ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    復活

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ベッキー・川谷絵音の「ゲス不倫」騒動から、まる4年が過ぎた。

    スクープしたのは16年1月7日発売の「週刊文春」だが、それを察知したベッキーが前日に記者会見で「お付き合いということはなく、友人関係」と弁明。

    しかし、翌週の同誌には川谷の妻のインタビューが載り、さらにその翌週号であのLINEのやりとりが公開された。


    ベッキー「友達で押し通す予定! 笑」

    川谷「逆に堂々とできるキッカケになるかも」

    ベッキー「 私はそう思ってるよ!」

    川谷「ありがとう文春!」

    ベッキー「センテンス スプリング!」

     
    会見前日に交わされていたこの会話が致命的なイメージダウンをもたらし、ベッキーは翌月から休業。

    ふたりは破局する。

    また、川谷は離婚を経て、同年10月、未成年タレントとの飲酒デート発覚により活動を休止した。


    b

     
    とはいえ、4年も過ぎればある程度ほとぼりも冷める。

    この年末年始はテレビで、ふたりの姿をちょくちょく見かけた。

     
    まず、川谷はゴーストライター騒動の新垣隆らと組んでいるバンド・ジェニーハイとして「FNS歌謡祭」第2夜(12月11日)などに登場。

    さらに、役者業にも挑戦して「ドクターX~外科医・大門未知子」9話(12月12日)にゲスト出演した。

    米津玄師と川谷自身をモデルにしたような人気ミュージシャンで、痔の患者でもあるマヌケな役だ。

    「週刊誌とかに入院してるとこ撮られたら、すっげえ嫌なんですけど」などと自虐的な台詞を言わされていた。

     
    一方、ベッキーは1月4日の夜「クイズ! ドレミファドン! 2020」と連ドラ「悪魔の弁護人 御子柴礼司」(これはレギュラー)に出演。

    翌朝のNHK「あなたも挑戦しませんか 新絶景タイムスケイプ」ではサブMCを務め、この10数時間についてはまるで全盛期のような露出ぶりだった。

    昨年11月には、騒動によって発生したCM違約金5億円を自腹で返済していたことも報じられたし、同年1月にプロ野球・巨人の片岡治大コーチと結婚して今春には子供も生まれる予定だ。

     
    しかし、これでめでたしめでたしとはいかないところがこの騒動のややこしさである。

    川谷もそうだが、ベッキーがテレビに出ると必ず一定数のアンチの声がツイッターなどで沸きあがる。

    「ドレミファドン」でも、象徴的なシーンがあった。

    イントロクイズでB'zの「ultra soul」が流れた際、他のゲストに正解されてしまい、こう悔しがったのだ。

    「(現役時代の)登場曲なんですよ、旦那さんの。
    当てたかったぁ。
    (片岡にひとことと言われ)ごめーんね!」

     
    これに対し、ネットでは「何が旦那だよ」「川谷の元嫁と同じ苦しみを味わえよ」といったツッコミがもはや条件反射のように入れられていた。

     
    これならいっそ、川谷の曲(ゲスの極み乙女。の「私以外私じゃないの」とか)が出題されて、彼女が答えるかどうか、などといういじり方をされたほうが、ネタとして消化できるかもしれない。

    ただ、彼女サイドがNGなのか、テレビ局が忖度したのか、川谷の曲は一度も流れることはなかった。

    とまあ、この番組に限らず、不倫騒動以降のベッキーは何かともやもやさせる存在なのだ。

     
    それもこれも、あの騒動のインパクトが大きすぎたからだ。

    「ゲス不倫」「ゲスノート」「ゲスの呪い」といった、キャッチーなワードと展開の数々。

    そして、ここから「文春砲」の進撃が始まり、数多の有名人が不倫の名のもとに公開処刑された。

    いわば、歴史を作った騒動であり、世間に忘れろといっても無理な話なのである。

     
    そういえば、騒動の前の年だったか「世界の果てまでイッテQ!」でベッキーが自分には代表作がないという悩みを語り、デヴィ夫人に「あなた、眼鏡のCMがあるじゃないの」と慰められたりしていた。

    幸か不幸か、今では「ゲス不倫」という代表作ができてしまったわけだ。


    続き
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200112-00011116-besttimes-ent

    所長見解:まあな・・・
    【【ゲス不倫】ベッキーは許された説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    6年連続の「視聴率3冠王」に沸く日本テレビが、元SMAPの「新しい地図」の稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の“囲い込み”に動き始めた。  

    地上波番組復帰となった大みそかの特番で大きな爪痕を残した3人に対し、なんとこの4月から、地上波ゴールデン&プライム帯のレギュラー番組を立ち上げ、すでに出演交渉もスタート、詰めの話し合いをしているという。


    t

     
    3人のレギュラー起用については、各テレビ局によるジャニーズ事務所への忖度により、地上波での活躍の場は皆無に等しかった。

     
    それが昨年、潮目が変わった。

    本紙既報通り、公正取引委員会が芸能事務所を退所したタレントの活動を一定期間禁止する契約は、独禁法違反に当たるとの見解を11月にまとめた。

     
    事務所が強い立場を利用した契約は、独禁法の「優越的地位の乱用」にあたり、悪質な場合は行政処分に踏み切る。

    これまでは一定の範囲では認められていたが、今後は原則禁止。

    公取委は業界団体を通じて各事務所に通知するとした。

     
    そして、日テレが動きだしたのは、それだけが理由ではなかった。

    「実際にこの3人を起用することに対して、やはりジャニーズ事務所に忖度する声が、日テレ内の編成や制作局のジャニーズ担当プロデューサーから多数出ていたんです。
    でも、そんな声も今では一蹴され、3人を起用することに対し、異議を唱える関係者は誰もいません」と明かすのは、ある事情通だ。

     
    状況を一変させたのは昨年大みそかに放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日スペシャル! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」だった。

    第1部の平均視聴率が16・2%、第2部が14・6%と、同時間帯の民放番組で堂々のトップ視聴率を叩き出したのだ(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    これによって、日テレ内のジャニーズに近い一派も何も言えなくなったわけだ。

    「昨年のNHK紅白歌合戦の第2部がワーストを記録したのは、間違いなく“ガキの使い”が予想以上の視聴率を取ったからに他なりません」(制作関係者)

     
    そして、その立役者と言われているのが、サプライズゲスト枠で出演した元SMAPの3人だ。

    本紙既報通り、その内容はジャニーズ時代では考えられないものだった。

     
    草なぎは話題の「全裸監督」の村西とおる監督役に扮し、パンツ一丁でカメラを持って登場。

    続いて登場した香取は生徒指導役の教師に扮して短髪のカツラをかぶり、超ミニスカートでのパンチラを披露。

    稲垣はお笑いコンビ「どぶろっく」とコラボし“大きなイチモツをください”を熱唱した。

     
    それだけではない。

    草なぎは数年前の泥酔全裸事件をイジられると、松本に中居正広と自分のどちらが好きかと迫った。

    NHK大河ドラマ「新選組!」で主演まで務めた香取が、パンチラをさらしたのも驚きだが、クールな二枚目イメージ稲垣の「イチモツ」連呼と、股間を巨大に膨らませるシーンにはファンもあぜんぼうぜんものだった。

    しかも、今回のこの企画は全て3人の発案だったというから2度ビックリだ。

    「昨年、3人は構成会議に出席するため、変装して日テレに来ていたそうです。
    ダウンタウン、月亭方正、ココリコの5人を笑わせるためにどうしたらいいのか? 
    過去の全シリーズを丹念に見直し、行き着いたテーマがこの下ネタだった。
    言い出しっぺは草なぎで『自分がパンイチで村西監督をやる』と言いだした。
    当初は引き気味だった香取と稲垣も『よし、やろう。今さら失うものはないよね』と腹をくくったんです。
    そして歴史に残るあのパフォーマンスとなった」(同事情通)

     
    この3人の覚悟と行動力に日テレの上層部もすっかり感心させられたという。

    こうなれば4月の新レギュラー番組の話も、トントン拍子で進んだことは想像に難くない。

     
    番組のタイトルも気になるが、いったいどんな内容になるのか、ファンならずとも大注目だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000003-tospoweb-ent

    所長見解:よかったやん・・・


    【【四月新番組】元SMAP・3人が地上波レギュラー復活の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    草なぎ剛さんとユースケ・サンタマリアさんが出演する新番組「なぎスケ!」の第5話に“乱入”したお笑いタレントの江頭2:50さん


    p


    草なぎ剛さんとユースケ・サンタマリアさんが出演する新番組「なぎスケ!」(Amazon Prime Video)の第2~5話の予告編が公開され、お笑いタレントの江頭2:50さんが第5話に出演することが12月17日、分かった。

    草なぎさんとユースケさんがMCを務め、約20年続いた人気番組「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)でもおなじみの江頭さんは、草なぎさんから「昔の番組と間違っているんじゃないですか!?」とあしらわれると、「今日は張り切らないとダメなんだよ!」と必死に爪痕を残そうとしていたという。

     
    「なぎスケ!」は、草なぎさんとユースケさんが大人の趣味を増やすべく、2人でさまざまな企画にチャレンジ。

    毎回豪華なゲストを招き、ゲストのハマッている趣味や興味があることに一緒に挑戦しながら、“夢中になれる何か”を求めていく……という内容。

    12月19日正午からAmazonの動画配信サービス「Amazon Prime Video」で独占配信される。

    毎週木曜更新。全52話を予定。初回は第1~5話まで一挙配信。

     
    第2~3話には俳優の酒井敏也さんがゲスト出演し、自称「クレーンゲームの天才」と豪語する酒井さんと、草なぎさんとユースケさんの“なぎスケ”コンビが、クレーンゲーム対決を繰り広げる。

     
    第4~5話には木下ほうかさんがゲスト出演し、進行役としてお笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤さんも出演。

    サバイバルゲームにチャレンジする。

    想像以上の運動量に、“なぎスケ”コンビと木下さんの“アラフィフ”3人が、汗だくになりながら、撃って、走って、謎解きに頭を抱える姿や、敵の猛攻撃に身も心もボロボロになる様子が描かれる。


    https://mantan-web.jp/article/20191216dog00m200045000c.html

    所長見解:これは見る・・・

    【【朗報】草なぎ剛とユースケの新番組にやっぱりあの男が乱入ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日が深夜に放送している『お願い!ランキング』(月~木 深0:50~1:20)の年末スペシャルが決定。

    23日(後11:35~深0:35※一部地域を除く)に放送される『お願い!ランキングSP』では、番組が生んだ人気企画「美食アカデミー」が復活し、スタート当初から同企画をけん引してきた川越達也シェフが3年の沈黙を破って出演。

    この3年間何していたのか? 

    復帰の理由も明かす。

    k


    「美食アカデミー」は、「企業やお店が日々研究・開発している商品やメニューは本当に美味しいのか?」を、美食家たちがそれらの商品の味や見た目、コスパなどを忖度なしでジャッジし、10点満点で採点。

    “本当に美味しい順ランキング”を作成する企画コーナー。

     
    2009年10月にスタートして以来、数々の大手企業や有名チェーン店の商品・メニューをランク付けし、そのお店の売り上げにも大きな影響が及んだ名物企画が3年ぶりに復活。

    3年ぶりに審査員として川越シェフが帰ってくることになったのだ。

     
    自身にとって「美食アカデミー」、そして『お願い!ランキング』は「皆さんに認知してもらった番組」と川越。

    3年ぶりとなる出演はやはり緊張したそうで、「最初の立ち上がり、食べたときの感想など、どんな感じでしゃべっていたかな」と思い出しながら収録は進んでいったという。

     
    「当時はけっこうな頻度で呼んでいただいていたので慣れもありましたが、3年も空くと言葉選びも慎重になりました」と久々の収録を振り返りつつ、「でもシェフという立場ではあるので、商品の良さや、逆に“これはちょっとどうかな”というところは明確にお伝えできるように頑張りました」と手応えを語った。

     
    そんな川越を、今回MCとして迎えたのがアンジャッシュ・渡部建。

    同じく『お願い!ランキング』スタート当初、数々の人気コーナーに出演してきた渡部も感慨ひとしお。

    「3年のブランクがありますがコメント力は大丈夫ですか?」と、愛のあるツッコミも飛び出した。

     
    川越は「現在、長野に住みながら子育てをしつつ、たまにシェフを…。
    このたびレストランのプロデュースを始めました。
    そういった事業も約3年ぶりです」と近況を明かす。

    「3年間は長いようで短かったのですが、腕も舌も落ちていなければいいなあ、と思っています(笑)。
    歳をとると好みも多少変わりますし、生活も変われば好き嫌いなども変化します。
    この3年間は充電期間だったと思っていただければありがたい」と自身にエンジンをかけていた。

     
    今回、審査するのは、大手コンビニエンスチェーンの「2019絶対の自信を持つオススメ商品10品」。

    過去に何度も「美食アカデミー」に登場し、実は川越が最後に出演した回でも審査をしていたこのコンビニチェーンがオススメ商品10品を手に満を持して登場する。

    審査員は、川越のほかに、ショコラティエの斉藤美穂、パティシエの向井聡美。

     
    2019年の大ヒット商品となった「バスチー」の新作「スノーバスチー」、“映える”カップ型スイーツの「CUPKEダブルモンブラン」といったスイーツや、ビーフエキスやトマト、香草などでコクを出した「ビーフの旨味カレーパン」、3月に発売された「フランスパンのフレンチトースト」、北京飯店監修の「酢豚まん」、そして定番商品「からあげクン」の新作「超からあげクン 明太マヨネーズ味」などこん身の商品が続々。

    果たして美食家たちは、どんな商品に高評価を与え、どのような商品に辛口採点を下すのか。

     
    川越は「こういうことを長くやらせてもらっていたなぁ、とかみしめながら10品を堪能しました。
    『あいつ、ブランクあったな』と思われないよう頑張りましたし、皆さんも今回の『美食アカデミー』をご覧になって商品の参考にしていただけたら幸いです」と、コメント。

    川越シェフの辛らつかつストレートな意見や「川越スマイル」に注目だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00000322-oric-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20191217-00000322-oric-000-4-view.jpg

    所長見解:古市やん・・・

    【【朗報】川越達也シェフ、3年の沈黙を破り復活ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月に解散したアイドルグループ「つりビット」のメンバーだった安藤咲桜が、16日発売の「週刊プレイボーイ」52号に登場した。

    グループの解散から約8ヶ月、充電期間を経て久々の登場となった安藤。

    女子大生になり、ちょっぴり大人になった姿を披露している。


    表紙は石田桃香
    なお、今号の表紙は石田桃香。ほか、小貫莉奈、舞子、福岡みなみ、花咲れあらが誌面を飾る。

    http://mdpr.jp/news/detail/1913416

    「週刊プレイボーイ」52号 安藤咲桜

    画像①

    画像②

    表紙 石田桃香

    画像③


    元「つりビット」安藤咲桜

    画像④

    画像⑤

    画像⑥



    「つりビット」

    no title

    所長見解:ええやん・・・

    【【検証画像】“さくちん”が大人になってカムバックってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ