引退

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年もさまざまな出来事があった芸能界。

    中でも目立ったのが、酒に起因する事件だった。

    2018年を回顧する連載の初回は、元TOKIOの山口達也(46)が酩酊(めいてい)した末に女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検された事件を振り返る。

    事件が起きたのは今年2月。

    山口が司会を務めていたテレビ番組で知り合った女子高校生を東京都港区の自宅マンションに酒に酔った状態で呼び、無理やりキスをするなど、わいせつな行為をした。

    4月に書類送検され、のち起訴猶予となったが、事態を重く見たジャニーズ事務所は5月、契約解除を発表した。

    山口は1月から飲酒による肝臓数値悪化のため入院しており、退院した当日の出来事。

    事件当時、焼酎1本を空けていたことも発覚し、深刻な飲酒の問題に直面していることが浮き彫りとなった。

    山口は4月に謝罪会見した直後に入院。

    テレビ局関係者によると、約8カ月たった現在も首都圏近郊の病院に入院しているという。

    治療しているのは、うつ状態とそう状態を繰り返す気分障害の一つ「双極性障害」。

    実は5年以上前から症状に悩まされていたという。

    同関係者は「精神的に不安定になると酒に頼ってしまうことが多く、トラブルになることもあった」と明かす。

    医療ジャーナリストの森田豊氏は「双極性障害の患者は、そう状態のとき自分の好きなことに走りやすい。過度の飲酒を引き起こした原因のひとつと推察できる」と指摘。

    治療により症状をコントロールしないと「そう状態のときに規範を逸脱した行為をする傾向が強い」とも話し、飲酒と障害が事件の一因となった可能性が高いとした。

    山口を巡っては、16年の離婚についても飲酒の影響が取り沙汰される。

    音楽関係者は「自制の利かない状況に元妻が愛想を尽かして、息子2人を連れ山口の元を去ったと聞いています」と話す。

    現在心配されているのは金銭面。

    山口は自身の治療費用に加え、養育費も支払ってきた。

    ともに仕事をしていた番組スタッフは「収入はゼロでしょう。家族のサポートを受けながら貯金を崩してやりくりしていると思いますが、それもいつまで持つのか」と危惧する。

    酒で全てを失った山口。

    同スタッフは「普段は明るくて気さくな人だったんですが…。どうして酒を控えることができなかったのか」と残念そうに語った。

    y


    ◆相次いだ酒トラブル

    【元「モーニング娘。」吉澤ひとみの飲酒運転事故】

    9月6日午前7時ごろ、酒気帯び状態で乗用車を運転し、東京都中野区の交差点に赤信号を無視して進入。

    20代女性をはね40代男性にもケガを負わせたが、そのまま走り去った。

    自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法で逮捕、起訴され、先月30日に懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。

    逮捕当時、吉澤の呼気からは基準値の約4倍のアルコールを検出。

    交差点には、法定速度を約26キロ超過した時速86キロで進入していた。


    【「とろサーモン」久保田かずのぶと「スーパーマラドーナ」武智正剛の酒酔い中傷騒動】

    3日未明、「M―1グランプリ」の打ち上げで発生。

    酒に酔った勢いで、審査員を務めた上沼恵美子(63)をこき下ろし。

    インスタライブで動画配信され、インターネット上で炎上。

    「クソ」「更年期障害」などの言葉も批判を浴びた。

    2人は4日にツイッターで謝罪。

    上沼は、2人に直接謝罪させたいという吉本興業の申し出を断った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000069-spnannex-ent


    所長見解:いろいろあったね・・・

    【【あの人は今】元・TOKIO山口達也、まだ治療入院中の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    8月に一部メディアに対して引退をほのめかすような発言をしており、その後が注目されていた歌手の華原朋美が11日、東京・椿山荘でディナーショーを行ったことを、各スポーツ紙が報じている。

    華原といえば、7月に大手不動産グループの会長との不倫疑惑を一部で報じられ、さらには、突然自身のSNSを閉鎖。

    8月に直撃を受けたメディアに対し、その理由について事務所の“検閲”があったことや、かつての恋人・小室哲哉のアルバムについて言及したところ、事務所スタッフから“クレーム”が入ったことを明かしていた。

    そのうえで、「今、事務所と話し合いを進めています。うまくいかない場合は引退も考えています」と宣言したが、この日のディナーショーの開催は決定していた。

    「少しは稼働してもらわないと事務所もたまったものではない。
    そこで事務所は1年前からディナーショーの会場を押さえ、出演をキャンセルするなら華原に違約金を支払わせる意向を示唆したところ、華原も渋々出演を承諾したというから、まだまだ事務所との溝は埋まっていないようです」(芸能プロ関係者)

    各紙によると、華原は70分間のステージでヒット曲「I’m proud」、「I BELIEVE」など12曲を熱唱。

    k


    集まったファン450人に対し、「今年はお休みを多くいただいてしまいましたが、来年はもっと皆さんの前で歌う機会を作っていきたい」と約束。

    さらに、週刊誌で報じられた激太り報道に触れ、「(所属事務所の)社長から『やせないと、このステージには立たせない』と言われたので、根性で1か月で9キロやせました。
    泣きながらランニングしました」と舞台裏の努力を明かしたという。

    この日のチケット代は食事・ドリンク付きで3万2000円(税込)。

    単純計算で1440万円を売り上げた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1608115/

    所長見解:どうなんやろ・・・

    【【ディナーショー】華原朋美の闇すぎる事情がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月6日発売の「週刊文春」が、来年からジャニー喜多川社長の後継者として事務所後輩のプロデューサーとして活動する滝沢秀明について報じている。

    t


    それによると、来年早々には「ジャニーズ・アイランド」なる社名で、ジャニーズ事務所の子会社が設立され、滝沢は事実上のトップとなる予定だという。

    「この会社活動の第1弾としてジャニーズJr.の6人組ユニット『SixTONES』を売り出す予定だそうです。
    すでに、来春公開の映画『少年たち』への出演も決定。
    メンバーには、俳優の京本政樹の息子・大我もいて、彼は滝沢が長年続けてきた舞台の後継者との噂もあります」(芸能記者)

    新会社では、Jr.のプロデュースの他、映画監督や脚本家などを育成する養成所を新設。

    ジャニー社長直轄の“Jプロジェクト”と呼ばれているチームが動いているという。

    その一方で、Jr.のユニット「Love‐tune」の解散と全員の退所が発表された。

    その原因となったのは、ジュリー副社長の発案による契約書にサインするかしないかで揉めたからとある。

    「ジャニー氏は、新しいプロジェクトのことで頭がいっぱいで、メリー氏とジュリー氏の会社運営には興味がないようです。
    昔、SMAPを任せていた飯島さんに対しても“彼女は別会社”と言って口出しはしませんでした。
    そういう割り切り方をする人なんです」(芸能ジャーナリスト)

    世間が危惧するジャニーズ事務所の内紛はなさそうだが、ジャニー社長&滝沢とメリー&ジュリー副社長という分裂体制になりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1603150/


    所長見解:ゴタゴタ・・・

    【【新会社設立】滝沢秀明、メリー&ジュリー副社長と分裂の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大相撲の前頭・貴ノ岩が、付け人で三段目力士の貴大将に暴力を振るった問題が波紋を広げている。

    貴ノ岩は自身の暴力問題を受けて、12月7日、引退する意向を固めたことが分かった。

    昨年10月の元横綱・日馬富士による暴力事件で被害者になっていたにもかかわらず、自分が弟弟子に暴力を振るっていたのだから、もはや貴ノ岩には同情の余地もないのは明らかだ。

    今回の暴力問題について、元親方の花田光司氏は、スポーツ紙の取材に対して「あんなことしちゃったらね。言語道断でしょ」と言葉少なくコメントしたが、ネット上からは「親方の教育が悪かったとしか思えない」「貴ノ岩には同情できないけど、貴乃花親方にもかなり責任があると思う」「貴ノ岩の自覚が足りないのは、協会や親方の責任でしょ」など、もはや他人事のように装う花田氏に批判が集まっている。

    「花田氏が多くを語らないのは、すでに相撲協会を退職している自分には関係ないという意思表示でしょうね。
    もっとも、貴乃花部屋では昔から暴力沙汰が頻繁に起きており、花田氏自身も弟子に手を上げたことがあるくらいです。
    今さら元弟子の暴力事件について、コメントする立場にないとも言えるでしょう」(スポーツ紙記者)

    t


    相撲界の暴力体質を批判していたはずだが…

    大相撲九州場所で幕内最年少で初優勝を飾った小結・貴景勝は、自身を鍛えてくれた元貴乃花親方に感謝の思いを伝えたという。

    しかし、世間から見れば、貴景勝の優勝は自分のおかげだが、貴ノ岩の暴力事件は関係ないという花田氏の態度は受け入れがたいのではないだろうか。

    「貴ノ岩が引退を決意したのは、モンゴルの家族を考えてのこともあるでしょうね。
    そもそもモンゴルでは英雄的存在の日馬富士を提訴したことで、貴ノ岩の家族は猛バッシングを浴びていました。
    そのあまりにも酷い嫌がらせに、貴ノ岩が提訴を取り下げたのは記憶に新しいところ。
    にもかかわらず、今度は自分が暴力事件を起こしていたのですから、家族がさらなる批判を浴びるのは間違いありません。
    協会からの処分が下る前に、自ら身を引いたのは懸命だったかもしれません」(同・記者)

    貴ノ岩については、かつて貴乃花部屋に所属していた元力士が、エアガンで後輩力士を撃っていたことや、何度も暴力行為を行っていたことを暴露している。

    また、当時の貴乃花親方が弟子を殴りつけ、出血する姿も目撃されている。

    今となっては、貴乃花部屋自体に暴力が蔓延していたのは間違いないが、それを許していた花田氏の責任は相撲協会を辞めたからといって、決して消えることはないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1603644/

    所長見解:もうね・・・

    【【元貴乃花親方】貴ノ岩事件に『無関係』の態度を取る、花田光司氏の人間性問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    バラエティー番組で人気のマツコ・デラックス(46)に、まさかの引退話が浮上している。

    タレントを廃業し、以前から進みたかった実業家への道に入るというから驚きだ。

    m


    「周囲は必死になって止めています。理由はマツコがテレビに出るだけで視聴率が上がるからです。
    だから、事務所やテレビスタッフは大慌てなんです。
    でも、本人はすっかりその気になっている。
    もともとマツコは、芸能界は腰掛けと決めていましたからね」(テレビ事情通)

    実は、マツコにタレント廃業のきっかけを作った人物がいるという。

    なんと、世界の経済人の1人として名前が挙がる、トヨタ自動車の豊田章男代表取締役社長(62)だというのだ。

    「あくまでも噂の域を出ませんが、トヨタ自動車の名誉コンサルタントに就任するというんです。
    マツコ本人はこの話に、最初は頑なに固辞をしていたそうですが、関係者から何度も説得されたというんです。
    最終的には、その気になったそうです」(芸能プロ関係者)

    気になるコンサルタント料だが…。

    「金額はまだ噂の段階なので詳細は分かりませんが、過去の例を見るなら、週に一度くらいでも年収3000万円は下らない。
    もっと会社に出るなどすれば、数億円も夢ではないかもしれません」(同)

    そもそもマツコと豊田社長の接点は、どこにあるのか?

    「付き合いは、かれこれ10年になるそうです。
    マツコがトヨタのCMを受けた後、テレビ番組で共演してから、すっかり意気投合したんです。
    トヨタ社長の口癖は、『生まれや地位にかかわらず、心を開く』と常々言っている。
    人を肩書で判断せず、その分野に一番詳しい人と、自ら進んで話そうとするんです。
    だから、マツコと話して素晴らしい感性と頭のよさに感服したというです。
    もしかしたら将来、本当に特別役員、あるいは社員としてトヨタ自動車に迎え入れられる日が来るかもしれませんよ」(芸能事情通)

    経済界の大物のハートを鷲掴みにするマツコ・デラックス。

    そのマンパワーは底知れないようだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/53029425/


    所長見解:ないやろ・・・

    【【衝撃情報】マツコ・デラックスの芸能界引退説。 】の続きを読む

    このページのトップヘ