ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:懐かしい

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    沢田研二(70)のコンサート“ドタキャン”騒動が尾を引いている。
    沢田の公式サイトは中止から一夜明けた18日に「ご来場いただきましたお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした」との謝罪文を掲載。
    さらに沢田自身が自宅近くで報道陣の取材に対応し、経緯を説明するに至った。

    「契約上の問題が発生した為」という中止理由について沢田は「さいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった。ファンに申し訳なく思ってます」とまず謝罪し、9000人と聞いていた観客数が実際は7000人にとどまると聞かされ、「客席がスカスカの状態でやるのは酷。ライブをやるならいっぱいにしてくれ。無理なら断ってくれといつも言っている」とコメント。
    イベント主催者側からは予定通りの開催を懇願されたが、沢田が譲らず、結果的に“ドタキャン”につながったと説明した。

    沢田としては空席だらけの会場で歌うことはプロとして我慢ならないということなのだろう。
    17日の公演は振り替え公演を実施する方向で調整中だという。
    しかしながら、今回の騒動で一番の被害者は会場まで足を運んだファンである。

    そして、浮き彫りとなったのはジュリーの意外な不人気である。

    「ジュリーも古希を迎え、ファンも高齢化が進行。
    ドームやアリーナなど大箱でのコンサート動員は厳しいでしょう。
    今回のツアーではチケットが売れず、関係者に無料券が大量に配られていました。
    それがヤフーオークション等に格安で出品されていた事実もあるようです。
    実は14年前も茨城県水戸市の公演で主催が集客できなかったとして、それを契約違反だと事務所が主張して公演を中止にしてしまったこともあります」(音楽事務所幹部)

    s


    ■新規のファンは獲得できず…

    ツアーは7月6日の日本武道館を皮切りに展開中で、来年1月21日の日本武道館公演まで全66公演。
    この状況で完走できるか心配だが、SNS上には「もともとジュリーはファンを大切にしていない」「歌唱中に歌詞が飛んだりして、健忘症どころか認知症じゃないか」と批判の声まで飛び交い始めた。

    スポーツ紙芸能デスクはこう言う。

    「反原発活動でスポンサーが離れた上、今春に発売したCDも売れず、ツアー展開するための資金繰りにすら困っていたようです。
    個人事務所は都内雑居ビルにあるし、ホームページも古い手づくり的なもので、インディーズレーベルでの活動は大変に見えます。
    今ツアーでは、予算削減のためかステージに上がるのは沢田さんとギタリストの2人だけ。
    大規模ホールは初めから無理があったのかもしれません」

    いわずと知れた昭和のスーパースターだが、新規のファン獲得はままならず、「ほとんどのヒット曲の権利は独立前の大手芸能プロのもの」(前出の音楽事務所幹部)というからジリ貧状態。

    時の過ぎゆくままに、というには酷な現実である。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15472004/
    日刊ゲンダイDIGITAL


    所長見解:そうだろうね・・・

    【【勝手にしやがる】沢田研二の不人気説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    16日、バナナマンMCの『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』(テレビ朝日系)が放送。
    ゲストの鈴木杏樹が1993年に放送されていた大ヒットドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)の主要メンバーで同窓会をしたことを明かし、ネットで話題となった。

    『あすなろ白書』は、大学で出会った男女5人の恋や友情を描いた作品。
    石田ひかり、筒井道隆、木村拓哉、鈴木杏樹、西島秀俊らが出演しており、最終回の視聴率は31.9%を獲得。
    藤井フミヤが担当した主題歌『TRUE LOVE』はダブルミリオンを達成した。

    s


    鈴木は「20年ぶりに同窓会をしたんですよ」とコメント。
    いつの間にかメンバーの電話番号やメールアドレスが分からなくなり、連絡を取ることが少なくなったのだが、「にっしー(西島)が私の番組にゲストで来て繋がって、ひかちゃん(石田)が『相棒』(テレビ朝日系)に来て……」と久々に共演をして、どんどん再会していったという。
    さらに、「にっしーがみっちー(筒井)と打ち上げで再会して、にっしーがスマスマ(SMAP×SMAP)に出たときに、たっくん(木村)と繋がって」と全員が連絡を取れる状態になったとのこと。

    鈴木が同窓会を行う店に訪れると、「たっくんが一人で座っていたんですよ」と回顧。
    続けて「“一番来なさそうな人が一番に来ている!”と思って、そこから徐々に集まった」と振り返った。

    このレアな同窓会について、SNSでは「あすなろ会の話アツい」「『あすなろ白書』懐かしい!」「にっしー、たっくんとか若さあふれる呼び方たまらん」などと話題となっていた。

    「鈴木の口から『SMAP×SMAP』が出たことについて、ファンが反応していましたね。
    ただ、様子を伺いながらしゃべっていたため、“そんなに言っちゃいけない言葉になっているのか?”との声もありました」(エンタメライター)

    とにもかくにも、25年たった今でも根強いファンが多いドラマであることは間違いない。
    先日、フジテレビでは、現在放送中のドラマ『SUITS/スーツ』に関連して『東京ラブストーリー』を夕方に再放送。
    Twitterにトレンド入りするほど盛り上がっていた。
    今回の放送でこれだけ話題になる『あすなろ白書』の再放送を期待する人も多いのではないだろうか。

    https://npn.co.jp/article/detail/10075238/


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【懐かしい】「あすなろ白書」で共演した西島秀俊、木村拓哉らの同窓会がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2001年、90万枚の大ヒットとなったジャパニーズレゲエの名曲『Lifetime Respect』。
    「一生一緒にいてくれや」というフレーズは誰もが一度は口ずさむ社会現象にまでなった。

    3


    その名曲を歌い上げた三木道三ことDOZAN11が、7日放送の『ヒロミーティング またTVでいじりたい人たち』に登場。
    日本テレビの番組には17年ぶりの出演となるDOZANが自身の過去や「死亡説」について語り、話題を集めている。

    https://sirabee.com/2018/10/08/20161827272/


    所長見解:懐かしいな・・・

    【【一生一緒にいてくれや】三木道三 死亡説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    有吉、生放送で後輩芸人に掴みかかりブチギレ 乃木坂・高山一実ドン引きも視聴者大爆笑

    『オールスター後夜祭18』で司会の有吉弘行が後輩芸人・ハナコの3人に掴みかかり激怒。乃木坂46・高山一実はドン引きの表情を見せたが…

    芸能人が一堂に会すTBSの祭典『オールスター感謝祭』の終了後、『オールスター後夜祭』が6日深夜に2度目の生放送をスタートした。

    番組中、司会の有吉弘行(44)が後輩芸人・ハナコの3人に掴みかかり怒りを露わに。
    視聴者を騒然とさせている。


    ■有吉、ハナコにブチギレ

    春も放送され好評を博した『後夜祭』。
    この日も直前に放送された本家『感謝祭』のセットを流用し、本家出場芸人に加え新たに126人の芸人が集結。
    司会は有吉と乃木坂46・高山一実(24)が務めた。

    『後夜祭』独特のクイズで盛り上がる中、番組開始から約30分後に事件は起きる。
    CM明け、『キングオブコント2018』優勝のトリオ・ハナコの3人に突然有吉が掴みかかり、怒りを露わにしたのだ。

    ハナコは平謝り、周囲や高山は必死に有吉を止め事態は収束。
    司会席に戻った有吉はその後も、謝り続けるハナコを鋭く睨みつけた。

    z


    ■伝説のシーンをパロディ

    ブチギレした有吉に高山は驚き、ドン引きした表情を見せていたが、それも恐らくは芝居。その後、有吉もハナコも、芸人たちも笑いながら番組は再開する。

    ここまでの一連の流れはもちろん、2009年の第37回『感謝祭』を再現したもの。
    司会を務めていた島田紳助が、生放送中にも関わらず「挨拶がなかった」ことを理由に東京03に詰め寄り恫喝したシーンをオマージュしたのだ。

    有吉は以前から「恫喝パロディ」をするチャンスを逃してきたことを公言している。
    東京03はその年『KOC』に優勝したトリオという点でもハナコと共通点があり、それも含めて完璧なパロディを披露、ついに悲願を達成した。


    ■視聴者は爆笑

    盛り上がった『後夜祭』に視聴者は「面白すぎて寝れない」と嬉しい悲鳴。
    そしてやはり、一連の「島田紳助恫喝パロディ」は特に楽しめたようだ。


    ■マジギレする一幕も…

    これはあくまでもパロディでの恫喝だったものの、その後、有吉が本気で怒りの表情をのぞかせたシーンもあった。
    それは、大型の体重計に芸人が乗り、1分間で1トンピッタリにするチャレンジ企画でのことだ。

    テレビに映りたい芸人らが殺到した結果、1度目は失敗、2度目の挑戦の際に重さを表示するモニターがエラー表示に。
    全員に体重計から降りるよう指示するも興奮する芸人らはなかなか降りず、「小学生じゃないんだから」と怒りを滲ませ始める有吉。

    それでも体重計に安田大サーカス・クロちゃんが乗り続けていたため、「乗るんじゃない」と蹴りを入れる。
    事態を飲み込めないクロちゃんは「なんで?」と驚きながら有吉に食らいつき続け、最後はカンペで頭をはたかれた。


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください)
    https://sirabee.com/2018/10/07/20161826492/


    所長見解:あったな・・・

    【【放送事故】有吉、生放送で後輩芸人に掴みかかりブチギレの結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1990年代は空前のバンドブームと言っても過言ではないほど、多くのバンドが活躍し、莫大なCDセールスを記録しました。
    ではそんなバンド戦国時代真っ只中に、特に光っていたのはどのバンドだったのでしょうか。
    そこで今回は、90年代に活躍した最高にかっこいいバンドについて探ってみました。

    m


    1位 B’z
    2位 X JAPAN
    3位 Mr.Children
    4位 L’Arc~en~Ciel
    5位 サザンオールスターズ
    6位 GLAY
    7位 米米CLUB
    8位 スピッツ
    9位 JUDY AND MARY
    10位 THE YELLOW MONKEY

    11位以下はソースをご覧下さい
    https://ranking.goo.ne.jp/column/5300/ranking/51400/

    http://news.livedoor.com/article/detail/15160422/ 


    所長見解:いろいろあったね・・・

    【【懐かしい】90年代に活躍したバンドランキング 3位はMr.Children 2位にX JAPAN 1位はコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ