復帰

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 吉澤ひとみ「飲酒ひき逃げ」も〝今秋シレっと〟芸能界復帰計画

    違法薬物の乱用、反社勢力とのズブズブ関係など、ドン引きの事案が続く芸能界の中では、元『モーニング娘。』メンバーの各不祥事など、さして驚く話ではない。

    古くは加護亜依の喫煙騒動、グループを辞めてからのDVと妊娠問題。

    最近では〝ゴマキ〟こと後藤真希が元カレと不倫。

    夫であるA氏が元カレを相手取って330万円の損害賠償請求。

    結局、和解勧告され、金銭は生じないという恥のような訴訟結果となった。

    しかし、何と言っても吉澤ひとみに限っては、完全な犯罪者だ。

    「加護や後藤が刑事罰かというと、やはり民事訴訟の域。
    例えば未成年の喫煙は問題ですが、それで鑑別所に入るということはない。
    一方、吉澤は単なる道路交通法違反というだけでなく、飲酒運転、人身事故、ひき逃げ…など、真っ黒な〝刑法犯〟です」(司法ライター)

    吉澤の事件を振り返ると、彼女が事故を起こしたのは昨年9月のこと。

    酒酔いで自身の車を運転。

    制限速度60キロのところを86キロで走行し、赤信号で交差点に進入。

    歩行者2人にケガを負わせ逃走という、恐ろしいほどの罪を犯している。

    「懲役2年、執行猶予5年は軽過ぎるのではないかの声も出たほど。
    しかし、有名人ということで社会的制裁をすでに受けたとの判断。
    幸いにも事故に遭った被害者は軽症で、判決前に示談成立。
    本人も反省を示しているなどの点が執行猶予の理由に挙げられます」(同・ライター)

    とはいえ、通行人が軽傷だったのは不幸中の幸いであり、偶然というだけの話。

    大甘判決なのは、今もネット上にアップされている〝事故の瞬間〟映像を見れば明らかだ。さらに、

    「吉澤は2007年に、実の弟を交通事故で亡くしています。
    だから厳罰にはしなかったという同情心理も働いたのだと思います」(朝刊紙記者)

    c


    ■ 芸能人特権フル活用

    吉澤は、この事故によって「引退」をほのめかしている。

    しかし、それは怪しいという。

    「例えばタレントの坂上忍は、過去に泥酔運転で電柱に衝突。
    同乗者女性がいるのに逃げて御用となった。
    マトモにしゃべれないほどの酔いで、器物破損、現場逃走。
    そんな輩が最近、自身の司会番組『バイキング』では高齢者の免許について『もっと厳しく』など、自分を棚に上げて批判をしていますからね。
    こんな人間、テレビに出て免許を語る資格などないですよ」(芸能ライター)

    どんな大罪を犯しても、いつの時代も寛大なのが芸能界だ。

    「吉澤は、密かに芸能界復帰を画策していますよ。
    夫はIT企業の社長といいますが、吉澤の事故も影響してなのか、経営は苦しいようです。
    だから吉澤の復帰が回復の鍵にもなる。
    復帰は、事故から1年たった今年の秋といわれています」(同・ライター)

    麻薬をやっても飲酒事故でも復帰のできるのは、芸能人の特権。

    吉澤にはそれをフルに生かし、ガンバってほしいものだ。


    https://myjitsu.jp/archives/85922

    ▼画像
    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2018/09/yoshizawa_hitomi.jpg 

    所長見解:無理やろ・・・
    【【飲酒ひき逃げ】元・モー娘。吉澤ひとみさん、驚愕の芸能界復帰計画がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元TBSアナウンサーの小林麻耶(39)が10日、自身のブログを更新。

    タレントの優木まおみ(39)らが在籍する「生島企画室」に所属することを報告した。


    m


    小林は「この度、生島企画室に所属する運びとなりました」と報告し「事務所に所属し仕事をしたいと思いながらお茶をしていた時、偶然目の前を通られたのが生島ヒロシさんでした」伝えた。

    「生島ヒロシさんの著書『どん底に落ちてもはい上がる37のストーリー』p122では、悲しみを忘れたことはないし、悲しみが癒えることはきっとない。
    でも、残された僕たちは、突然人生の幕を下ろされてしまった彼らの命も背負って、全力で生きていく。
    と、書かれてありました」と紹介。

    最後は「生島企画室で仕事再開出来ること感謝致します。
    TBSアナウンサーからフリーアナウンサーという経歴にもご縁を感じています」とつづり
    「今までお世話になりましたセント・フォースさんに心から感謝しています」と結んだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000349-oric-ent

    所長見解:引退してたんや・・・

    【【復帰】小林麻耶、芸能活動完全再開の模様www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 『インパルス』堤下が年収を告白!? 低過ぎる額に「悲し過ぎる…」

    『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に『インパルス』の堤下敦が出演。

    離婚、謹慎を経た現在の窮状を明かした。

    さらに年収が激減する中でマッチングアプリに登録していることを告白し、「衝撃過ぎる」と視聴者は大いに驚いていた。

    堤下は2017年に交通事故を2回繰り返して謹慎。

    復帰してからも仕事が増えないことが同番組で繰り返し取り上げられている。

    この日、同番組では堤下にドッキリを敢行。

    仕掛け人の相方・板倉俊之が「俺に何か言わなきゃいけないことないか?」と堤下にふっかけ、堤下が隠し持っている秘密をあぶり出す企画だった。

    堤下は敬語を使いながら、ファンから頼まれたサインに板倉の字を代行して書き入れたこと、父親から〝ボコられた〟こと、留学や洋食屋開店を検討していることを明かしたが、板倉は思わずニヤけながら「そんなことはどうでもいい」と、さらに秘密を明かさせた。

    t


    ■ 「42歳会社員」でマッチングアプリ登録…自ら白状

    最後に堤下が絞り出した秘密は、マッチングアプリに登録していること。

    相方に迷惑を掛けないよう、自身の名前、顔写真は載せずに「42歳、会社員」で登録していることまで白状した。

    ドッキリと分かると堤下は「マッチングアプリはやめてくださいよ!」と悲鳴を上げ、「42歳で年収150万(円)のやつ、無理でしょ」と、出会い系アプリに関する会話は取り上げないよう懇願していた。


    視聴者は年収150万円という部分に驚き、

    《堤下150万って怖い世界だな》
    《厳しい世の中やなぁ》
    《マジだったら悲しいな》
    《堤下 年収150万ってやってたけど衝撃過ぎる》
    《かつての水曜日のフジテレビの顔番組のレギュラーが水曜日で42歳で年収150万って暴露するの悲し過ぎるな》

    などとの声が続出。

    『はねるのトびら』(フジテレビ系)で一躍売れっ子となった堤下の窮状を嘆いていた。

    お金で寄って来られないよう、年収を低く偽っているだけかもしれないが…。


    https://myjitsu.jp/archives/85462

    https://myjitsu.jp/wp-content/uploads/2019/02/tsutsumishita.jpg

    所長見解:きびしいな・・・

    【【芸人】復帰したインパルス堤下の年収がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    自殺未遂を図ったガールズグループ「KARA」の元メンバー ク・ハラ(28)が病院を退院後、日本へ向かったことがわかった。

    5日、韓国メディアは、ク・ハラが安静をとるために日本へ向かったと報道した。

    報道によるとある関係者は「ク・ハラが安静のためには所属事務所のケアを受けるのが良いとの判断で、退院してすぐ日本へ向かった」と説明した。

    ク・ハラは現在、韓国には所属事務所がなく、日本にのみ所属事務所がある状況だ。

    また、自宅が一般に公開されたことへの負担もあると伝えられた。

    これにより、世間の過度な関心が安静や休息の妨げになると考え、日本行きを選んだものとみられる。

    自殺未遂後、ク・ハラは日本のメディアを通じて「ご迷惑をおかけしてとても申し訳ない」とし、「いろいろなことが重なり、つらかった。今からは元気な姿を見せられるように努力する」と心境を告白していた。


    https://news.infoseek.co.jp/article/wowkorea_235845/

    no title


    所長見解:死ななくてよかったやん・・・
    【【元KARA】自殺未遂のク・ハラさん、退院後は日本希望の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    麻薬取締法違反罪に問われているミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)の初公判が5日、東京地裁で開かれた。

    瀧被告は俳優としての仕事のストレスを発散するためにコカインを常用していたと告白。

    俳優業をやめ、家族の支えのもとで更生していくと誓った。

    薬物依存の治療後、ドイツに移住し音楽活動を展開していくプランがあることも分かった。

    瀧被告は黒いスーツに紺色のネクタイ姿で出廷した。

    4月4日の保釈時よりも髪の毛も短く刈り込み、ややふっくらした様子。

    証言台の前に立つと、はっきりした声で質問に応じた。

    p


    小野裕信裁判長に職業を聞かれると「ミュージシャンをやっていましたが、事務所を解雇されたので無職と言えるかもしれません」と遠回しな表現で回答。

    石野卓球(51)と組むバンド「電気グルーヴ」の一員である自負をのぞかせた。
     
    小野裁判長に今後を聞かれ「楽曲制作は相方(石野)が主導しているけど、音楽を作ることはこれからもやっていきたい。
    バンドの中で足並みをそろえて、協力のもとでやっていかせてもらえたら」と、電気グルーヴで活動していくことを望んだ。

    「具体的に話をしているのか?」と問われると「彼(石野)の身の回りにも迷惑をかけてしまったし、そういう話には及んでいない」と述べるにとどめた。  
     
     
    しかし関係者によると、瀧被告の薬物依存の治療が終了後、ドイツを拠点に活動していくプランが浮上している。

    日本では復帰の道筋が険しいのに対し、ドイツは薬物事件の前科者に寛容な社会である上に、テクノの本場。

    電気グルーヴとしてもCDセールスが好調で、公演実績もある。

    瀧被告は「事務所を解雇されているので明るい展望はないに等しいが、私にも家族がいるので、どうにかして養っていく責任がある」と、わらにもすがる思いであることを明かした。

     
    更生の鍵を握るのは家族だ。

    瀧被告はコカインを常用した理由を「仕事のストレスを夜に1人で解消するためだった。
    深夜に帰ってきて(ストレスを発散するために)家族を起こすことには迷いがあった」と説明。

    妻は嘆願書で「注意して監督していきます」と更生に付き添う意思を示した。

    瀧被告のドイツ移住が実現した場合、現地でサポートできるかも鍵になりそうだ。

    瀧被告は「こんな事件を起こしても家内は離婚とかひと言も言わなかった」と感謝。

    保釈後は自宅で家族のために料理などの家事をしているという。

     
    コカインを譲り受けていた知人の通訳業の田坂真樹被告(48)の連絡先は消去し、コカインを使っていた別宅のマンションも今月末で賃貸契約を解約。

    「二度と手を出すことはありません」と話した。  
     
    検察側は懲役1年6月を求刑。

    弁護側は執行猶予付き判決を求めて即日結審した。

    判決は今月18日。


    《実家ひっそり》静岡県静岡市にある瀧被告の実家はこの日、1、2階の窓のカーテンが閉められ、ひっそりと静まりかえっていた。

    父親はインターホン越しに「テレビで報道されている通りで、何も答えることはありません」とだけ述べた。


    《更生プログラム担当医師が証言》瀧被告は現在、国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)に週1回通院し、更生プログラムを受けている。

    担当の医師が証人出廷し、瀧被告の状態について「依存度は軽症。依存症には該当しない」と述べた。

    臨床心理士によるプログラムは全24回で、瀧被告はこれまで4回受けた。

    終えるまで半年ほど要する見通し。

    同施設の「認知行動療法」は患者同士がグループディスカッションをするのが特徴だが、医師は「グループでやっているとマスコミが入ってきてしまう」と、瀧被告が特例で「個別」で受けていることを明かした。
     
    小野裁判長は「グループではなく個別で効果は?」と質問。

    医師は「(他の患者との)絆が生まれるメリットがないが、個別だと丁寧に治療が受けられる」と説明した。


    《傍聴券倍率60倍》瀧被告の初公判が開かれた東京地裁には、一般傍聴席21席に対して1266人が傍聴券を求めて長い列を作った。

    倍率は約60倍。

    待つ人の列は一時、数十メートルに及び、裁判の注目度の高さをうかがわせた。


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/06/kiji/20190605s00041000457000c.html
    所長見解:どうやろね・・・


    【【逃亡】ピエール瀧、ドイツに移住説。】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ