引退

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「バイキング」(フジテレビ系)でMCを務める坂上忍の発言が波紋を広げている。

    最近、とりわけ話題となったのは「ピエール瀧事件」を巡る発言。

    瀧の“相方”である電気グルーヴの石野卓球のツイートについて、坂上が繰り返し苦言を呈する様がネット上で話題の的となっているのだ。

    こうした同番組での坂上の言動を受け、いまやSNS上では“坂上批判”が吹き荒れる状況だ。

    s


    4月17日の同番組内ではレギュラーを務める小木博明が「バイキングもすごい叩かれてるじゃないですか」と指摘するなど、出演者の口からも坂上への向かい風が語られるまでになった。

    同番組について「一時は視聴率低迷にあえぎ、現在のように悪評がピークに達しても打ち切り説が現実味を帯びないのは『いいとも!』の後番組をすぐに終わらせるわけにいかないという『フジ上層部の意向』にほかなりません」と明かすのは広告代理店関係者。

    そうした同局のスタンスが「MCである坂上の“決意”につながっていると見る向きも多いんですよ」と、同関係者はさらに語ったが、では、坂上の決意とは、いったいどのような決意なのか。 

    「『バイキング』の終了とともに芸能界から去る決意です。
    ネットで『パワハラ』『傲慢』と叩かれまくるぐらい、坂上が“暴走”を続けている背景には、たとえ『悪名』でも視聴率に貢献したいという彼なりの思いがあるはず。
    これまでも繰り返し『引退を考えている』と言っているだけに『バイキング』を“最後の仕事”と捉えている可能性は十分あります」(前出・広告代理店関係者)

    はたして坂上の真意は。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16353244/
    アサ芸プラス

    所長見解:ないやろ・・・

    【【人気司会者】坂上忍、芸能界引退を決意している説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    米大リーグを引退した元マリナーズ外野手、イチロー氏(45)がみたび国民栄誉賞の受賞を辞退した裏には何があるのか。

    51


    大リーグ1年目に首位打者のタイトルを獲得した2001年には「まだ若いので」、シーズン最多安打のメジャー記録を樹立した04年には「プレーを続けている間はもらう立場にない。
    野球生活を終えた時に、もし頂けるのであれば大変ありがたい」として、国民栄誉賞授与の打診をいずれも断ったイチロー氏。

    過去の言葉を額面通りに受け取るならば、現役引退を表明した今回は断る理由がなかったはずだが、「人生の幕を下ろした時に頂けるよう励みます」というまさかの返答だった。

    指導者としてまだ野球生活を続けるというのなら、わからないでもないが、3月21日深夜の引退会見で「監督は絶対に無理。人望がないから」と明言している。

    しかも国民栄誉賞第1号は、イチロー氏が「僕にとって特別な存在。神様みたいなもの」と事あるごとにアピールする世界の本塁打王、ソフトバンク・王貞治球団会長なのである。

    06年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では監督とチームリーダーの関係で奇跡の世界一を達成。

    太い師弟関係を結んでいるだけに、喜んで国民栄誉賞を受賞するのが普通だろう。

    不可解な3度目の辞退の裏に見え隠れするのが、13年に恩師の巨人・長嶋茂雄終身名誉監督と国民栄誉賞をダブル受賞した松井秀喜氏の存在。

    オリックス時代から、ゴジラの愛称で人気を集めていた1歳年下の松井氏を常にライバル視してきた経緯がある。

    日本では地方球団のオリックス、メジャーでも主に不人気球団のマリナーズで活躍したイチロー氏とは対照的に、松井氏は巨人からヤンキースという“名門”コースを歩み、日本人大リーガー初のワールド・シリーズMVPまで獲得している。

    イチロー氏としては、松井氏の後追いのような国民栄誉賞受賞は、プライドが許さないのではないか。

    そんな本音が見え隠れする。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000007-ykf-spo

    所長見解:違うやろ・・・
    【【なぜ?】イチローが国民栄誉賞辞退するのは「あの人」の存在説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    先月末に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチローさん(45)が、政府が授与する方向で検討していた国民栄誉賞を辞退すると伝えていたことが4日、政府関係者への取材で分かった。

    r


    固辞するのは3度目。

    理由は明らかになっていないが、今後も野球界に関わっていく強い意思を示したものとみられる。

    「令和」時代を迎える中、受賞第1号が期待されていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000003-mai-base

    所長見解:っぽいな・・・

    【【悲報】イチローさん、国民栄誉賞なんかいらんってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    イチロー(45)の引退会見で、記者そしてイチロー本人が不自然なほど避けたテーマがある。

    “チチロー”のことである。

    r


    イチローをプロ野球選手に仕立てるべく父・宣之氏(76)が粉骨砕身した話はつとに有名だが、85分に及んだ会見で記者がチチローについて質問することはなかった。

    イチローもまた、「本当に妻と一弓(いっきゅう)には感謝の思いしかない」と弓子夫人と愛犬をねぎらいこそすれ、父母については全く言及しなかった。

    「イチローとチチローの間に亀裂が入ったのは、イチローが結婚した1999年。
    8歳年上の弓子さんとの結婚に宣之さんが大反対したときに遡ります」と大手紙デスクが語る。

    「結婚後も嫁舅関係、そして父子関係は悪化しました。
    宣之さんはイチローのメジャー挑戦にも反対していて、移籍会見当日の朝にその決断を伝えられたそうです。
    渡米後の関係は“断絶”と言ってもよく、ヤンキース移籍に至っては“テレビのニュースで知った”とこぼしていました」

    今回の引退劇も然り。

    チチローが記者団に語ったところによると、“試合直前に弓子夫人から知らされた”。

    引退の第一報は試合開始1時間後だったから、世間が知ったタイミングと大差ない。

    やはり、父子間の溝は埋まっていないのだ。

    大手メディアは、そんな父子関係に触れることなく、チチローのコメントを報じた。

    曰く、

    〈少年時代のことがワーッと思い浮かんできました〉
    〈あの小さい子が45歳。メジャーリーガーになって、ここまでやってきた。ウワーッと涙が出ました〉

    そりゃ泣きたいだろう。

    先日、元横綱貴乃花が、長らく絶縁している母兄との復縁を要望した。

    イチローにもまたそんな日が訪れるのだろうか。


    「週刊新潮」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190402-00559197-shincho-base

    所長見解:そんなもんやろ・・・
    【【不仲】イチロー「チチローとの断絶」←これ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【ダルビッシュ独占インタビュー前編<1>】

    37歳で現役引退!カブスのダルビッシュ有投手(32)が、メジャー7年目の開幕を前にスポニチ本紙の独占インタビューに応じた。

    人生観の変化を吐露するとともに、現在の契約が満了する2023年シーズンで現役引退を考えていることを告白。

    29日の後編では、聖子夫人(38)ら家族の存在についても赤裸々に語る。

    ダルビッシュは26日(日本時間27日)キャンプを打ち上げ、30日(同31日)のレンジャーズ戦で今季初登板する。(聞き手・奥田秀樹通信員)

    d


    ――昨季は右腕の故障で離脱し、1勝3敗に終わった。移籍してきた新チームで苦しい思いをした。

    「悪いことが積み重なった年だった。自分の中で“底”という感じだったけど、そこから逆にいろんなことを学べた。
    このキャンプでは変な痛みはないし、試合の緊張感を味わえるのは幸せ」


    ――今キャンプは、ネガティブな感情でも味わえるのは幸せといった趣旨の発言がたびたび出ている。
    義兄のKIDさん(享年41)さんを亡くすなど、昨年のつらい経験が影響しているのか?

    「KIDさんも2年前くらいまでは、今の僕と変わらないほど元気だったし、小さいお子さんもいて、境遇も同じだった。
    それが急にああいうことになって。
    今生きていることが当たり前じゃない、自分もいつそうなるかは分からないんだと。
    そこから一瞬一瞬、今日を一生懸命に生きたいなと。
    生への執着心みたいなものは持つようになった」


    ――今季に限らず、これまでの野球人生は20年近く、ダルビッシュ有であることを求められてきた。
    重荷ではないのか?

    「全く考えたことないですね。
    初めて新聞に取り上げられたのは13歳だった。
    13~15歳くらいは凄く嫌だった。
    周りが急に“あっ、ダルビッシュや”と言いだして。
    でも16歳で甲子園に出て、あれだけの人が一気に目の前に現れた時に、俺、多分こういうふうに生きていかなあかんのかなと思い、それが当たり前になった」


    ――たまに解放されたいと思わないのか?

    「解放されないでしょ(笑い)。
    野球をやめたところで、日本人だったら、(自分のことは)知っているだろうし。
    でも得していることもいっぱいある。
    多くの人は有名になりたいとか、自己顕示欲がある。
    僕は元はそういう人間ではなかったけど、こういう人生はなかなかないし、凄く幸せなことだと、今は思っています」


    ――カブスとは6年契約の2年目。ファンの期待も大きい。

    「去年ああいう投げられない状態の中でも、みんなが支えてくれた。
    球場入りする時も、帰る時も、いつも声を掛けてくれた。
    ファンの方も含め、そこはしっかり恩返しをしたい」


    ――今の契約を全うしたらプロ野球で19年間プレーし、37歳になっている。
    その先も野球を続けるのか?

    「やらないですよ、絶対。
    37歳で引退しても、あと40~50年くらいしか生きられないし、最後の10~20年は体も思うように動かない。
    人生そんなに時間はないから、ずっと野球をやってはいられない。
    現時点だからではなく、そこは絶対に変わらない。
    例えば、経済的に良い状況でなかったり、子供がまた生まれて、どうしても見せたいとかなら分からないけど、やる可能性は95%ない」


    ――まだバリバリで投げられていたら。

    「それでもないですね。
    シーズン中、家族とも離れないといけない。
    メジャーにいると、移動も大変で休みもない。
    その頃になると子供たちも大きくなっているし、一緒にいてやりたいと考えるでしょうから。
    だからこそ、今季は今に集中して毎日毎日、一生懸命やっていきたい」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000129-spnannex-base


    https://nipponbaseball.web.fc2.com/personal/pitcher/darvish_yu.html
    成績

    所長見解:怪我多いよな・・・

    【【悲報】ダルビッシュ、引退ってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ