愛人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    やや肌寒いとある夜の9時過ぎ、成田空港の到着ロビーに大きなマスクを着けたショートヘアの女性が姿を現した。

    ビートたけし(71)の愛人、A子さんである。

    ほどなくしてたけしが現れる。

    仕事を終え、この日、韓国から帰国したのだ。

    人目を気にしているのか、二人は数mの距離を取りながら歩いていく。

    そのまま迎えに来ていた車に乗り込むと、等々力(世田谷区)にある二人の愛の巣へと帰っていった――。

    仕事先が海外でも、常にたけしと行動を共にする18歳下の女性、A子さん。

    今年3月、たけしが『オフィス北野』から独立し、彼女と二人で設立した新事務所『T.Nゴン』の所属となったことは記憶に新しい。

    独立騒動から約8ヵ月、今、この『オフィス北野』は“空中分解“の危機に陥っている。

    まず、11月末にも森昌行社長(65)が『オフィス北野』を退社することが明らかになった。

    後任は、たけし軍団のつまみ枝豆(60)が務めるというのだが……。

    「枝豆さんはタレントをやりながら社長を務めるため、森社長ほど経営に力を入れることはできないでしょう。
    そのうえ、これまでたけしさんの活躍に『おんぶに抱っこ』状態だった事務所スタッフは、総じて仕事を取ってくる能力に欠けている。
    会社が立ち行かなくなるのも時間の問題です」(芸能リポーター・城下尊之氏)

    一方、愛人・A子さんと共に新事務所『T.Nゴン』を立ち上げたたけしだが、独立して以降はA子さんに振り回され、もはやかつてのようなオーラはなくなってしまったという。

    「今のたけしは、まさに“裸の王様“。
    新事務所の運営からプライベートに至るまで、すべてA子さんの言いなりになってばかりで、彼女以外の人の意見には耳を貸さなくなってしまった。
    軍団の面々はもちろん、周囲の者は誰も、彼をいさめることができません」(芸能プロ関係者)

    いまやたけしに代わって事務所を切り盛りするA子さんだが、時に強い口調で軍団の芸人たちを叱責することもあり、彼らとの間に軋轢が生じている。

    先日、芸能活動休止を発表した『浅草キッド』の水道橋博士(56)もその一人だという。

    「博士は体調不良による芸能活動休止を発表しましたが、その原因の一つはA子さんなのです。
    もともと、たけしは博士を非常に可愛がっていて、頻繁に自宅に呼んでいました。
    しかし、『たけしに関わる人にはキツく当たる』と評判のA子さんは、ことあるごとに博士にパワハラまがいの言動を繰り返し、その心労で博士は参ってしまったんです」(芸能記者)

    さすがにたけしも、愛弟子の過労による活動休止には、胸を痛めているに違いない。

    だが、実はたけし自身、最近は私生活でも仕事でも誤算続きなのだという。

    「もともとたけしの給料は、妻・幹子さんが代表を務める『北野アツシエーション』と長男が代表を務める『北野企画』に振り込まれていました。
    しかし、’17年4月からはA子さんがたけしの給料を管理するようになり、家族にはカネがまったく入らなくなった。
    これが原因で、一時はたけしとの離婚に応じようとしていた幹子さんも、態度を硬化させてしまった。
    さらに先日、東京五輪の公式記録映画監督が河瀬直美(49)に決まりましたが、これがたけしにとって最大の誤算でした。
    五輪の記録映画監督就任は、71歳になった『世界のキタノ』の“人生最後の夢“でしたから。この二つの誤算によるダブルパンチで、いまの彼はすっかり弱気になっています」(前出・芸能記者)

    愛人に振り回され、夢にも破れたたけし。

    早く目を覚まし、かつてのような“天才たけし“に戻ってほしいものだ。


    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181123-00010002-friday-ent

    no title


    所長見解:もうね・・・

    【【フガフガ】ビートたけし、人生最後の夢が破れた結果・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    所属事務所からの独立騒動で揺れたビートたけし(71)が、離婚でもひと悶着ありそうだ。

    事務所独立に動いた今春、同時に夫人で元漫才師の幹子さん(67)との離婚調停を家裁に申し立てていたのではとの臆測が芸能マスコミの間で囁かれている。

    「年内にも離婚話を決着させる算段ではなかったのかという見方がある。
    最大の理由は愛人と報じられている18歳年下のA子さんと正式に一緒になるため。
    とはいえ幹子さんが裁判所からの呼び出しに応じないとかで、川崎麻世&カイヤ夫妻と同様、離婚裁判に発展していく可能性も取りざたされています」(スポーツ紙芸能デスク)

    当の幹子さんは「女性自身」最新号の直撃取材に答え、これまで口を閉ざしてきたのが一転、「離婚はしていない」と否定しつつも、約20分も記者に語りかけたという。

    t


    たけしと幹子さんは、ツービート時代の1978年に知り合った。

    すぐに同棲し、1981年に長男、82年に長女を生み、83年に入籍。

    幹子さんは駆け出しのたけしを近所のスナックでアルバイトして支え、長く別居しているものの、かれこれ40年も関係を継続している。

    これまで、たけしの愛人が取りざたされてもノーコメントを貫き、A子さんについても「知らないです」と一点張りだったが、同誌取材に「なぜ長く続けてきたものを壊してまでやるのか。私には理解できない」などとし、A子さんについての質問にも「その人が自分の思ういい展開になると思っているんじゃないですか」とコメント。

    記者の直撃取材に顔は笑みを崩さないが、言葉の端々からA子さんへの怒気が伝わってくるのである。

    幹子さんが代表を務める「北野アツシエーション」と長男が代表の「北野企画」に振り込まれていたたけしの稼ぎが、A子さんとの新会社「T・Nゴン」が設立されて以降、そちらで管理されるようになったとされ、そのあたりの金銭的な不満も理由の一つなのかもしれない。

    糟糠の妻からのメディアを通じた痛烈メッセージ。

    愛人との間で股裂き状態のたけしはどう受け止めるのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000012-nkgendai-ent


    所長見解:なんかね・・・

    【【本妻か愛人か?】ビートたけし、離婚が泥沼化の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ビートたけしの“カネへの執着”が、業界内でちょっとした話題になっているようだ。

    3月にオフィス北野から独立し新事務所T.Nゴンを立ち上げたたけしだが、新事務所の役員で独立のきっかけとなったといわれる愛人Aさんの意向で、テレビ各局にギャラの倍増を要求していると8月発売の「女性自身」(光文社)で報じられていた。

    t


    そんなたけしが名誉顧問を務める「江戸まち たいとう芸楽祭」が8月に開幕したが、そこでもたけしのギャラ重視の姿勢が垣間見えるという。

    「5月に行われた芸楽祭の記者発表会見に出席したたけしは、下積み時代にお世話になった浅草の街への恩義を語り、『できる限り恩返しをしたい』と話していました。
    しかし、8月4、5日に上野公園の噴水前広場で行われた芸楽祭のオープニングイベント『北野武監督 リスペクト上映』には、北野映画の常連だった岸本加世子や寺島進がトークゲストとして出演したものの、たけしの姿はなし。
    運営関係者によれば、芸楽祭は来年2月まで長期にわたるが、たけしの同祭への協力や出演は5月の記者会見だけで、今後はまったくの白紙状態だといいます」(テレビ局関係者)

    また、5月の会見に出席した別のテレビ局関係者も語る。

    「会見の場でたけしは『浅草に恩返しをしたい』とか、若手芸人たちが育つための劇場をつくるべきなどと語っていたので、記者が実費で劇場をつくるなど、何か計画があるのかと質問したところ、たけしは言葉に窮していました。
    そして、『たかりに来る人ばかりで、自分はお金を持っていない』というジョークを飛ばしていましたが、それまで勢いよく若手や浅草のためにどうすべきかを熱く語っていたのに、突然口ごもってしまった姿には、ちょっと失望しましたね」

    記者たちからも疑問の声が上がるたけしの現状について、元オフィス北野関係者は語る。

    「最近のたけしさんは、『金にならない仕事はしない』と周囲に語っているようで、『愛人のせいで金にうるさくなった』という評判が立ってしまっています。
    確かに、芸楽祭のような公共的なイベントで十分なギャラが支払われるわけではないかもしれませんが……。

    一方、たけしさんと同じく大御所の(明石家)さんまさんは、今でもたまに驚くような安いギャラでテレビやラジオの番組に出たり、ほぼ無報酬でライブやイベントなどに出ることもあるので、比較されてたけしさんの評判が悪くなってしまわないかが心配です」

    こうした懸念の声が聞かれるものの、たけしの活動に衰えはみられず、相変わらずたけしをCMに起用する企業は多い。

    「特にたけしは今、積極的にDMMのイベントに出演しています。
    今やDMMはたけしにとって最大のスポンサーですよ。
    30分から1時間くらいの出演で、テレビ番組1本分くらいのギャラはもらえるので、効率の良い仕事です」(広告代理店社員)

    たけしの評判がこれ以上、下がってしまわないことを祈りたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1531087/?page=2


    所長見解:操られてるのかな・・・

    【【芸能界悪評】ビートたけし、急にお金へ執着しだした理由・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「1986年のフライデーへの“襲撃”前夜と、あまりにも状況が酷似しています……。
    これはもしかしたら、ヤルかもしれませんよ」

    ベテランの芸能ライターがこう語る「1986年」と「襲撃」というキーワード。
    それは今から32年前に起こった、ビートたけしの“フライデー編集部襲撃事件”のことだ。
    実は今、あのときと同様、ビートたけしVS大手老舗出版社の“全面対決”が勃発寸前だというのだ。

    火種となったのは、『週刊新潮』8月16日&23日号。

    「たけしは松井秀喜と極秘会食している現場を週刊新潮に激写されました。
    さらに、たけしの“愛人”と噂される50代前半のビジネスパートナーの美人女性も、スクープ写真に映り込んでいたんです」(前同)

    記事によると、夏の盛りくだんの金曜日。
    たけしは件(くだん)の女性を伴って、超高級車「マイバッハ」で新橋の行きつけの老舗旅亭に現れた。
    この現場を撮影されたのだが、思い出してほしい。

    「“フライデー襲撃事件”の発端は当時、たけしが交際していた女子学生に対するフライデー記者の執拗な取材。
    立ち去ろうとした彼女の手を記者が引っ張り、ケガをさせたので、たけしは激怒したんです」(同)

    たけしは芸能界を引退する覚悟で編集部に乗り込んだのだが、「たけしさんは身内や大事な女性を傷つけるような真似をされたときは絶対に許しません」(民放局関係者)

    もちろん、週刊新潮の今回のスクープは取材方法もまったく問題なく、「まさにスクープ記事だと誇れる素晴らしい内容ですが、美人女性に関して、記事でも松井との会食ウンヌンより、“愛人”としての話題が中心になっているんです」(前同)

    件の美人女性は、たけしが『オフィス北野』から独立後に移籍した『T・Nゴン』の共同経営者でもある。
    「たけしさんは、このままでは絶対に終わらないはずですよ」(文芸誌編集者) 

    なんとたけしは、新潮社への“報復”を考えているのだという。
    現在発売中の『週刊大衆』9月17日号では、ビートたけしの新潮社に対する“報復”の内容、そして両者の“遺恨”について詳報している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15249048/
    日刊大衆


    no title


    所長見解:ないでしょ・・・

    【【勃発寸前】ビートたけし激怒「第2のフライデー事件」へ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ