ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:懐かしい

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    フーミンの愛称で知られるタレントの細川ふみえ(46)が、18日放送の日本テレビ系「有吉ゼミSP」(後7時)に出演し、超激辛チャレンジグルメに挑戦した。

    h


    グラビアアイドルとして人気絶頂だった細川は、2007年に会社経営者の男性と結婚。
    長男をもうけるも09年に離婚。
    久しぶりのバラエティー番組ロケとあって、激辛料理の「激辛爆汗パスタ ハバネローゼ」制限時間15分での完食に気合十分で挑んだ。

    「TIM」ゴルゴ松本(51)から「90年にデビューしてから28年いろんなことあったもんね。今はお子さんを女手一つで育てているんですよね」とエールを受けた細川は「そう。そして仕事欲しいです!」と大粒の汗を流しながらパスタを口に運び「お母さん頑張るよ」と息子にメッセージ。
    トッピングの激辛唐辛子「ブート・ジョロキア」をパクリ。
    10分12秒で最初に完食し激辛好きをアピールした。

    ゴルゴは、細川から「おっぱい見てもいいから」と励まされ怒濤(とう)のスパート12分36秒で完食。
    「Kis-My-Ft2」の宮田俊哉(29)も意地を見せ14分52秒で食べきった。
    二階堂高嗣(27)は途中でギブアップした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000225-sph-ent


    所長見解:根性やな・・・

    【【超激辛完食】フーミン「仕事欲しいです!」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    高校生の時にお笑いコンビでデビューした俳優の北原雅樹さん(41)。
    アイドル並みの人気を博し、ドラマにも出演したが、ほどなく勢いは衰え、芸能界を引退した。
    いったんは会社員として働いたが、再び表現者の道を歩むように。
    波瀾(はらん)万丈の軌跡で「今が一番幸せ」と話す。

    g


    デザイン事務所や司法書士事務所、トラックの運転手と、さまざまな職を経験した。

    僕は挫折しまくっている。
    そのたびに「社会に必要とされていない」と落ち込んだが、妻と子どもがいた。
    家族に必要だと思うと頑張るしかなかった。

    高校時代にお笑いコンビで人気を集め、「笑っていいとも!」などにレギュラー出演したり、ドラマで内田有紀さんら人気俳優と共演したりした。
    あっという間に駆け上がったが、落ちるのも早かった。
    数年でみるみる仕事が減っていった。

    俳優として生きていこうと思ったが(出演依頼が途切れるようになり)、家族を養うため、東京のデザイン事務所で契約社員として働き始めた。
    本やパソコンを見て、自分たちのホームページやチラシを作っていた経歴が買われた。
    それでも俳優の仕事が入ることがあり、勤務先を休むしかない。
    収入を補うために、イベントの会場設営の仕事も始めた。
    当時は、俳優にしがみつくために時間稼ぎをしている状態。
    実際は収入の大半を俳優以外の仕事から得ており、(家計を安定させるため)芸能界から引退しようと決断した。

    両親が阪神・淡路大震災後に移り住んだ加古川市内のデザイン事務所に正社員として就職。営業で社長に同行すると、訪問先のみんなが、芸能人だった僕としゃべりたがる。
    次第に社長に疎まれ、半年ほどで閑職に。
    会社でずっとパソコンの画面を眺めるだけの日々が続いた。

    ちょうど2人目の子どもが生まれ、給料も良かったので退職したくてもできない。
    東京で「俳優を辞めたんねん」と大口をたたいた手前、すごく我慢して働いていた。
    胃潰瘍で吐血し、やせていった。
    妻に「死ぬから(デザイン事務所を)辞めて」と懇願され、司法書士事務所に転職した。
    ここでも正社員だったが仕事が激減したので、8カ月でリストラされてしまった。


    ▼最低点の履歴書

    転機は2011年。ハローワークの職員の一言だった。

    職探しのために履歴書を書いて、採点してもらうと最低点だった。どこにも受からないと。びっしりと書き込んだのに「君が何をしていたかが全く書かれていない」と言われた。
    芸能界にいたことは、恥ずかしくて全て隠していた。
    「芸能界でそこそこ売れていて…」という話をすると、「なんで俳優をやらへんねん。それをやったらいい」と助言してくれた。
    帰りの車の中で涙があふれた。
    妻にもう一回、俳優をやりたいと告げると「私はずっとそう言っているけど」と。
    自分で無理だと思って妻の言葉を聞き流していた。

    人づてに、地元コミュニティー放送局「BAN-BANネットワークス」のキャスターを紹介してもらい、売り込んだ。
    すぐに返事をもらえず、別の仕事をしないといけない。
    手に職を付けようと通っていたフォークリフトの安全講習で知り合った人の紹介で、トラックの運転手を数カ月続けた。

    そんな中、タレントだった妻と2人で週1回、ラジオとテレビの同時放送をする仕事が入った。
    1年間、放送が終わった後、スタジオにこもって、しゃべる特訓をした。
    今はニュースや天気予報など、全部自分で読むことができるようになった。


    全文は下記URLで
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011349396.shtml


    所長見解:いたな・・・

    【【波乱万丈】元グレチキの現在がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月11日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)は、自分の写真が伝説のバカ画像として拡散されている男性が登場。
    ゲストの松岡茉優が興奮する一幕があった。

    今回登場したユウタさんは、あどけない表情をしたヤンキー中学生4人が、ポーズを決め「チャリで来た」と書かれた有名なプリントシールに写っている1人。
    このプリントシールはネット界隈では有名な画像で、いまもなお拡散され続けている。
    松岡もこの画像を知っているようで見た瞬間に「チャリだ!」と大興奮。
    「私世代のヒーローです!」と語った。
    写真の主なツッコミどころとして、進行の弘中綾香アナウンサーは、「ヤンキー感出すけど、しょせん自転車で移動。しかもそれを誇らしげに書くヤツ」と揶揄し「めちゃくちゃイジられる対象」と紹介した。

    そもそも4人は野球クラブで知り合った友人。
    先輩や同級生にもヤンキーが多く、ユウタさんも自然にオラつくようになったそう。
    ある日、4人でヤンキー御用達のブランド・ガルフィーの洋服を買いにいくことになったが、ユウタさん曰く「遠足気分だった」と言い、前日にみんなで友人宅へ宿泊したことを明かした。
    翌日の早朝に自転車で1時間半かけて地元のショップまで買いにいったとのこと。
    しかし、ガルフィーが思った以上に高額で、購入を諦める事態となる。

    せっかく来たのだからとゲームセンターで遊ぶが、次第に飽き始める面々。
    ここで伝説の画像の始まりとなるプリントシール撮影の瞬間を迎える。
    無事撮影を終えたあと、プリントシールのお絵かきタイムに突入。
    時間制限があることから、焦った4人の誰かがササッと「チャリで来た」と書いたのだそう。

    数ヶ月後、クラスメートから「お前の画像が“2ちゃんねる”でめっちゃバカにされているよ」と伝えられる。
    なぜ、プリントシールが流出したのか? 
    それは「前略プロフィール」(現在は閉鎖)というサイトが原因だった。
    同サイトは、質問に答えるだけで簡単に自分のプロフィールページが作れるSNSのこと。
    メンバーの誰かが、プロフィール用の画像にプリントシールの画像を使用し、それを見た何者かが「2ちゃんねる」の掲示板に勝手に転載した……という流れ。
    ネットの拡散力も相まってユウタさんらの画像は瞬く間に全国へ広がった。

    ヤンキーに絡まれたり、殺人犯の濡れ衣を着せられるなど、散々な目にあったというユウタさんら。
    しかし、GLAYが「チャリで来た」のマネをして写真を撮影したり、プリントシールを見たラッパーのSLOTHが勝手にインスピレーションを受けて楽曲を制作するなど、良いこともあったと振り返る。

    ネットでは、ユウタさんの登場に大盛り上がり。

    「イケメンになっている」
    「これまで(画像に)楽しませてもらって感謝しかない」
    「真相が面白すぎる」

    などの声が挙がっていた。

    no title

    https://dogatch.jp/news/ex/54448/detail/ 

    【【ネット伝説の画像】「チャリで来た」のヤンキー中学生の現在がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「10月スタートの『月9』で織田裕二さんが10年ぶりに主役を演じます。
    その共演者が、鈴木保奈美さん。
    伝説の『東ラブ』以来、27年ぶりの“夢の共演”となります」(テレビ局関係者)

    t


    91年、「月曜の夜は街からOLが消える」ほどの社会現象になった『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)。
    織田裕二(50)演じる“カンチ”と鈴木保奈美(51)が演じる“リカ”による恋愛絵巻の最終回は視聴率32.3%を記録。
    あれから27年の再会。
    当然、『東ラブ』の続編かと思いきや……。

    「米国の人気ドラマ『SUITS』のリメイクで、舞台を日本に移した弁護士ものです。
    織田さんが演じるのは、手段を選ばず訴訟での勝利を至上とする敏腕弁護士。
    鈴木さんは、織田さんの働く法律事務所の所長役といわれており、彼に強い信頼を寄せている役だそうです」(前出・テレビ局関係者)

    16年、柴門ふみがカンチやリカらの25年後を描いた『東ラブ』の続編漫画の連載を始めた際も、ファンは織田と鈴木による続編のドラマ化を熱望していたが――。

    「結果的に『東ラブ』は大ヒットしましたが、じつは織田さんは主役の“第一候補”ではありませんでした。
    のちに織田さんは“原作と脚本が自分のイメージと異なり、そのギャップを最後まで埋められなかった”ことも告白しています。
    織田さんにとって『東ラブ』は、世間の評価と相反して、苦い記憶が残ったままなんです。何度か続編や鈴木さんとの共演が浮上しても乗り気にはなれませんでした」(ドラマ関係者)

    その彼が、なぜ変心を?

    「『月9』視聴率が低迷するフジの上層部は“2人の共演は日本中の話題になる”と説得を続けました。
    40代で結婚し、1児の父親となった織田さんも、あまりのフジの熱意に押され、“50歳の転機”として熟慮。
    “成長した自分を、『東ラブ』的な恋愛ものとは違う作品で、鈴木さんにもう一度見てもらえれば……”と“苦渋の決断”をしたそうです」(前出・ドラマ関係者)

    27年後の“カンチ&リカ”は、舞台を法廷に変え、どんなドラマを繰り広げてくれるのだろうか。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180612-00010002-jisin-ent


    所長見解:いまさら・・・

    【【東京ラブストーリー】織田裕二 鈴木保奈美と再び月9ドラマ ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    63歳の若さで西城秀樹が帰らぬ人となったのは、5月16日のことだった。
    死因となった急性心不全の背景には2度の脳梗塞があると目されているが、“糖尿病も患っていた”と元マネージャー氏は明かすのだ。

    s


    西城が脳梗塞を発症したのは、2003年と11年末。
    1976年から23年間、マネージャーを務めていた天下井隆二氏は“お酒は飲み、セブンスターを1日3、4箱吸っていた”という西城の健康事情について、こう語る。

    「84年、骨髄液が漏れて脳圧が下がる低髄液圧症候群という病気で1カ月ほど入院し、一時は面会謝絶になるほどでした。
    それに、実は秀樹さんは糖尿病でした。
    96年か97年、秀樹さんと僕とで健康診断を受けたら二人とも血糖値が高く、僕は糖尿病と診断されて薬を処方され、秀樹さんはインシュリンで治療することに」

    初めて明かされた、糖尿病だったという事実――。

    東京慈恵会医科大学客員教授の阪本要一氏も、

    「病院で血糖値が高いと診断され、インシュリンを投与されていたなら、西城さんが糖尿病と診断されていたのは間違いないと思う」

    と見立てて、こう続ける。

    「糖尿病の状態が続くと、血管の内皮細胞が異常をきたして動脈硬化が進み、脳の血管が詰まって脳梗塞などを引き起こす危険性がより高まります」

    2度の脳梗塞は、糖尿病が影響していた可能性もあるのだ。


    病に倒れて以降、最近も週に4、5日のリハビリに励んでいたという西城だが、

    「心房細動や不整脈などの病気が隠れていて、心臓から血の塊が脳に飛んでいくこともあります。
    西城さんも心臓になんらかの持病があった可能性があり、リハビリで負担が蓄積し、急性心不全が起きた可能性も考えられます」(くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋院長)

    5月24日発売の週刊新潮では、西城の病との闘いについて詳しく掲載すると共に、それを支えた妻の献身など、スーパースターの急逝を報じる。

     
    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00542611-shincho-ent


    所長見解:タバコ多いね・・・

    【【緊急暴露】西城秀樹の知られざる病状「実は秀樹さんは・・・」←これ・・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ