ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    復活

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本財団パラリンピックサポートセンターを設立した同財団の笹川陽平会長(80)が20日、公式ブログで「パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたい」と呼びかけた。


    p

     
    2020年東京パラリンピックに向けて、SMAPを15年に同センターの応援団として起用。

    同11月に実施された「パラ駅伝」には5人そろって参加し、国内障がい者スポーツ大会では前例のない1万4000人以上の大観衆を集め、機運醸成に貢献した。

     
    笹川氏はこれまでブログで、16年のSMAP解散後に独立した「新しい地図」3人のテレビ出演が激減したことについて、東京パラを成功させるという観点から「早期のテレビ復帰を望む」などとブログで主張してきた。

     
    この日の投稿でも改めて「パラリンピック東京大会を何としても成功させたい」と強調。

    「夢の実現のために怨讐(おんしゅう)を忘れ、パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたいものだ」と訴えた。

    稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の3人はスペシャルサポーターの活動を継続。

    中居正広(47)も15年当時、「(SMAPは)スポーツと音楽を融合したグループでスポーツへの関心は高い。
    これからPの部分をパラリンピックのPにしたい」と語るなど尽力する構えを見せていた。

     
    SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」が最新のオリコンシングルランキングでトップ100位入りを184週に伸ばしてロングセラー歴代1位となり脚光を集める中、笹川氏の発言はどんな広がりを見せるか注目が集まる。


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17112746/


    写真
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/5/35478_929_spnldpc-20190920-0179-001-p-0.jpg

    所長見解:無理やろ・・・

    【【朗報】SMAP再結成へ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    とんねるず・石橋貴明(57)が17日、自身のインスタグラムを更新し、新ユニット「B Pressure」を結成することを発表した。


    t

     
    石橋は「新ユニット“B Pressure”出来たよ!」とコメント。

    フジテレビ系人気バラエティー「とんねるずのみなさんのおかげでした」のスタッフで結成した11人の人気ユニット「野猿」のメンバーだったTeru(平山晃哉氏)、Kan(神波憲人氏)と並んだアーティスト写真を公開した。

     
    ユニットの公式サイトもこの日オープンし、「野猿」の楽曲を手がけた作曲家・後藤次利氏が音楽プロデューサーを務めることも発表。

    また、10月28、29日に大阪のライブハウス「ROCK TOWN」で「サビ落とし」と銘打ったお披露目ライブを行い、11日1日に初シングル「Freeze」発売することも報告した。

     
    石橋は最近のインスタで2人と談笑する写真やレコーディング風景をアップし、ファンから「野猿復活!?」と反響を呼んでいた。


    今回の発表を受け

    「いやーーー!!!待ってました!!」

    「マジですか!?楽しみです!!」

    「めっちゃ嬉しい」

    など歓喜と驚きの声が集まっている。


    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000047-sph-ent


    伝説の完全撤収から18年の時を越えこの3人が集まった。
    その名は『B Pressure』(ビープレッシャー)
    抜群のプロデュース力『Taka』(タカ)
    類まれな歌唱力『Teru』(テル)
    アイドル性No1『Kan』(カン)
    Music Producerにはもちろん野猿の楽曲全作曲の『後藤次利』

    B Pressure
    https://fannect.jp/bpressure/
    所長見解:懐かしいな・・・

    【【とんねるず】石橋貴明、野猿メンバーと無茶をする模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    反社会的勢力の宴席での闇営業が問題となった、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が5日に連続ツイートで復活を印象づけたツイッター投稿が、再び休止状態となっている。


    m


    宮迫は今月4日に神奈川県茅ヶ崎市で行われたイベントで、振り込め詐欺防止の啓発チラシを配布。

    5日も岡山でボランティア活動を行っていたもようで、同日に新幹線の車内で撮影したとみられる写真を投稿。

    「帰り際にお土産がついていました。生きてらっしゃいました。クマゼミさんですかね」と、右肩にセミが乗っている写真を公開するなど連続投稿で、休止していたツイッターを再開した。


    同日の2件の投稿には計1万件以上のコメントがつき、応援と批判の賛否コメントが猛烈な勢いで集まっていた。


    日常の話題をツイートする“通常運転”に戻るともみられたが、その後は約10日間、再び新規投稿がない状態が続いている。


    宮迫は今回の問題が発覚した後の6月7日と同12日に問題を釈明した投稿を最後に、約1カ月半、投稿を休止。

    吉本興業に契約解消された後に、田村亮と会見を開いた7月20日に会見をツイッターでライブ配信。

    その後、5日に新幹線のセミの話をツイートした。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16926276/

    所長見解:もうね・・・
    【【闇芸人】宮迫博之さん、ツイッター復活した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    田代まさしの露出が増えている。

    先日にはNHKの『バリバラ』に登場し、薬物依存の恐ろしさを語った。

    逮捕のたびにクスリをやめようと思うも、いざ刑務所に入ると「またやりてぇ」といった欲望が沸き上がってくるといった正直な思いも吐露している。

    元タレントとして、話にユーモアを交えながら紹介するエピソードは説得力があるといえるだろう。

    t


    田代は、鈴木雅之らと結成したシャネルズ(ラッツ&スターに改名)のメンバーとしてデビューし、その後、バラエティ番組にコメディアンとして登場するようになる。

    特に、志村けんに気に入られ、『バカ殿』シリーズ(フジテレビ系)などに出演していた。

    小道具を使ったダジャレの帝王としても知られた。

    しかし2000年に、都内の私鉄駅で女性のスカートの中を盗撮しようとして書類送検される。

    この時は「ミニにタコ」というお得意のダジャレで切り抜けようとしたが、バッシングを浴びてしまう。

    芸能活動に復帰するも、風呂場をのぞいたとして2001年に逮捕され、その後の捜査で自宅から覚せい剤が見つかる。

    そこから4度の逮捕と2度の懲役を経験している。


    そもそも、田代が薬物に手を染めてしまったのには、どういった理由があるのか。

    「田代といえば、“マーシー”の愛称で知られ、サングラスがトレードマークでした。
    これはミュージシャンとして格好付けていたわけではなく、実は極度のあがり症で目が泳ぐために、サングラスでごまかしていたようですね。
    数々の番組に出演していましたが、常に緊張で手が震えるほどだったそうです。
    また彼自身が、酒が一滴も飲めない体質であるため、飲んで騒ぐといった部分でストレスを発散できなかったことも、薬物に手を染めてしまった原因だと言えるでしょう。
    さらに有名人であったため、シャバに放たれるたびに売人が近寄ってきたそうです。
    まさに苦悩の連続なのです」(芸能関係者)

    もちろん薬物に手を出すことは絶対にあってはならないが、彼なりに切実な事情もあったのかもしれない。

    それゆえに、その痛みや苦しみをテレビなどで広く周知していくことは、それなりの意味を持ちそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16772562/

    所長見解:もうあかんで・・・
    【【完全復活】田代まさしが薬物に手を染めた意外な理由がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「元メンバーの3人が、YUKIさんに会うことすらできないと話していますが?」

    直撃取材に、少し驚いた様子を見せた元『JUDY AND MARY』のボーカル・YUKI。

    元メンバーたちが望んでいるという“再結成”について、彼女自身はどう思っているのだろうか─。

    y


    『週刊女性』がYUKIを直撃した数日前の6月30日。

    東京・代官山のライブハウスで《今だから語ってしまおうトークJAM》というイベントが開催されていた。

    「'01年に“ジュディマリ”が解散してから初めて元メンバーが語るイベントというので、150枚のチケットは即完売。
    ベースの恩田快人さんとドラムの五十嵐公太さんが、ファンの質問に答えるというイベントでした。
    開始30分ほどして、客席の後ろからギターのTAKUYAさんも現れて。
    サプライズゲストの登場に、悲鳴のような大歓声が上がりましたよ」(音楽ライター)

    ファンの中には歓喜のあまり、泣きだす人の姿も。

    「元メンバーが3人そろったということはファンにとってジュディマリ再結成を期待させる“大事件”なんです。
    何度も再結成のウワサが流れては消えているので、待ちきれないという思いなんでしょう」(同・音楽ライター)

    '13年に『週刊女性』が実施した《女性1000人に聞いた 再結成してほしいアーティスト》というアンケート企画では、チェッカーズを抑えてジュディマリが1位を獲得している。


    YUKIが圧力をかけて止めている

    TAKUYAは、'93年のデビュー直後の貴重なビデオを流しながら、当時の思い出話を披露し、ファンの質問にも答えた。


    ─ジュディマリをもう1度やりたいですか?

    「もう無理だと思いますね……。トシだから。
    昔のビデオを見て、もう走れないもんって思った(笑)」


    ─CDはリマスター(最新のデジタル技術で音質調整)して発売しない?

    「(当時の所属事務所でCD発売元の)ソニーに言っているんですけど、進んでいなくて。止めているのは、YUKIなんで。
    YUKIがソロ活動において、ジュディマリが(再び)出てくると(ソロ活動が)薄らぐらしく、YUKIが圧力かけて止めているから。
    俺らに言わないで、YUKIに言ってよ。
    俺は出そうって言っているんで」


    ─今後、発売の可能性は?

    「だから、YUKIに聞いて。
    ソニーの人は全員、YUKIを恐れているワケよ。
    解散後、俺はソニーの仕事はしていない。
    ソニーは、俺に依頼したら怖いと。
    YUKIさんが怒ったらどうしようって……」


    TAKUYAは冗談めかしながらも、当時のジュディマリには戻れないと言う。

    「みなさんでリクエストしてください。
    YUKIさんのほうにも。
    たまには同窓会しませんか? ってね」

    と、恩田は続けた。


    トークイベント終了後に、五十嵐を直撃した。


    ─ファンは再結成を望んでいるようですが?

    「今でもジュディマリがみなさんの記憶に残っているということは、うれしいですし、ありがたいですね」


    ─解散の原因は、TAKUYAさんと恩田さんの対立とも言われていましたが?

    「TAKUYAも恩田も、何もわだかまりがないから来てくれた。
    これが、すべて。
    このイベント以前にも3人でしょっちゅう会っていますよ」


    ─YUKIさんとTAKUYAさんが、過去に交際していたことを今も引きずっていることはない?

    「今は関係ないよ。ふたりとも大人だからさ」


    ─YUKIさんの夫であるミュージシャンの倉持陽一さんも、再結成を許可してくれますかね?

    「みんな大人だから、昔のことは気にしないですよ」


    ─あとはYUKIさんの決断を待つだけですか?

    「実は、ソニーには2度連絡して、YUKIに会いたいと伝えました。
    しかし毎回、折り返すと言われたまま、連絡はありません。
    彼女のコンサート会場に恩田と行って会いたいと言っても、楽屋に入ることすら許されません」


    ─みんな再結成したい?

    「3人の気持ちは同じ。
    でも、再結成以前にちゃんと4人で会って、久しぶりに語り合いたい。
    でも、誰かが“壁”を作っている。
    YUKI自身は、僕ら3人と同じ気持ちであると信じています」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00015575-jprime-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00015575-jprime-ent&p=2


    昨年引っ越した自宅で夫の倉持陽一と男児2人と暮らすYUKI。私生活は、ほぼ明かさない

    画像①

    所長見解:そらな・・・
    【【JUDY AND MARY】元ジュディマリ・YUKIさん、 再結成望む元メンバー3人と不仲説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ