怪我

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    みやぞん「イッテQ」ロケで左足首を骨折、全治2カ月 火の輪くぐり着地で「折れちゃった」


    日本テレビは28日、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(34)が、同局「世界の果てまでイッテQ!」のインドでのロケで左足首をけがをしたことを発表。

    「骨折」と診断されたことを明かし、みやぞんや関係者に対し「お詫び申し上げます」と謝罪した。
     
    m


    同局によると、みやぞんはインドでのロケで、走って木の板を踏んでジャンプし、火の輪をくぐる挑戦を敢行。

    その際、着地で左足首をひねったという。

    日本テレビは書面で「現地時間5月24日午後5時30分頃、『世界の果てまでイッテQ!』のインドでのロケ中にみやぞん(ANZEN漫才)さんがけがをしました」と発表。

    みやぞんはただちにロケを中止して病院で応急処置を受けた。

    27日に帰国し、あらためて国内で診察を受けたところ、左足首の左距骨の関節面から7ミリ程度の骨がかけており、骨折と診断された。

    痛みがひくまで1~2週間程度、約2カ月の治療期間を要する見込みだという。

    日本テレビは「みやぞんさんの今後のお仕事に関しましては、医師と相談しながら、ケガをした足に負担のかからない形で、続けていかれると聞いています」とし「現地の方の指導の下、本来は土の上に着地しているパフォーマンスを、マットを敷くなど安全に配慮してロケを行っておりましたが、このような事態となったことを重ねてお詫び申し上げます。
    今後は番組制作において、より一層安全対策に万全を期してまいります」とした。


    みやぞんコメント全文は以下の通り。

    ちょっとネタバレになっちゃいますが、今回のチャレンジ、実は成功していたんです!
    見事、火の輪をくぐり、成功したと思ったのも束の間、着地と同時に足に痛みがあり、折れちゃったみたいですね…
    カルシウムが足りてなかったのかもしれません。
    ご心配をおかけして申し訳ございません。

    お医者さんと相談しながら、無理せず仕事は引き続きやっていこうと思います。
    これからも応援よろしくお願いします!
    今まで通り前向きに、やるぞ~やるぞ~やるぞ~!


    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/28/kiji/20190528s00041000220000c.html

    所長見解:もうね・・・


    【【悲報】みやぞん「イッテQ」のロケで骨折ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元俳優の成宮寛貴さん(36歳)が5月16日、自身のInstagramで、肋骨にヒビが入るケガを負ったことを報告している。

    n


    成宮さんはこの日、「昨日、レスリングごっこしてたら、肋骨にヒビが入ったらしい。マジ勝負に後悔だっちゅーの!」と、上半身裸になって撮った自撮り動画と共に報告。

    そして「#レスリング #ごっこ遊び #後悔」とタグを添えた。

    また、「全治3カ月らしいが前もヒビ入ったことあるから、大丈夫!ただ、笑うと痛い だっちゅーの!!」ともつづっている。

    https://www.narinari.com/Nd/20190554540.html

    所長見解:あれやね・・・

    【【衝 撃】成宮寛貴さんが全治3か月の怪我をしたアブない理由がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    右肩を痛めてリハビリ中の中日・松坂大輔投手(38)が二軍練習日にもかかわらず、ゴルフに行っていたことが発覚し、球団からペナルティーを受けていたことが16日、分かった。

    g


    17日発売の写真週刊誌「フライデー」で掲載される「松坂大輔リハビリ中にゴルフ満喫」の記事が発端。

    松坂は関東でリハビリ治療をしたいと申し出て名古屋を離れていた際に、千葉県内のゴルフ場で日本テレビ・上重聡アナウンサーらとプレーしたという。

    球団はシーズン中でも休日のゴルフは禁止していないが、その日は二軍練習日だったため処分となった。

    加藤球団代表は「彼(松坂)から電話で14日に『フライデーから取材を受けました』と報告を受けた。
    事情を聞いて、こちらとしては練習日にゴルフをやるのはいけませんねと、口頭で注意した上で、チームの規律違反に当たるし、他のみんなの手前もあるのでペナルティーを科した」と説明。

    ペナルティーの内容については明かさなかったが、松坂は「自覚が足りませんでした。申し訳ありませんでした」と平謝りで「十分反省していた」(加藤代表)という。

    与田剛監督(53)は「報告は受けているけど、詳細が全部入ってきてないし、本人ともまだ詳しい話もできてないので何とも言えない」と言いつつ「リハビリを兼ねてトレーニングの一環としてゴルフをやるというのは今まで聞いたことがないね。
    試合にも出てないのにリハビリ中にやってていいのかと、一般常識的にも言われやすい」と注意を促した。


    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000067-tospoweb-base

    所長見解:あかんやん・・・


    【【これはさぼり】中日ドラゴンズ・松坂大輔、リハビリ中に上重アナらとゴルフした結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    容疑は同日午後8時5分ごろ、船橋市のスーパー銭湯「みどりの湯 田喜野井店」敷地内に正当な理由なく侵入した疑い。

    2階にある女性用露天風呂をのぞくため、施設裏手の外階段の手すりに立てかけた脚立を足場として、壁から頭を出していた。

    s


    気づいた女性客が従業員に報告。

    従業員から声をかけられ、慌てて階段の手すりを飛び越えたが、約5メートルの高さから地面に転落した。

    それでも歩きだしたため、駆けつけた従業員が「なんで逃げるんですか。のぞいてましたよね」と取り押さえた。

    ダメージは隠しきれず、担ぎ込まれた病院で腰椎破裂骨折と診断された。

    釈放の上、入院している。

    調べに対し「トイレに行きたくなって、外階段でおしっこしていた」と話しているという。

    ケガは全治約1~2か月。

    すでに大きなバチが当たったが、同署では「もしかしたら令和元年の性犯罪事件の第1号ではないか。こんなことをして情けない…」とあきれている。

    回復を待って事情を聴く方針で、余罪も含めて捜査する。
     
    https://www.tokyo-sports.co.jp/social/incident/1382727/

    所長見解:あはは・・・

    【【悲報】令和の犯罪、逮捕第1号がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フリーアナウンサーの岡副麻希が26日、自身のインスタグラムを更新。

    体のある部分にできたアザの写真を公開し、「痛々しい」とネットで反響を呼んでいる。


    ■カメラに向けた腕には…

    こんがりと焼けた肌の色から、「黒すぎるアナ」「黒ギャル女子アナ」などの愛称で親しまれてきた岡副。

    今回公開された写真でも、さらに照明の関係もあってか、やはり少し黒く見えるその細い腕を折り曲げるようにしてカメラに向ける。

    よく見ると関節のあたりには、直径にして3センチほどはありそうな大きなアザが。

    しかし岡副自身は「腕に痣ができていました 脚以外は珍しいので特別感…笑」とあまり気にしていない様子だった。

    z


    ■「一体何があったの?」

    この写真に、ネットからは「これはひどい…」「めちゃめちゃ痛そう」と心配の声が多く寄せられた。

    一方で、「日焼けであまり目立たない」とするファンの声も見られた。


    「一体何があったの? 早く治って消えるといいですね」

    「うわ、めちゃめちゃ痛そう。何やったらそんな大アザができるの? 本当気をつけてね」

    「笑ってるけど…いやいや心配だよ。転んじゃったのかな?」

    「いつもの日焼けであまり目立ちませんよ。大丈夫大丈夫!」
     

    腕のかなり目立つところにできてしまった大きなアザ。

    これから夏に向けて露出が増えていく時期だけに、ファンも心配なようだ。

    昨年2月にはファースト写真集でビキニ姿も披露した岡副。

    今年の夏もその色黒魅惑ボディに期待したい。


    ※画像がコチラ


    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162073188/

    所長見解:痛そう・・・
    【【何があった?】岡副麻希の痛々し過ぎる体のアザがコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ