恋愛

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    《私、昨年末に天使を産みママになりました》

    公式ファンクラブのサイトで、第1子を出産したことを明かしたのは歌手・浜崎あゆみ(41)。

    「男児を出産したのは'19年11月で、お相手は年下の男性と報じられています。
    これまでオーストラリア人俳優に医学部に通うアメリカ人と、2度の結婚・離婚を経験した彼女ですが、音楽業界でも妊娠したという情報は流れておらず、突然の極秘出産報告に関係者たちも驚いています」(芸能関係者)


    昨年8月には、エイベックス代表取締役会長CEO・松浦勝人氏(55)との20年前の大恋愛を描いた自伝的小説『M 愛すべき人がいて』も発売され、話題になったことも記憶に新しい。

    この『M』には、20歳当時の彼女の出産への強い思いも描かれている。

    《もちろん、歌手としてデビューしたばかりで、結婚をして子供を産み、育てることなんか、簡単にはできるはずもないことも私は知っている。
    でも、もし、いつか許される日が来たら、私は、マサと私の子供のためだけに歌う母になりたい》


    松浦氏とは交際1年半ほどで破局し、“出産への渇望”もずっと封印してきた浜崎。

    「『M』出版にあたっては、ノンフィクション作家の小松成美氏が事前に浜崎をインタビューしたそうです。
    小松氏に当時の気持ちを語っているうちに、“母になりたい”という気持ちもよみがえってきたのでしょうか」(音楽関係者)


    a


    実は出産時期と報じられている昨年11月、本誌は西麻布にある高級エステ店に通う浜崎の姿を目撃している。

    臨月を迎えていたためか、ゆったりとした服に身を包み、おなかをいたわるように歩く姿が印象的だった。

    このエステ店は妊婦も施術を受けられることも特徴の一つになっている。

    「妊娠中は足がむくみやすいので、足の施術には時間をかけています。
    またおなかを揺らさないように、体を優しいタッチでマッサージしており、妊娠中のだるさを和らげるようにしています」(エステ店のスタッフ)

    そして臨月の彼女に寄り添うようにして、いっしょにエステ店を訪れたのはバックダンサーを務めているX氏(20)だった。


    「『FRIDAY』が'19年7月に、手をつないで歩く浜崎とX氏のツーショットを報じています。浜崎は彼女が産んだ“天使”の父親の詳細は明かしていませんが、恋人であるX氏が“本命”とされています」(前出・音楽関係者)


    妊娠中のケアにも同行していたX氏。

    音楽活動と育児に多忙となる浜崎のため、“天使のパパ”としての奮闘も期待されているに違いない。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200108-00010000-jisin-ent 

    所長見解:若いな・・・

    【【出産】浜崎あゆみ親子のパパ(20)がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いとうあさこ(49)が24日、日本テレビ系「超踊る!さんま御殿!!サンタ美女が大騒ぎ!超豪華有名人の聖夜祭」に出演し、2年間交際した男性に「嫁がいた」エピソードを詳細に明かした。

    k


    番組では「私だけの男の見極め方」とのテーマで、いとうは「自宅につれて行かないのに家の説明を必要以上にする男には嫁がいる」と自身の法則を語った。

    いとうは「皆さんご存じ。
    私、2年付き合って、嫁がいたことのある女じゃないですか」と自虐的に笑いを誘った。


    その男性はいとうに「おばと住んでいる」と言っていたという。

    いとうは「実家だったらもしかしたらご挨拶に。
    あるいは1人暮らしだったら行けるじゃないですか。
    おばって行かなくないですか」と、おばとの関係性を男が巧みに利用したと述べた。


    男は「おばと住んでいておいっ子とめいっ子がいる」とも言っていたそうで、「どっかに行ったら赤と青のグラスをおいっ子とめいっ子にって買っていた。
    今考えたら嫁と自分のグラス」と振り返った。


    さらにいとうは「全部ウソで。
    嫁がいて家に呼びたくないから、聞いてもないのに家のことを詳細に話す」と手口を明かした。

    男が既婚だとは思わなかったのかとのツッコミにいとうは「週に2日コンビニでバイトしてる人が結婚してると思わないです」と話し、男から「保険証を貸してくれ」と言われたことも明かした。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17575606/

    所長見解:なるほどな・・・
    【【悲報】いとうあさこ、2年間交際した男がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    h


    婚活で最も重視することを訪ねたところ、1位は「性格が合うこと」、2位は「価値観が合うこと」、3位は「思いやり」だった。

    内面を重視している女性が多いが、「薄毛の男性は恋愛対象また結婚対象になるか」という質問に対しては58.3%が「なる」、41.8%が「ならない」と答えている。


    https://news.mynavi.jp/article/20191201-930141/

    所長見解:これは・・・

    【【朗報】「ハゲ」は恋愛対象になる、58% ←これwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    バブルの頃のクリスマスは恋人と過ごす人がとても多かったものです。

    豪華ディナーを楽しんだ後はシティホテルのスイートルームでブランド品のプレゼント交換、などという贅沢なものでした。

    しかし令和元年のクリスマスはというと「誰とも過ごさない」という人が増えているのかもしれません。


    「クリぼっち」「ぼっちマス」「サミシマス」……。

    20代の人と話をしていると、ひとりでクリスマスを過ごすことについてのボキャブラが豊富なことに驚かされます。

    それだけクリスマスにひとりでいる人が多いということなのですね。

    今や恋人がいない20代は半数近く、クリスマスにひとりで過ごす人も4割とも言われているご時世なのです。


    バブルの頃は「駆け込み」という行為がありました。

    ひとりでクリスマスを過ごしたくないあまりに、無理やり恋人を作るのです。

    出会い系ダイヤル(当時はネットなどないですから電話です)でもそうしたやりとりが見られました。

    まるで卒業パーティーで一緒にダンスを踊る相手がいなくて必死で探すアメリカの女学生のような光景がそこにあったのです。

    でも今はそのようなことをする人がいたら冷笑されるのだとか。


    今の若い人たちは「恋人を作ることがめんどくさい」とよく言います。

    夢や将来に向かって真面目に頑張っている人が多いのです。

    また、趣味に時間を使いたいので、恋人がいるとやりとりなどで手間がかかるのがいやだという声まであります。

    いわゆる「おひとりさま」現象が、かなり浸透しているようなのです。

    確かに恋愛より刺激的なことも世の中にたくさんできましたが、少しさみしいような感じですね。


    パーティーの準備がめんどくさい

    クリぼっちは、突然始まったわけではありません。

    バブルの後、恋人がいない友人同士が誰かの自宅もしくはお店などに集まるという「クリパ(クリスマスパーティー)」の楽しみかたが始まりました。

    皆で鍋をつつき合えば、恋人がいないむなしさや寂しさも吹き飛ぶ、というような感じです。

    これが始まった頃は、男女同数が集まるトレンディードラマみたいなパーティーも多く、そこから恋が始まる人もいたのです。


    しかしその後は「女子会」などと、異性を入れない集まりで楽しむ人が増え、クリスマス女子会というものも見受けられるようになっていきました。

    その後パーティーすらも面倒くさがる人が出て、時代は「クリぼっち」へと向かったのです。


    この現象を後押ししているのはフジテレビで1997年からクリスマスイブに放送されるようになった『明石家サンタ』でしょう。

    ひとりで家でこの番組を観ていると堂々と言う人が増え、クリスマスに無理に気張らないでもいいという空気が生まれたのだと思われます。


    お金を使いたくない

    クリスマスをひとりで過ごす決定的な理由として「お金を使いたくない」という人が、実はかなり多いのです。

    恋人に高いプレゼントを買うのがもったいないから恋人を作りたくないと言い切る人さえいるのです。

    なかなか正社員の職がなく、経済的にしんどいというのも理由のひとつですが、もっと大きな気持ちとして「消費をあおってくる社会にだまされたくない」というものがあるのです。


    若い人たちは広告や流行をうのみにせず、自分が本当にいいと思ったものを吟味して選んでいます。

    なので

    「さあクリスマスだからプレゼントを買いなさい」
    「クリスマスだからケーキを買ってパーティーをしなさい」

    と、さもそれが当たり前であるかのように消費を促されることをよしとしないのです。

    プレゼントはあげたいときにあげたい人にあげるというタイプの人が増えているのです。


    とはいえせっかくのロマンティックムードが溢れるクリスマスの夜です。

    おひとりさま用のクリスマスケーキも世の中には増えています。

    たとえクリぼっちであっても自分へのごほうびとして自分へのプレゼントをあげるなど、そのムードを楽しみ、素敵な夜を過ごしていただきたいものです。

    https://kokuhaku.love/articles/4599

    no title

    所長見解:そやな・・・
    【【クリぼっち】クリスマスがめんどくさい件・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優の芦田愛菜(15)が、6年ぶりの実写主演映画「星の子」(来年公開)の役作りで髪を30センチ以上カットしたことが22日、分かった。


    m

     
    21日にクランクインした同作では、自身と同じく思春期を成長する中3のちひろ役を演じる。

    原作を読み、イメージしたちひろ像を想像した際に「ちひろは前の自分のような髪の長さではないなと感じ、髪を切りたいと思いました」と、自らの意思で切ったことを打ち明けた。

     
    11月9日の「天皇陛下即位を祝う国民祭典」で祝辞を読んだ際には、背中まであるロングヘアに着物姿が印象的だっただけに、ボブへの変身は新鮮。

    芦田は「切った瞬間は、首が軽い!と思いました」と声を弾ませた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000034-dal-ent

    所長見解:ええやん・・・

    【【悲報】芦田愛菜さん(15)が失恋説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ