ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    愛人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「何も知らない18歳のころから、師匠を尊敬し、信頼し、すべてを捧げてきました…」

    16年に、6代目・桂文枝師匠との愛人関係を『FRIDAY』に告白した、演歌歌手の紫艶さん。

    18歳のとき『吉本演歌歌謡曲選手権』で優勝。

    00年には日本有線大賞新人賞を受賞した彼女が、19年3月7日に都内のマンションで独り、帰らぬ人となっていた……。

    k


    「3月11日の昼間、事務所に彼女のお母さんから『毎日、電話をくれる娘が3月7日を最後に連絡が取れない』という電話がありました。
    大家さんにも連絡していたようで、その方が紫艶さんを見つけて下さったんです」

    そう話すのは、16年4月から彼女が所属している芸能プロダクション社長のA氏。

    文枝と別れ、愛人関係を告白したあと、この事務所に入った。

    「文枝さんに捨てられた直後、紫艶さんの精神状態はとてもひどく、リストカットを繰り返してしまったそうです。
    彼とは18歳のときから38歳まで20年間付き合い、“初めて好きになった人が文枝さんだった”って涙ながらに話したこともありましたよ。
    ただ、今の事務所に入ったことをきっかけに、“彼のことを忘れて頑張る”って話してくれましたし、実際にそれからは、一度も自殺未遂のようなことは無かったって聞いていますよ」(レコード会社関係者)

    大家さんから紫艶さんが亡くなったことを聞いた彼女の母親は、兵庫県から着の身着のままで上京。

    事務所スタッフと一緒に遺体に対面すると、その場に泣き崩れてしまったという。

    自宅で亡くなっていたため、遺体は司法解剖に。

    その結果、「病死」という判断が下された。

    多くの種類の薬を服用していため、それが死因ではないかと伝えられたという。

    「精神的に弱かったので、薬を服用していることは知っていました。
    それは初めて私と会ったときから飲んでいましたね。
    彼女はお酒を一滴も飲めないんですが、薬の影響か、ひどいときは呂律が回らないこともありました。
    何か所も病院に通っていたようで、それは警察から聞いて初めて知りました。
    部屋には薬がいっぱいあったようで、薬の飲み合わせが悪くて、命を落としてしまったのかもしれませんね」(同・A氏)

    葬儀は3月15日に都内で肉親と事務所スタッフだけで、ひっそりと執り行われた。

    「葬儀で紫艶さんはメイクをしていて、なんか映画やドラマのワンシーンをみている感じでした。とてもキレイでしたし、“トントン”って叩いたら、いまにも起きてきそうで…」(同・A氏)

    当時、文枝はFRIDAYの報道を受けて、愛人関係を否定。

    「2年前に会ったのが最後」と話していたが、最近まで2人がやり取りしていた『LINE』が出てくるなど、泥沼の不倫劇だった。

    釈明会見では、紫艶さんのことを「娘のような感じで応援していた」と話していた文枝。

    いったい、彼女の死をどう受け止めるのだろうか。

    そこで、平成最後となる4月30日。

    一門会が終わり、大阪にある寄席『天満天神繁盛亭』から出てきた桂文枝を直撃取材した。


    ――すみませんFRIDAYデジタルですが、3月7日に紫艶さんがお亡くなりになったのをご存知ですか?

    「え、誰が?」

    と、怪訝そうに名刺を受け取る。

    ――紫艶さんです。

    「ほんまか…(絶句)」

    驚いた表情で顔を上げ、まっすぐ記者を見つめる。

    ――師匠と20年間お付き合いした彼女が、41歳という若さで亡くなったんですよ?

    「……」

    何か言いかけたが、運転手にうながされ車に乗り込むと、そのまま走り去ってしまった。

    「歌のレッスンも定期的にしていましたし、自分でカラオケに行ってCDを作って持ってきてくれたこともありました。本格的に歌手活動も再開しようと話していたんですよ。それなのに…」(前出・A氏)

    あまりに切なく早すぎる“歌姫”の死。

    きっと天国から『令和』の新時代を眺めているに違いない…。
     

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00010001-friday-ent

    所長見解:つらいな・・・

    【【訃報】桂文枝の元愛人が41歳で孤独死していた模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    未だくすぶり続けるビートたけし(72)の愛人問題。

    「週刊文春」の直撃に長男(38)が応じ、初めて心境を明かした。

    現在、たけしが直面しているのは、40年近く連れ添った妻・幹子さん(67)との離婚問題だ。

    今年の元日、スポーツニッポンが「離婚調停に入った」と報じると、当のたけしは生出演した「新・情報7days ニュースキャスター」(TBS系)でこうまくしたてた。

    「調停なんか終わってるよ、バカヤロー! あとはハンコ押すだけだ、こっちは。(慰謝料を)何百億も取られちゃうよ」

    だが現時点で、たけしが言う離婚調停が行われた事実はない。

    すでに双方が弁護士を立たうえで離婚に向けた話し合いが行われているのが現状だという。

    「昨年末頃から、たけしさんは人前でも平然と離婚の話をするようになり、周囲には、年末にも離婚が成立すると話していました。
    かつては別れるときは『カミさんに全財産渡す』と言っていた。
    ただ実際は、逆に財産分与を要求していると聞いています」(たけしの知人)

    t


    発端となったのは2014年7月に「週刊文春」が報じた18歳年下で実業家のAさんとの不倫疑惑だった。

    「それまでたけしは家族と別居していても、週に一度は幹子さんと会ってお互いの近況を報告し合っていた。
    ところが4、5年前から奥さんとの会食をキャンセルするようになり、Aのマンションに入り浸るようになったのです。
    周囲に『カミさんと別れて一緒になる』と宣言するほど入れあげていました」(たけしの別の知人)

    昨年4月、たけしは、Aさんと立ち上げた「T.Nゴン」に移籍。

    しかし、その後も混乱は収まらず、Aさんは仕事やギャラにも逐一口を出すようになったという。

    長男は、次のように語った。

    「実はもう父とは2年近く連絡がとれない状態が続いています。
    昨年から様々なトラブルが報じられ、色んな話を耳にすることに、家族として、ちょっと格好悪いなっていうか、心配な気持ちがあります」

    4月25日(木)発売の「週刊文春」では長男が実名で、フライデー事件やバイク事故などを振り返りながら、初めて向き合ったという父・たけしに対する心配の思いを語っている。

    また、あわせて、たけしとAさんの現在の関係や離婚問題などについて4ページにわたり報じている。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年5月2・9日号)

    http://news.livedoor.com/article/detail/16366008/
    文春オンライン

    所長見解:なんやろね・・・

    【【泥沼問題】ビートたけしの38歳長男が暴露した模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年11月から過労と蓄積疲労による体調不良で休養していた、お笑いコンビ「浅草キッド」の水道橋博士(56)が復帰することを3日、所属する「オフィス北野」が公式ツイッターで報告した。

    同事務所は、「ご報告 水道橋博士復帰いたします。
    業界関係者の皆様ファンの皆様よろしくお願いいたします」と告知した。

    博士は5日生放送で金曜レギュラーのTOKYO MXの情報番組「バラいろダンディ」でテレビ復帰。

    麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧被告(51)を引き合いに「ようやく保釈されました」と前日4日の保釈ネタであいさつ。

    顔色は良く、休養中の生活について、「食っちゃ寝で10キロくらい太った」と報告した。

    「深くは触れられていないが、どうやら、精神を病んでしまい休業してしまったようだ。
    おまけに、その原因は師と仰ぐビートたけしだった」(テレビ局関係者)

    t


    博士は2日、自身のツイッターに「明日は殿(=ビートたけし)にご拝謁だ。身を清める」と書き込んでいたが、かつてのような師弟関係ではなくなってしまったというのだ。

    「現在、たけしはパートナーと言われる愛人女性と設立した事務所に所属しているが、愛人の言うことしか聞かなくなったため、どんどん人が離れてしまっている。
    そこで、博士がたけしにあれこれ忠告していたが、愛人はそれが気に入らず。
    なんとかして博士をたけしから引き離そうと画策していたが、たけしと愛人の間で板挟みになった博士は心が病んでしまったようで、以前のように忠告することもなくなるだろう」(同)

    頼もしいブレーンがどんどん離れてしまっているようだ。


    週刊実話
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/81076517/

    所長見解:しかたないよね・・・
    【【悲報】ビートたけしの周りからどんどん人が離れていっている模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    シャブ漬け生活をともに過ごした不倫相手と半同棲を続けるのはなぜ?

    s


    東京タワーも望める、東京・港区の高級マンション。

    その出口から、一人の男性が姿を現した。

    まるでこちらを窺(うかが)うかのような視線を向けるのは、歌手のASKA(60)である。


    覚せい剤取締法違反によってASKAが逮捕されてから約4年半。

    本誌が彼を目撃したのは、執行猶予期間が明けてから2ヵ月後、’18年の11月下旬だった。

    折しも、ASKAは復活を懸けた全国ツアーを始めたばかり。

    ASKAは自宅マンションの地下にあるレストランにスタッフと思(おぼ)しき数名を連れて会食へと向かうところだった。

    ASKAがレストランを出て自宅に戻ってから2時間後。

    最寄り駅方面から、一人の美女が足早にマンションへと入っていった。

    彼女こそ、当時ASKAと不倫関係に陥り、共に覚醒剤に溺れていたTさん(41)だ。

    ’14年の事件後、裁判では一貫して無罪を主張していたTさん。

    だが、彼女の毛髪や尿からは覚醒剤成分が検出され、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けていた。

    現在は執行猶予も明けた身なのだが―。

    「実は、ASKAは前妻と離婚後、Tさんと半同棲生活を送っているんです。
    ASKAは音楽的な才能が図抜けている半面、脆くて繊細なところがある。
    常に支えてくれる人間を必要としています。
    覚醒剤に溺れ事件を起こしたことで、二人はある意味で“戦友”のような関係になっている。それだけに、離れることができない状態にあるようです」(ASKAの知人)

    だが、覚醒剤からの更生において、それまでの人間関係の清算は鉄則。

    元厚生労働省地方厚生局麻薬取締部捜査第一課長の高濱良次氏はこう警鐘を鳴らす。

    「ASKAが本気で覚醒剤を断ち切ろうと思っているのであれば、当時の仲間とは完全に縁を切らなくてはならない。
    また薬物に走るきっかけになってもおかしくはありません」

    ミュージシャンとして、再起の道を歩み始めたASKA。

    再び薬物に手を染める“要因”とは、すべて決別するべきなのだが―。

    1月4日発売のFRIDAY最新号では、ASKAの自宅マンションへ向かうTさんの様子など詳細を報じている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00010001-friday-ent


    所長見解:美人やったよね・・・

    【【衝撃事実】ASKAが愛人Tさんと別れられない理由がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年3月のビートたけしの独立後、所属タレントと森昌行社長との間で内紛が起こった芸能プロダクション「オフィス北野」の株主総会が27日、都内で開かれ、新社長につまみ枝豆、専務にダンカンが就任することが承認され、任期満了を迎えた森氏はこの日をもって退任となったことを、一部スポーツ紙が報じた。

    k


    新体制の人事はたけしが退社後の5月に提案していた通りの人事。

    記事によると、新体制の本格始動は年明けからとなるが、たけしからのサポートは望めそうになく、事務所の稼ぎ頭だったお笑いコンビ・浅草キッドは、水道橋博士が体調不調で長期休養中。

    その相方の玉袋筋太郎は退社の方向だというのだ。

    その後の報道によると、近日中にも新社名に変更し、会社住所も移転して再出発。

    森氏の退任もあり、映画関連事業からは撤退する方針になっているというのだ。

    「とりあえず『たけし軍団』のメンバーとしては、混乱に乗じて森氏を引きずり降ろして好き勝手やれれば、と考えていた。
    そのうえで、いずれは会社を清算してたけしの新事務所に合流する算段だったはず。
    ところが、内紛により大量に社員が退社し、俳優としての稼ぎ頭だった寺島進は11月いっぱいで退社し、ほかの事務所に移籍。
    おまけに、たけしはパートナーの女性の言いなりで、女性は軍団が新事務所に合流することを認めなかったようだ」(芸能プロ関係者)

    複数のメディアの報道によると、たけしはすっかりパートナーにギャラを管理され、妻に金が入らず。

    そのため、妻は合意しかけていた離婚に難色を示しているというのだ。

    「すべてはパートナーの言いなりになってしまったたけしの“ご乱心”が元凶。
    たけしのサポートがなければ、『オフィス北野』はどんどん経営が傾いてしまうだろう」(芸能記者)

    軍団のメンバーたちは、1日も早くたけしに目を覚ましてほしいはずだが…。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15680917/

    所長見解:どうすんだろ・・・

    【【オフィス北野】殿・ビートたけしの「ご乱心」で計算が狂った結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ