復活

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    田代まさしの露出が増えている。

    先日にはNHKの『バリバラ』に登場し、薬物依存の恐ろしさを語った。

    逮捕のたびにクスリをやめようと思うも、いざ刑務所に入ると「またやりてぇ」といった欲望が沸き上がってくるといった正直な思いも吐露している。

    元タレントとして、話にユーモアを交えながら紹介するエピソードは説得力があるといえるだろう。

    t


    田代は、鈴木雅之らと結成したシャネルズ(ラッツ&スターに改名)のメンバーとしてデビューし、その後、バラエティ番組にコメディアンとして登場するようになる。

    特に、志村けんに気に入られ、『バカ殿』シリーズ(フジテレビ系)などに出演していた。

    小道具を使ったダジャレの帝王としても知られた。

    しかし2000年に、都内の私鉄駅で女性のスカートの中を盗撮しようとして書類送検される。

    この時は「ミニにタコ」というお得意のダジャレで切り抜けようとしたが、バッシングを浴びてしまう。

    芸能活動に復帰するも、風呂場をのぞいたとして2001年に逮捕され、その後の捜査で自宅から覚せい剤が見つかる。

    そこから4度の逮捕と2度の懲役を経験している。


    そもそも、田代が薬物に手を染めてしまったのには、どういった理由があるのか。

    「田代といえば、“マーシー”の愛称で知られ、サングラスがトレードマークでした。
    これはミュージシャンとして格好付けていたわけではなく、実は極度のあがり症で目が泳ぐために、サングラスでごまかしていたようですね。
    数々の番組に出演していましたが、常に緊張で手が震えるほどだったそうです。
    また彼自身が、酒が一滴も飲めない体質であるため、飲んで騒ぐといった部分でストレスを発散できなかったことも、薬物に手を染めてしまった原因だと言えるでしょう。
    さらに有名人であったため、シャバに放たれるたびに売人が近寄ってきたそうです。
    まさに苦悩の連続なのです」(芸能関係者)

    もちろん薬物に手を出すことは絶対にあってはならないが、彼なりに切実な事情もあったのかもしれない。

    それゆえに、その痛みや苦しみをテレビなどで広く周知していくことは、それなりの意味を持ちそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16772562/

    所長見解:もうあかんで・・・
    【【完全復活】田代まさしが薬物に手を染めた意外な理由がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「元メンバーの3人が、YUKIさんに会うことすらできないと話していますが?」

    直撃取材に、少し驚いた様子を見せた元『JUDY AND MARY』のボーカル・YUKI。

    元メンバーたちが望んでいるという“再結成”について、彼女自身はどう思っているのだろうか─。

    y


    『週刊女性』がYUKIを直撃した数日前の6月30日。

    東京・代官山のライブハウスで《今だから語ってしまおうトークJAM》というイベントが開催されていた。

    「'01年に“ジュディマリ”が解散してから初めて元メンバーが語るイベントというので、150枚のチケットは即完売。
    ベースの恩田快人さんとドラムの五十嵐公太さんが、ファンの質問に答えるというイベントでした。
    開始30分ほどして、客席の後ろからギターのTAKUYAさんも現れて。
    サプライズゲストの登場に、悲鳴のような大歓声が上がりましたよ」(音楽ライター)

    ファンの中には歓喜のあまり、泣きだす人の姿も。

    「元メンバーが3人そろったということはファンにとってジュディマリ再結成を期待させる“大事件”なんです。
    何度も再結成のウワサが流れては消えているので、待ちきれないという思いなんでしょう」(同・音楽ライター)

    '13年に『週刊女性』が実施した《女性1000人に聞いた 再結成してほしいアーティスト》というアンケート企画では、チェッカーズを抑えてジュディマリが1位を獲得している。


    YUKIが圧力をかけて止めている

    TAKUYAは、'93年のデビュー直後の貴重なビデオを流しながら、当時の思い出話を披露し、ファンの質問にも答えた。


    ─ジュディマリをもう1度やりたいですか?

    「もう無理だと思いますね……。トシだから。
    昔のビデオを見て、もう走れないもんって思った(笑)」


    ─CDはリマスター(最新のデジタル技術で音質調整)して発売しない?

    「(当時の所属事務所でCD発売元の)ソニーに言っているんですけど、進んでいなくて。止めているのは、YUKIなんで。
    YUKIがソロ活動において、ジュディマリが(再び)出てくると(ソロ活動が)薄らぐらしく、YUKIが圧力かけて止めているから。
    俺らに言わないで、YUKIに言ってよ。
    俺は出そうって言っているんで」


    ─今後、発売の可能性は?

    「だから、YUKIに聞いて。
    ソニーの人は全員、YUKIを恐れているワケよ。
    解散後、俺はソニーの仕事はしていない。
    ソニーは、俺に依頼したら怖いと。
    YUKIさんが怒ったらどうしようって……」


    TAKUYAは冗談めかしながらも、当時のジュディマリには戻れないと言う。

    「みなさんでリクエストしてください。
    YUKIさんのほうにも。
    たまには同窓会しませんか? ってね」

    と、恩田は続けた。


    トークイベント終了後に、五十嵐を直撃した。


    ─ファンは再結成を望んでいるようですが?

    「今でもジュディマリがみなさんの記憶に残っているということは、うれしいですし、ありがたいですね」


    ─解散の原因は、TAKUYAさんと恩田さんの対立とも言われていましたが?

    「TAKUYAも恩田も、何もわだかまりがないから来てくれた。
    これが、すべて。
    このイベント以前にも3人でしょっちゅう会っていますよ」


    ─YUKIさんとTAKUYAさんが、過去に交際していたことを今も引きずっていることはない?

    「今は関係ないよ。ふたりとも大人だからさ」


    ─YUKIさんの夫であるミュージシャンの倉持陽一さんも、再結成を許可してくれますかね?

    「みんな大人だから、昔のことは気にしないですよ」


    ─あとはYUKIさんの決断を待つだけですか?

    「実は、ソニーには2度連絡して、YUKIに会いたいと伝えました。
    しかし毎回、折り返すと言われたまま、連絡はありません。
    彼女のコンサート会場に恩田と行って会いたいと言っても、楽屋に入ることすら許されません」


    ─みんな再結成したい?

    「3人の気持ちは同じ。
    でも、再結成以前にちゃんと4人で会って、久しぶりに語り合いたい。
    でも、誰かが“壁”を作っている。
    YUKI自身は、僕ら3人と同じ気持ちであると信じています」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00015575-jprime-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00015575-jprime-ent&p=2


    昨年引っ越した自宅で夫の倉持陽一と男児2人と暮らすYUKI。私生活は、ほぼ明かさない

    画像①

    所長見解:そらな・・・
    【【JUDY AND MARY】元ジュディマリ・YUKIさん、 再結成望む元メンバー3人と不仲説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニー喜多川社長の死去でSMAP再結成が現実的に…

    s


    ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が9日午後4時47分、都内病院で亡くなった。

    87歳だった。

    ジャニー氏は、6月18日の午後、東京・渋谷区内の自宅マンションで倒れ、広尾の病院に救急搬送された。

    しかも、搬送先の病院はジャニー氏がこれまで利用したことがない病院だったこともあって、業界内には〝重病説〟が流れ、病院の周辺には報道陣が殺到していた。

    事務所関係者は救急搬送されたことは認めたものの、病状などは一切公表してこなかったが、入院から2週間経った7月1日、嵐のデビュー20周年を記念して開催される展覧会の記者会見の席で、嵐のメンバーである松本潤から「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」で入院していることが正式に発表されていた。

    関係者によると搬送時には既に「意識不明の状態」だったという。

    「救急隊の判断で、最も近い病院に搬送したのでしょう」(取材記者)。

    ただ、搬送後は集中治療室で懸命な救命措置が行われた甲斐あって一般病棟に移り、タレントやJr.たちとの面会を果たすことができたともいう。

    ジャニー氏は、3月29日から松竹系で公開された「映画 少年たち」の製作総指揮を務めていた。

    ジャニーズ事務所の代々の若手メンバーたちが出演してきた舞台「少年たち」を映画化したもので、次世代を担うグループ「Six TONES」や「Snow Man」「なにわ男子」「関西ジャニーズ」のメンバーを中心に、脇を先輩格の「関ジャニ∞」の横山裕や「A.B.C-Z」の戸塚祥太らが固めた作品だった。

    ちなみに、公開後の成績は、興行収入が約7億円で「大ヒットではないが、松竹公開の作品としては悪いものではなかった」(映画関係者)という。


    SMAP解散を発端に吹き始めた逆風

    ジャニー氏の生い立ちや功績については、あらゆるメディアで報じられてきているので、敢えてここでは割愛したいと思う。

    しかしSMAPの解散以来、TOKIOのメンバーだった山口達也の騒動、さらには嵐の活動休止など、ここ数年ジャニーズを巡ってはネガディブな出来事が続いてきた。

    そして「平成」が「令和」に変わって2ヶ月、今度は〝ジャニーズの頭脳〟とも言うべきジャニー氏の死去である。

    これには誰もが「いよいよジャニーズ存亡の危機」と思ったはずである。

    言うまでもなくジャニーズ事務所は、ジャニー氏と実姉のメリー喜多川氏の二人三脚で歴史を刻んできた。

    それが、今や芸能界においては〝帝国〟とも形容され、その売り上げは一部では1000億円とも報じられているが、実は3000億円を超えると言われる。

    業界内では「テレビ朝日と同じぐらいの売り上げ」(業界関係者)なんて言われるほどだ。

    文字通り、わが国でも最大の芸能プロダクションである。

    というより、もはや芸能プロダクションの域を超えている。

    エンターテインメント産業では「バンダイとかソニー・ミュージックエンタテイメントぐらいしか太刀打ちできないのでは…」(プロダクション関係者)なんていう声もある。

    そのジャニーズ事務所は、現在はメリー氏の長女・藤島ジュリー景子副社長が実質的経営者となっているだけに、事務所経営については急に大きな問題はないだろう。

    しかし、そのジャニーズ最大の武器は何かと言ったら、それはジャニー氏の天性からくる「着眼点」と「感性」に頼るところが大きかった。

    これは誰でもが真似出来るものではない。

    ある業界関係者が呟いた。

    「この芸能界でIQ150以上の人物を挙げるとしたらジャニーさんしかいないかもしれない。天才というしかない。
    しかもジャニーさんの場合は気配りもズバ抜けていましたね。
    余談ですが、料理の腕前もすごかった」。

    滝沢秀明がすべてを引き継げるわけではない


    (リンク先に続きあり)
    https://blogos.com/outline/390169/

    所長見解:ないやろ・・・

    【【復活】ジャニー喜多川社長の死去でSMAP再結成説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6月から日本を拠点に芸能活動をスタートさせていた、韓国の女性アイドルグループ「KARA」の元メンバー・HARAが同26日、テレビ東京系音楽特番「テレ東音楽祭2019」に生出演した。


    k


    5月26日にソウル市内の自宅で“自殺未遂”騒動を起こして以降、初のテレビ出演。

    ステージでは、KARAの代表曲「ミスター」を、同じ「プロダクション尾木」に所属する女性5人組「Chuning Candy」とコラボし披露。

    歌唱中、激しいダンスの影響でベアトップの衣装が下がってきてしまい、下着(ヌーブラ)が“ポロリ”するアクシデントがあったのが話題になった。

    「平均視聴率が番組歴代最高の9・7%(ビデオリサーチ調べ)を記録したが、KARAは一時期、日本で爆発的な人気だっただけに、HARAの歌唱シーンは注目されていた。
    コラボしたグループは、なんとか事務所が売り出そうとするも鳴かず飛ばず。
    今後、HARAのイベントでバックダンサーを務め、少しでも顔を売る戦略なのでは」(芸能プロ関係者)

    なんとか日本での“受け皿”が見つかったHARAだが、今後、事務所としては売り方が難しいところだとか。

    そのため、すがるのは過去の栄光のようだ。

    「当初、日本のほかの芸能プロに売り込んだが断られてしまった。
    そこで、もともとKARA時代に日本でプロモーションを手がけてもらっていた尾木プロに泣きついた。
    とはいえ、HARAはKARAの中でも目立つ存在ではなかった。
    そのため、関係者がKARAを再結成させようと奔走。
    日本を活動の拠点にしている知英(ジヨン、スウィートパワー所属)にも声をかけているようです」(音楽業界関係者)

    ほかのメンバーとHARAの関係が気になるところだが、KARAに熱狂したファンたちは再結成を切望しているに違いない。


    https://npn.co.jp/sp/article/detail/12158084/

    所長見解:懐かしいね・・・
    【【朗報】KARA、再結成説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2016年の衝撃の解散以来、常に復活説が取り沙汰されているSMAP。

    元メンバーの中居正広(46)もたびたびSMAPのことを口にしては、再結成の可能性をにおわせているが、それを阻んでいるのも実は中居本人だというのだ。

    そこにはある元メンバーとの深い溝が潜んでいるという。

    元SMAPの5人の現状は、香取慎吾(42)、草なぎ剛(44)、稲垣吾郎(45)の3人がジャニーズを退社し、中居と木村拓哉(46)が残留。

    木村が独立に反対したことが分裂の原因だったとされている。

    解散から2年以上が過ぎ、元メンバーの口からもSMAPの話が自然と出るようになってきた。

    i


    そんな中、発売中の『週刊文春』に興味深い中居の発言が掲載された。

    中居が、親しい番組関係者に対して、草なぎ・香取・稲垣の3人を「番組で使ってほしい」と頼み込んでいるというのだ。

    こうした報道に「3人は映画や舞台、ネットテレビ、アーティスト活動など幅広い活動をしているが、地上波のテレビだけはいまだにままならない状況です。
    中居はそれに気をもんでいるそうです」と民放関係者も理解を示す。

    最近の5人の活動にはどこかしらにSMAPのにおいが感じられることがある。

    木村はラジオ番組でSMAPの曲を流してファンを喜ばせ、香取は出演したイベントの共演者が木村を思わせる名前だったときに、それをイジるだけの余裕が出ている。

    こうした、ちょっとした出来事の積み重ねが、SMAP再結成への期待につながっているのだ。

    2020年の東京パラリンピックがそのタイミングともささやかれる。

    「解散のとき、一番頑なだったのは香取だったとされていますが、時間がたつにつれて、香取と中居、香取と木村の間の溝が徐々に薄れています」とベテラン芸能リポーターは指摘する。

    「しかし、最大の障壁は中居と木村の間にある溝ですね。
    特に中居が木村に対して思うところがあるというんです。
    もともとは中居も独立派でしたが、木村の単独行動がそれをつぶしたという思いが今も強く残っているのです。
    テレビ番組で謝罪したときも、リーダーは中居なのに、木村が中心に立っていた。
    そうしたことがわだかまりになっており、今でも親しいスタッフには『木村だけは許さない』ということを漏らしているそうです。
    木村もそれを感じています」と、このベテラン芸能リポーターが続ける。

    四十男たちのもつれた糸が解けるときは、いつか来るのだろうか。


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16607707/

    所長見解:まあね・・・

    【【悲報】「SMAP再結成」が不可能な深刻すぎる理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ