恋愛

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    中居正広(46歳)が、11月26日に放送された「中居くん決めて!」(TBS系)に出演。

    n


    昔付き合っていた女性から「やっぱりあなたってつまんないのよ」「ホントつまんなかった」と言われたというエピソードを語った。

    結婚を考えて交際する際に、愛と経済力、どちらを優先するかという話題で、中居は「お金持っている人なんてロクな人いないと思いますよ」と発言し、スタジオから「ムチャクチャ持ってる人が何言ってんですか」とツッコまれる。

    すると中居は昔、別れた彼女と時間をおいてから会った時に、「やっぱりあなたってつまんないのよ」と言われたと語り始めた。

    中居によると、デートもしないし、しゃべらない。

    特にサービスしてトークもせず、イチャイチャもしない。

    中居自身、「付き合っていても相手は面白くないだろうな」と思っていたそうで、別れた後に「ホントつまんなかった」と言われたという。

    そして中居は「だから経済的に僕が余裕があるとするじゃないですか。でもやっぱつまんないとダメだって。だから出てっちゃった。どっか行っちゃったよね」と、過去の恋愛話について語った。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15652561/


    所長見解:そんな感じやね・・・

    【【元カノ】中居正広が彼女から言われた言葉がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元なでしこジャパンの丸山桂里奈(35)が18日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS」(後7・00)に出演。

    アプローチしてくる男性について「私は来るもの拒まず。1回は受け入れる」と断らないことを明らかにした。

    m


    番組内で、アメリカンフットボールの栗原嵩(31)が美人妻と出会った際、強引に付き合い始めたことを明かした。

    するとMCの「ダウンタウン」浜田雅功(55)は「丸山さんどうですか、こういうタイプ。ワーと来られたら」と丸山に質問。

    丸山は「私はやっぱり来るもの拒まずですから。来られたら1回は受け入れるって決めている」とあっけらんと答えた。


    また、自らの性格について「強く言われるとダメなタイプ」と告白。

    浜田のファンだと言い「浜田さんにスパルタにされるならいいかもしれない。

    以前、お仕事ご一緒した時にシバかれたことがあったんですよ。

    結構本気だったんで本気でシバいてくれるんだって思って、それからときめいちゃった。

    いつになったらシバいてくれるかなって思っちゃう」と“浜田愛”を語った。


    一方「現役時代、周りに迷惑をかけたことは?」という質問には「ハードな練習の後に、自分にご褒美って思って、健康ランドに行ったんですよ。

    私、股関節痛があって強めのジャグジーをここ(股間を示し)に当てたら、店員に“そういう使い方するもんじゃない”って怒られた」と明かしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000066-spnannex-ent


    所長見解:なんかね・・・

    【【衝撃告白】丸山桂里奈 告白してくる男性と「1回は・・・」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    IKKOが、4日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。パートナーと17年間交際していた過去を語った。

    k


    同じくこの日ゲストで来た佐藤仁美から「IKKOさんは恋してますか?」と聞かれると、IKKOは「一番恋してた時は30歳から47歳まで。17年間同じ人と付き合ってた」と告白。
    佐藤が驚きながら別れた理由を尋ねると、IKKOは「私が悪かったんだと思うけど、痩せて調子に乗って」と切り出しながら、破局原因を言及。

    それによれば「今綺麗なうちに脱いでおこうと」と、以前、大胆なセミ○ードを女性誌に特集してもらったことがあったそう。
    するとパートナーから「なんで人前そういうことするの?」と注意されたのだという。
    だがその当時のIKKOは聞く耳を持たず、「ウザったいなあ。私にストップモーションかけないでくれる?と思っていた」と回顧。

    だが相手がそれ以降、急に優しくなったそう。
    IKKOは「(私のことを)理解してくれていたのかなと思ったら大間違いで、その半年後に別れになった」といきなりフラれたと語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15545221/


    所長見解:なんかね・・・

    【【どんだけー】IKKO、17年交際していた彼と破局の理由・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    バド「桃田賢斗」と「美貌選手」の夜這いシャトル事件 

    違法カジノ店通い、スナックママとのハレンチ写真流出に続き、今度は強化合宿中の密会である……。
    バドミントンの桃田賢斗(24)のお相手となったのは、女子ダブルス日本代表の福島由紀(25)。
    舞台となったのは文科省により巨額を投じて建設された「味の素ナショナルトレーニングセンター」だ。
    桃田との逢瀬によって、福島が抜き打ちのドーピング検査を「ぶっちぎる」事態も起きていた。

    b


    桃田と福島は「世界一の男女」ではあるものの、ともにまだ20代半ばの若者。
    まさに「若気の至り」があっても、当然と言えば当然。
    だって人間だもの。
    コートの外でも「よろしくご活躍」の様子で何より、と見るムキもいるかもしれない。

    他方、先に記したようなトレセンの公的性格などを考えれば、

    「あそこでは、『JOC(日本オリンピック委員会)エリートアカデミー』に所属する中学1年生から高校3年生のスポーツエリートの少年少女たちも住み込みで練習している。
    そんな場所を、男女の『逢瀬』のために使っていいはずがない」(トレセン利用経験のある現役スポーツ選手)

    といった呆れ声や、

    「トレセンでは、ナショナル選手になるとシングルの部屋が与えられるなど、とりわけ日本代表選手が優遇されています。
    心身ともにひとり部屋でリラックスし、練習に専念してもらいたいという配慮からです。
    それを、『逢引き部屋』として利用していたなんて言語道断。
    そもそも、JADA(日本アンチ・ドーピング機構)に迷惑を掛けるのもあってはならないことです」(トレセン利用経験のあるコーチ)

    こうした憤りの声が上がるのも理解できる。
    しかも当事者のひとりは、どれだけ脇を締め、また褌(ふんどし)を締め直しても締めすぎることはないであろう、あの桃田だったのだから。
    さて、当の桃田の弁明やいかに。

    「わかんないです」!?

    ――福島さんが桃田さんの部屋に行っていた。防犯カメラを調べてそれがわかった(※前回参照)という騒動があったと思うんですが。

    「そうなんですか?」

    ――そういったことはない? 

    「わかんないです。そういう噂が出ているんですか?」

    ――バドミントン協会でも問題になったと。

    「あ、そうなんですか」


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181023-00550383-shincho-spo


    所長見解:若いからな・・・

    【【逢瀬問題】バドミントン・桃田「わかんないです」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優の新垣結衣さんが7日、東京都内で行われた連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)のトークイベント&第1話完成披露試写会に登場。
    「隠された恋の欲求」が分かる心理テストに挑戦した新垣さんは「心のつながりを大切にする甘えん坊」と診断され、「良かった(笑い)。心のつながりは大切にしたいですし、甘えるのは好きだし、甘えられたいです」と満面の笑みを見せた。

    「生まれて初めてラブになった瞬間は」という質問には、「人生で初めてチョコをあげたのは、幼稚園のときでした。
    小さいころからマンガ大好きで、マンガによく登場するカップルは、(男の人の方が)背が高いイメージ。
    私は、小さいころから背が高くて(笑い)。
    私より背が高い男の子が1人だけいてチョコを渡した。
    今思うと違った。淡い思い出ですね」と語っていた。

    会見には、新垣さんとダブル主演を務める松田龍平さん、共演の田中圭さん、黒木華さんも出席した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000024-mantan-ent

    no title


    所長見解:歳だな・・・

    【【閲覧注意】新垣結衣さん(30)のお顔が・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ