ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:復帰

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    テレビ朝日は8日、報道番組『報道ステーション』の新キャスターに徳永有美アナウンサーを起用すると発表した。
    徳永アナは2004年から05年にかけて同番組のスポーツコーナーを担当しており、約13年ぶりに復帰となる。

    今回、徳永アナ復帰もビッグニュースとなったが、それ以上に現在キャスターを務める小川彩佳アナウンサーが降板することに驚きの声が広まっている。

    「まさかの人事に、局員も驚いていますよ。
    私の周りでは『なんで徳永さんが?』と疑問ばかりです。
    小川さんと富川さんのコンビはとても評判が良かったですし、何より不倫で局を退社した徳永さんが戻ってくるとは。
    徳永さん夫である内村光良さんも今はバラエティで大活躍中ですが、徳永さんとは不倫略奪婚。
    徳永さんの仕事本格復帰で自身の過去を蒸し返されてしまうと思いますし、誰にとってもなんの得もない人事に思えるのですが」(テレ朝局員)

    p


    一方、『報ステ』を去る小川アナといえば、8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で嵐の櫻井翔との破局が報じられただけでなく、早くも櫻井が女子大生と熱愛中だとスクープされている。
    タイミング的にも、世間からは番組降板と破局を結び付けられてしまい、小川にとっては厳しい状況に置かれたといえるのかもしれない。

    前出と別のテレ朝局員は、今回の人事についてこう話す。

    「小川は報ステのサブキャスターを2011年から務めており、局アナとしてはベテランといってもいい存在です。
    なので、テレ朝上層部としても『報ステ』に新しい風を吹かせたいという気持ちがあったのだと思います」

    しかし、番組の空気を刷新するという目的であれば、何もあえて過去に不祥事でテレ朝を退社した徳永アナを起用する必要はないのではないか。

    「今、夫の内村はテレ朝とは疎遠になっていますが、徳永の『報ステ』就任でテレ朝側が内村との接近を図っているのです。
    最近、テレ朝のバラエティ番組の打ち切りが続いており、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)や今では貴重なコント番組『LIFE』(NHK)が好調なのは、座長である内村のセンスが良いからですし、昨年の『NHK紅白歌合戦』の司会も評判が良かった。
    テレ朝としては、そんな内村の力を借りたいという狙いなのでしょう」(同)

    テレ朝は内村を獲得することができるのだろうか。
    (文=編集部)

    https://biz-journal.jp/i/2018/08/post_24426_entry.html


    所長見解:内P見たいな・・・

    【【報道ステーション】内村光良と不倫で退社した徳永有美アナを起用する裏事情・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1990年代の人気バラエティ番組『進め!電波少年』(日本テレビ系)に出演していた元・猿岩石の森脇和成、元・ドロンズの大島直也、元・パンヤオの伊藤高史、元・地球防衛軍レッドの加代子、「Tプロデューサー」こと土屋敏男氏が12日、東京・練馬区のバッティングプラザ大泉で行われた『ドラマチックバッティングセンター #あなた専用甲子園』の記者会見に出席した。

    森脇は、元相方・有吉弘行とともに同番組のヒッチハイク企画で人気に火が付き、歌手としても「白い雲のように」が大ヒットし『第39回日本レコード大賞』の「新人賞」を獲得するほど大ブレイク。
    2004年3月のコンビ解散を機に芸能界を引退したが、15年に「役者をやりたくて芸能復帰」し、現在は「年間3~5本の舞台に立たせてもらってます。
    役者としては新人でゼロからのスタート。
    コツコツやらせてもらってます」という。

    s


    有吉との近況を問われると「電話したらつながらなくて、メールの返事もない。
    一応、『復活します』とメールで報告はしています。
    もう10数年、会ってないですね」とポツリ。
    報道陣から不仲を心配されると「仲悪いわけではないけど、良くもない。
    幼なじみなんで照れくさい感じですかね」と笑いながら否定し「なにか言いたいこと? ないですね、地元の誇りですよ」と話していた。

    この日のメンバーは、先々月頃に行われた「電波少年メンバーのプチ同窓会」で「10数年ぶり」に再会。
    番組復活を期待する声があがると、土屋氏は「テレビじゃ無理だと思うので、どこかのネット企業で希望されるところがあれば…」と前向き。
    大島、伊藤、加代子も舞台役者として活動中。
    土屋氏は「メンバーはそろってる」と自信をのぞかせていた。

    同イベントは、カヤックより配信中の共闘スポーツRPG『ぼくらの甲子園!ポケット』のキャンペーンの一環。
    普段は、バッティングセンターとして稼働している同所を舞台に、チームメイトや監督、吹奏楽やチアリーダーたちの応援、プロの実況にウグイス嬢が登場し、ユーザー自身が“主人公”として青春の一コマを体験できるイベントとなっている。
    今月30日に一日限定で開催される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15149311/


    所長見解:そうなるよね・・・

    【【あの人は今】元猿岩石・森脇和成、有吉とは音信不通の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    成宮寛貴(35)が11日、自身のインスタグラムのストーリーズを更新して話題になっている。
    成宮は友人と2人で動画の加工アプリを使用し猫に変身、音楽に合わせて楽しそうな動画をアップした。
    はじめはノリノリな成宮も最後のほうでは我に返ったのか、すこし恥ずかしそうに照れ笑いする場面もあり、ファンの心をわしづかみにしたようだ。

    こうした成宮の元気な姿を見たファンからは、

    「照れてるクロネコナリ君かわゆす!ストーリーありがとう」
    「ノリノリからの照れ笑いがかわいっ!こんな感じの曲好き一緒に頭振っちゃう!ノリノリのナリ最高です」
    「ナリくん、可愛いノリノリblackcat(=^ェ^=)最後に照れ笑いするとこが!楽しいストーリーありがとう」
    「ネコちゃんノリノリですね?!て、吹き出して笑ってる成宮くん大好き!可愛いなぁ」

    と喜びの声が多く寄せられていた。

    毎回様々な投稿でファンを楽しませている成宮。
    今回のようなお茶目な投稿はとくに人気が高いようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1501114/
    デイリーニュースオンライン

    no title


    所長見解:誰やねん・・・

    【【あの人は今】成宮寛貴さんの元気な姿がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年大みそかに引退表明し、現役復帰を決めたボクシングの元3階級制覇王者、井岡一翔(29=SANKYO)が歌手の谷村奈南(30)と離婚危機にあることが13日、分かった。
    父で井岡ジムの一法会長(51)の反対を押し切り昨年5月に結婚、今年2月に披露宴を開いたばかり。
    複数の関係者が「すでに気持ちは離れている」と明かした。
    井岡は複雑な精神状態の中、来月8日に米国で復帰戦に挑む。

    no title


    結婚からわずか1年3カ月。2人に早くも危機が訪れている。

    関係者によると、原因は気持ちのすれ違い。
    井岡が友人との付き合いを優先することもあり、春先から関係がギクシャクし始めたという。
    井岡は昨年5月の結婚を機に拠点を大阪から東京に移すと、谷村と日本武道館のライブに行ったり、谷村の母親を交えて都内の飲食店で食事をするなど、仲むつまじい姿が目撃されていた。
    ただ、2人をよく知る飲食店関係者は「最近は全く来なくなりました」と話す。

    同居していたのは数カ月間とみられ、現在は別居している。
    谷村のインスタグラムには、井岡の誕生日を祝った3月24日の投稿を最後に井岡は一切登場していない。
    谷村は関係修復を望んでいるとの情報もあるが、関係者は「井岡さんは“気持ちが離れた”と周りに相談している。修復するのはかなり難しいのでは。離婚秒読みと聞いています」と明かした。
    井岡のマネジメント会社は別居などについて「事実確認が取れていない」とした。

    井岡は昨年11月にWBA世界フライ級のベルトを返上し、大みそかに引退を表明。
    今年2月の結婚披露宴では、横綱・白鵬(33)や俳優の綾野剛(36)ら250人を前に「これから妻の手を引き、家族を守れる男になりたいと思います」と誓った。

    絆は深いはずだった。
    父・一法会長とマッチメークなどで意見が対立し、確執が生まれる中、そばで支え続けてきたのが谷村だった。
    結婚も反対され、井岡は父とたもとを分かつことも決意。
    だが、7月20日の現役復帰会見で谷村について聞かれた際は「常に応援してくれているので、今回の決断も応援してくれていると思います」と距離を感じさせる答えだった。

    9月8日(日本時間9日)には米ロサンゼルスで興行「SUPERFLY3」に挑む。
    引退からの電撃復帰に加え、離婚騒動も浮上と、リング内外で注目を集める元3階級制覇王者。
    今後は米国を拠点として勝負を懸けるが、孤独な闘いを強いられることになりそうだ。


    ◆井岡 一翔(いおか・かずと)1989年(平元)3月24日生まれ、大阪府堺市出身の29歳。
    大阪・興国高で、6冠達成。
    2009年4月にプロデビュー。
    11年2月にWBC世界ミニマム級王座を獲得し、平成生まれで初の世界王者に。
    15年4月にはWBA世界フライ級王座を獲得、プロ18戦目での3階級制覇は当時世界最速。
    1メートル65、右ボクサーファイター。

    ◆谷村 奈南(たにむら・なな)1987年(昭62)9月10日生まれ、大阪府出身の30歳。
    3歳から8歳まで父親の仕事で米ハワイやロサンゼルスに滞在。
    07年5月に「Again」でデビュー。
    08年に「JUNGLE DANCE」でレコード大賞優秀作品賞を受賞。
    結婚後は活動を休止。
    好きな歌手はクリスティーナ・アギレラ。
    1メートル62。


    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/08/14/kiji/20180813s00021000424000c.html


    所長見解:早いな・・・

    【【もう別居】ボクシング・井岡一翔、谷村奈南と離婚危機の模様・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    おしどり夫婦”として知られる市村正親(69)と篠原涼子(44)夫妻に波乱含みの展開だ。
    きっかけは先日発売された「女性セブン」(8月9日号)が、「篠原涼子 夫のいない深夜2時の大放言」と題する記事を掲載したこと。

    主な内容は篠原が深夜のバーで、ママ友に「私のことを分かってほしいのよー」と大声で語ったというものだが、芸能関係者たちは「“あのウワサ”は本当だったのか」と確信を深めている。

    実は春ごろから「篠原涼子のところは夫婦関係がうまくいっていないのではないか」という話が流れていた。
    もっとも、ウワサの域を出る情報はなく、週刊誌も静観してきた。
    ところが、初主演作品「アンナ・クリスティ」で、篠原が13年ぶりに舞台復帰を果たした7月に入って“異変”が見え始めた。
    篠原が稽古などに時間をとられ、夫婦と子供2人の家族4人で食卓を囲むことが困難な状況になりつつあるという情報が伝わってきた。

    たかが家族のだんらんごときでと思うことなかれ。
    これは市村にとって極めて由々しき事態といえる。

    s


    市村家に近い関係者が声を潜めて言う。

    「市村さんは子育てに関して非常に厳格な方です。
    常々、篠原さんには『君が仕事をするのは決して止めやしない。しかし、最優先するのはあくまで子育てであって、仕事が先に来ることは許せない!』とクギを刺していたそうです。
    それが突然の舞台復帰ですから、市村さんは本当に驚いたと思います。
    確かに次男のお受験が無事に終わったとはいえ、篠原さんの舞台復帰は早い印象もします」

    恐らく、篠原も不退転の決意で舞台復帰を決めたのだろう。
    女性セブンは市村夫妻が教育方針をめぐって対立していることも書いていたが、あるテレビ関係者は「市村と篠原は水面下で弁護士を立てて、子供の親権などの話し合いに入る準備を始めたようだ」と私に耳打ちしてきた。
    危機を煽り立てるつもりは毛頭ないが、市村夫妻の行方を必死に追おうとする動きがあるのも事実だ。

    「8月5日まで舞台上演期間中、芸能記者たちはマチネ(昼公演)に照準を定めて篠原の追跡を重ねていました。
    篠原に新恋人がいるのではないかと疑っていたためです。
    舞台終了後にデートに出掛けると踏んだのでしょう。
    取材に成功した芸能マスコミがあるか知りませんが、目下、篠原はターゲットになっています」(関係者)

    おしどり夫婦から、しばらく目が離せない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00000012-nkgendai-ent


    所長見解:そうなんや・・・

    【【離婚危機?】篠原涼子と市村正親が親権めぐる話し合いの模様・・・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ