ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:懐かしい

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ぶりっ子キャラで一世を風靡したタレント・さとう珠緒(45)は、グラビアクイーンとしても活躍した経歴の持ち主。
    さとう本人が、23歳時のファースト写真集『ハニーリップス』(1996年、竹書房刊)を振り返る。

    自分の写真集で一番好きなのがこの『ハニーリップス』です。
    カメラマンの井ノ元さんとは相性バッチリで、何もわからない私を楽しい気持ちにさせてくれて、その瞬間瞬間を切り取ってもらいました。
    この写真が一番のお気に入りです。
    Y字バランスの写真は、当時ダンスをやっていたので、こんなポーズをしてしまったんでしょう。
    今はすっかり体が固くなって、もうこんな開脚はできません(笑い)。

    1988年に15歳で「第2回ミス・アクション・オーディション」の準グランプリをいただいているので、実は今年が芸能生活30周年になります。
    準グランプリの後は数か月だけ芸能活動をして普通の高校生活を送り、卒業後は芸能界と関係ない職業に就くことも考えました。

    1995年に『超力戦隊オーレンジャー』にオーピンク役で出演してから多くのお仕事をいただけるようになりましたが、ぶりっ子だと批判されたり、「女が嫌いな女」に選ばれたりした時は、もう“プンプン”でしたね(笑い)。

    数年前に事務所を辞めて少しお休みしたりしたので、30年駆け抜けた感じではなく、なんだかふんわりとまだやっている感じです。
    今まで本当に多くの方にお世話になり、スタッフや応援してくださった方々、ご迷惑をかけてしまった方々に、申し訳ない気持ちと感謝の思いでいっぱいです。
    こうして長くやってこられたのは、本当に幸福でラッキーだと思います。

    この年で水着グラビアですか? 
    本格的なトレーニングから始めなくてはならないです。
    やる気はあれど、そのうちおばあちゃんになってしまう……。
    ぶりっ子おばあちゃんの水着、はたして需要はあるのでしょうか?(笑い)

    【プロフィール】さとう・たまお/1973年1月2日生まれ、千葉県出身。
    1988年、第2回ミス・アクション・オーディションで準グランプリ。
    1995年、『超力戦隊オーレンジャー』にオーピンク役で出演。
    あいくるしい顔立ちと「ぶりっ子」キャラが人気を呼び、バラエティ番組に引っぱりだこに。
    グラビアでも活躍し、小悪魔的な魅力で見る者を虜にした。
    今回はファースト写真集『ハニーリップス』(1996年、竹書房刊)から厳選カットを掲載した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00000003-pseven-ent

    no title


    所長見解:まだ大丈夫やね・・・

    【【あの人は今】さとう珠緒(45)が振り返る水着写真集がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1990年代の人気バラエティ番組『進め!電波少年』(日本テレビ系)に出演していた元・猿岩石の森脇和成、元・ドロンズの大島直也、元・パンヤオの伊藤高史、元・地球防衛軍レッドの加代子、「Tプロデューサー」こと土屋敏男氏が12日、東京・練馬区のバッティングプラザ大泉で行われた『ドラマチックバッティングセンター #あなた専用甲子園』の記者会見に出席した。

    森脇は、元相方・有吉弘行とともに同番組のヒッチハイク企画で人気に火が付き、歌手としても「白い雲のように」が大ヒットし『第39回日本レコード大賞』の「新人賞」を獲得するほど大ブレイク。
    2004年3月のコンビ解散を機に芸能界を引退したが、15年に「役者をやりたくて芸能復帰」し、現在は「年間3~5本の舞台に立たせてもらってます。
    役者としては新人でゼロからのスタート。
    コツコツやらせてもらってます」という。

    s


    有吉との近況を問われると「電話したらつながらなくて、メールの返事もない。
    一応、『復活します』とメールで報告はしています。
    もう10数年、会ってないですね」とポツリ。
    報道陣から不仲を心配されると「仲悪いわけではないけど、良くもない。
    幼なじみなんで照れくさい感じですかね」と笑いながら否定し「なにか言いたいこと? ないですね、地元の誇りですよ」と話していた。

    この日のメンバーは、先々月頃に行われた「電波少年メンバーのプチ同窓会」で「10数年ぶり」に再会。
    番組復活を期待する声があがると、土屋氏は「テレビじゃ無理だと思うので、どこかのネット企業で希望されるところがあれば…」と前向き。
    大島、伊藤、加代子も舞台役者として活動中。
    土屋氏は「メンバーはそろってる」と自信をのぞかせていた。

    同イベントは、カヤックより配信中の共闘スポーツRPG『ぼくらの甲子園!ポケット』のキャンペーンの一環。
    普段は、バッティングセンターとして稼働している同所を舞台に、チームメイトや監督、吹奏楽やチアリーダーたちの応援、プロの実況にウグイス嬢が登場し、ユーザー自身が“主人公”として青春の一コマを体験できるイベントとなっている。
    今月30日に一日限定で開催される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15149311/


    所長見解:そうなるよね・・・

    【【あの人は今】元猿岩石・森脇和成、有吉とは音信不通の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2006年夏、「グラビア界の黒船」の鳴り物入りで来日し、その美貌とセクシーなグラビアで社会現象を巻き起こしたリア・ディゾンさん。
    歌手としても活躍し、翌年末のNHK紅白歌合戦にスピード出場を果たすなど、まさに“黒船”級のインパクトだった。
    しかし、人気絶頂の08年に結婚と妊娠を発表。
    2年後に離婚、帰国して以降はほとんどメディアで見かけなくなった。

    今どうしているのか?

    リアさんに会ったのは、JR原宿駅から徒歩5分の所属事務所の一室。
    「日本に来るのは4年半ぶり」と話すリアさん。
    来日直後で「時差ボケなんです」と笑いながらも、かつて日本中を魅了したルックスは健在。
    ヘーゼルナッツ色の瞳は吸い込まれそうに美しい。

    「今は出身地のラスベガスの都心から少し離れたところに住んでいます。
    のどかな郊外なので、子供を育てるには良い場所だけど、砂漠だから気温は45度。
    この夏の日本よりも暑いんですよ」

    実はリアさん、シングルマザーとして一人娘のミラちゃん(9)を育てながら、現地の大学に通い研究の道を歩んでいる。

    「ネバダ州立大学ラスベガス校の4年生で、社会心理学を学んでいます。
    大学進学の時期と日本デビューが重なったこともあって、ずっと大学で学びたい気持ちがあったんです。
    今の研究テーマは『なぜ女性は過小評価されているか』。
    数学や科学技術、工学の分野で活躍する女性が少ない原因を、統計や論文を読みながら研究しています」

    子育てと学業の両立は大変だ。
    早起きして朝食を作り、小学校に通うミラちゃんと一緒に家を出る。
    大学の帰りに迎えに行き、夕食を作って済ませると、ミラちゃんが寝ついてから机に向かう。

    それでもリアさんのモチベーションは高い。
    「卒業後は大学院に進み、研究を続けていく」と目標を語ってくれた。
    「研究は難しい。でも、学ぶことによって自分の生活の助けになっています。違う目線で世界を見ることができるようになったし、視野が広がりました。
    子育てにも役立ってます。もともと書いたり、読んだりすることが好きだから全然苦じゃなくて、むしろ自分に合ってると思うんです」


    ■「黒船のイメージを壊すのが怖かった」

    さて、米ラスベガス出身のリアさんは、自身のサイトにセーラー服姿などの自撮り写真を公開していたところ、検索数が200万件を超える話題に。
    SNSでも拡散され、06年の日本デビューのチャンスをつかんだ。

    「当時はみんなの注目を集めたかった、それだけでした」とリアさん。
    来日当時、「グラビア界の黒船」と騒がれ、注目を集めたことについて改めて聞くと、「ペリーのことは知ってたけど、黒船って……(笑い)。新しいなと思った。でも、すごいプレッシャーでした」と振り返った。

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/235028

    no title


    所長見解:いけるやん・・・

    【【あの人は今】グラビア界の黒船、リア・ディゾンさんが明かした重圧がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【懐かしい】テレビで深夜に流れる映像が好き ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    スーパーで買い物をしていると、いろいろな店で同じメロディーが聞こえてくる。
    そう思ったことはないだろうか。
    「ポポーポポポポ、ポポーポポポポ、ポポポポポ~」という、やけに耳に残る曲だ。

    記者がいつも行く大型スーパーでは、売り場によって聞こえてくる音楽が違う。
    スーパーのオリジナルキャラクターのイメージソングや、ほとんど気にならないようなさりげないBGMが流れている。

    そんな中、総菜やデザートの売り場に近づくと、あの音が聞こえてくる。
    他のBGMと比べて、少し離れていても耳に入ってきやすい。
    聞こえてくる方に近づいていくと、総菜が並ぶ棚の上に、顔が描かれた小型の機器があった。

    この機器が、あの音を流している「呼び込み君」。
    2000年から販売されている。
    耳に残る独特のメロディーを気に入っている人はたくさんいるようで、動画投稿サイトにも音源が多数アップされている。

    なぜ呼び込み君はたくさんの店舗に広まり、発売から20年近くたっても流され続けるのだろうか。

    発売から18年たっても廃れずに呼び込み君が使われ続けている。
    その理由について藤巻さんは「やはり、音楽の力ではないでしょうか」と話す。

    「『気になる』『耳に残る』という声が多く、今でもたくさんお問い合わせをいただきます」。
    また、スーパーなどの売り場で流れる曲として定着していることから、「お客さんを呼んでくれる効果がある」という声もあるという。

    呼び込み君は群馬電機のWebサイトで、1台から購入できる。
    価格はLED付きで2万9800円、LEDなしで2万1800円(いずれも税別)。
    個人で購入するケースもあるという。

    「お子さまへのプレゼントとして購入される方もよくいらっしゃいますね。
    お子さまが店で曲を聞いて、気に入ってしまうそうです」

    スーパーで「ポポーポポポポ」と聞こえてきたら、その音を発している「呼び込み君」を探してみてはどうだろうか。
    小さな機器の中に、長く使われ続ける技術とメロディーが詰まっている。

    no title

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1807/26/news020.html

    https://www.youtube.com/watch?v=b7pzTtrnUyc



    所長見解:聞くよな・・・

    【【ロングセラー】スーパーでよく聞く「ポポーポポポポ」がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ