸能界に入ることになった後藤さん。
    ここまでは順風満帆だったが、その直後から運命の歯車が狂い出す。
    バンド活動を希望していたが、男女2人組ユニットでデビュー。
    そのため「恥ずかしかった」という思いから事務所の仕事をバックレるようになり、15歳だった2002年にキャバクラでの飲酒が週刊誌に掲載された。
    事務所からは残る選択肢も提示されたが、芸能界引退の道を選んだ。

    引退後は「芸能界で入れ墨というのは、まだまだ厳しい。入れることで戻れないのであれば、それでも構わない」と覚悟を決めてタトゥーを入れた。
    首筋にある鯉の入れ墨は18歳前後の荒れた時期に「後先を考えずに入れた」と述懐。
    どんどん増えていくタトゥーに姉の真希は「バカだなぁ」と漏らしたという。
    その後は坂道を転げ落ちるように悪の道へ。
    工事現場から銅線を盗むようになり、07年には強盗致傷で逮捕。
    懲役5年6ヶ月の実刑判決を受け、川越少年刑務所に服役した。
    その際に母親から言われた一言は生涯、忘れることはできないと番組で語った。
    さらに過酷な刑務所内での生活をVTRで再現し、12年に出所して以降は改心。
    全ての出来事を受け入れて前向きに生活をしている。

    収録を終えて、後藤さんは「15年ぶりというのもあって、収録前から緊張しました。
    でも、東野さんと今田さんがやりやすくしてくれて、話しやすかったです」と破顔一笑。
    現在は2番目の姉の夫の会社でアンテナ工事の仕事しているという。
    18歳のときに結婚した女性とは離婚し、今は4年ほど前に知り合った一般の女性と再婚しており、番組には奥さんも出演している。

    15年ぶりに出演した経緯を聞くと「今回、僕の妻と僕が一緒に通っている美容師さんからお話をいただいた。
    今まで雑誌だったり、映画の出演だったり、オファーは何件かあったんです。
    でも、その方の素性が怪しかったりした。
    でも、今回は妻が信用している美容師さんでした。
    あと、東野さんと今田さんを妻がすごく好きという理由もありましたし、僕でよければと思いました」と明かした。

    >>2以降に続きます

    http://www.oricon.co.jp/news/2096168/full/

    no title


    所長見解:首が・・・
    【【あの人は今】ゴマキ弟・後藤祐樹さん、15年ぶりに番組収録ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    Wink22年ぶり再始動へ!シングル発売にコンサート活動も計画

    「淋しい熱帯魚」などのヒットで知られる人気デュオ、Winkが22年ぶりに復活することが20日、分かった。
    関係者によると、デビュー30周年を迎える来年4月に再始動する方向で調整が進められており、新曲発売やコンサートも計画中という。
    1996年の活動停止以降、相田翔子(47)と鈴木早智子(48)はソロ活動を続けながらも、ずっと連絡を取り合うなど仲良し。
    円熟味を増したハーモニーを届けてくれそうだ。

    w


    伝説のアイドルデュオが、メモリアルイヤーに帰ってくる!

    関係者によると、再始動のタイミングは、デビュー30周年を迎える来年4月。
    現在水面下で調整に入っており、1995年の「Angel Love Story~秋色の天使~」以来、23年ぶりとなるシングル発売やコンサート活動も計画されている。

    96年の活動停止後、2人は98、99、2008年に年末の音楽特番などでそれぞれ一夜限りの“復活”を果たしたが、来年は継続的な活動になりそうだ。

    復活計画は今年に入って浮上。
    節目を大切にしたい2人とスタッフの思いが合致した。
    相田の長女(5)が来春小学校に入学し、育児が一段落することもきっかけの一つになったとみられる。

    今年6月には相田が東京・大井競馬場でWink時代に歌った東京シティ競馬タイアップ曲「トゥインクル トゥインクル」(94年)のソロカバーバージョンを披露し、話題に。
    復活を望む声が高まっていた。

    Winkは88年にデビュー。
    翌89年には当時の子供たちがまねをした“大魔神ポーズ”でおなじみの「淋しい熱帯魚」が日本レコード大賞に輝き、90年まで5曲連続オリコン1位を獲得するなど大ブームを巻き起こしたが、不仲ではなくソロ活動に専念するため、96年3月に活動を停止。
    8年でシングル25枚、オリジナルアルバム14枚を発売し、2人での活動に区切りをつけた。

    その後はそれぞれソロ活動にまい進。
    相田は08年に元衆院議員、相澤英之氏(98)と女優、司葉子(83)の三男で医師、相澤宏光氏(46)と結婚し、長女を出産。
    ママになっても歌手や女優としてマイペースに活動。
    鈴木も10年に一時活動休止するも歌や芝居を続け、そして機が熟した。

    再始動について、相田の所属事務所は「具体的なことは何も決まっていません」と否定せず。
    無表情で歌い踊るスタイルで一世を風靡した2人が、笑顔でステージに立つ日は近い。

    ★ブログに“予感”

    相田は丸29年を迎えたデビュー記念日の4月27日付ブログで、Winkへの思いを吐露。
    いまなお応援してくれるファンに感謝し、「あの8年間は夢のようで、刺激的で、濃厚で、鮮烈です。いつも鍵はオープンの宝箱です●(=ハート)」と復活を“予感”させるコメントも。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170821/geo17082105050008-n1.html


    所長見解:懐かしいね・・・
    【【これは懐かしい】Wink22年ぶり再始動ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ