ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    引退

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    五輪3連覇を含む16大会連続世界一を達成し、ギネス世界記録も持つ元女子レスリング選手、吉田沙保里の好感度がいま、下がり始めている。


    個人戦206連勝など輝かしい記録を持ち、国民栄誉賞、紫綬褒章も受賞、受章している吉田。

    「霊長類最強女子」とも呼ばれ人気を博していたが、2019年1月に現役引退を発表。

    その後、4月には朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)で金曜パーソナリティに就任したり、バラエティ番組に多く出演するなど、タレント化を進めている。

    しかし、それが好感度急落の原因のひとつだという。


    「引退後のスポーツ選手がバラエティ番組に出演することはさほど珍しいことではありませんが、吉田の場合は引退直後に、『ZIP!』のパーソナリティに就任し『浮かれている』としてネットユーザーの不信感を生んだようです。
    さらに7月には下着ブランドのモデルにも挑戦したが、当時ネットからは『こんな姿見たくなかった』『どこに向かってるの?』という冷たい声が殺到。
    いきなりの露出度急増に戸惑う声が聞かれました」(芸能ライター)


    w


    また、“深田恭子化”も嫌われるきっかけのひとつだという。

    「吉田と深田は仲がいいことで知られていますが、当初は意外な組み合わせに驚く声も上がっていたものの、いまではふたりはたびたび、お互いのインスタグラムにツーショットをアップしています。
    しかし、吉田のファッションが次第に深田似になってきたとされ、また深田の趣味であるサーフィンを吉田が追いかけ始めたことなどが、他人に寄せる“パクり女子”のようだと話題に。
    『完全に寄せていってる…』『目の前に女子のお手本がいたら勘違いするかもだけど、それでも痛いよ』といった呆れ声が集まっています」(同)


    まさに国民的ヒーローだったものの、たった1年で嫌われキャラになり下がってしまった吉田。

    果たして2020年はどんな評価を受けるのだろうか――。


    http://dailynewsonline.jp/article/2140774/

    所長見解:あの件が・・・
    【【悲報】元レスリング・吉田沙保里さん、嫌われた理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元ヤン→おバカ→人気のママタレから転落……

    実姉の元勤務先のタピオカ店店長を“恫喝”して炎上し、18日に芸能活動自粛を発表した木下優樹菜(31)。


    〈いい年こいたばばあ〉〈弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから〉〈事務所総出でやりますね〉などと“本職”顔負けのセリフに、ネット上では〈本性が出た〉という声もある。

    「かつて木下はバラエティー番組で元ヤンキーだったエピソードを恥じらいもなく語っていました。
    なんでも、中学時代にタイマンのトーナメントで準優勝し、副番長を務めていたようです。ヤンキー気質は筋金入りのようですね」(テレビ誌ライター)


    木下といえば、2007年に初出演した「クイズ!ヘキサゴンⅡ」(フジテレビ系)で珍解答を連発し、「おバカキャラ」としてブレーク。

    10年に藤本敏史(48)と結婚し、12年に長女、15年に次女を出産。

    16年の「好きなママタレランキング」(オリコン)では堂々の1位と、順調にステップアップしてきた。

    以後も毎年、上位にランクインするなど、すっかりママタレのイメージが定着していた。

    しかし、今回の騒動が影響し、当然ながら今年の好きなママタレはランク外。

    20日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)では、コメンテーターの玉川徹氏が「ヤンキーのイメージからママタレイメージに変えたんでしょうけど、木っ端みじんですよね。
    これからママタレとしてやっていくのはほぼ不可能でしょう」と指摘。


    y


    ■このままフェードアウトも…

    果たして木下に“復活の目”はあるのか。

    コラムニストの桧山珠美氏は「代表作や特技があるわけでなく、イメージで商売してきた人なので、この先は厳しいでしょう」と、こう続ける。

    「今回の騒動で素がハッキリしたので、殊勝な姿で復帰しても〈猫をかぶるな〉〈ユッキーナらしくない〉と批判され、開き直ってヤンキーキャラで活動を再開しても〈反省していない〉とバッシングされるのが目に見えています。
    袋小路の状態ですね」


    こんなふうに世間から猛バッシングされた芸能人にも「金スマ」や「しくじり先生」といった“救済番組”もある。

    「とはいえ、事の重大さを考えると、出演はまだまだ先でしょう。
    そもそも芸能界には元ヤンを公言している人が少なくない。
    かばってくれる人もいるかもしれませんが、ファンや視聴者の信頼回復には時間がかかるでしょう。
    不謹慎かもしれませんが、木下さん自身がタレントに会えるタピオカ屋を開き、ファンの反応をじかに感じるのはいいかもしれませんね」(桧山珠美氏)


    しばらく復帰は厳しそうな木下。

    このまま芸能界からフェードアウトもあるかもしれない。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17423056/

    所長見解:まあな・・・
    【【タピオカ騒動】木下優樹菜の復活計画がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    新垣結衣に明らかな異変!結婚か、引退か…  


    過去数々のヒット作に出演し常にトップランクの人気を保ち続けてきた新垣結衣さん。

    2016年に放送されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』では再ブレイクを果たし、30代に突入しても変わらぬ容姿でこのまま人気女優の道を行くのかと思われていましたが、そんな新垣さんの最近の仕事ぶりがまるで身辺整理をしているかのようだと報じられています。

    その先にあるのは結婚なのか、引退なのか…


    g



    仕事をしてない新垣結衣

    ここ数年は1年に1作はドラマ出演するペースで来た新垣結衣さんですが、今年はドラマ出演がないですし、新垣さんレベルだと来年1月、4月のドラマに出る場合でも噂が出ますが、そういったものもありません。

    新垣さんレベルで一つドラマがコケたくらいで干されることはないですよね。

    素行や性格が悪いという噂もまず出てこない、稀有な女優さんだと思います。

    だからこそ大手のCMもたくさんつくのでしょうし。

    新垣さんは昨年『獣になれない私たち』でドラマ出演のほか、映画『コード・ブルー』に出演し93億円という大ヒットを飛ばしています。

    6月に31歳になりましたし、この1年は拘束時間の長い女優はお休みしてのんびりする約束だったのかも。



    囁かれる結婚説

    婚活話は少し前からありました。

    しかし婚活するから「拘束時間の長いドラマに出ない」は、まあいいとして、拘束時間が短そうなカレンダーを出さないのは驚きでした。

    あまり売れないから利益が出ないのかと思いきや、2018年のAmazonの年間売上ランキングを見ると2位で、3位が阪神タイガース、8位に石原さとみさんでそれ以外の10位以内は一般的なカレンダーですからこれで売れてないとは言えないような。


    もう一つ、アーカイブブック。

    が、なぜ9年分なんでしょうね。

    婚活というより、引退準備のような気がしてしまいますが、レプロにとっては大黒柱ですし、そう簡単に引退はできなそう。

    結局ただの休暇なんだと思いますが、ちょっと出ないだけで噂になって大変ですね。
    https://imashun-navi.com/article/aragaki-kekkon.html



    所長見解:誰と・・・


    【【悲報】新垣結衣、結婚引退の模様・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「芸能生命の窮地に立たされている木下優樹菜(31)が、来週、正式に芸能活動休止を宣言することになるようです」(芸能プロ関係者)


    y

     
    木下といえば、今年の9月、姉が働いていたタピオカドリンク店のオーナーに対し、SNS経由で恫喝的なメッセージを送っていたことが発覚。

     
    騒動から約1か月が過ぎようとしているが、木下と夫のお笑いコンビ・FUJIWARAの藤原敏史(49)が出演する番組には、ネットなどでは批判の声が多数上がるほか、夫妻のSNSには連日批判の声が寄せられるなど、いまだ大炎上中。

     
    11月2日に出演予定だった、神戸学院大学学園祭でのトークショーは中止。

    12月12日にはジャニーズ事務所の『ふぉ~ゆ~』が主演を務める舞台『ENTA!2 4U.Zeppin de SHOW』に出演する予定だったが、森公美子(60)への変更が発表された。

     
    11月9日の『文春オンライン』によると、10月中旬頃、木下、夫の藤本、木下の母親の3人で、タピオカドリンク店の店長の自宅を謝罪のため訪れたものの、不在だったため、直接謝罪はできなかったという。


    「雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、チュートリアルの徳井義実(44)、道端アンジェリカ(33)など、不祥事を起こした芸能人は、正式に休業し、事態が落ち着くまでは一線から身を退くというのが、ここ最近の流れになっています。
    木下も、宮迫や徳井、道端と同じようにしばらくはメディアへの出演のみならず、SNSなどの投稿も控え、事態の収束を待つということなのではないでしょうか」(前出の芸能プロ関係者)

     
    姉をかばうつもりが、自身の芸能生活を危機に陥れてしまった木下。

    木下本人が休業を申し出たとも言われるが……。

    芸能活動休止宣言の際にはどのような声明を出すのだろうか?


    https://taishu.jp/articles/-/70154?page=1


    写真
    https://taishu.jp/mwimgs/8/d/-/img_8dedebbab4c2f136f95af62d93e45251411021.jpg

    所長見解:もうね・・・
    【【タピオカ事件】木下優樹菜さん、ついに休業発表の模様・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「とくダネ!」来年終了へ 

    小倉智昭が望む後任、笠井信輔アナ起用ならギャラはいくら?
     

    リニューアル3日前、メインMCを務める小倉智昭(72)は目を潤ませていた。

    20年間、共に番組を支え、9月末でフジテレビを退社する笠井信輔アナ(56)の最後の出演日だったのだ。
     
    番組で自由奔放に発言する小倉を、常にフォローしてきたのが笠井だった。

    「小倉さんと笠井さんはまさに長年連れ添った夫婦のようでした。
    阿吽(あうん)の呼吸でうまく立ち回ってくれた笠井さんがいなくなり、伊藤利尋アナや新キャスター陣に小倉さんのフォローができるのかという不安はあります」(番組関係者)


    g


    小倉の胸には感慨以外に、大きな望みも去来しているはず、とフジ関係者が語る。

    「実は、フジは来年10月に『とくダネ!』を終了し、新番組を立ち上げる予定。
    小倉さんはその後番組の司会を笠井さんに、と思っているようなのです」

    後継は信頼する片腕であり、今や事務所の後輩ともなった笠井に……というわけだが、実現の可能性はどのくらいあるのか。

    「笠井さんにお願いするなら小倉さんの半額程度のギャラが妥当。
    でも、局としてはそれより新たに育てた方が話題性があって、ギャラも抑えられる。
    今回抜擢した石黒さんらに注目しています。
    石黒さんは初回こそ緊張でガチガチでしたが、関口宏さんのように俳優出身の司会者へ変貌する可能性もある」(同前)
     
    笠井の所属事務所は、“後継問題”について「(フジから)何も聞いておりませんので何も考えたことがございません。
    何かを聞いた時に考えると思います」と回答。

    笠井自身は現在、エンタメ関係者への営業活動に勤しんでいるという。

    「〈マネージャーを連れて行くのでご挨拶させてください〉とメールをもらいました。イベントの司会もうまく、すでに雑誌のエンタメコーナーの執筆やバラエティの出演も多数決まっているようです」(映画関係者)

    この上新番組もゲットとなれば、大いに得だね!
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191029-00014944-bunshun-ent



    所長見解:どうやろ・・・

    【【悲報】小倉、とくダネやめるってよwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ