ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:復活

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ASKA(60)をインタビューした。
    1979年のデビュー以来、スポーツ紙の単独インタビューを受けるのは初めてという。
    覚醒剤事件のことやプライベートについてどこまで聞かれるか不安はあったと思うが、冒頭からサッカーW杯の話題で盛り上がり、表情は緩みっぱなし。
    事件や私生活のことを自分から切り出すなど、全てをさらけ出してくれた印象だった。

    r


    音楽の話題は熱が入った。
    高音質の「ハイレゾ音源」を普及しようと、昨年10月に立ち上げたのが音楽配信サイト「Weare(ウィアー)」。
    一般的に1曲500円以上するハイレゾ音源を、安価な280円で配信することで広めようとしているが、狙いはこれだけではない。

    音楽の聴き方がCDから配信、配信から定額聴き放題の「ストリーミング」に移りつつある中で、アーティストへの実入りは確実に減ってきており、ASKAは「このままではアーティストが食えなくなって減っていく」と危機感を訴えた。

    「ストリーミング自体は時代が生んだものだし、否定はしない。
    聴き放題だから、リスナーがいろんなアーティストに触れることができるというメリットがある。
    でも、アーティストは全ての曲を聴き放題で発信したら、曲の製作費に見合うだけの収益が入ってこないのが実情。

    今はそれを補うためにライブのチケット代をどんどん上げているけど、近く限度が来るだろうし、全てが頭打ち。
    どうすればいいかって考えた時に“ちゃんとアーティストに還元されるべきだ”って思ってウィアーを立ち上げた」

    ウィアーでは経費などを差し引いた分をアーティストに還元するという。
    特に若いアーティストが、こだわった音作りができるような環境を整えたいという。

    ストリーミングは「宣伝のツールとして使えばいい」と進言し、こう将来を予見した。

    「リスナーはストリーミングで“この曲いいな”と思って、その曲をハイレゾ音源で聴く。
    スタジオでレコーディングしている音に近いのがハイレゾのすごさ。
    本物の音に触れられるから、リスナーがそのアーティストを見極める判断基準になる。
    アーティストは収入が増えて、次の曲もこだわって音作りができる。
    こうやっていい循環が生まれるんだ」

    さらにASKAは「これだとCDは売れなくなってCDショップはつぶれちゃうと思うでしょ?
    いやいや、CDショップは2、3倍でかくなりますよ、僕の構想の中では。
    また今度お話しします」と付け加えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000087-spnannex-ent


    所長見解:もう大丈夫なのか・・・

    【【あの人は今】ASKAが訴えた危機感・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    有村架純(25)が、“元カレ”とされ、間もなく米国留学するジャニーズの人気グループ
    『Hey!Say!JUMP』岡本圭人(25)と「復縁」する可能性が高まってきた。

    「2人をめぐっては、有村がNHK朝ドラ『あまちゃん』でブレークしていた頃の'13年8月、
    一部雑誌にキス写真や、圭人が有村を背後からハグする密着写真が流出し、熱愛が発覚した過去があるのです。

    a


    有村は関係を否定しないまま謝罪コメントを出すハメになったほど。
    2人とも人気上昇中だったこともあり、双方の事務所の圧力で“強制破局”させられた。
    それだけに、恋愛感情は残ったままと言われています」(芸能記者)

    事態が急展開したのは、6月21日発売の『週刊文春』が、近日中に岡本がグループを脱退すると報じたことがきっかけだ。

    「元『男闘呼組』岡本健一の息子である圭人は、女遊びや素行不良で知られ、今春、上智大を中退したばかり。
    結局、6月24日になって、8月をもってグループでの活動を一時休止し、2年間米ニューヨークの演劇学校に留学すると発表しました。
    脱退という形は先送りにしたようですが、グループを長期間離脱することになる。
    実はこの留学、圭人が“オレがグループを抜ければ、文句なく付き合える”と判断して有村に持ち掛けた、“復縁ありき”の覚悟とされるのです」(同)

    背景には、2人の“運命の再会”があった。
    強制破局後、国民的女優になった有村は昨年大みそかに、2年連続で『NHK紅白歌合戦』紅組司会として出場。
    そこで、初出場を遂げた『Hey!Say!JUMP』の一員・岡本と久々に会ったのだ。

    「有村と岡本は、紅白のリハーサル日の段階で、楽屋裏で密かに最新の連絡先を交換。
    その後、秘密に連絡を取り合い、復縁のタイミングを窺ってきたようなのです。
    そして今回、そのタイミングが訪れたというわけ」(スポーツ紙記者)

    とはいえ、有村も大忙し。
    5月9日には初のセルフプロデュース写真集『Clear』を発売し、今後『コーヒーが冷めないうちに』をはじめ、3本の映画出演が決まっている。

    「しかし、岡本は8月頃から渡米するため、有村が数日の休暇を取れば、NYやハワイなどで合流することは十分可能です。
    2人とも有名すぎるために国内での密会は無理。
    だからこそ海外で“密会復縁”し交際を再開するんじゃないかと、業界内ではもっぱらの噂です」(芸能プロ幹部)

    有村は近年、恋をする暇がないほど、仕事に追われる日々を送ってきた。
    「仕事が忙しすぎて“もう辞めたい”とこぼすような状態だった有村が、'13年以降思い続けていた岡本と海外で復縁したら、燃え上がるのは確実。
    それどころか電撃ゴールインもありますよ。
    有村は最近、周囲に“早く結婚したい”とこぼしていますから、できちゃった婚に暴走する可能性もありえますよ」(同)

    https://npn.co.jp/article/detail/64287489/


    所長見解:ええやん・・・

    【【復活愛】有村架純、 ジャニーズの元カレと密会復縁の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手鈴木亜美(36)が「ジューシーヨガフェイスプロジェクト」のスペシャルサポーターに就任し、10日、都内でイベントに出席した。

    常にきゅっと上がった口元、みずみずしい表情を保つ「ジューシーヨガ」を考案した、ヨガ講師の城所恵美氏に指導を受けながら、参加者20人とヨガを行って「ほっぺたが上がったような感じがします」と笑顔を見せた。

    最近はテレビ番組にも「激辛キャラ」として引っ張りだこ。
    この日も「唐辛子など辛いものは、私にしたら、めちゃくちゃ“ジューシー”。
    食べているだけで楽しくなって、キラキラする。
    カプサイシンは発汗作用もよくて、冷え性なくなったし、体の中がガーって熱くなるの感じます。
    皆さんはほどほどにしてくださいね」。

    小学生の頃から辛いものが好きで、「辛いに強いのは、これまで自分では気付いてなかったんです。意外な才能があって驚いてます」。
    自宅では、みそ汁一杯に一味唐辛子を1本使うことを明かして取材陣をどん引きさせたが、本人は「すごい健康ですよ」とドヤ顔。
    「私の体の98%は、カプサイシンでできているかもしれませんね」と話して、笑いを誘っていた。

    s


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00263961-nksports-ent


    所長見解:無理すんな・・・

    【【アミーゴ】鈴木亜美が激辛キャラになった結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    これまでジャニーズ事務所を辞めたタレントは、一部の例外を除いて、地上波のテレビ番組などに出演するなどの活躍は難しくなり、芸能界を干された状態に追いやられるケースもあるといわれてきた。

    しかし、時代は変わりつつある。
    元SMAPメンバーで昨年9月に退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾は、元マネージャーで元ジャニーズ事務所役員の飯島三智氏が設立したCULENに所属し、ジャニーズではタブーだったSNSも活用し、意欲的な活動を継続している。
    2012年に事務所に結婚を事後報告するというタブーを犯し、14年に退所した元KAT-TUNの赤西仁も、その後を危惧する声も多かったが、個人のレーベルでユニバーサルミュージックジャパンと業務提携し、アジアを中心に人気は健在。
    自身が注力したかったアーティスト活動に邁進している。

    こうした状況に後押しされたのか、今年4月、関ジャニ∞の渋谷すばるが年内いっぱいで退所することが発表され、会見でジャニーズ内での憧れの先輩について聞かれると「いたら辞めてないと思います」と言い放ったことも話題になった。

    テレビ局関係者は語る。

    「確かに、みなさんそれぞれのやり方でうまく活動していますが、結局のところは、ジャニーズと敵対関係にならないように活動しています。
    昔と違い、今はメディアの多様化が顕著ですから、その分、活動する場が広がったというだけです。
    老若男女の知名度を獲得するには、やはり地上波への露出が決め手。
    実際、元SMAPの3人にしても、地上波のレギュラーが残っているのは稲垣の『ゴロウ・デラックス』(TBS系)だけです」

    そんななかで、ジャニーズ事務所退所後も周囲の援護を受けて、うまく地上波でも活動しているのが元KAT-TUNの田口淳之介だ。
    赤西の退所の2年後に退所。
    当初は長年交際していた女優の小嶺麗奈との結婚が噂され、個人事務所を立ち上げインディーズでソロデビューしたが、今は赤西と同じくユニバーサルミュージックジャパンと契約。もちろん、ジャニーズ時代からの固定ファンはいるが、これまでリリースしたシングル2枚、アルバム1枚は大成功というほどの売上ではなかった。

    t

    http://biz-journal.jp/i/amp/2018/07/post_23978.html 


    所長見解:がんばれ・・・

    【【元KAT-TUN】田口淳之介、上沼恵美子の寵愛を受けた結果wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1998年25万部を超える大ヒットを記録した、女優・広末涼子(37)の伝説の写真集『NO MAKE』(集英社)が、未公開カットも加えたデジタル完全版『NO MAKE』として、きょう9日から配信を開始する。

    同写真集は「広末涼子、ポケベルはじめる」「ビーチボーイズ」「MajiでKoiする5秒前」など、ドラマに、CMに、歌と90年代後半を象徴するスーパースターだった広末の10代の日々に500日間密着し、素顔を写し出した作品。
    今回のデジタル完全版では、20年の時を越えて未公開カットも加えた完全版としてデジタル配信する。

    当時を振り返り広末は「『NO MAKE』を撮影している頃は、本当に忙しかったけど、小さい頃からこの世界に入ることが夢だったから」といい「落ち込んでいる暇もないから、起きているときはずっと元気で! 気づいたら寝てる、みたいな感じでした」としみじみ。

    “ヒロスエ世代”のファンについては「最近、ありがたいことに『自分はヒロスエ世代です』って言っていただくことがあるんです。
    90年代に私を応援してくださっていた同世代の方々のことなんですけど……。
    どうしてこんなに田舎の素朴な女の子がそこまで指示いただけたのか」と話しつつ「ただ、そう言っていただけるのは、応援してくださった方々が、それぞれの立場で今、頑張られているからなんだと思います。
    だから、私も“ヒロスエ世代”の一員として(笑)これから一緒に頑張っていきたいと思ってます」とメッセージしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000380-oric-ent


    広末涼子の伝説の写真集『NO MAKE』より
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    所長見解:かわいかったよな・・・

    【【懐かしい】広末涼子、伝説の写真集がコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ