復活

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    安室ちゃん、お願い! 

    首里城再建へ楽曲提供を 維新県支部が県に提言 予算確保は 「県主体で」

    s


    日本維新の会 下地幹郎 首里城再建

    日本維新の会県総支部(代表・下地幹郎衆院議員)は、首里城の早期再建に向け、必要な予算を県が主体となって確保することなどを柱とする提言をまとめ、5日に都内で謝花喜一郎副知事に手渡した。

    県庁内に寄付金の取りまとめや首里城再建に向けたイベントなどを担う「首里城早期復元課」を設けることや、再建予算確保のため民間の寄付を促進する税制措置も求めた。

    国会議員や県議、市町村の首長や議員、県庁職員、市町村職員が給与の一部を寄付することなども盛り込んだ。

    また県出身の歌手・安室奈美恵さんに早期再建を願った音楽を作ってもらい、販売などを通じて予算を確保することも提言した。

    下地氏は「国のおんぶに抱っこではなく、自らやる姿勢を見せることが、今後の沖縄にとって重要だ」と提言の狙いを語った。


    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1021101.html


    下地幹郎衆院議員
    https://030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp/archives/002/201911/462a1761370a8b8ab4a874e2683d45a6.jpg
    所長見解:なんでやねん・・・

    【【名案】沖縄の政治家さん「安室ちゃん、お願い!首里城再建へ楽曲提供して」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元タレントの田代まさし容疑者(63)が東京・杉並区で覚醒剤を所持していたとして6日、現行犯逮捕された。

    今年8月23日にも、宮城・塩竈(しおがま)市の宿泊施設で覚醒剤を所持していたとして同県警に通常逮捕された。

     
    田代が覚せい剤取締法違反で逮捕されたのは今回で4度目。

    2010年に3度目の実刑判決を受け、14年7月に2度目の服役を終えてからは、薬物依存症のリハビリ施設「日本ダルク」に通ってリハビリを続けてきた。

    今年7月にはNHK・Eテレのバラエティー「バリバラ」に〈マーシー先生〉として出演し、「自分だけでなく家族にもバッシングが及び、洗濯物も干せず、日常生活を送るにも窮するほど追い詰められていた」などと赤裸々に語った。

     
    実際、田代は服役中に元夫人と離婚をしたり、有名私立高校に通っていた長男が退学するなど家族にも迷惑をかけている。

    それだけに“依存症代表”として薬物の危険性をNHKの番組で訴えたのだろうが、放送直後の逮捕によって、図らずも薬物依存の恐ろしさを身をもって示した。


    m

     
    それだけに投稿サイトでは〈もう人間終わったな〉などという厳しい意見がある一方で、

    〈やめられないのですね。気の毒です〉
    〈マーシー残念です。あんなに頑張っていたのに〉
    〈叩くのは簡単ですが、やってしまう常習性が恐ろしいです〉

    と同情的な声も目立つ。

     
    芸能界の薬物汚染を長く取材している芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏がこう言う。

    「薬物の売人は一度つかんだ顧客は決して逃がそうとしません。
    田代容疑者レベルの“上得意”ともなればなおさらです。
    依存症になった人が頑張って更生しようとしても、自宅を特定してポストに薬物を入れたり、支援者のフリをして接近し、ジャケットに薬物を忍ばせて誘惑するのです。
    薬物で14回逮捕された岡崎聡子などはそうやって薬物依存から抜け出せなかったと聞きます」

     
    田代は薬物地獄から抜け出すことができるのか。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000031-nkgendai-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191106-00000031-nkgendai-000-2-view.jpg

    所長見解:もうね・・・

    【【悲報】薬物の売人は一度つかんだ顧客は決して逃がそうとしません。田代まさし容疑者レベルの上得意ともなればなおさらですってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本財団パラリンピックサポートセンターを設立した同財団の笹川陽平会長(80)が20日、公式ブログで「パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたい」と呼びかけた。


    p

     
    2020年東京パラリンピックに向けて、SMAPを15年に同センターの応援団として起用。

    同11月に実施された「パラ駅伝」には5人そろって参加し、国内障がい者スポーツ大会では前例のない1万4000人以上の大観衆を集め、機運醸成に貢献した。

     
    笹川氏はこれまでブログで、16年のSMAP解散後に独立した「新しい地図」3人のテレビ出演が激減したことについて、東京パラを成功させるという観点から「早期のテレビ復帰を望む」などとブログで主張してきた。

     
    この日の投稿でも改めて「パラリンピック東京大会を何としても成功させたい」と強調。

    「夢の実現のために怨讐(おんしゅう)を忘れ、パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたいものだ」と訴えた。

    稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の3人はスペシャルサポーターの活動を継続。

    中居正広(47)も15年当時、「(SMAPは)スポーツと音楽を融合したグループでスポーツへの関心は高い。
    これからPの部分をパラリンピックのPにしたい」と語るなど尽力する構えを見せていた。

     
    SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」が最新のオリコンシングルランキングでトップ100位入りを184週に伸ばしてロングセラー歴代1位となり脚光を集める中、笹川氏の発言はどんな広がりを見せるか注目が集まる。


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17112746/


    写真
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/5/35478_929_spnldpc-20190920-0179-001-p-0.jpg

    所長見解:無理やろ・・・

    【【朗報】SMAP再結成へ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    とんねるず・石橋貴明(57)が17日、自身のインスタグラムを更新し、新ユニット「B Pressure」を結成することを発表した。


    t

     
    石橋は「新ユニット“B Pressure”出来たよ!」とコメント。

    フジテレビ系人気バラエティー「とんねるずのみなさんのおかげでした」のスタッフで結成した11人の人気ユニット「野猿」のメンバーだったTeru(平山晃哉氏)、Kan(神波憲人氏)と並んだアーティスト写真を公開した。

     
    ユニットの公式サイトもこの日オープンし、「野猿」の楽曲を手がけた作曲家・後藤次利氏が音楽プロデューサーを務めることも発表。

    また、10月28、29日に大阪のライブハウス「ROCK TOWN」で「サビ落とし」と銘打ったお披露目ライブを行い、11日1日に初シングル「Freeze」発売することも報告した。

     
    石橋は最近のインスタで2人と談笑する写真やレコーディング風景をアップし、ファンから「野猿復活!?」と反響を呼んでいた。


    今回の発表を受け

    「いやーーー!!!待ってました!!」

    「マジですか!?楽しみです!!」

    「めっちゃ嬉しい」

    など歓喜と驚きの声が集まっている。


    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000047-sph-ent


    伝説の完全撤収から18年の時を越えこの3人が集まった。
    その名は『B Pressure』(ビープレッシャー)
    抜群のプロデュース力『Taka』(タカ)
    類まれな歌唱力『Teru』(テル)
    アイドル性No1『Kan』(カン)
    Music Producerにはもちろん野猿の楽曲全作曲の『後藤次利』

    B Pressure
    https://fannect.jp/bpressure/
    所長見解:懐かしいな・・・

    【【とんねるず】石橋貴明、野猿メンバーと無茶をする模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    反社会的勢力の宴席での闇営業が問題となった、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が5日に連続ツイートで復活を印象づけたツイッター投稿が、再び休止状態となっている。


    m


    宮迫は今月4日に神奈川県茅ヶ崎市で行われたイベントで、振り込め詐欺防止の啓発チラシを配布。

    5日も岡山でボランティア活動を行っていたもようで、同日に新幹線の車内で撮影したとみられる写真を投稿。

    「帰り際にお土産がついていました。生きてらっしゃいました。クマゼミさんですかね」と、右肩にセミが乗っている写真を公開するなど連続投稿で、休止していたツイッターを再開した。


    同日の2件の投稿には計1万件以上のコメントがつき、応援と批判の賛否コメントが猛烈な勢いで集まっていた。


    日常の話題をツイートする“通常運転”に戻るともみられたが、その後は約10日間、再び新規投稿がない状態が続いている。


    宮迫は今回の問題が発覚した後の6月7日と同12日に問題を釈明した投稿を最後に、約1カ月半、投稿を休止。

    吉本興業に契約解消された後に、田村亮と会見を開いた7月20日に会見をツイッターでライブ配信。

    その後、5日に新幹線のセミの話をツイートした。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16926276/

    所長見解:もうね・・・
    【【闇芸人】宮迫博之さん、ツイッター復活した結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ