懐かしい

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    d


    今舐めると普通にうまい不思議

    昔は鬼っ子扱いだったのに。
       
    所長見解:懐かしいな・・・
    【【懐かしい】サクマドロップスでハッカが出てきた時の絶望感問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    4月12日、石原さとみ(32)のファースト写真集、『石原さとみファースト写真集』(撮影・根本好伸、熊谷貫)が文藝春秋より電子版で復刻した。

    2002年のホリプロスカウトキャラバンでグランプリに輝き、デビューした石原。

    2003年に発売された本書では、夏の伊豆と冬の軽井沢でロケを行い、爽やかなセーラー服姿や縁側で涼む姿など、16歳の初々しさと瑞々しさにあふれた表情を見せている。

    また、ときどき見せる大人っぽい表情、そして当時のチャームポイントである太眉など「至上の原石」を楽しめる一冊となっている。

    s


    巻末には、「周りの方々の協力があって今の私があります。
    だから、いつまでも感謝の気持ちを忘れずに、私らしく! 
    みなさんの応援を胸に、女優・石原さとみとして頑張っていきます」という、当時の石原の直筆メッセージつき。

    今もなおドラマや映画、CMで活躍し、女性が選ぶ “なりたい顔” ランキングに選ばれ続ける彼女の原点を、ぜひその目で確かめて。


    ※画像がコチラ


    http://dailynewsonline.jp/article/1779372/
    日刊大衆

    所長見解:まゆね・・・


    【【眉毛問題】石原さとみの原石すぎる16年前がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 渡哲也 石原軍団解散へ…決断の背景に俳優の高齢化と体調問題

    東京都内にある病院の前で、酸素ボンベの入ったバッグを右手に持ち、車から降りてきたのは俳優・渡哲也(77)だった。

    本誌が渡を目撃したのは4月上旬。

    実はその直前に驚きの証言をキャッチしていた。

    「渡哲也さんが、ついに俳優引退と、石原プロモーションの幕引きを決断したのです」

    そう語ったのは石原プロの関係者だった。

    石原プロは、故・石原裕次郎さんにより'63年1月に設立された。

    「'71年には渡哲也が副社長に就任。
    舘ひろし(69)や神田正輝(68)など人気俳優を擁し、その結束の固さから所属俳優たちは“石原軍団”と呼ばれたのです。
    '87年に社長の裕次郎さんが逝去した後は、渡が24年間にもわたり二代目社長を務めました」(芸能関係者)

    社長辞任後も、専属俳優や“相談取締役”として石原プロを支え続けてきた渡。

    なぜいま“石原軍団解散”を決断したのだろうか? 

    d


    前出の石原プロ関係者は次のように語る。

    「以前から“高齢化”は問題視されていました。
    現在、代表取締役会長を務めている石原まき子さん(※石原裕次郎夫人)が85歳、そして渡さんが77歳。
    渡さんが辞任してから8年になりますが、社長職は空席のまま。
    それは、まき子さんの『後継者が決まるまでは、社長の席は空けたままにしましょう』というご意向があったからです。
    しかし結局、裕次郎さん、渡さんの跡を継いで“三代目社長”に名乗りを挙げる人材は現れなかったのです」

    渡の体調の問題もあるという。

    渡は'91年に直腸がん、'15年に急性心筋梗塞と2度の大手術を受け、さらに肺気腫やぜんそくといった持病もある。

    「実はこの4月に幕引きを発表する予定だったのですが、移籍先がまだ決まっていない若手の所属タレントたちもおり、資産の整理もまだめどが立っておらず、公式発表はとりあえず延期することになりました」(前出・石原プロ関係者)

    設立から57年目、そして裕次郎さんから受け継いで32年で迎えた終幕について渡自身はどのような感慨を抱いているのだろうか。

    自宅付近で本人に取材を試みた。

    「渡さん、石原プロを閉めることを決断されたそうですが、いまのお気持ちをお聞かせください」と記者が問いかけると渡は目をつぶり、なんと語るべきか真剣な表情で黙考しているようだった。

    だが付き添っていた運転手に「事務所に連絡するように伝えなさい」と静かに言い残すと、自宅のなかに入っていった。

    石原プロで専務取締役を務める浅野謙治郎氏は本誌に次のように語る。

    「『石原裕次郎さんの名前を冠した“石原プロモーション”を傷つけてはいけない』、それは渡のみならず私たち社員が常に肝に銘じていること。
    また(渡のように)会社の舵取りをする立場なら、会社を存続させないという選択肢も頭の中にはあるでしょう。
    しかし現時点では、(幕引きは)決定事項ではありません。
    石原プロは映画・ドラマ・音楽について多くの版権を持ち管理していますから、会社自体を解散するということはできないのです」

    浅野氏の語った“石原裕次郎の名を傷つけない”ということを、誰よりも強く意識し、それを美学としているのが渡なのだという。

    石原プロの元幹部社員は言う。

    「石原プロを“自分の目が黒いうちにきれいに終わらせる”というのは、渡さんにとって長年の悲願でもありました。
    つまりほかの“スタープロダクション”のようにはしたくない、ということです」

    映画会社から独立したスターたちが、自分の名前をつけた個人プロダクションを相次いで設立した時代があった。

    石原プロのほかには勝新太郎の勝プロ、三船敏郎の三船プロ、中村錦之助の中村プロなど。

    だが石原プロ以外は、いずれも経営不振で倒産したり、分裂騒動を起こしたりしている。

    「渡さんとしては倒産とか分裂とかで、石原裕次郎の名前を汚したくない。
    それが彼の美学なんです。
    社長ではありませんが、渡さんが決定したとなればほかの社員たちも従います。
    幕引きを急いでいるのは、渡さんが自分の体調に自信を持てなくなっているからなのでしょうね」(前出・元幹部社員)

    渡は“20年までには石原プロの資産を、まき子さんにお戻しする”と、知人に語っているという。

    「おそらく今後、石原プロは芸能プロダクションとしての活動を休止し、裕次郎さんを中心にした映像や音源の権利を管理する会社へ移行していくのではないでしょうか」(芸能プロダクション関係者)

    渡哲也は肺気腫と闘いながら、自身の美学を貫く道を歩み続けている。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190416-00010003-jisin-ent

    所長見解:そうなったか・・・

    【【衝撃画像】渡哲也さんの今・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    m


    マジ?
    画像①

    画像②

    画像③

    画像④



    所長見解:まあな・・・

    【【懐かしの昭和】昔の音楽聴き方はコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    なに?


    g

    所長見解:怖かったな・・・
    【【懐かしい】ゲーセンで金を注ぎ込んだゲームがコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ