ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    怪我

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「フォーブス」に掲載された記事では、大谷の左膝について「このコンディションは生まれた時からのもので、オオタニも知っていたが、2月にMRIを受けるまではチームにそのことを明かしていなかった」と言及。

    大谷は昨年、レギュラーシーズン終了の翌日にトミー・ジョン手術を受けていたが「今年もそうすることもできたのに、そうしなかった」と残り15試合を残して手術したことを伝えている。

    t

     
    ここまでの成績にも言及したブルーム記者は「メジャーリーグでの最初の2年は、彼が日本から来るときの触れ込みとは違っていた」と分析。

    大谷がメジャー挑戦を決めた際、引く手あまたの中で、DH制のあるア・リーグでプレーするためエンゼルスを選んだとしながら「しかし、彼はダメージ品だった」と厳しく指摘した。

    さらに、全てのMLBの球団に提出されたメディカルレポートでは、右肘靱帯にグレード1の(4段階で最も小さい)損傷があると記されていたと言及。

    エンゼルスは1年目のスプリングトレーニングで大谷をゆっくりとマウンドに立たせたが、それでも肘は悪化したとした上で、靭帯損傷で降板してからは「たった1度しか登板していない」とも伝えた。

     
    ブルーム記者は「この間ずっとエンゼルスは、彼の健康問題と彼の将来のチームへの貢献度に楽観的だった。
    彼はまだ25歳で、投手としても、打者としても素晴らしい兆候を見せていた」としながらも、「しかしエンゼルスがオオタニとサインしたのは、投球能力であり、打者としては、(投手としてほど)価値はない」と指摘。

    NPB時代から過去3シーズンで先発したのは15試合のみであることを踏まえても、「来年18か月のブランクを経てメジャーリーグのマウンドに戻ってきたとき、彼がどんな活躍をするか、誰も予測ができない」とこの状況を嘆いた。

     
    厳しいブルーム記者の目と対照的に、エプラーGMは大谷がスプレングトレーニングには投球できるようになっているだろうとの見方を示している。

    どちらにせよ、二刀流として復帰する来季の出来次第で見方は再び大きく変わるだろう。


    https://full-count.jp/2019/09/16/post539717/

    所長見解:いいやんね・・・

    【【悲報】米記者「大谷翔平はB級品だった。打者としても大したことないし」 ←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    松坂さん、もう投げられない

    m


    二軍で調整中の中日・松坂大輔投手(38)がピリピリモードに突入した。

    右ヒジの違和感を訴えて21日に病院で検査を受けたところ、炎症を起こしていることが発覚。


    22日はナゴヤ球場でノースロー調整したが、右ヒジの状態などについて語ることなく、球場を後にした。

    所長見解:もういいよね・・・

    【【悲報】松坂大輔さん、ついに終了の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    アイドルグループ・欅坂46の平手友梨奈が、活動中に右ひじを負傷し、一定期間安静にするようにとの診断を受けたことが15日、公式サイトで発表された。

    あす16日から開幕する『全国アリーナツアー2019』の出演を見合わせる。


    h


    公式サイトでは「万全の状態でダンスパフォーマンスが出来ない状況でもあるため、8月16日(金)からの「全国アリーナツアー2019」に関しまして、出演を見合わせて頂きます」とし、「誠に申し訳ございませんがご理解のほどよろしくお願い申し上げます」と理解を求めた。

    なお、ダンスパフォーマンスを伴わない活動については「無理のない範囲で継続させて頂きます」とし、パフォーマンスを伴う活動の再開に関しては「回復の状況と医師の判断に従って決定致します」とした。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000329-oric-ent

    所長見解:おおいな・・・

    【【恒例】欅坂46の絶対的エース・平手友梨奈、右ひじ負傷ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    スポーツ選手にけがはつきもの…。

    けがの影響で本来のパフォーマンスができなくなってしまったり、引退してしまったりする人も少なくありません。

    そこで今回は、けがが悔やまれるプロ野球選手について探ってみました。

    y


    1位 赤星憲広
    2位 伊藤智仁
    3位 松坂大輔
    4位 松井秀喜
    5位 吉村禎章
    6位 前田智徳


    1位「赤星憲広」!

    2001年から阪神タイガースで活躍した外野手・赤星憲広。
    「球界で最も速い」とも称された盗塁が彼の持ち味の一つ。

    当時は彼が塁に出ることを恐れた監督やピッチャーが多数。

    新人王、ゴールデングラブ賞をはじめ、数々のタイトルを獲得しました。

    そんな赤星は2009年の試合中にダイビングキャッチを試み、以前から煩っていた頸椎椎間板ヘルニアの悪化と同時に中心性脊髄損傷を負いました。

    この後遺症の影響で、同年に引退。

    当時はまだ30代前半であったことから、「けががなければまだまだやれた」「もっと赤星のプレイを見たかった」という人が多数。

    1位となりました。


    2位は「伊藤智仁」!

    1993年からヤクルトスワローズのピッチャーとして活躍した伊藤智仁。

    高速スライダーを武器に、多くの勝利をチームにもたらしました。

    長年ひじ痛・肩痛に悩まされ、右肩の手術も3回受けた伊藤智仁。

    ひじ痛・肩痛によるパフォーマンスの低下が原因で2003年に引退しました。

    「けががなければもっと活躍していた」と悔やむ人が多く、2位となりました。


    3位は「松坂大輔」!

    国内外で活躍した、言わずと知れた名投手・松坂大輔。

    安定した下半身から繰り出すスライダーで三振の山を築きました。

    そんな彼もけがに悩まされた選手の一人。

    右ひじの痛みやけがに苦しみ、2011年にはトミー・ジョン手術も受けています。

    現在は中日ドラゴンズでプレイしていますが、「けががなければ…」と悔やむ人が多く、3位となりました。


    このように、人気と実力を兼ねそろえた名プレイヤーが上位に選ばれる結果となりました。

    気になる4位~53位のランキング結果もぜひご覧ください。

    みなさんは、どのプロ野球選手のけがが悔やまれますか?


    続きはこちらで
    https://ranking.goo.ne.jp/column/5971/?page=all

    所長見解:伊藤やね・・・
    【【懐かしい】「怪我さえなければ!」と悔やまれるプロ野球選手ランキングがコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の石田純一(65)が5月31日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。

    酒に酔い過ぎた末の流血騒動を告白した。

    y


    この日、額の左上部にばんそうこうを張っていた石田。

    MCの上沼恵美子(64)から「けがですか?」と指摘されると「この間、飲み過ぎて…。
    TBSのドラマの同窓会をやって、しこたま飲み過ぎてガラスに頭から突っ込んで…」と告白し、「記憶にないんです。これが怖くて…」とバツが悪そうに話した

    続けて「気付いたら、藤井フミヤの懐に抱かれてました」と照れ笑いも浮かべ、周囲からは「なんてぜいたくな」との声も。

    さらに「(顔面流血で縫いました。初めて。3針ぐらいでしたけど」と打ち明け、上沼から「気をつけてくださいね」と気遣われた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16550351/

    所長見解:すごいな・・・
    【【衝撃】石田純一が泥酔で顔面流血事件ってよ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ