引退

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 反社会的勢力に闇営業 宮迫博之さん、芸能界引退免れず…「闇営業」の動画第二弾が今週に炸裂

    ▼記事によると…

    ・6日付「FRIDAY DIGITAL」記事によれば、振り込め詐欺集団の忘年会に宮迫博之(雨上がり決死隊))や田村亮(ロンドンブーツ1号・2号)、そして入江など複数の吉本芸人が“闇営業”で出演。

    詐欺集団と芸人たちの仲介役を務めていた入江に対し、吉本が事実上の解雇処分を下したという。

    ・気になるのは、忘年会に出演していた入江以外の芸人の今後だが、テレビ局関係者は語る。

    「今日になって、“どうやら宮迫らが詐欺グループに闇営業していたという報道が出るらしい”という情報が入ってきて、宮迫や田村、そして吉本の芸人が出演している番組の関係者らはバタつき始め、夕方頃に入江解雇の第一報が出て、事実確認など対応に追われています。
    特に宮迫は出演本数が多く影響が大きいだけに、吉本や各局がどのような対応を取るのかが注目されます。


    y


    ▼関連ツイート

    本当に今の私から言える精一杯の気持ちです。
    それを言ったらあかんやろうと言う「闇営業」の動画第二弾は今週に炸裂します。
    奇しくも宮迫さんの口から「FRIDAY」と「アメトーーク!」のキーワードが出てきてしまいます。
    そして「FRIDAY」も別案件で明日の朝にひっくり返る事態が待ち構えています。


    キンキンのはありませんが、実は私。
    闇営業に出席したことのある芸人さんたちの極秘資料を会社で保管してたりしますよ。
    これでも私には仁義あるので何かない限り決して世には出すつもりはありません。
    流石男前やなと思ったのは、そこに松本人志さんの名前は一切記されてありませんでした。


    動画もさることながら、写真だけでも私は87枚持っていますよ。


    画像①


    https://biz-journal.jp/2019/06/post_28249.html
     

    所長見解:もうあかん・・・
    【【引退へ】宮迫博之さん、「闇営業」の動画第二弾がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今月、お笑いタレント・入江慎也(カラテカ)が、所属していた事務所・吉本興業との所属契約を解除されていたことが、わかった。

    6日付「FRIDAY DIGITAL」記事によれば、振り込め詐欺集団の忘年会に宮迫博之(雨上がり決死隊))や田村亮(ロンドンブーツ1号・2号)、そして入江など複数の吉本芸人が“闇営業”で出演。

    詐欺集団と芸人たちの仲介役を務めていた入江に対し、吉本が事実上の解雇処分を下したという。

    「ほとんどの振り込め詐欺集団のバックには、暴力団組員や元組員がついていると考えて間違いありません。
    実際に振り込め詐欺の首謀者として、組員が検挙されているようです。

    暴力団は今、しのぎが厳しくなってきており、上納金に困って若い組員が弟分たちに、自分との関係を探られない“出し子”を拾わせて、犯行に及んでいる模様です。
    振り込め詐欺集団には、いわゆる“半グレ”も多く、そもそも彼らは金になれば、どこの組とも組む傾向があり、地域によっては現役組員より幅をきかせている場合があります。

    そんな彼らも、トラブル防止のために一種のショバ代的に地元の組に上納しているのがほとんどです。
    つまり振り込め詐欺集団とは完全に反社会的勢力であり、そういう組織から金をもらって仲介役を務めるという行為は、タレントとしては許されないでしょう」(警察OB)

    y


    気になるのは、忘年会に出演していた入江以外の芸人の今後だが、テレビ局関係者は語る。

    「今日になって、“どうやら宮迫らが詐欺グループに闇営業していたという報道が出るらしい”という情報が入ってきて、宮迫や田村、そして吉本の芸人が出演している番組の関係者らはバタつき始め、夕方頃に入江解雇の第一報が出て、事実確認など対応に追われています。
    特に宮迫は出演本数が多く影響が大きいだけに、吉本や各局がどのような対応を取るのかが注目されます。

    宮迫は2年前に不倫が発覚し、一部の出演CMなどが放送中止になるなどしたものの、結局は仕事に大きな影響も出ず、現在も売れっ子芸人として活動を続けていますが、今回の件はいかんせん反社がらみなので、完全にアウトです。
    局内では『とりあえず宮迫を画面に出すな』という意見も出ており、各局ともに一斉に起用自粛の流れになる気配です」

    また、別のテレビ局関係者も語る。

    「数年前に入江と同じく吉本所属だった島田紳助が、反社勢力との交際を理由に芸能界引退に追い込まれましたが、あれだけの大物芸人だった紳助ですらテレビの世界から締め出されたことを考えれば、宮迫も同じ道をたどってもおかしくはないでしょう。
    業界全体が反社勢力との関わりに敏感になっている今、宮迫が今後テレビに出続けることは厳しいでしょう」

    宮迫ら人気芸人の足を引っ張った入江の責任は重い。

    https://biz-journal.jp/2019/06/post_28249.html

    所長見解:あかんよな・・・
    【【闇営業】 宮迫博之、芸能界引退か・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年8月に芸能界引退を発表した元フリーアナウンサー小林麻耶さん(39)が30日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」に出演。

    夫で整体師・国光吟(あきら)氏(35)同席のもと、坂上忍のインタビューに応じた。

    妹・麻央さん(享年34)の死後に報じられた市川海老蔵との再婚説など、週刊誌報道への怒りを涙で声を震わせたインタビューは反響を呼んでいる。

    放送では、自身の「引退」宣言を撤回し、メディアなどの仕事に復帰したい意欲がひしひしと伝わってきた。

    k


    放送から一夜明けた31日、國光氏もブログを更新し、「講演やテレビの仕事をしている麻耶ちゃんを見ていて、すごく輝いていました」「仕方なく引退になってしまった時から今、元気になり大好きな仕事を再開できるようになったので、すごく嬉しく思います」とメディア復帰への思いをつづっている。

    4月に放送されたTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」にも夫婦そろって出演しており、夫婦でのテレビ出演は今回が2度目だった。

    麻耶さんは昨年7月24日に4歳下の國光氏と結婚。

    直後の昨年8月3日に所属事務所を辞め、「メディアの仕事」を離れるとブログで宣言。

    同4日にも「今日からは普通の主婦として生活します!!」、同6日には「私は、引退しました。主人も、一般の人です」と記した。


    今回の「シンソウ-」では、突然の引退宣言について「ずっと心と体がボロボロな状態で…。考えた結果、事務所を辞めるという決断しか私にはなかったんです」と説明。

    麻耶さん曰く、「その後、引退という報道が出たので、体調も本当に悪かったし、仕事ができる状態では絶対になかったので、『引退』も仕方がないなと思いました」ということで、当初は「事務所を辞める=引退」ではなかったとのニュアンスだった。

    引退宣言した8月6日のブログについて、麻耶さんは「我慢の限界に達した時、怒りに任せて」書いたと説明。

    今後については「ずっと伝えるという仕事をしてきたので、伝えていきたい、表現していきたい」と芸能界復帰への思いにじませていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000075-dal-ent

    所長見解:どないやねん・・・

    【【完全復帰】小林麻耶さん「引退」宣言撤回ってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    立憲民主党所属の衆院議員・山尾志桜里氏(44)が、国会で定められた手続きをとらず、海外旅行をしていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

    同行したのは、一昨年「週刊文春」が報じたダブル不倫(当時)のお相手で、現在は山尾氏の政策顧問を務める弁護士の倉持麟太郎氏(36)。

    2人は4月27日、16時20分羽田発の飛行機でロサンゼルスに出発していた。

    r


    たとえ休日でも、国会議員が会期中に海外旅行をする場合、所属する院の議長に請暇願を旅行計画書とともに提出する必要がある。

    議院運営委員会の理事会に諮り、了承されなければ海外に行くことは許されない。

    「週刊文春」が、請暇願を出して許可を受けた議員の名前が記載される「衆議院公報」を調べたところ、GW中に海外に行った議員名がずらりと並ぶ中、山尾氏の名前はどこにも見当たらなかった。

    衆議院事務局秘書課に問い合わせると、「山尾議員が今会期中、請暇願を出されたことはありません」との回答があった。

    「週刊文春」は山尾氏の事務所に対し、5月20日午前に書面で事実関係の確認を求め、同日夕刻には山尾氏本人にも直接取材を申し入れたが、21日の締切時刻までに、回答はなかった。

    5月23日(木)発売の「週刊文春」では、引退説も囁かれる山尾氏の近況や立憲民主党内での評判とあわせて、詳報している。


    山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と「国会に無届け海外旅行」
    https://bunshun.jp/articles/-/12011

    所長見解:すごいやん・・・

    【【愛の逃避行】立憲民主党の山尾志桜里さん、ゲス不倫相手と国会無届けで海外旅行した結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ハァ、ハァ、ハァ…」。

    荒い息遣いが聞こえてくる。

    坊主頭にヒゲをたくわえ、サングラスをかけた強面の男性は、おもむろに顔をしかめて路上に座り込み、こう呟いた。

    「あぁ…クソ…」。

    5月上旬の午後1時、都内の気温は20℃を超え、汗ばむ陽気となった。

    強い日差しに体力を奪われたのか、男はなかなか立ち上がれない。

    駅から家までの約15分間のウオーキングは一時中断に追い込まれた。

    それから5分、男は身を起こすと、再び歩き始めて自宅に向かった。

    だが時折足元がふらつき、また路上に座り込む──。

    この男性がTOKIOの元メンバー、山口達也(47才)であることを、道行く人は誰も気づいていなかった。

    あれから1年、人前から姿を消していた彼は、今も闘い続けていた。

    国民的アイドルの大スキャンダルが世間を揺るがせたのは、昨年4月だった。

    山口は自身が司会を務める『Rの法則』(NHK Eテレ)で知り合った女子高生2人を自宅マンションに呼び出し、強引にキスを迫ったという。

    女子高生が警視庁に被害届を出したことで事件が明るみに出て、山口は4月26日に謝罪会見を開いた。

    5月2日には城島茂(48才)、国分太一(44才)、松岡昌宏(42才)、長瀬智也(40才)のメンバー4人が1時間半にわたる緊急会見を開き、山口の不祥事を詫びた。

    その4日後、山口はジャニーズ事務所からの退所を発表した。

    当時、山口は都内近郊の療養施設に入院していた。

    それは、「ある持病」の治療に専念するためだった。

    山口の病状を知る医療関係者が言う。

    「事件発覚後、山口さんはアルコール依存症の疑いがあると報じられましたが、本当の病名は『躁鬱病』でした。
    彼はこの治療に専念するため、メンタルクリニックに力を入れる病院に転院したんです」

    躁鬱病の正式名称は「双極性障害」。

    気分が晴れてハイテンションになる「躁状態」と憂鬱で無気力になる「鬱状態」とを繰り返す病気で、日本における患者の割合は、1000人に4~7人とされる。

    「彼は5年以上前から躁鬱で精神的に不安定な状態が続いており、不安を打ち消そうとアルコールを頼ってトラブルを起こすことがありました。
    1年前の事件も長年にわたる病気が背景にあり、事件後の山口さんは“今度こそ絶対に治す”と本腰を入れて、専門的な医療機関で治療を始めました。
    昨年夏ごろにはこの病院を退院し、定期的に通院しながらカウンセリングやリハビリを続けています」(前出・医療関係者)

    g


    ◆「ご心配かけています…失礼します」

    現在、山口は冒頭で触れたウオーキングや、自転車などのトレーニングに励む。

    その姿は1年前と大きく異なる。

    山口をよく知る人物が明かす。

    「山口さんは退院後、頭を丸め、耳元から顎にかけてヒゲをたくわえていて見た目は“激変”しています。
    静かに療養するため外見を変えたのもありますが、反省の意でもあったんだと思う。
    外出するときの服装はいつも決まってトレーニングウエアにニット帽とスニーカー。
    周囲に気づかれることはほとんどないそうです」

    1年にわたって治療を続け体調は上向いているというが、今も心身の状態は万全とは言えないようだ。

    ある日の山口は、自転車をスムーズに乗りこなして、自宅近辺を散策する。

    知人との会話で見せた表情は以前と同じ人なつこい彼の笑顔だった。

    >>2以降に続きます

    ※画像がコチラ


    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190516-00000005-pseven-ent&p=1

    所長見解:こんなもんやろ・・・

    【【画像】元TOKIO・山口達也さん、激変したリハビリ姿がコチラ・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ