ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    復帰

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    一連の吉本問題は、「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)の嘘からはじまった。

    いまなお風当たりは強い。

    彼はその逆風に抗うかのように、8月上旬、社会貢献活動の第一歩を踏み出した。

    と同時に、あの会見以来初めて、メディアに対し自らの思いを自らの言葉で語ったのである。

     
    ここは神奈川、茅ヶ崎市にある市民文化会館のホール。

    フラダンスのイベント会場である。

    12時前、宮迫は関係者以外立入禁止と書かれた奥のスペースでイベントのスタッフや出演者たちと記念撮影をしていた。

    この時点で、ホールの外にいる来場者は宮迫の存在に気づいていない。

     
    12時に開場すると、通路に出てビラを配りはじめる。

    「え? あれ宮迫さんじゃない?」

    「写真撮ってもらおう」

    と口々に言い合う来場者。

     
    宮迫は一人ひとりに、丁寧に頭を下げながらビラを渡し、例の「宮迫です」のポーズで撮影に応じている。

    人々からかけられる言葉に感極まったか、時折、目が赤くなっているようにも見えた。


    開演が迫り、人が少なくなったところで話しかけると、

    「ごめんなさい、(来場者に)迷惑がかかるので……」

    と弱々しい答え。


    その手にあるビラには、〈振り込め詐欺 撲滅!〉とあった。


    m


    復帰はまだ考えていない

    このビラ配りは、宮迫が、謹慎処分の禊(みそぎ)として行う社会奉仕活動の第一歩である。

    半月前の涙の会見を経て吉本興業幹部と面談。

    以来、初めて公衆の面前に姿を見せたのだ。

    そこに記者が接触したものだから、驚いたに違いない。

    が、時間と場所を変えて話を聞かせてほしいと申し入れると、彼は自ら語ることを選び、困惑しつつも、こう答えた。

    「僕の友だちがこのイベントを教えてくれたんです。
    茅ヶ崎は詐欺事案が多いと聞き、なにかお手伝いをしたいと思いました。
    主催者の方と会ってお話しさせていただくと、快く受け入れてくださった。
    僕は専門家でもなんでもないですけど、僕が配ることで、少しでも多くの人にビラを読んでもらえたり、保存してもらえたりしたらな、と」

     
    実際、茅ヶ崎では振り込め詐欺などの特殊詐欺が多発している。

    数年前には神奈川県内で最多件数も記録。

    そのため、このフラダンスのイベントでは啓発ビラの配布が続けられてきた。

    アロハ姿は、イベントに合わせたものだったわけだ。

    宮迫の目に力がこもる。

    「これからは、こういった活動に邁進していきたい。
    すでにいくつかお邪魔させてもらうイベントも決まっていますし、期限は決めずに続けていくつもりです」

     
    そうはいっても、復帰したら難しくなるのでは? 

    「いまは復帰とかは一切考えていなくて。
    でも引退はしていませんから、みなさんの役に立つことができたうえで、遠くない未来にそういうことがあれば……。
    ただ、いまはとにかく、ボランティアや啓発活動を頑張っていきたい」


    その意気やよし、だ。

    しかし、吉本との今後や、明石家さんまが受け入れに名乗りを上げたこと。

    これらはどうなっているのか。

    「吉本に対しては、僕がきっかけでこういうことになってしまい本当に申し訳なく思っています。
    会見で批判するつもりはなかったんですけど、事実を話すなかでああいう形になってしまい……。
    契約解除とか撤回とか色々と難しいことになっていながらも話し合いは続けています。
    さんまさんとも、電話でお話しさせていただいてはいます。
    でも現実的に契約どうこうということはなんにも決まっていないんです。
    さんまさんや松本(人志)さん、ご本人たちからは、会社をよくするために頑張っている、と聞いていますよ」

     
    続いて30年来の相棒、蛍原徹(51)に話が及ぶと、表情がいくらか和らいだ。

    「ちょこちょこ電話で話してます。
    本当に申し訳ない気持ちでいっぱいで……。
    怒ってくれるほうがいいのかもしれないけど、怒らないんです。
    僕のいまの思いを伝えると、“誠心誠意、頑張るべきや”と言ってくれました。
    僕らがやっていた番組のスタッフさんなどへの謝罪の気持ちも伝えてくれているんですよ」

     
    宮迫はこの日、イベント会場に最後まで残り、後片付けと掃除を黙々とこなした。

    誠心誠意が胸にあったのだろうか。

    その思いを、世間が受け取れるようになるのはいつの日か……。
     

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-00578338-shincho-ent

    ▼写真
    https://www.dailyshincho.com/wp-content/uploads/2019/08/1908210507_1-714x476.jpg

    所長見解:いつやろね・・・

    【【あの人は今】宮迫博之さん「復帰は考えていない」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    のんがユニクロ「カーブパンツ」CM出演、椎名林檎が書き下ろし曲を提供


    n


    のんが出演するユニクロ「カーブパンツ」テレビCMが、8月22日から全国で放送される。

    CMの映像は、ユニクロのカーブパンツを着用したのんが野球グラウンドのピッチャーマウンドに立ち、カーブボールを投球するというもの。

    楽曲には椎名林檎による書き下ろし曲“確かな誇り”を使用している。

    フランス語の「Non」から始まる歌詞には、「過去や未来に存在せず、たった今だけを生きる」といったフレーズも含まれているとのこと。


    CMでは東尾修がのんの投球について解説。

    野球経験がなかったのんは当初、ボールを上手く投げることができなかったが、複数回ピッチング練習を行ない、東尾が「投球後の後ろ姿が特に最高!」と称賛するピッチングフォームを身につけたという。


    ◆のんのコメント

    UNIQLOのカーブパンツ、マウンドに立ちカーブを投げる。

    かっこよく、洒落の効いたCMに参加できてとても楽しかったです。

    この機会にドームのマウンドに上がれたのも感動しました。

    のんをかっこよくキメてくれたカーブパンツ、絶妙な曲線美が素敵です。

    そして、CMに流れる椎名さんの歌声。

    最高すぎる!私は歌詞を読んで心臓撃ち抜かれました。

    “ただ生きる”ことの純粋さがマウンドに立つ静けさと重なり、自分自身の今に重なる。

    性別も年齢も関係のない時間の中で今を生きる。

    かっこいい…。

    自分の心情にも呼応して胸が熱くなりました。

    “今を生きる”女性達に、カーブパンツを選んでいただけたらなと思います。


    ◆椎名林檎のコメント

    すてきな作品へ参加させていただき、感謝しております。

    監督には、はなから明確なイメージがあったようです。

    ただ、のん氏のこの凛々しいお姿を拝見し、おおいに触発されたわたしは、ついついべつなアプローチも何通りか提案してしまいました。

    最終的にあてていただいたものは、監督からの注文に忠実なものでした。

    女性は、年を経るにつれ、あらゆることが一致してくる生き物だと思います。

    目つきと身なりと考え方と感じ方、それから付き合う相手など。

    すべてが一貫してきて、らくになってこそ大人のレディです。

    このアイテムの哲学も広告のメッセージも、そんなふうにしなやかに成長し続ける、賢い女性のためのものだと思います。


    ユニクロ「カーブパンツ」テレビCM キービジュアル 
    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2019/20190820-uniqlonon_full.jpg 
    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2019/20190820-uniqlonon02_full.jpg 
    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2019/20190820-uniqlonon03_full.jpg 
    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2019/20190820-uniqlonon04_full.jpg 
    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2019/20190820-uniqlonon08_full.jpg 
    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2019/20190820-uniqlonon07_full.jpg 
    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2019/20190820-uniqlonon13_full.jpg 
    https://www.cinra.net/uploads/img/news/2019/20190820-uniqlonon15_full.jpg 


    https://www.cinra.net/news/20190820-uniqlonon 

    所長見解:いいやん・・・

    【【元・能年玲奈】のん、ユニクロのCMで完全復帰の模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    女優、高畑淳子(64)の長男で2016年8月に強姦致傷容疑で逮捕(不起訴処分)され、芸能活動を休止していた俳優、高畑裕太(25)が16日、東京・下北沢B1で開幕した舞台「さよなら西湖クン」(25日まで)に出演。

    3年ぶりに活動を再開した。

    e

     
    元野球少年の6人の男たちの再会の一夜を描いた青春群像劇。

    客席で母の淳子が見守る中、無精ひげを生やした裕太は、職探しをしている元野球少年の1人を熱演。

    復帰に関してコメントはしなかったが、カーテンコールでは共演者と「ありがとうございました」と深々とおじぎした。

     
    劇場周辺には報道陣約40人が集結。

    午後10時10分ごろ、車の後部座席に乗った裕太は帽子を被り、お辞儀をして会場を後にした。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000551-sanspo-ent

    ▼画像
    https://www.sanspo.com/geino/images/20190816/geo19081623080022-p1.jpg

    所長見解:なんやろね・・・

    【【あの人は今】高畑裕太さん、華麗に芸能界復帰の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “闇営業問題”で吉本興業から契約を解消された「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が、8日発売の「週刊文春」のインタビューに答えて、「さんまさんについていきます」と明石家さんま(64)のもとで再起を図る考えを明かした。

    すでにさんまも受け入れを表明しており、実現は時間の問題だ。

    そうした流れで、注目の復帰の場はクリスマス恒例のバラエティー番組「明石家サンタ」(フジテレビ系)が確実視されている。

    m


    吉本から7月19日に契約解除された宮迫は翌20日、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮とともに謝罪会見を開き、岡本昭彦社長のパワハラまがいの言動を涙ながらに告白した。

    これに対し岡本社長は22日の会見で、宮迫への契約解除の撤回を明言。

    さらに後日、その措置を「再度検討せざるを得ない」と発表するなど迷走続きだが、最近は吉本と宮迫の間で話し合いは行われている。


    文春によると、宮迫は吉本の藤原寛副社長ら幹部3人との話し合いで、「戻る気はないし、戻れない」と伝えたという。

    そのうえで今後は、大崎洋会長、岡本社長と近い「ダウンタウン」松本人志ではなく、さんまを頼っていくという意思を明らかにした。

    一方のさんまもラジオ番組「ヤングタウン」(MBSラジオ)などで「フリーになったのでうちの事務所に来てほしい」と宮迫を公然と勧誘。

    さんまの個人事務所「オフィス事務所」所属にする構想を明かしている。


    当初は「さんま流のジョーク」とも受け止められていたが、「さんまは本気です。
    かなり昔から宮迫をかわいがっており、今回の騒動でも本気で心配していました。
    吉本のトップである大崎会長にも話を通しており、吉本もノーとは言えない。
    近々、正式にオフィス事務所の所属となる見込みです」(お笑い関係者)。


    さんまがバックにつくとなれば、「宮迫の本格復帰も近い」と思う人がいてもおかしくないが、話はそう簡単ではない。

    涙の謝罪会見で宮迫のイメージが多少回復したとはいえ、特殊詐欺グループの忘年会に出席して100万円もらったこと、さらに当初は「ノーギャラだった」とウソをついていた事実は変わらないからだ。


    テレビ番組に復帰すると抗議が殺到して、スポンサーが敬遠する可能性が高い。

    そんなことは芸能界で50年近くにわたって活躍してきたさんまは百も承知のはず。

    「闇営業問題が起きる前のようなペースで宮迫さんがテレビに出るのは難しいので、舞台や地方営業などで徐々に復活の足がかりをつくっていくというのが、さんまさんの考えです。それが現実的なプランでしょう」(芸能プロ関係者)


    だからといって、テレビを無視するわけではない。

    できるならばテレビには出したいし、宮迫本人も出たいだろう。

    そこでバラエティー復帰番組として、テレビ局関係者の間で“本命”となっているのが、年末恒例の「明石家サンタ」だ。

    正式には「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」というタイトルで、さんまとフリーの八木亜希子アナが司会を務める。

    視聴者から“寂しい話”を募集して電話で話し、面白ければ合格で賞品をプレゼント、という企画。

    1990年に始まり、97年以降は毎年12月24日深夜(25日未明)に放送されている。


    「宮迫は出演者ではなく、電話で伝える側。
    さんまさんに怒られることでミソギともなりますし、さまざまな騒動を、ネタにしやすくもなります。
    顔が映らない、一般視聴者と同じ扱いでノーギャラなら、『宮迫を出すな!』という抗議が来る可能性もグッと減ります。
    ということは、番組スポンサーを説得しやすい。
    宮迫がバラエティー復帰するための条件は整っています」(テレビ局関係者)


    宮迫については、ダウンタウンが出演する大みそか恒例の日本テレビ系特番「ガキの使いやあらへんで!」の「笑ってはいけない」シリーズでの復帰が噂されていたが、今回のインタビューで「松本ではなくさんまについていく」と明言したことで、「明石家サンタ」での復帰が現実味を帯びてきたようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000009-tospoweb-ent 

    所長見解:あかんやろ・・・

    【【完全復帰へ】宮迫博之さんのテレビ復帰番組がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「西川さんがステージに現れて、中村さんと17年ぶりの共演を果たしたとき、ファンの中には感極まって泣きだす人もいました。
    西川さんも涙していましたね。
    ドリカムのツアースタッフの中には17年前と変わっていない人たちもいて、終演後は久々の再会に、固い握手を交わして喜び合う感動の光景も見られました」(音楽関係者)


    デビュー30周年を迎えた吉田美和(54)と中村正人(60)のDREAMS COME TRUE。

    現在、4年に1度の全国ツアー「ドリカムワンダーランド」を開催中だ。

    7月27日、北海道出身の彼らが札幌ドームで凱旋公演を行った。

    その“前夜祭”イベント「ドリカムディスコ」(通称ドスコ)のステージで中村がサプライズゲストとして呼んだのは、17年前に脱退した西川隆宏(55)だったのだ。


    d


    「脱退後、覚せい剤取締法違反で逮捕された彼は、表舞台からしばらく姿を消しました。
    09年の6月に故郷・北海道でバーを開いた後、DJ Niehyaとして音楽活動を再開させたんです。
    中村さんと一緒に出演する機会はいままでなかったので“ドスコ”の盛り上がりは最高潮。
    吉田さんが参加しない“前夜祭”とはいえ、ファンは“3人のドリカム”を愛していたんだな、と思いましたね。
    中村さんは、西川さんの脱退後も、ずっと彼を気にして定期的に連絡を取り合い、彼が札幌にオープンしたバーにも何回か足を運んでいたそうです。
    今回の札幌ドーム公演終了後、今度は西川さん主催のイベントに深夜になって訪れていたと聞いています」(地方紙記者)


    今年3月21日。

    ドリカム30周年を記念するブログに、中村は3人時代のドリカムの写真を大きく掲げ、意味深なメッセージを掲載した。

    《やっとデビューできた時の言葉では表せなかった気持ち。それから30年間のうれしい気持ち。苦しい気持ち。たのしい気持ち。悲しい気持ち。大好きな気持ち。大嫌いな気持ち。今日を迎えて、やっぱり言葉では表せない気持ち。そんな色んな気持ち達を全て一旦受け入れ天に昇らせよう》


    「札幌での“ドスコ”終了後、実際に3人で会う機会を持ったそうです。
    その場には、ドリカムのサポートメンバーでもある吉田さんの旦那さんもいたようです」(前出・音楽関係者)

    今回の西川との“共演”に手を差し伸べた中村は現在、“吉田美和の音楽を世界に届ける”というコンセプトの音楽会社で代表取締役を務めている。


    「中村さんは自らライブやイベントの交渉や打ち合わせを行っています。
    最終的に吉田さんに確認をとり、彼女がOKを出さない限り、基本的に企画は通らないんです。
    中村さんは今年の30周年を逃すと西川さんの“復帰”はありえないとわかっていました。
    だからまずは故郷で、かつ吉田さんが出ないイベントのときにでも、と提案した。
    吉田さんが西川さんを再度“ドリカム”と認める許可を出しやすいようにと考えたのでしょう」(地元の放送局関係者)


    ドリカムの事務所関係者に、今回のイベントについて聞くと、

    「確かに中村と西川さんはドリカムディスコで共演しましたが、それは中村の個人的なつながりから。
    その後、3人では会っていません。
    3人で活動することはありません」


    現時点での西川のドリカム再加入は否定するが、別の音楽関係者はこう証言する。

    「今回のイベントでは大多数のファンが西川さんを歓迎し、大盛況でした。
    これを受け、西川さんは他都市で開催される“ドスコ”にも出演を依頼されたそうです。
    正直、吉田さんには当初、不安もあったようですが、ファンの反響を聞いてやはりうれしかったようです。
    西川さんが正式メンバーとして復活する“悲願”にはまだまだ時間がかかるかもしれませんが、大きな一歩です」


    動きだしたドリカム。

    3人の復活ステージは大きな話題になると力説するのはNHK関係者だ。

    「好評だった昨年の『紅白』に負けじとスタッフは令和初『紅白』の目玉探しに奔走しています。
    昨年は朝ドラ『まんぷく』の主題歌を担当するも辞退。
    今年の朝ドラ『なつぞら』の舞台が北海道ということもあり、30周年“同郷”のドリカム出場となれば、この上ない目玉となるでしょう」


    多くのファンは3人のドリカムに“会えたらいいね”と願っている――。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00010000-jisin-ent

    ▼画像
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/08/drecam_1_line_tw.jpg

    所長見解:そんなになるか・・・

    【【朗報】ドリカム、三人で完全復活説】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ