ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    懐かしい

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今のご時世、ガラケーを使っている人は本当に見なくなった。

    僕はまだガラケー持ちだけど、使える機能は本当に少ない上、もう何年も前からツイッターもLINEも、ガラケーには対応しなくなっている。

    ただ、携帯電話としての機能はしっかりと生きているので、まだまだ愛用し続けるつもりだ。

    そうは言ってもガラケーなんて、今となっては過去の遺物。

    スマホが席巻してしまった現在では、その存在自体を懐かしむ人も多いはず。

    そこで今回は、往時のガラケー人気を知っている人たちに向けて、懐かしいガラケーあるあるを紹介していきたい。

    g


    ■「ショートメール1通20円とかいう暴利」

    先日、5ちゃんねるに「ガラケーを知らない世代にはわからなそうなこと」というスレッドが立っていた。

    スレ主は手始めに「アンテナをピカピカ光らせるのが流行った」と例を挙げている。

    ピカピカ光るアンテナ。

    あったあった。

    メールを受信するときとか、着信があったときに綺麗に光るやつ。

    あと、光らないアンテナと交換する形で用いるタイプもあったような。

    別売りのドレスアップパーツ扱いされてて、ドコモショップとかでも売っていたのをおぼえている。

    スレ主は他にも「ショートメール1通20円とかいう暴利」とも書き込んでいる。

    昔は信じられないぐらい通話・パケット料金が高かった。

    1時間も電話していると、平気で4桁円の料金表示になってて青くなった人は、きっと多かったはずだ。


    ■「Re:Re:Re:Re:Re:」「着メロ雑誌には音階が記されていて自分で入力していた」

    もちろん話はこれだけでは終わらない。

    スレッドには他にも懐かしいガラケー思い出話が詰め込まれていた。

     「赤外線通信で連絡先交換」
     「電池パックの蓋の裏にプリクラ」
     「ストラップじゃらじゃら」
     「着メロ雑誌には音階が記されていて自分で入力していた」
     「携帯ショップの紙袋を持って歩くのがステータスに」
     「Re:Re:Re:Re:Re:」

    どうだろう。

    2000年代初頭ぐらいから一気に普及したガラケーだが、その当時にガラケーを使っていた人たちにとっては、どれも懐かしい話になるんじゃなかろうか。

    特に電池パックの蓋の裏にプリクラを貼っていたという話には、思わず「あ~やってたわ」とこぼしてしまった。

    初期の頃のガラケーって下手するとまだ着メロも3和音ぐらいしかなかったし、カメラ機能もなかった。

    さらには液晶だってカラーでもなかった。

    が、ガラケーの進化は割とハイペースだった。

    3和音は16和音になり、カメラが搭載されてメールに写真を添付できるようになり、液晶がカラーになっていく様子をリアルタイムで経験した人たちは、その勢いに感心したに違いない。

    僕はかなり感動していた。

    メールよりラインやSNSで連絡を取る時代だから、返信が続くに連れて件名に増える「Re:」を見ることもなくなった。

    今の時代、ガラケーは本当に使い物にならない端末扱いされている。

    でも、ほんの20年ほど前には、誰もが手放せないガジェットだったのだ。

    時代の流れは速い。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16554761/

    所長見解:速いな・・・
    【【懐かしい】ガラケー時代あるあるがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気イタリアンシェフ川越達也の近況が、9日放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)の中で明かされた。


    2010年頃から、食に関する深い造詣と、美味しい料理を食べた時に微笑む「川越スマイル」が人気を呼び、テレビを中心に活躍した川越。

    さらに自身がオーナーシェフを務める東京・代官山のフレンチレストラン「TATSUYA KAWAGOE」も盛況で、数か月先まで予約がいっぱいと伝えられていた。


    k


    ところが次第にテレビから遠ざかった彼は、同時に、経営するレストランもすべて畳み、表舞台から姿を消した。

    だが今回、彼の古くからの友人で、かつて川越の店でも働いていたという元女優の吉田真希子が登場。

    現在、料理家として活躍する彼女は、「私の飲食(業)の原点」と川越に感謝した。


    番組が彼に連絡を取ったところ、吉田のもとに川越から手紙が届いた。

    そこには、彼女が当時レストランのスタッフとして携わってくれたことへの感謝とともに、川越の今が綴られていた。

    そこには「僕は今、長野で子育てをしています。信じられないと思いますが2人の娘の父親になりました」とあった。


    さらに、「今は家族中心と子育てのためにしばらくレストラン業をお休みしておりましたが、長女が3歳になったらレストランを再開しようと思ってました」と抱負を述べ、「今、東京の中目黒でオープンの準備をしている最中です」と具体的に動き出していることが判明。

    テリー伊藤は川越シェフについて「復活してくれるのは嬉しい。また中目黒で人気出そうですよね」と期待を寄せていた。


    川越は2016年、交際していた一般女性と結婚したことが報じられている。


    https://www.rbbtoday.com/article/2019/08/10/172109.html 

    ▼画像
    https://www.rbbtoday.com/imgs/p/RqJIzsl7cmxG8-cARbeaqilNLEDQQ0JFREdG/644336.jpg

    所長見解:いたよね・・・

    【【覚えてる?】川越達也シェフの現在がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    49歳になった裕木奈江 かわいらしい近影に「あの頃のまま」とファン歓喜


    裕木奈江がインスタグラムにアップした暑中見舞いの写真がアイドル風でかわいい 「あの頃のまま美しい」というコメントも


    女優の裕木奈江(49)が、自身の公式インスタグラムを更新。

    麦わら帽子をかぶった「暑中見舞い写真」を公開し、美しい近影が反響を呼んでいる。


    m


    ■49歳とは思えない若々しさ

    裕木奈江が話題の写真をアップしたのは、31日。

    麦わら帽子をかぶった小さな顔は49歳とは思えない若々しさで、夏でもシミひとつ無い白肌は透明感抜群。


    「#暑中見舞い #夏 #麦わら帽子 #strawhat」

    というコメントが添えられており、写真には直筆と思われるメッセージとサインも書き込まれている。

    20代の頃と変わらぬキュートな顔写真には、ハートマークの絵文字と「いいね」が多数寄せられている。



    ■ファンから「少女のよう」という声も

    「昔のものでは?」と思ってしまうほどガーリーでキュートな裕木奈江の暑中見舞い。

    「暑中お見舞申し上げます」の「ます」が「四角に斜め線の入ったマーク」になっていたり、「丸奈」という印鑑風のサインが添えられていたり全体的にアイドル風。


    ファンからは、昔と変わらぬ美貌とキャラクターに対する称賛する声が多数寄せられていた。


    ※インスタ画像がコチラ


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://sirabee.com/2019/08/01/20162135391/  

    所長見解:かわいいやん・・・
    【【検証画像】49歳になった裕木奈江がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昭和の部活「部活中は水飲むな!」←これまじ意味わからんのやが

    s


    良いとか悪い以前に意味がわからない

    なぜこんなルールが全国に広まるんや

    所長見解:たしかに・・・

    【【懐かしい】昭和の部活「部活中は水飲むな!」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いつの時代も、お茶の間から愛されるアイドルは多数存在します。

    1990年代にも多くのアイドルが活躍し、テレビを彩ってきました。

    そこで今回は、最強にかわいい90年代アイドルについて探ってみました。

    d



    1位は「深田恭子」!

    1996年、中学生のときにホリプロタレント・スカウト・キャラバンにてグランプリを受賞し、芸能界入りを果たした深田恭子。

    1998年に出演したテレビドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ)がきっかけで大ブレイク! 当時は今よりもややぽっちゃりとしたルックスに、マシュマロのような二の腕がトレードマークだった彼女。

    天然ボケのキャラクターも手伝い、多くの男性をキュンキュンさせていました。

    そんな彼女も現在36歳。

    90年代のときと変わらぬルックスで「奇跡のアラフォー」と再ブレイクしています。


    2位は「安室奈美恵」!

    昨年惜しまれながら引退した安室奈美恵。

    小学生のときに才能を見いだされ、『沖縄アクターズスクール』に入校。

    1990年代初頭から本格的に芸能活動を開始しました。

    『TRY ME ~私を信じて~』『太陽のSEASON』『Body Feels EXIT』などが爆発的にヒットし、人気もうなぎ上り。

    彼女に憧れてファッションやヘアメイクをまねする女性“アムラー”が多く出現し、1996年には“アムラー”が「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに入賞するほど、社会現象になりました。


    3位は「広末涼子」!

    1994年に「第一回クレアラシル『ぴかぴかフェイスコンテスト』」にてグランプリを受賞し、翌年にクレアラシルのCMでデビュー。

    その後、テレビCMやドラマに次々と出演して大ブレイク。

    歌手としても精力的に活動しており、『MajiでKoiする5秒前』『大スキ!』などのヒット曲を残しています。

    デビュー当時は黒髪ボブのヘアスタイルがトレードマークで、そんな“広末ボブ”は瞬く間に流行し、多くの女性が取り入れました。


    このように、大人になった現在も多くのファンに支持されている人気女性有名人が上位に選ばれる結果となりました。

    気になる4位~60位のランキング結果もぜひご覧ください。

    みなさんは、誰が90年代最強にかわいかったと思いますか?

    https://ranking.goo.ne.jp/column/5966/

    所長見解:いいやんね・・・
    【【懐かしい】90年代、最もかわいかったアイドルランキングがコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ