引退

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    芸能レポーターの井上公造氏が、3月13日に放送された情報番組「おはよう朝日です」(朝日放送)に出演。

    別居が報じられたタレントの小倉優子(36歳)について語った。  

    井上氏は2月27日、小倉の第3子妊娠がわかった際に祝福のメールを送ったところ、小倉の反応が少し気になるものだったため、電話で直接話を聞くことに。

    井上氏によると、小倉の夫の親戚が“芸能人御用達の歯科医院”を経営しており、そこを夫に継いで欲しいとの話があった、とのこと。

    そして「そこを継ぐんだから(小倉が)芸能界にいると継ぎづらい」「芸能界を辞めて欲しい」との話になったという。


    電話で小倉は、「主人は本当にいい人なんです。
    こんな一面を持っているなんて全く知らなかったけれど、この性格を踏まえてやり直したい」と泣きじゃくっていたそうだ。

    g


    https://www.narinari.com/smart/news/2020/03/58890/all#more

    所長見解:どうやねん・・・

    【【リコン星人】小倉優子さん、号泣で「やり直したい」←これ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    鳥谷敬さん、ガチのマジで消える

    どこ行ってん…


    t

    所長見解:あかんかったか・・・

    【【悲報】元阪神・鳥谷敬さん、行方不明の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    “まゆゆ”をみかけなくなった――。

    最近、業界ではこう囁かれていた。

    2月16日に放送された「UTAGE!」(TBS系)で、MCを務める中居正広の隣に彼女の姿はなく、今や心配の声も上がっているという。

     
    2014年にスタートした「UTAGE!」に、渡辺麻友(25)は、AKB48所属の頃からアシスタントMCとして参加していた。

    不定期放送になった16年以降も、彼女はレギュラーとして出演してきた。

     
    ところが先日の放送では、渡辺に代わって、中居の後輩でもあるKis-My-Ft2の宮田俊哉がサイドを務めることに。

    欠席の理由は渡辺の「体調不良」だとされている。


    w

     
    思えば昨年7月には、同年9月末をもってファンクラブ運営を休止にすることが所属事務所「プロダクション尾木」(以下、尾木プロ)から発表されてもいる(この時の理由は『、皆さまに満足いただけるようなコンテンツの更新が行えていない』ため)。

    前田敦子や篠田麻里子は結婚後もファンクラブは続けている。

    アイドル時代に獲得したファンとのつながりは、事務所にしても重要なはずだが……。

    2020年の元旦から、Twitterも更新していない。

    「昨年の頭は朝ドラ『なつぞら』でいい役をもらっていただけに、その後、仕事をしていないのは不可解としか言いようがありません」とは、テレビ局幹部。


    「最近、渡辺がセンターを務めていた『渡り廊下走り隊』のあるメンバーと話をする機会があったのですが、彼女の話は出てこず。
    尾木プロからの売り込みも一切なくなりました。
    尾木プロは、元総監督の高橋みなみ(28)を筆頭に、小嶋陽菜(31)、峯岸みなみ(27)、多田愛佳(25)、市川美織(26)を抱えていて、営業のためこまめにテレビ局内を挨拶しまわることで知られていますからね。
    なにか特別な事情があるかもしれません」

     
    高橋がバラエティー番組にゲスト出演したり、多田がドラマの端役に起用されたりするのも、そうした企業努力の賜物か。

    だからこそ渡辺が仕事をしないことが際立つという。

    彼女は、AKB総選挙1位となったこともある実績の持ち主なのに……。


    「UTAGE!」を放送するTBSの関係者に聞いても、

    「詳しいことはわかりません。
    “『UTAGE!』欠席は渡辺側の意向”とだけ出回っています。
    尾木プロはタレントに優しい事務所ですから、事務所から“干す”ような真似はしないでしょう。
    渡辺本人が芸能活動をやる気がなくなったという声もありますが、真相ははっきりしません」

     
    一部では“整形失敗説”や“妊娠説”などあらぬ噂も立っているようだが……。

    番組欠席は“渡辺サイドの意向”すなわちTBSの意向で降ろしたわけではないという見立ては、先の業界関係者も同じだ。

    「尾木プロの看板格には、石坂浩二や仲間由紀恵、三田佳子といった錚々たる面々がいますからね。
    力関係からいって、TBSの方から、わざわざ不定期の歌番組のサイドMCを降りてくれるよう事務所に頼むことはとうていあり得ません。
    渡辺側から今回は降りたということです」


    まゆゆの現在に、関係者はまゆをひそめている。


    週刊新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200307-00612375-shincho-ent

    所長見解:どしたんやろね・・・

    【【引退説】元AKB・渡辺麻友さん、ファンクラブ休止、レギュラー番組欠席、SNS更新停止の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東出昌大、連ドラ終了後に活動休止へ…不倫相手の唐田は芸能界引退の方向

     
    不倫発覚から1カ月が経過しても批判を浴び続けている俳優の東出昌大。


    不倫相手の女優、唐田えりかも露出はなくなり、頻繁に投稿していたインスタグラムのアカウントも削除されてしまった。


    d

     
    東出が現在放送中の連続テレビドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)に出演中だが、テレビ局関係者は語る。

    「ドラマの撮影現場でも、東出は腫れ物扱いです。
    2月1日は東出の誕生日だったのですが、所属事務所からスタッフに『騒動で迷惑をかけているので、お祝い事は遠慮させてください』と連絡があり、出演キャストでよくみられるような、現場で誕生日を祝うようなサプライズは行われませんでした。
    このドラマでは、東出のセリフが不倫騒動とリンクするような場面がしばしばみられるということで、話題になっていますが、“脚本家はちょっとフザけすぎではないか?”という声も出ていることも確かです」

     
    また、東出の所属事務所関係者もこう嘆く。

    「もちろん東出のやったことは許されることではありませんが、明らかに現場での扱いは酷すぎるのではないかという声が、事務所スタッフの間でも聞こえてきます。
    これでは、良い演技なんかできないですよ。
    オリジナル作品なので、脚本は撮影と同時進行でつくられているようですが、話題づくりを狙って不倫騒動を意識して書かれているとすれば、ちょっと悪質かなぁとは思います。

    やはり東出の私生活と仕事は別の話だと思うので、それとこれは分けてほしいですね。
    もっとも、事務所としては本人にお灸をすえる意味でも、このドラマが終われば、しばらくは東出の仕事は入れない予定です。
    事実上の活動休止でしょう」

     
    もっとも、スタッフや出演者全員がドラマのヒットを望むなか、不倫報道によって制作陣が落ち着いてドラマづくりに集中できなくなったという意味では、主演の東出の罪は大きい。

    週刊誌記者はこう話す。

    「炎上する不倫としない不倫の違いは何かと聞かれると、やはりSNSが大きく関わっていますね。
    ベッキーのときは相手男性とのLINEでのやりとりが晒され炎上し、今回は唐田がインスタグラムで東出との不倫を匂わせる投稿をしていたことでバッシングを浴びました。
    ベテランと違いキャリアの浅い若手女優の唐田が復帰するのは、相当厳しい。
    このまま芸能界引退という見方が濃厚です。
    唐田さんは期待されていた分、事務所は痛い思いをしていると思いますよ」

     
    東出の唐田、2人の芸能人生は今後、どうなってしまうのだろうか。


    https://biz-journal.jp/2020/02/post_144203.html

    所長見解:そうなるか・・・

    【【でっくん速報】東出昌大、活動休止へ 不倫相手の唐田は引退の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    今年39歳の「81年世代」が野球人生の岐路に立たされている。

    昨季限りで阪神を退団した鳥谷敬は現役続行の意向を示しているが、各球団が春季キャンプを打ち上げた現在も所属先が決まっていない。


    1


    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6352807

    所長見解:さすがに・・・

    【【悲報】元阪神タイガース・鳥谷敬、引退の模様・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ