復活

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日清食品が新商品「カップヌードル 味噌(みそ)」の販売を4月1日から全国で始める。

    カップヌードルのみそ味(通常サイズ)は過去2回発売されたが、いずれも短命だった。

    2代目は2009年に生産を終了しており、登場は約10年ぶり。

    ラーメンでは人気の味のはずだが、なぜこれほど長く世に出なかったのだろう。

    今回は「レギュラー」「シーフード」「カレー」などに続く定番化を目指すという。

    その勝算は? 担当者に聞いた。

    n


    国際性がコンセプト 和風では攻めず

    「カップヌードルは、いわゆる『ラーメン』ではないんですよ」。

    同社でカップヌードルを担当するマーケティング部第1グループの白澤勉ブランドマネージャーは意外なことから話し始めた。

    1971年発売のカップヌードルは「国際性」をコンセプトに開発された。

    きっかけは、創業者の安藤百福氏の66年の米国訪問。

    チキンラーメンの売り込みでバイヤーに試食を勧めた安藤氏が、はしもどんぶりもなく、紙コップに入れてフォークでチキンラーメンを食べるバイヤーの姿を見て、ふと感じたことがあったという。

    「即席麺を世界食にするカギは食習慣の違い」。

    このエピソードをきっかけに開発されたカップヌードルは当初から世界を視野に入れていたという。

    商品名は世界共通語である英語の「ヌードル」。

    カップに書かれた「ヌードル」の「ド」の字だけ小さくして英語のnoodleの発音に近づけたのも、そんな思いの表れだという。

    「だから、和風味では攻めてこなかったのです」 


    https://mainichi.jp/articles/20190208/k00/00m/040/261000c

    所長見解:昔あったよな・・・

    【【新発売】日清カップヌードルの新しい味がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    草なぎ剛さんの直筆メッセージ入りで商品を展開

    ヤマサ醤油の「昆布ぽん酢」のテレビCMに草なぎ剛が戻ってくる。

    ヤマサ醤油は23日、今春の新商品及びプロモーション概要を発表した。

    発売20周年を迎える「昆布ぽん酢」は新たに500mlペットを発売、「発売以来『昆布ぽん酢』を育ててくれた草なぎ剛さんをCMキャラクターに迎える。
    草なぎさんにも気持ちよくOKをいただいた」と同社。

    CMは2月撮影の予定でオンエアは4月10日から北海道、東北、関東甲信越、中部、北陸、近畿と、広島・福岡でスポット放映。

    また2月21日発売の500mlの20周年記念ボトル(50万本限定)には草なぎさんの直筆メッセージが印刷される。

    内容は「20年間僕はずーっと昆布ぽん酢!」「20年ありがとう! 昆布ぽん酢サイコー!」「まろやかだからうまい! Thanks 20th」の3パターン。
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00010000-ssnp-bus_all

    no title


    所長見解:絵が・・・

    【【元SMAP】草なぎ剛「ヤマサ昆布ぽん酢」CMに復帰ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「世間がASKAと認知してくれている間は、ASKAとして活動ができるようしっかり音楽を作っていきたい」

    NHKの報道番組『ニュースウオッチ9』の密着取材を受けたASKAは、11月16日に放送された番組内でそう語った。

    「ASKAさんは現在、5年8か月ぶりとなるツアー中なんです。
    作品のリリースはありましたが、ツアーは覚せい剤取締法違反で逮捕されて以来初めて。
    今回はそのツアーに臨む彼の密着取材でした」(音楽誌ライター)

    c


    再結成を望むChage

    「全10公演のほとんどがソールドアウトという人気ぶりです。
    今回のツアーはもちろんソロですが、『SAY YES』など、CHAGE and ASKAのヒット曲も歌っています」(同・音楽誌ライター)

    10代から苦労をともにし後に大ヒットを、そして大騒動を起こした。

    迷惑をかけられた側のChageは今─。

    「ASKAさんの逮捕以降も、年1回ペースのライブツアー、アルバムのリリースなどチャゲアスのようなメジャーな活動ではないとはいえ、マイペースで音楽活動に励んでいますね」(同・音楽誌ライター)

    事実上は解散状態のチャゲアスだが、今回のツアーではなんとASKAがChageについて触れるひと幕も。

    「再結成についてよく聞かれるんだけど、今はお互い好きなことをやっているけど、そのときが来たら……。だから今は触れんといてぇ」

    一方のChageの心境は。

    「チャゲアスは、ひと言でいってしまうとASKAのもの。Chageは立場が弱い。
    '90年代も、ASKAさんの作った曲ばかりが売れました。
    Chageとしては、今もチャゲアスをやりたいと思っているんです。
    現状、ASKAならチャゲアスの曲をソロで歌っても盛り上がりますが、Chageがひとりで歌ってもはあまり世間に需要がない。

    そして、現状ソロでの活動を進めたいASKAにとって、チャゲアスはどうでもいいのではないでしょうか。
    また、Chageは再婚した妻で個人事務所の社長に頭が上がらないんです。
    その妻も、ビジネス的な面でチャゲアスをやってほしいはず」(音楽関係者)

    11月中旬、Chageに話を聞こうと記者が自宅前で本人を直撃したものの、話に応じることなく車で走り去って行った。

    そこで、チャゲアスの所属事務所『ロックダムアーティスツ』代表取締役の林田龍平氏に再結成について話を聞くと、

    「確かにもともとはチャゲアスのプロダクションでしたが、今は2人とも取締役を辞任し、出版、権利関係のみの会社となっております。
    よって、チャゲアス再結成について言える立場ではありません」

    ちなみに、せっかくチャゲアスの名曲を歌っているのだから、今回のツアー公演にChageも誘って……という話はなかったのか。

    ツアーを開催するビルボードクラシックスは、

    「約1年前にご出演を提案させていただきました。
    そして、ASKAさんと作品選定をはじめ、オーケストラ編曲の方向性、指揮者、オーケストラ、ホール会場などを厳選し、ツアー構想を進めました。
    ツアーの構想段階から、ASKAさんソロでオーケストラ公演を実施するというものでした」

    2人の間に、“SAY YES”が流れる日は来るのか

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181122-00013869-jprime-ent


    所長見解:見たいね・・・

    【【チャゲアス】Chage「再結成がしたい」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「とんねるず」の木梨憲武(56)が2日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)に出演し、とんねるずの復活コンサートへの計画を明かした。

    t


    番組では木梨に密着しその素顔を特集。
    10月13日に放送されたTBSラジオ「土曜朝6時木梨の会。」(土曜・前6時)でとんねるずでのコンサート計画を明かしたが今回、改めて聞かれると「もちろん、もちろん。ただやればいいってものじゃなくて」と意欲を示し「でもライブが近いんじゃないのって話はしましたけど。武道館とかでできたら、将来の目標としてはうれしいなと思います」と明かした。

    さらに「こう見えても、ベストテンとかトップテンとか出ているんだから。そういう曲があるんだから。野猿もあれば、矢島美容室もあるから、知り合いの人も含めてお客さんも同窓会のムードも出ながら、とんねるずの会みたいな感じですね。もし現実になったらね」と計画を披露していた。


    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181102-OHT1T50092.html 


    所長見解:解散してないよね・・・

    【【解散?】木梨憲武の「とんねるず」復活コンサート計画がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    人気バンド・チェッカーズの元メンバーの武内享(56)、大土井裕二(55)、藤井尚之(53)のバンド「アブラーズ」が10月24日、大阪市内で結成15周年記念ライブを行ったと一部メディアが報じた。

    記事によると、ライブには藤井フミヤ(56)がゲスト出演。
    今年は、チェッカーズのデビューから35周年という節目の年。
    4人は思い出話に花を咲かせたという。

    c


    「アブラーズはもともと武内さん、大土井さん、尚之さんに加え、04年に舌がんで亡くなったクロベエこと徳永善也さんもメンバーでした。
    チェッカーズデビュー20周年の03年から本格的に活動を行う計画でしたが、徳永さんの舌がんが発覚。
    徳永さんは志半ばで亡くなりました」(レコード会社関係者)

    24日にステージに集った4人以外のメンバーは、高杢禎彦(56)と鶴久政治(54)。
    しかしフミヤが「クロベエを送る会」の発起人から高杢と鶴久政治を外したことで、メンバーは完全にフミヤ派と高杢派に分裂。
    確執が明らかとなった。
    その件が、現在までチェッカーズが再結成されていない原因といわれている。

    「高杢さんが03年に発売した著書『チェッカーズ』(新潮社)はまるで暴露本で、そのことがフミヤさんの逆鱗に触れたといわれています。
    しかし昨年のライブ後にフミヤさんは再結成とはいかない理由として“徳永さんの不在”をあげました。
    また今年8月、高杢さんがテレビ出演。
    その際に再結成はまんざらでもない様子でしたが、『1人亡くなっていますから……それが一番キツい』と胸中を吐露しています。
    逆をいえばフミヤさんと高杢さんの2人で話し合って徳永さんの件をクリアできれば、再結成の可能性もゼロではなさそうです」(音楽業界関係者)

    35周年での再結成の話はまだ浮上していないが……。
    5年後の40周年にはぜひとも実現してほしいものだ。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15503301/
    女性自身


    所長見解:無いよね・・・

    【【確執】チェッカーズ 再結成の可能性がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ