復活

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉岡里帆のどんぎつね復活か


    y


    吉岡里帆『苦節10年』で勝ち取ったエ□カワ好感度

    “あのきつね”も復活か!?



    女優の吉岡里帆がエキストラ・デビューをしてから10年目にして、ようやくビッグチャンスをつかもうとしている。

    吉岡がヒロインを演じた映画『ハケンアニメ!』が公開から2カ月経過しているのだが、いまになって客足がジワリ、ジワリと増えているのだ。

    「鬼気迫る迫真の演技が評価されているんです。
    正直いって現在の興収は3億円前後。
    『シン・ウルトラマン』が約40億円で『流浪の月』が約6億円、『五等分の花嫁』が約18億円だということを考えたらまだまだですが、口コミでブームが広がっているんです。
    すでに上映期間の延長や新たに上映を決める劇場が出てきた。
    満席の映画館も珍しくない。
    ロングラン・ヒットになれば、30~50億円の興収が見込めます。
    勝因はアニメブームもさることながら、肌を露出して奮闘する吉岡が大ウケ。
    あの、脱ぎっぷりは大絶賛されています」(芸能プロ幹部)



    “どんぎつね”さんに再び会える!?

    そんな吉岡にさらなる朗報が飛び込んできた。

    先ごろ放送されたスペシャルドラマ『監察の一条さん』(テレビ朝日、6月29日OA)にレギュラー化の話が持ち上がっているという。

    しかも、間もなく打ち切りが噂されるドラマ『相棒』の後継作品として、大きな注目を集めているのだ。


    「『監察の一条さん』はキャリアの吉岡とノンキャリアだが切れ者の吉田鋼太郎の監察係コンビが事件をコミカルテイストに解決していく警察ミステリー。
    キャリアとノンキャリ、さらに若い女性とおじさんの構図が『相棒』に似ているんです。
    唯一、違うのはシリアスではなくコミカライズされていること。
    平均視聴率が7.9%と日本テレビの『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(11.3%)に次ぐ2位だった。
    テレ朝の評価はすこぶる高い」(関係者)



    もう1つ、吉岡人気のきっかけを作った『日清食品』のCM〝どん兵衛・どんぎつね〟への復帰が囁かれているのだ。

    CMはシンガーソングライターで俳優の星野源が演じる〝どん兵衛を食べる男〟と、かわいらしい〝どんぎつね〟に扮した吉岡のコミカルなやり取りが話題を呼んだ。


    「〝どんぎつね〟は5月に契約満了により、終了しました。
    しかし、あまりにも視聴者の評判が良かったため急きょ、継続が決まったんです。
    そもそも、吉岡はCM好感度ランキングで常に上位にランキングし、CMタレントとして芸能界で10指に入る売れっ子。
    CM本数も10本以上に出演している。
    ちなみに、〝どんぎつね〟のCM出演料は1本当たり推定3000万円。
    今回の復帰作は大みそかに合わせて放送されます」(業界事情通)



    吉岡の快進撃は始まったばかりだ。


    https://news.nifty.com/topics/12311/220722574670/
    所長見解:ええよな・・・

    【【朗報】吉岡里帆のどんぎつね復活ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【感動】菅ちゃん「日本を取り戻す」 10万いいね


    no title



    菅ちゃん「日本を取り戻す」



    https://news.yahoo.co.jp/flash
    所長見解:いいぞ・・・

    【【これは泣ける】菅ちゃん「日本を取り戻す」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    くっっっっそ二日酔いなんだけど味噌汁以外で回復に役立つ食い物おせーて


    f


    食い物じゃなくても可
    所長見解:うどんやな・・・

    【【飲み過ぎた】二日酔いから復活する方法がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ


    p

     
    久々の司会ぶりをみて驚いた人も多いだろう。

    日本テレビ系音楽の祭典「THE MUSIC DAY」が2日、放送された。

    午後3時から午後10時54分の生放送だったが、ネットをざわつかせたのが飯島直子(54)だ。

    同番組内で行われた『速報!歌の大辞テン!!』の24年ぶりの復活企画に"相方"の徳光和夫(81)とともに登場した。 



    SNSでは

    《飯島直子姉さんが全然老けてなかったから24年も経ってないんかもしれん…》
    《久しぶりに飯島直子さんがテレビに出てたけど、全然お変わりなく美しかった》
    《飯島直子が全然劣化してなくて感動した》

    などと絶賛の声が相次いだ。



     
    飯島は、1988年に日本テレビ系深夜番組『11PM』のカバーガールとしてデビュー。

    94年に缶コーヒー『ジョージア』のCMに起用され、"元祖癒やし系女優"としてブームになった。

    以降、人気女優として地位を確立してきたが、近年、芸能活動は控えめだ。

    女優としては、2020年公開の映画「太陽の家」や今年1月にドラマ「相棒 season20」の単発ゲスト出演した程度にとどまる。

    近年、もっとも話題に上がったのは自身の離婚騒動だった。


    「私生活では97年の人気絶頂時にTUBEのボーカル前田亘輝さんと結婚したものの、2001年に離婚。
    12年に実業家と再婚していましたが、19年に舞台女優との不倫騒動が報じられ、昨年秋に離婚していたことが分かりました。
    最近は露出こそ少ないものの、芸能人としての美しさは健在でオーラもある。
    生放送での進行も当時の雰囲気のまま。
    ネットでも、今後の活躍を期待する声が集まっていました」(女性誌記者)


     
    この機会に活躍の幅を広げていくのか。



    https://news.livedoor.com/article/detail/22442925/


    ▼画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/8/987da_28_b5fa4d95_24191511.jpg
    所長見解:なつかしな・・・

    【【検証画像】飯島直子さん、54歳の現在がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「Dr.コトー診療所」映画化!吉岡秀隆が16年ぶりの“Dr.コトー”に


    m


    人気ドラマ「Dr.コトー診療所」が映画化され、12月16日公開されることが決定した。

    2003年、2006年に放送されたドラマと同じくDr.コトーこと五島健助役を吉岡秀隆が続投し、ドラマのスタッフが再集結。

    16年経った今も変わらず志木那(しきな)島の人々と寄り添いながら生きるDr.コトーの新たな物語が描かれる。

     
    2003年に放送された「Dr.コトー診療所」は、累計発行部数1,200万部を超える山田貴敏の同名漫画をもとに、東京から僻地の離島に赴任してきた外科医Dr.コトー(吉岡)と島の人々との関わり合いを通して命の尊さを描き、平均視聴率19%、最高視聴率22.3%と大ヒット。

    続く2006年に放送されたシーズン2でも、平均視聴率22.4%、最高視聴率25.9%という高視聴率マークした。

    また、2004年には「Dr.コトー診療所 特別編」「Dr.コトー診療所2004」が放送されるなど人気を博した。

     
    そんな「Dr.コトー診療所」が映画化され、主演の吉岡が続投。

    ドラマシリーズを手掛けた中江功が監督を務め、同じくドラマシリーズの脚本を担った吉田紀子が脚本を担当する。

    さらに、撮影、照明、美術、音楽などオリジナルスタッフも本作のために再集結した。

     
    中江監督は「若者たち2014」(2014)、「早子先生、結婚するって本当ですか?」(2016)など吉岡が出演したドラマも数多く演出。

    連続ドラマの放送が終了した後も、その都度「志木那島の今」について吉岡と話を交わしていたという。

    「吉岡さんとは雑談も交えて、続編の可能性について会うたびに話していたんですが、コロナ禍に入って、人の生死について考えることがありました。
    そのなかで“もう一度このメンバーで『Dr.コトー』をつくりたい”という話になりました」とそこから一気に映画化の企画が動き出した。

    また、コトー役の吉岡は「最初に今作の脚本を読んだ時は、本当に切なくて涙が溢れました。
    この作品を映画にする意味や、16年の月日の流れも含めて、大事なものをスクリーンに映すために、監督、スタッフと一緒に作品を磨いています」と語り、「いろんなものを背負っていて白衣はまだ重いですが、クランクアップまでの長い長い坂道を、信頼しているスタッフ、キャストの皆さんと一緒に上っていきたいと思います」とコメントを寄せている。

     
    さらに、公開されたスーパーティザービジュアルでは、島の診療所に立つコトー(吉岡)が儚げな表情を浮かべている。

    白髪も見えるその姿は、空白の16年の期間を想像させ、あたたかさと哀愁を感じることができる。


    吉岡秀隆コメント

    「Dr.コトー診療所」は、それまで20年間純役を務めた「北の国から」が終わったタイミングで、連続ドラマがはじまりました。

    中江監督が純のイメージを変えて、役者として新たな命を吹き込んでくれた作品なので、僕にとってはとても大事な作品であり、役でもあります。

    最初に今作の脚本を読んだ時は、本当に切なくて涙が溢れました。

    この作品を映画にする意味や、16年の月日の流れも含めて、大事なものをスクリーンに映すために、監督、スタッフと一緒に作品を磨いています。

    与那国島でのロケは久々でしたが、自転車で少し走ってみたらお母さんと小さいお子さんが「コトー先生!」と呼びかけてくれて……。

    もう16年も経ってるのにこんなに幼い子がそう言ってくれるのがすごく嬉しかったです。

    「ずっとこの島ではコトー先生はコトー先生なんだ」と思うと、とても嬉しかったですし、頑張らなくちゃいけないと思いました。

    いろんなものを背負っていて白衣はまだ重いですが、クランクアップまでの長い長い坂道を、信頼しているスタッフ、キャストの皆さんと一緒に上っていきたいと思います。


    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://www.cinematoday.jp/news/N0130990


    ▼画像
    https://img.cinematoday.jp/a/ycRYDksbQ6DB/_size_640x/_v_1656511619/main.jpg
    所長見解:白いな・・・

    【【Dr.コトー診療所】16年ぶりのコト―先生がコチラ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ