ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:引退

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いタレント、司会者として高い人気を集め、2011年に芸能界を引退した島田紳助さんだが、その後は南国生活を楽しんでいるようだ、とネットで話題を集めている。

    11年の引退以降はメディアへの積極的な露出は避けている島田さんだが、2018年4月7日に沖縄県宮古島のレンタカー業者「宮古島アップスレンタカー」のインスタグラムに登場したのだ。

    no title


    半そで半ズボン、サンダルの南国ルック

    すでに暑さが増している宮古島で撮影されたその写真には、半そでに半ズボン、足元はサンダルと南国ルックできめた島田さんが映っている。

    東南アジアなどで主に使われる、窓なしのオープンな3輪自動車「トゥクトゥク」に笑顔を浮かべて楽しげに乗り込んでおり、南国生活を満喫している様子だ。

    この画像は700件近い「いいね!」がついた他、島田さんの久しぶりの公での姿に、往年の代名詞でもあった

    「素敵やん!」

    というコメントや、

    「元気そうでなりよりです 久々紳助さんのトークが聞きたいなー」
    「久しぶりに紳助さんのお姿が見れて本当に嬉しいです」

    といったファンからのメッセージの他、インターネット掲示板「5ちゃんねる」では、

    「人生クッソ充実してそう」
    「ワイも財産築いて島でゆっくり過ごしたい」
    「紳助の余生とかいう理想の生き方」

    など、引退後の生活への憧れの声も上がった。


    引退後は逆風なネット世論も徐々に追い風気味?

    島田さんは暴力団との付き合いがもとで芸能界を11年に引退。

    以降は24時間ランナーの候補である、復活特番が撮影されている、といった噂や、はたまた死亡説といったデマが流れることもあった。

    引退直後に流れたそういった噂に対してはネット上では冷ややかな意見も上がったものの、16年2月、俳優・石坂浩二の「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)からの突然の降板や、タレントのベッキーさんと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんの「ゲス不倫」について、芸能リポーターの井上公造さんが伝えた島田さんからの

    「石坂浩二さんなしでは、あの番組が成功しなかったのは、絶対的な事実です。品位と格が番組につきましたから。僕だけでは、単なるバラエティーで失敗してました。確実に」

    「すべてを失っていいと思って人を好きになるって、すごいやん。あんたらできるのか?そんな恋したことあるのか?」

    「ロクに恋もさせてもらえなかった31歳のベッキーが、人生かけた恋を、人生かけて恋したことない人間には、理解してもらえないよね。タレントとしてはダメなベッキーかもやけど、僕はすべてをかけたベッキーが素敵に思えます」

    といったメッセージには、支持の声も上がっていた。

    https://www.j-cast.com/2018/04/19326613.html?p=all


    所長見解:そろそろか・・・
    【【あの人は今】島田紳助さん、宮古島で発見された画像がコチラwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昨年11月、所属事務所社長への“ビンタ事件”が発覚した西内まりや(24)。

    今年2月の本誌取材では、レコード会社関係者が「所属事務所との契約も3月末日に終了する予定ですが、彼女は弁護士を通じて、契約を更新しない旨を伝えています」と証言。
    また西内自身も本誌の直撃取材に答えていた。

    巷で流れる引退説については「……引退ですか?少なくともいまは、引退は考えていないですね」と否定。
    「所属事務所とは4月以降は契約更新しないと伺いましたが?」との問いに対しては、こう答えていた。

    「それは弁護士さんと相談して進めている件ですので、私がいまこの場所で語ることはできません(中略)ただ一つ言えるのは、事務所に対しては恩もありますし、感謝もしているということです。
    でも、3月いっぱいは契約も残っていますので、(活動再開時期など)具体的なことは今後考えていきたいと思っています」

    しかし3月をすぎても、西内や所属事務所から今後の活動についての発表はなかった。

    n


    そんななか4月3日現在、所属事務所のHPの所属タレント一覧から西内の名前は削除されている。
    そこで所属事務所に問い合わせたところ、担当者はこう答えた。

    「3月31日をもって、契約は終了しました」

    更新はされていないものの、西内のブログやSNSアカウントはまだ残されたまま。
    今後、本人コメントとして何らかの発表がされるのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180403-00010006-jisin-ent


    所長見解:残念だね・・・
    【【引退】西内まりや、所属事務所との契約終了の結果wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本テレビ「news every.」などに出演したフリーアナウンサー、伊藤綾子(37)が芸能事務所「セント・フォース」を退所していたことが2日、分かった。

    伊藤アナは秋田県出身。
    山形大卒業後、秋田放送(秋田市)のアナウンサーとして活躍後、フリーに転身。
    日本テレビの夕方のニュース番組「NNN Newsリアルタイム」、「news every.」などの出演で知られていた。

    「セント・フォース」は退所した理由について、本紙の取材に「本人から、メディアに関わる仕事からいったん離れたいと申し出があり、仕事の整理もついた3月末で事務所も円満に退所することになりました」と答えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000127-spnannex-ent

    no title


    所長見解:準備?・・・
    【【嵐女子穴】伊藤綾子アナ、事務所退所 ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    坂口憲二、無期限活動休止…国指定難病「特発性大腿骨頭壊死症」で治療専念

    s


    俳優の坂口憲二(42)が31日、国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死(えし)症」のため、無期限で芸能活動を休止することを発表した。
    所属する芸能事務所「ケイダッシュ」も契約満了となる5月末で退社する。
    6年前から右股関節の痛みに悩まされ、3年前に手術も受けていた。
    今後は治療に専念する。

    原因不明の難病に悩まされている坂口。
    文書で「このままでは仕事関係者の皆さまにもご迷惑をお掛けすることになり、これ以上仕事を続けていくことはできない」と苦しい胸中を明かした。

    事務所関係者によると、坂口が右股関節の痛みを初めて訴えたのは、2012年8月の初舞台「十三人の刺客」の期間中。
    痛み止めの薬を飲んでしのいだが、これ以降、慢性的に痛むようになった。

    初めて病院で診察を受けたのは14年春。
    同3月に飲食店経営の女性と結婚していたが、このころには松葉づえを使うほど重症化していた。
    同7月に精密検査を受けるため一時休業して入院。
    それでも病名は分からず、15年春になって「特発性大腿骨頭壊死症」と判明し手術を受けた。

    股関節を構成する大腿骨頭が、血流の低下によって壊死する難病。
    手術後は日常生活に支障がない程度にまで痛みも減少。
    ナレーションやDHC「プロテインダイエット」のCMで仕事復帰もした。

    しかし、昨年3月に同CMの契約が終了した後、目立った活動はなくなり、今年1月末に事務所側に活動休止と退社の意思を伝えた。
    事務所関係者は「ドラマの出演依頼はあったんですが、坂口は受けなかった。体を張った役や演技をできないのが許せなかったようです」と語る。
    坂口は「自分の力をセーブしながら(仕事を)続けるのも困難だと考え、このたびの結論に至りました」としている。

    現在は半年に1回ペースで通院し筋トレなどでリハビリ中。
    今後は治療に専念し「体調を戻してから、自分のできることをやっていきたい」としている。

    ◇特発性大腿骨頭壊死症 医療費が助成される厚生労働省の特定疾患に指定されている。
    患者数は約1万1000人とされ、年2000人ほどの患者が新規に発生しているとされる。治療法は確立されていない。
    壊死した後、骨がつぶれて痛み、歩行などが困難となった場合は人工関節に置換する手術などを行う。

    ◆坂口 憲二(さかぐち・けんじ)1975年(昭50)11月8日生まれ、東京都出身の42歳。東海大ハワイ校卒。
    99年のテレビ朝日ドラマ「ベストフレンド」で俳優デビュー。
    数多くの映画やドラマに出演してきた。
    14年3月の結婚後、同9月に第1子となる長男、16年5月に第2子となる次男が生まれた。
    父は元プロレスラーの坂口征二氏、兄は総合格闘家の坂口征夫。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000001-spnannex-ent


    所長見解:復活してほしいね・・・
    【【難病告白】坂口憲二、無期限活動休止ってよ・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    福岡ソフトバンクと今季の契約を結んでいなかった川崎宗則内野手(36)が現役引退の意向を固めたことが25日、分かった。

    昨年4月に古巣で6年ぶりに日本復帰したものの、夏場に両アキレス腱(けん)痛で戦線離脱。
    現在まで心身両面で復帰のめどが立たず、球団と協議を重ねてきたが、結論として契約の打診を辞退した。
    日米両球界で人気者となった「元気印」が一つの区切りをつける。
    V2の戦力と期待された川崎が、開幕を目前に自ら一線を引いた。
    心身両面でプレーできる状況が整わず、球団に現役引退を申し入れた。
    近しい関係者に、ファンに対しての思いを「すごく心配してもらった。いつかは約束できないけど、どこかで報告ができたら」と、また「球団には誠意を尽くしてもらった」などと話しているという。

    昨秋にチームが日本一となった後、優勝パレードやファンフェスティバル、納会やハワイ優勝旅行といった行事を欠席。
    契約更改も見送り、2月の宮崎春季キャンプから不参加だった。
    再契約を望み、保留選手名簿(球団が引き続き契約する権利を持つ選手の名簿)に載せた球団と協議を重ねてきたが、本格的なトレーニングは再開できていない状況。
    24日の球団との直接会談で区切りをつけた。

    m


    昨年、電撃的に古巣ソフトバンクへ復帰

    米球界での6年目に備えていた昨年3月にカブスを退団。
    電撃的に古巣ソフトバンクへ復帰した。
    2軍調整をへて4月末に1軍昇格すると「Have fun(楽しむ)」を合言葉に周囲を鼓舞。
    リーグ4位、勝率5割付近をさまよっていたチームが、この頃から首位楽天を猛追し始めた。

    チームの最年長野手ながら、突き抜けた明るさが際立った。
    体勢を崩すほどの強いスイングや練習量を抑える調整など、米国流のモデルチェンジも目を引いた。
    二塁手の一角で出場を重ねたが、7月末に両アキレス腱痛で戦線離脱。
    米国の天然芝から日本で主流の人工芝に適応する過程でのトラブルだった。

    この時点では「大事になる前に」と語っていたが、2軍での実戦復帰は9月末。
    その際に以前では考えにくかった変調も起きた。
    本塁打を放った直後に左ふくらはぎがつり、復帰へのステップは後退。
    チームの快進撃を横目に、リハビリの展望も開けなかった。


    敬愛するイチロー(マリナーズ)と同様に常時出場できる準備を重んじ、自負していた男が、その過程で心身とも疲弊。食事もままならず体重が大きく落ちた。
    クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ最中の10月下旬、筑後のリハビリ組からも離れた。
    一時は入院生活も送った。

    ここ6年、激動の日々を過ごした。
    米国での5年間は毎年マイナー契約でスタート。
    12年はマリナーズでオープン戦首位打者(打率.455)となり超難関の開幕メジャー入りを果たしたが、4カ月後にイチローがヤンキースにトレードとなった。
    マイナーでは長距離、長時間のバス移動や、突然の昇格や降格も日常茶飯事。
    夢を追い続けた代償ながら、休息が必要になっても無理はない。

    現在は、体重60キロ台だったプロ入り当時の体格に近い。
    体調そのものは上向きつつあり、日によって歩行や軽いトレーニングで体を動かしているという。

    小久保裕紀、松中信彦、斉藤和巳(本紙評論家)らと同じくホークスの一時代を支えた功労者に対し、球団は慰留に努めた。
    工藤監督や王会長、球団フロントも状況が整うのを待った。
    プレーの可否にかかわらず、昨季と同じ年俸9000万円(推定)プラス出来高で契約する案もあったが、川崎は辞退。
    球団も翻意を促すのは困難と判断し、最終的には本人の意思を尊重して受け入れる方向だ。

    ブルージェイズ時代のヒーローインタビューでの「アイムジャパニーズ」発言に代表される快活さで、日米のファンに愛された人気者。
    現時点で記者会見等の予定はない。
    今は何らかの形での“第2章”を、待つほかない。


    ◆川崎宗則(かわさき・むねのり)
    1981年6月3日生まれ。鹿児島県出身。
    鹿児島工高からドラフト4位で2000年に福岡ダイエーに入団し、遊撃の定位置をつかんだ。 
    04年に最多安打、最多盗塁。ベストナイン、ゴールデングラブ賞を各2度受賞した。
    08年北京五輪、06、09年WBCで日本代表。
    米球界に移籍した12年にマリナーズ、13年からブルージェイズ、16年はカブスでプレーし、17年に古巣の福岡ソフトバンクで日本に復帰した。右投げ左打ち。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00010000-nishispo-base
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00010000-nishispo-base&p=2


    所長見解:引退か・・・
    【【ムネリン】ソフトバンクの川崎宗則選手が引退ってよ・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ