志村けん

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    「志村さんより僕が逝くべきだったと思いました」

    志村けんさんの訃報を受けて、自身のYouTubeチャンネルでこうコメントしたのは、薬物を使用した罪で3月4日に有罪判決を受けた田代まさし。

    志村けんに笑いのセンスを見出され、1987年スタートの人気番組「志村けんのだいじょうぶだぁ」でサブキャストに抜擢されるや、タレントとしてブレイク。

    以降、数々のバラエティー番組で共演したことから、2人の“師弟関係”はこれまで何度も報じられてきた。

    「2005年に薬物で実刑判決を受けた田代はその3年後に出所。
    ほとぼりが冷めてから、志村さんのもとへ謝罪に出向いて土下座したそうです。
    志村さんは冷たく突き放したそうですが、その後に発売された『だいじょうぶだぁ』のDVDにはきちんと田代の出演シーンが収録されていました。
    志村さんが制作サイドに、『カットしないで』と要望を出したことで、結果的に田代のタレント復帰の足掛かりを作ることになりました」(芸能関係者)

    度重なる不祥事を起こした田代に“大人の気遣い”を見せていた志村さん。


    m


    優しい人柄で知られる「爆笑王」のもとには、弟子入り志願の若者が殺到していたという。

    お笑い関係者が振り返る。

    「志村さんの周囲には“ボーヤ”と呼ばれる弟子がたくさんいました。
    ただ、芸人として大成したのは皆無で、たいていが舞台でエキストラをした程度で業界を去っていきましたが、いずれも“円満退社”でしたよ。
    その中で唯一、志村さんの逆鱗に触れたのが、型破りな芸風で知られる芸人S。
    志村さんに直談判して弟子入りし、1993年頃から車の運転手や身の回りのお世話をしていたのですが、テレビ番組の女性スタッフに一目ボレ。
    しつこく電話をしたり、つきまとったりで、今でいう“ストーカー”になってしまったんです。
    そのことが志村さんの耳に入り、容赦なく『破門』にしたのが真相。
    まあ、彼の芸風は志村さんの“大衆路線”とはかけ離れたシュールなものだったので、いずれは違う道を進むとは思っていましたが…」

    志村さんが唯一「破門」にしたその芸人は、今も芸能活動を継続中。

    現在は映画俳優としてインディーズ作品にも出演しているという。
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0408/abz_200408_8860677029.html



    所長見解:誰やろか・・・

    【【あの人は今】志村けんさんが生涯唯一「破門」にした弟子がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん


    k


    志村けんを描いたアートが感動すると話題に


    所長見解:すごいやん・・・
    【【ネットで話題】感動的すぎる、故・志村けんさんを描いたアートがコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさん(享年70)の「相続問題」が浮上しているという──。


    s

     
    2階建ての日本家屋に広がる、手入れの行き届いた庭。

    門扉の左右に設けられた献花台には、たくさんの供花とともに、故人が大好きだった焼酎やビール、ウイスキーなどが供えられている。

     
    急逝した志村けんさんの実家に、多くのファンが訪れている。

    この献花台は、現在この家に暮らす兄・知之さん(73才)の手作りだという。

    「有難いことにお供えがどんどん増えるから、家にあった板で作ったんです…ただ、本当に急すぎることでした」(知之さん)

     
    あっという間の出来事だった。志村さんは3月19日に発熱と呼吸困難の症状が出ると、それからわずか3日で意識を失った。

    入院後は感染拡大防止のため、家族も含め誰一人として面会することなく、3月29日に帰らぬ人となってしまった。

     
    突然の最期が、あまりにも悲しい現実を知之さんに突きつけた。

    知之さんは記者に、こうつぶやいた。

    「近く税理士と打ち合わせをするんです。
    弟の遺産のことで…(遺産について)何も把握していませんよ…」

     
    志村さん本人、そして遺族にとっても全く予期せぬ相続問題が起こっていた。

    「バカ殿」や「変なおじさん」など、誰もが知るキャラクターを生み出した志村さんは、高校卒業間際にいかりや長介さん(享年72)に弟子入りし、芸人人生をスタートさせた。

    加藤茶(77才)の付き人として下積み生活を送った時期もあり、当時の月給はわずか5000円。

    ザ・ドリフターズのメンバーが出前で頼んだラーメンの残りのスープで、飢えをしのいだこともあった。

     
    しかし24才でザ・ドリフターズに加入すると、瞬く間にお茶の間の人気者になる。

    収入も増え続け、38才の1988年にはタレント部門で高額納税者のトップに立った。

    当時の所得は、個人で約1億6000万円、個人事務所が約1億4000万円。

    合計で3億円を稼ぎ出している。

     
    まさに億万長者となっていた志村さんだが、当時のインタビューでこう答えている。

    《これだけ働いてんだから、(ギャラを)これだけはくれ、とはいいます。
    だけど、もっと儲けたいとか、いくら貯めたいなんて気はないなぁ。
    ま、食い物の値段を気にせずに食べられるようにはなりましたけどね》

     
    その言葉通り、豪快な金遣いは有名だった。


    https://www.news-postseven.com/archives/20200408_1554725.html

    所長見解:おらんもんな・・・

    【【悲報】故・志村けんさん、莫大すぎる遺産の「相続問題」がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能界…コロナ感染報告続く 

    志村けん、黒沢かずこ、白鳥久美子、ゴリけん、速水けんたろう 女は「色」、男は「けん」が危険


    s


    芸能界で新型コロナウイルス感染の報告が続いている――。

    3月31日には脚本家で俳優の宮藤官九郎(49)、今月4日にはお笑いトリオ・森三中の黒沢かずこ(41)、6日にはお笑い芸人・ゴリけん(46)、8日にはお笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子(38)、歌手で声優の速水けんたろう、タレントのラジバンダリ西井(44)、4人組バンド・SUPER BEAVERのドラム・藤原“31才”広明が、それぞれの所属事務所やサイトを通じて報告している。


    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6356569

    所長見解:マジか・・・

    【【緊急注意】新型コロナウイルス感染、女は「色」、男は「けん」が危険説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    危機感が足りないのか…芸能人は新型コロナ蔓延でも遊びまわっていた

    志村けん(享年70)の死によって、未だ多くの国民がそのショックから立ち直れないでいるが、皮肉にも、新型コロナウイルスがすぐ間近にある命を脅かす恐怖であることを改めて知らしめる結果となった。

    3月31日には、脚本家で俳優の宮藤官九郎(49)の感染も判明。

    4月4日にはお笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(41)の感染もわかった。

    この3人に共通する点は、いずれも感染源が不明ということだが、テレビ業界では売れっ子であり、常に集団の中で行動していたという点だ。


    「志村さんに関していえば、もともと夜な夜な大勢で酒席を囲むことが大好きで、最近はコロナの影響で経営が苦しくなった馴染み店をハシゴして回り、わざわざお金を落としに行っていたという報道もありました。
    それでなくても、バラエティー番組の収録には100人以上のスタッフが関わっています。
    スタジオはいわゆるコロナ感染の原因となる3密(換気の悪い室内、多数集まる、間近で会話)の条件が揃っており、普段酒席にはほとんど参加しない黒沢さんもバラエティー番組にレギュラー出演していました。
    クドカンさんにしても、自身のバンドのミュージックビデオの撮影に加え、舞台稽古もしていたといいます。
    仕事終わりに打ち上げは当然のように行われていたでしょうし、つまり、どこで感染していてもおかしくない。
    だから感染源を追えないということなのでは」(芸能ライター・弘世一紀氏)


    ■ピース又吉も近藤春菜も…

    とはいえ、このご時世だ。

    芸能人も自粛モードに入って夜の街から姿を消した思ったら、たくさん出歩いている。

     
    お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(39)が仲間を引き連れて、渋谷の街で居酒屋からバーへと午前4時まではハシゴする様子を発売中のフライデー(4月17日号)が報じた。

    この日は3月30日で、志村けんの訃報が流れた日。

    小池百合子都知事(67)が緊急会見で夜の繁華街への自粛を呼びかけた。

    その直後に、仕事先のNHKを出て、その足で夜の街へ遊びに出かけたことになる。

    また、同じ号のフライデーは、「ハリセンボン」の近藤春菜(37)がモデルの滝沢カレン(27)やタレントの丸山香里奈(37)らと自身の誕生日を祝う宴を夜11時まで開いていた様子も掲載した。

    こちらは外出自粛前の3月上旬のことだというが……。

    「近藤はワイドショーのコメンテーターを帯で務め、日々、専門家からコロナの危険性について直接話を聞いていたはずです。
    その最中、自身の誕生会を開き、多忙を極める複数の女性タレントとともに3密の状態でいたというのは正直、驚きました。
    芸能人は常に3密の中で仕事をしており、その延長で飲み会を開くので、危機意識を感じる基準が一般人とズレているのかもしれません。
    自覚がないというよりは麻痺していると言ったほうがいいかもしれませんね」(前出・弘世一紀氏)

     
    志村けん死去の一報を聞いて、号泣していた近藤ですらこうなのだから、ほかの芸能人も推して知るべしだ。


    g


    ■目立ちにくい関西で遊ぶ芸能人

    関西から東海エリアで芸能人が出入りするバーを経営している男性がこう言う。

    「若い芸能人は東京は遊べる場所が少ないと言って、こちらまで来て遊んでいます。
    完全会員制のバーですが、見た目には普通のマンションなので誰も気付きません。
    ここに来れば芸能人に会えるというので女の子の会員もたくさん集まってきます。
    もちろん出入り口には消毒用のスプレーを置いていますが、まるで友達の部屋のように寛げるのでコロナのことも忘れて楽しんでいます」

     
    新型コロナウイルスに感染し、現在入院中の阪神タイガースの藤浪晋太郎投手(25)を含む3選手も知人宅のタワマンで開いた合コン寿司パーティーで感染したが、同じようなことが芸能界のみならずスポーツ界でも行われているということだ。

     
    新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、著名人への感染が公表されるたびに、それまで関心のなかった若者の間にも危機感は確実に広まりつつある。

    とはいえ、一定数の無関心な人々は、相変わらず夜の銀座や新宿歌舞伎町、秋葉原といった繁華街で個人の欲望を優先している。

    それは、芸能界でも変わらない。


    「ピース」の又吉直樹(左)と近藤春菜
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200407-00000005-nkgendai-000-view.jpg


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00000005-nkgendai-ent
    日刊ゲンダイDIGITAL

    所長見解:まあな・・・

    【【悲報】芸能人は新型コロナで自粛中でも遊びまわっていた問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ