ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:復帰

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「イチローをリリースする時が来た」― 地元コラムニスト主張
     
    今年6シーズンぶりに古巣マリナーズに戻ってきたイチロー外野手。
    負傷者が相次いだチームに3月上旬に電撃復帰すると、ファンから大歓迎を受けた。
    スプリングトレーニングでは右ふくらはぎの違和感や頭部死球などのアクシデントに見舞われたが、開幕をメジャーで迎えるとスタメン出場。
    19日(日本時間20日時点)で11試合に出場している。

    そんな44歳のベテラン外野手について20日(同21日)、地元紙「シアトル・タイムズ」電子版が「我々はみんなイチローが大好きだ、しかし、マリナーズが彼をリリースする時がやってきた」との見出しで特集記事を掲載した。
    記事を執筆したのはコラムニストのラリー・ストーン氏。
    ベン・ギャメルが復帰したマリナーズ外野陣について「5人は多すぎる」と指摘し、「もしマリナーズがイチローをロースターに留めるためさらなる動きをとるとすれば、それは彼らがノスタルジアに浸り、勝利よりも売上を気にかけているということだ」と手厳しく報じている。

    同氏はイチローの今季の打撃が打率、出塁率、長打率ともに.212と低迷していることに触れる一方、不安定な守備があったことも指摘。
    「彼がリーダーシップ以外でチームに発揮できる内容をピンポイントで示すことは難しく、
    それもベテラン編重かつ長きに渡りプレーオフから遠ざかっているチームにおいては充分とは言い難い」と綴っている。

    ストーン氏は記事の中で「これは決してイチロー・バッシングのコラムではない」と説明。「彼のキャリアと偉業に私は深く感嘆している。私の人生における野球取材でも、彼は最上の思い出となっている。
    彼がここまで長い間MLBで生き抜くために全力を尽くしてきたことに、敬意の念を抱いている。
    マリナーズにフィットし、若手にプロとはなんたるかの模範となったことに感謝もしている。

    イチローは初年度で殿堂入りを果たすに値する選手であり、マリナーズの球団史におけるレジェンドだ」と、その功績を称えている。

    n


    ・マリナーズGMは厚い信頼も…ストーン氏「悲しいことだが、時は来た」

    その上で「彼を糾弾するために言っているのではない。それでも終焉の時が訪れたということなのだ。これは自然の摂理なのだ。異常なのは44歳になってもいまだプレーができるということなのだ」とレポートした。

    先日は地元メディア「710AM ESPN SEATTLE」電子版が、マリナーズのジェリー・ディポトGMがイチローへ厚い信頼を示している様子を紹介。
    同GMは記事の中で「イチローやケン・グリフィー・ジュニアと同等の功績を残してきた選手が、彼らが名声を得た期間を共にしたチームに復帰するとなったら、その場合、ヤンキースやマーリンズ時代のような『外野の控え』とかいうそんな簡単な話にはならないんだよ。

    シアトルでは“あの”イチローなんだから。
    彼らはどのチームでプレーしようが素晴らしいことに変わりはないけど、このマーケットにおいて、彼らとは離れられない何か特別な共鳴が存在するんだ」と語っていた。

    一方で、同GMは「いずれは5人の外野手を抱えるというような贅沢はできなくなるからね。そして、選手たちがどのようにフィットしていくかを見極めなければならないんだ。
    今はまだその時じゃないよ」とも話している。

    ストーン氏が「悲しいことだが、時は来た」と主張しているイチローの去就。
    マリナーズは大きな貢献と実績を積み上げてきたレジェンドに対して、シーズン中に何かしらの決断を下すことになるのだろうか。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00122702-fullcount-base


    所長見解:帰ってきて・・・
    【【緊急悲報】イチロー →「悲しいが時は来た」 ←これ・・・・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いタレント、司会者として高い人気を集め、2011年に芸能界を引退した島田紳助さんだが、その後は南国生活を楽しんでいるようだ、とネットで話題を集めている。

    11年の引退以降はメディアへの積極的な露出は避けている島田さんだが、2018年4月7日に沖縄県宮古島のレンタカー業者「宮古島アップスレンタカー」のインスタグラムに登場したのだ。

    no title


    半そで半ズボン、サンダルの南国ルック

    すでに暑さが増している宮古島で撮影されたその写真には、半そでに半ズボン、足元はサンダルと南国ルックできめた島田さんが映っている。

    東南アジアなどで主に使われる、窓なしのオープンな3輪自動車「トゥクトゥク」に笑顔を浮かべて楽しげに乗り込んでおり、南国生活を満喫している様子だ。

    この画像は700件近い「いいね!」がついた他、島田さんの久しぶりの公での姿に、往年の代名詞でもあった

    「素敵やん!」

    というコメントや、

    「元気そうでなりよりです 久々紳助さんのトークが聞きたいなー」
    「久しぶりに紳助さんのお姿が見れて本当に嬉しいです」

    といったファンからのメッセージの他、インターネット掲示板「5ちゃんねる」では、

    「人生クッソ充実してそう」
    「ワイも財産築いて島でゆっくり過ごしたい」
    「紳助の余生とかいう理想の生き方」

    など、引退後の生活への憧れの声も上がった。


    引退後は逆風なネット世論も徐々に追い風気味?

    島田さんは暴力団との付き合いがもとで芸能界を11年に引退。

    以降は24時間ランナーの候補である、復活特番が撮影されている、といった噂や、はたまた死亡説といったデマが流れることもあった。

    引退直後に流れたそういった噂に対してはネット上では冷ややかな意見も上がったものの、16年2月、俳優・石坂浩二の「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)からの突然の降板や、タレントのベッキーさんと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんの「ゲス不倫」について、芸能リポーターの井上公造さんが伝えた島田さんからの

    「石坂浩二さんなしでは、あの番組が成功しなかったのは、絶対的な事実です。品位と格が番組につきましたから。僕だけでは、単なるバラエティーで失敗してました。確実に」

    「すべてを失っていいと思って人を好きになるって、すごいやん。あんたらできるのか?そんな恋したことあるのか?」

    「ロクに恋もさせてもらえなかった31歳のベッキーが、人生かけた恋を、人生かけて恋したことない人間には、理解してもらえないよね。タレントとしてはダメなベッキーかもやけど、僕はすべてをかけたベッキーが素敵に思えます」

    といったメッセージには、支持の声も上がっていた。

    https://www.j-cast.com/2018/04/19326613.html?p=all


    所長見解:そろそろか・・・
    【【あの人は今】島田紳助さん、宮古島で発見された画像がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優・すみれ(27)が18日、フジテレビで放送された「梅沢富美男がズバッと聞きます!」に出演。
    日本のテレビのバラエティー番組への嫌悪感を明かした。
    すみれは2016年秋に日本での芸能活動を突然休業したが、その理由を巡ってさまざまな憶測を呼んでいた。

    すみれは俳優・石田純一を父に、女優・松原千明を母に持ち、大学在学中に芸能界に本格デビューした。
    その後は有名人の2世としてバラエティー番組に引っ張りだこになったが、すみれは「ずっと芝居してましたね。(画面上は笑ってるけど)笑ってない、ずっと笑ったふりだった。
    バカキャラを作ってた」と告白。
    “偽りの自分”を作ってテレビに出ていたことへの嫌悪感を告白した。

    また、「本当は低い声だけど、日本にいたら、みんなアニメみたいな(高い)声だから、変えなきゃいけないのかな」と“日本のテレビ仕様”に声の高さすら変えていたことも明かした。

    s


    そんな日本での生活で、16年に精神的に限界に。
    「精神面も疲れちゃって。(私を)分かってくれない、どうすればいいのかな、ってすごい悩んでました」と吐露した。

    すみれは16年10月にコンサートの出演を中止し、その後は体調不良を理由に日本では活動休業状態に。
    現在はロサンゼルスを拠点に、日本での貯金を切り崩しながらハリウッド女優を目指し、オーディションやレッスンを受ける日々を送っている。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000124-dal-ent

    所長見解:病んでたよね・・・
    【【あの人は今】すみれ、日本のバラエティーへの嫌悪感がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の酒井法子(47)が17日、文化放送「ニュースワイドSAKIDORI!」(月~金曜後3・30)に出演、近況などを語った。

    この日は火曜コメンテーターを務める俳優・石田純一(64)と共演となった。
    石田の息子で俳優のいしだ壱成(43)とドラマ「ひとつ屋根の下」(フジテレビ)で共演したことを振り返り「20数年前にご一緒しました。ハッ、ハッ、ハッ」と、歳を重ねたことに触れて、自虐気味に笑った。

    最近は寺巡りにハマっているそうで、先日の休日も、思い立って北鎌倉の円覚寺に行ってきたという。
    「(境内が)広いのでびっくりしました。歩いていて、疲れたなあと思ったところにお茶屋さんがあったり、すごく合理的だなと思いました」。

    また、仏教系の本もよく読んでいて「ここまで、いろいろありました。毎日、葛藤しながら生きている。ポカンと余白ができることが必要なんですね」と、これまでの半生を振り返る場面も。

    寺巡りについては今後も続けたい様子で「酒井法子と行く、仏像ツアーなんていうのもいいですねえ」とノリノリだった。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/17/kiji/20180417s00041000218000c.html

    no title



    所長見解:大丈夫か・・・
    【【これはやばい】酒井法子、○○○にハマる ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    マリナーズの地元紙、タコマ・ニューズ・トリビューン(電子版)は15日(日本時間16日)、ジェリー・ディポトGMがイチロー外野手(44)に対して戦力外通告という厳しい決断を迫られる可能性について報じた。

    51


    同紙は2016年に米野球殿堂入りしたケン・グリフィー・ジュニア氏が09年にマリナーズ復帰したものの、翌年のシーズン途中で引退した例を引き合いに出し、「イチローも似たような気まずい結末になり得る」と論評。
    3月上旬に契約したレジェンドを早々と手放さざるを得なくなるかもしれないと推測した。

    マリナーズの外野陣は故障していたギャメルが復帰すると5人。
    イチローとエレディアが控えに回ることになるが、一般的なチーム編成より1人多い。
    一時的には問題ないと思われるが、シーズンを通してとなると投手編成などに影響が出るのは間違いない。
    遅かれ早かれどちらかを登録から外す必要に迫られる。

    同紙は「チームはノスタルジーではなく勝利のために編成するもの」と主張。
    打撃低調なベテランのイチローより27歳のエレディアを残すべきだとの考えを示した。

    またベースボール・アメリカ誌などにマリナーズ情報を寄稿している元地元紙記者のボブ・ダットン氏も、「イチローへの必然的な決断が急速に近づいている」とツイート。
    「イチローにとって今がマリナーズを離れる時だ」と地元ラジオの電子版でも強く訴えた。

    結果が全てとはいえ、イチローが早々とチームを去ることになれば、地元ファンは落胆するだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000009-tospoweb-base


    所長見解:戻ってきて・・・
    【【メジャーリーグ】イチローが老体に鞭打って頑張った結果wwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ