怪我

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今季が3年契約の3年目となるソフトバンクの松坂大輔投手(36)が、まさかの契約延長となる可能性が出てきた。
    推定年俸4億円と大きな期待をされながら、ここまで一軍登板は1試合のみで、現在も右肩痛からの復帰のメドは立っていない。
    今季中の一軍マウンドは厳しい状況にもかかわらず…。
    球団側は松坂の意思を尊重する方針で、本人が望めばラストチャンスを与えるという。

    松坂


    幾多の伝説を作り上げた平成の怪物が崖っ縁に立たされている。
    2015年に日本球界に復帰して3年目になるが、右肩痛に悩まされてリハビリ生活に明け暮れている。

    今季はオープン戦で結果を残して、先発ローテーションのバックアップとして控えることになった。
    しかし、再び肩の違和感に襲われた。
    4月に故障者が出たことで巡ってきた一軍先発の機会を無念の回避。
    現在はキャッチボールこそ行っているが状態はなかなか上がらず、ブルペン投球を再開するメドも立っていない。

    最後に実戦で投げたのは3月25日のオープン戦・広島戦(ヤフオクドーム)。
    7回をノーヒットに抑えて復活への光が見えたかに思われたマウンドだった。
    しかし、そこから早くも4か月余りが経過した。
    現状を考えれば、残り試合で一軍マウンドに立つことは簡単ではない。

    加えて一軍登板は昨季の最終戦の1試合しかない。
    それも1イニングで3安打4四死球5失点と散々なものだった。
    今季はベースである推定3年12億円の大型契約の最終年でもある。
    36歳の年齢を考えれば後がない状況で、引退という形でユニホームを脱いでもおかしくはない。

    だが、球団側としては松坂の意思次第で来季も契約する方向性のようだ。
    球団フロントの一人は「本人が辞めたいと言うなら別だが、あの松坂大輔がもう1年勝負したいという思いがあるなら、獲得してきた球団であるうちが『もういいだろう』とはならないでしょう。
    これまでも大物選手の引き際に関しては本人に任せてきているところもありますしね」と話した。

    近年のソフトバンクでは、功労者の進退に関しては本人の意思を最大限に尊重する方針を貫いてきた。
    かつての大エース・斉藤和巳氏にしても、リハビリ担当コーチ兼任時代を含めて、6シーズンにわたり一軍登板なしで復活を目指してきた。

    また、昨年3月に引退を表明した松中信彦氏にしてもそうだった。
    世代交代を進めるチーム事情で構想外とあり、自らが退団しての現役続行を選択したものの、球団側は引退の花道を用意するとともに、本人の意思次第では来季の契約も容認していた。

    もちろん、松坂の場合、チームの功労者ではなく、状況は大きく異なる。
    ただ、WBCで日本代表を2大会連続で頂点に導くなど、世界を舞台に戦った球界の功労者であることは間違いない。
    しかも、今季はプエルトリコのウインターリーグ参戦に始まり、オープン戦でも好投を見せた。
    王球団会長が「選手はこういう変化もできるんだということを見ていただきたい」と話すなど、肩の問題は大きいが復活の“兆し”はあった。

    「言い方はおかしいけど、うちの場合あと1年増えることで年俸面でどうこうという球団ではない。
    それに何試合も投げてだめだったというならまだしも、1試合しか投げていないということもある。
    ここまで来たら何とか雄姿を見たいという思いがあるのも確か」(球団関係者)

    ラストチャンスに臨むとなれば、現在の年俸4億円からの大幅ダウンも避けられない。
    とはいえ、少なくとも復活への道は残されている。
    右肩の状態に進展がない大苦境の中、松坂はどのような決断を下すのか。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/723408/


    所長見解:もう無理なんじゃ・・・
    【【これは太っ腹】松坂大輔、まさかのもう1年契約延長もってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「事件が公表されてからこれだけ時間が経ったのに、誰も真実を語っていない。
    確かに軽率な行動でしたが、報道は憶測ばかりで彼を悪者にしたいがためのものが目立った。
    彼には絶対に口外するなと言われましたが、あの日、本当は何があったかお話しします」

    そう口を開いたのは、巨人・山口俊投手(30)の親友A氏である。

    山口は7月11日の深夜、酩酊状態で訪問した都内病院の扉を破壊し、警備員に暴行したとして被害届が出されていた。
    さらに巨人が事件を公表したのが1週間後の18日だったため、“隠蔽工作”も疑われた。

    3年総額7億円(推定)の大型契約で今季、DeNAから巨人にFA移籍した山口だが、一軍合流は6月からと出遅れ、ここまで1勝1敗、防御率6.43と大きく期待を裏切った。
    そんな中での警察沙汰となれば、批判の嵐に晒されるのも当然だった。

    現在(7月27日)まで、山口も巨人も事件の詳細について語っていない。
    そんな中、あの日、山口と行動を共にしていたA氏はこう明かすのだ。

    「11日は山口君の30歳の誕生日パーティーで、私も参加していた。
    レストランバーに夜9時頃から30人ほどの仲間が集まり、お開きになったのは深夜2時近く。山口君はシャンパンやチューハイをガンガン飲んで、終始ハイテンションでした」

    山口が病院に行く原因となる“事件”が起きたのは、パーティーが終わる頃だったという。

    「会場にはお祝いのバルーンが飾られていました。
    酔っていた山口君は上機嫌でそれに向かってシャドーボクシングしていたら、はずみでそばにあった額縁のガラス板を割ってしまい、右手の拳から出血しました。
    手の甲の中指の付け根あたりです。
    ケガ自体は大したことなかったのですが、右手は大切な商売道具だし、傷口にガラス片が
    入っていたら大変なので、病院で応急処置をしてもらうことになった」(A氏)

    パーティーに同席していた山口の妻が救急外来のある周辺の病院を探して電話で訪問を伝え、山口夫妻と知人女性の3人で向かったという。

    病院の入り口近くに警備員のいる受付があり、そこで妻が「人目につかないように対応してもらえますか?」と尋ねたという。

    「プロ野球選手だとバレると大事になるかもしれないと思って奥さんが気を利かせたのですが、警備員に冷たく断わられたらしく、その態度に山口君はカチンと来て、『何なんだ、その態度は』と喧嘩腰になってしまった。
    互いにヒートアップして、警備員が『治療を受けるのか、受けないのか、どっちなんだ』といえば、山口君が『受けるからここに来たに決まってるだろ!』と怒鳴り合いが続き、やがてお互いに胸を押し付け合うような状態になった。

    ただ、手や足を出したわけではないと本人は断言している。
    奥さんは『やめなさいよ!』と何度も間に入ろうとしたそうですが、押し問答は20分ほど続き、結局治療を受けずに帰ったそうです。
    “病院のドアを破壊した”と報じられている件については、『よく覚えていない』と言っています」(A氏)

    y


    ◆菓子折持って謝罪

    その後、病院側は「傷害」と「器物破損」で被害届を警察に提出。
    警察から球団に連絡が入ったのは、山口の予告先発日(18日)の午前中。
    直前まで名古屋での中日戦の登板に備えて調整していたため、球団から被害届の事実を知らされ、驚いたという。

    山口はトラブルを起こしたという認識もなかったというが、事態を重く見た球団は、山口の登板を回避。登録を抹消した。

    ちなみに額縁を割ったレストランバーには、翌日すぐに菓子折りを持って謝りに行ったという。
    病院に対しても同様の対応をしていればこれほどの大事にはならなかったのだが──。

    「その後、山口君は警察の事情聴取を受けています。『今シーズンの登板はもうない』とも言われているようですが、私からするとそこまでの過ちとは思えないのです」(A氏)

    病院側にA氏の説明した経緯について見解を求めたところ、「現在も捜査中のため、何もお答えすることはできません」(総務課)との回答だった。

    そして山口の今後の処遇について、球団は「現在、事実関係を調査しております。今後については決まっていません」(読売巨人軍広報部)と話すのみだった。
    山口本人は、代理人を通じてこう答えた。

    「軽率だったと反省しています。一日でも早く復帰させていただけたらと思っています。今はそれしか言えません」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170730-00000020-pseven-spo&p=2


    所長見解:酒は飲んでも飲まれるな・・・
    【【不祥事】山口俊も被害者も巨人も口閉ざす「泥酔暴行事件の夜」全真相ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    <メキシコリーグ:UNAM1-0パチューカ>◇前期◇第1節◇23日◇メキシコ市

    パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が足の違和感を訴えていたことを、アロンソ監督が明かした。

    h


    同監督は本田が欠場したUNAM戦後の会見で、高地への順化にさらに時間が必要であり、実戦での起用に「2~3週間はかかる」と、見込みを語った。

    あくまで慎重な見立てだが、実戦デビューがこの通りのスケジュールとなれば、8月31日の大事なW杯アジア最終予選オーストラリア戦(埼玉)を控える、日本代表にも大きな影響を与えることになりそうだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-01860670-nksports-socc 
    日刊スポーツ 


    所長見解:大丈夫かよ・・・
    【【これは大丈夫?】本田圭佑が足に違和感、実戦起用へ2~3週間ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「出力を上げるという意味では問題なかったんですけど、制御することができなかった。
    課題が残る内容でした。反省を次に生かせるよう、しっかりと調整していきたい」

    日本ハムの大谷翔平(23)が登板後、こう言った。

    12日の対オリックス戦。
    今季初の一軍マウンドは1回3分の1を投げて2安打、2奪三振、3四球、4失点とボロボロだった。

    ネット裏にはメジャースカウトがズラリ。
    ドジャース、レンジャーズ、レッドソックス、ツインズに加え、ヤンキースのスカウトも姿を見せた。

    「ヤンキースのスカウトは10日から今回の3連戦をチェックしている。
    なので大谷が10日、DHでスタメン出場した試合も見ています。
    今オフにもメジャー移籍の可能性があるだけに、ケガの回復具合を確かめにきたのでしょう。
    どの程度、動けるようになったのか判断しているのです」

    と、さる代理人関係者がこう続ける。

    「他球団のスカウトもだいたい似たような目的ですよ。
    この日の大谷は球数も29球だし、言ってみればメジャーのスプリングトレーニングで初めて投げたようなもの。
    制球が定まらずに4失点だろうと、結果自体はまったく問題ない。
    オフに右足首の手術が必要? だからといってメジャーの大谷に対する評価が下がるわけではありません」

    ■無意識に右足をかばうしぐさ

    押し出し四球があろうと高い評価に影響はないというのだが、この日の大谷の投球を見たメジャーのあるスカウトは、「ただ、ちょっと気になる点はありましたね」と、こう言った。

    「大谷はそもそも立ち上がりの悪いピッチャーです。
    30球の制限がある中で、ベストの投球をしろというのが無理な話でしょう。
    おまけに今季初登板。
    予定の球数を無事に投げ終えただけでよしとすべきだと思いますね。
    気掛かりなのは投げるときに軸足、つまり右足を気にしている点。
    無意識かもしれませんけど、かばっているように見えたのです」

    大谷は昨年の日本シリーズの最中に右足首を痛めた。
    それが原因で3月のWBCを辞退。
    野手として全力疾走できない状態で開幕を迎え、左太もも肉離れまで患った。
    その結果、約2カ月間、離脱を強いられた。

    左太ももを痛めた前回の轍を踏まないよう、今回は大事を取った上での復帰らしいから、大谷の両足は周囲が想像する以上に回復しているに違いない。

    すでに全力疾走だってやろうと思えばやれるくらいの状態なのだろうが、「無意識のうちにかばう」しぐさが見られるのは「危険な兆候」だと前出のスカウトがこう言った。

    「右足をかばっているように見えるのは、軸足でマウンドを蹴る力が不十分だということ。下半身のパワーが十分、ボールに伝わっていないわけで、いきおい、上半身で補おうとしがちです。
    これまで以上に肩や肘に負担がかかるわけで、この時期に肩肘を痛めたら、それこそ大問題。
    大谷の評価はガクンと下がる可能性すらあります。
    高校時代から現在に至るまで、肩肘に大きな故障をした経験がないのは彼の大きなセールスポイントですから」

    投打の二刀流への復帰は、これまで以上に慎重を期す必要がありそうなのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000014-nkgendai-base

    no title


    所長見解:大事に大事に・・・
    【【球界の至宝】日ハム大谷に評価急落の危機 米スカウトが“危険な兆候”ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ