平手友梨奈

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「平手どうした、、???」「見ていて心配」――。

    アイドルグループ「欅坂46」の平手友梨奈さん(17)に、心配の声が多数寄せられている。

    2018年12月4日放送の歌番組「うたコン」(NHK総合)にグループで出演した平手さんに、
    「異変」を感じたファンが少なくなかったようだ。

    「うたコン」では、欅坂は激しいダンスが組み込まれたシングル曲『アンビバレント』を歌った。

    センターを務める平手さんは、メンバーに支えられての空中浮遊や側転など、右に左に躍動感あふれる踊りを披露する。

    しかし、この日の番組では全体的にキレがない印象を受けたファンが多かったようだ。


    番組終了後、ツイッターではこんな感想が上がっている。

    「平手の無気力ダンスに目が行った」
    「平手どうした、、???なにあの無気力な感じ大丈夫じゃなくね??」
    「今日の平手さんは、見ていて心配で...。いつもは何回も見返すのに一回しか見れなかった」

    h


    年末の歌番組ラッシュ、乗り切れるか

    平手さんは、これまでにケガや体調不良で頻繁に休業している。

    欅坂は1月13日、平手さんが歌番組で上腕三頭筋損傷のけがを負い、全治1か月の診断を受けたと公式サイトで発表。

    1月30日~2月1日に予定していた初の武道館公演は、姉妹グループ「けやき坂46」の単独公演に振り替えた。

    その後も体調不良でライブや握手会、ラジオ番組の欠席が目立った。

    9月にはライブ中にステージから落下し、軽い打撲を負うアクシデントもあった。

    欅坂は年末にかけて、「FNS歌謡祭」、「輝く!日本レコード大賞」、「ミュージックステーション スーパーライブ」、「NHK紅白歌合戦」と多数の歌番組への出演を控えている。

    https://www.j-cast.com/2018/12/05345300.html?p=all

    映像
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1069914364059168769/pu/vid/1280x720/ClMYcJ7s8KC66S3S.mp4


    所長見解:もうね・・・

    【【放送事故】欅坂・平手友梨奈、歌番組での無気力ダンスがコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『AKB48』の公式ライバルとして発足した『乃木坂46』に続き、『坂道シリーズ』第2弾として2015年に結成された『欅坂46』。

    爆発的な勢いで一気に大躍進を遂げたが、安定している「乃木坂」と比較すると、その勢いには早くも「陰りが見え始めている」との声も聞こえている。

    今年8月、「欅坂」の1期生として活躍してきた主力メンバーの今泉佑唯が、同グループからの卒業を発表。

    11月4日には最後の握手会を終えて正式に離脱したが、卒業後初の登場となったグラビア誌『blt graph.』では、卒業が不本意であったかのようなインタビュー回答をしたことで物議を醸した。

    また、16日にはグループ公式サイトが、活動休止中だった主力メンバー志田愛佳の卒業を発表。

    さらに、この卒業はたった3行の簡素な短い文章で告示され、明らかに“何かがあった”ことをニオわせていた。

    このように、グループ結成からわずか3年で“すきま風”が吹き荒れる状態と化しているのだ。

    k


    ワンマン体制が崩壊の原因?

    一方の「乃木坂」はというと、最初に主力メンバーが卒業したのは、2011年の結成から5年が経過した2016年。

    この年に深川麻衣が卒業し、以降、17年に橋本奈々未、18年に生駒里奈、19年に西野七瀬(予定)と毎年主力が卒業する形に。

    しかし、どれも長期間活動した後の“円満”な形な上、タイミングを見計らったかのように1人1人丁寧に卒業。

    「欅坂」の雑な卒業とは明らかに異なる。

    ともに秋元康氏のプロデュースで動き出した両グループだが、なぜ両者はここまで対象的な状況にあるのだろうか。

    そこには、グループにおける個人格差が関係しているようだ。

    「『欅坂』は結成時から“エース”として平手友梨奈を過度に神格化し、現在に至るまで“平手一強体制”を敷いています。

    にもかかわらず、平手は握手会を突然ドタキャンするなど自由な行動が目立ち、他のメンバーは公の場で暗に批判するほどギスギスとしていました。

    一方、『乃木坂』は当初こそ生駒のワンマン体制だったものの、他のメンバーも個人で人気を獲得。

    楽曲でもそれぞれにスポットライトが当てられており、メンバー間の格差もさほど大きくありません。

    今は白石麻衣が目立っていますが、ほかのメンバーとは良好な関係を築いています」(アイドル評論家)

    来月には第3弾の『吉本坂46』がデビューを控え、さらには第4弾の始動もウワサされている「坂道シリーズ」。

    果たして「欅坂」の反省を生かすことはできるだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1582794/


    所長見解:そうなんやね・・・

    【【坂道シリーズ】「欅坂46」←崩壊「乃木坂46」←安定www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年9月14日に295館で公開された映画「響 -HIBIKI-」は、10月25日を最後に主要な映画館での上映が終了した。
    人気漫画を原作に、いまを時めく欅坂のエースを投入した本作には“大コケ”の声も聞こえるが、意外にも「アイドル女優」として評価は悪くないのだとか。

    h


    公開から1週間が経った9月21日付の「毎日新聞」夕刊は、「響」について〈最終の興行収入10億円が難しい情勢だ〉と分析した。

    「現時点での公式の詳しい発表はないものの、ネットでは熱心な欅坂ファンがどこからか数字を引っ張ってきて、最終的な数字を『5・5億円程度』と見積もっています。

    初週がランキング6位、翌週には9位に転落していたことを考えると、これはそう遠くない数字のはず。
    公開前の大宣伝と公開館数を考えれば、少なくとも“成功”とはいえないでしょうね……」(芸能記者)

    天才女子高生作家を描いた本作で主演を務めたのは、欅坂46のセンター・平手友梨奈(17)である。
    “女優・平手”については「監督にダメ出しした」との常人離れエピソードが紹介されたり、
    「絶対的な存在感を見せつけた」といったレビューがメディアに掲載されたりと、ヨイショで埋め尽くされていた。

    それだけに興収振るわず、平手の面目丸つぶれ――と思いきや、さにあらず。

    「いえいえ、普段は感情を表に出さず、突飛な行動で周囲を驚かせる主人公が見事に憑依していました。
    数字の反面、彼女の演技は悪くなかったんじゃないですかね」と、先の記者はいう。

    「今でいえば橋本環奈(19)なんかが『アイドル女優』の枠でしょうが、平手の場合はちょっと独自の道をひらいているイメージ。
    あえていうなら昔の中森明菜(53)みたいな感じです」

    共演者には北川景子(32)や吉田栄作(49)、高嶋政伸(52)らがいるが、「撮影のスケジュールは完全に“平手あわせ”」でした、と関係者は明かす。

    「撮影は今年の4~5月だったかと思います。
    早目にリハーサルをしても本番撮影まで日が空くのが嫌らしく、リハ翌日に本番なんてこともありました。異例も異例です。
    欅のプロデューサーの秋元(康)さんが作品のスーパーバイザーですし、なにより平手の起用は原作者の希望もありましたから」

    こうしたお膳立てがあったにしろ、“憑依系女優”としての評価は悪くなかったというわけである。
    これは来年あたり、連ドラ主演もあるか!?

    「ネックになってくるのが平手の体調です。
    昨年の『紅白』では過呼吸で倒れていましたが、その後も負傷して武道館公演がなくなったり、ステージから転落したり……。
    この10月も、グループの新曲の握手会ミニライブを体調不良で欠席していました」(先の記者)

    かねてよりメンタル不安が囁かれてもいる。

    「ですから、連ドラに使うのはキツイ。
    短期間で撮り終える映画と違って、ドラマの撮影は長期にわたる。
    そこで休まれたりしたら、撮影スケジュールがめちゃくちゃになってしまいますからね」

    オファーがあるのかを含め、次回作にご期待あれ、ということか――。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10310700/?all=1&page=1


    所長見解:そうなの・・・

    【【響】欅坂・平手友梨奈、主演映画の結果www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ふぁーw

    no title


    所長見解:うん・・・

    【【検証画像】欅坂46・不動のセンター平手の横顔がコチラwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    欅坂46の平手友梨奈(17)が16日、日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。
    映画「響―HIBIKI―」の監督に発した、衝撃のひと言が明かされた。

    「響―HIBIKI―」のメガホンをとったのは月川翔監督(36)。
    監督いわく、平手は「『現場に入る前にリハーサルしましょう』と呼んでも『いや今日はちょっと…』というような人だったので『いつお芝居を見られるのかな』という感じだった」と告白。
    「最初は(平手に)目も見てもらえなくて…」と嘆くばかりだった。

    それに対し、平手は「『(この人)どういう方なんだろう?』というところから入っちゃうので」とポツリ。
    監督は「僕はこういう事が苦手ですとかいう弱みも全部話して、僕が丸腰になって、大丈夫だよって状態にして」と、まるで小動物を扱うかのように平手に接していったようだ。

    そんな平手にも意外な一面が。
    初めてのリハーサルの時、平手は映画初出演ということで緊張をほぐそうと「まずは台本を見ながらでいいから…」と監督が声をかけると、突然「リハをやる前に監督と2人でお話させていただけませんか?」と願う平手。
    監督は快諾し、別室に行ったものの、平手はなかなか口を開かない。
    どうしようもなく「脚本どうだった?」と質問すると、「つまらなかった」と衝撃の一言。

    no title


    監督は、あまりの出来事に驚きを隠せなかったが、17歳のまっすぐな意見に理由を聞き出し、平手の意見を脚本家に説明。
    すると脚本家も納得して修正されたという。
    普通はキレてもおかしくないが「スゴい的確なことを言っていた」と理解し監督・脚本家ともに納得したのだとか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000198-spnannex-ent


    所長見解:キャラ?・・・

    【【速攻炎上】欅坂・平手友梨奈、主演『響-HIBIKI-』の映画脚本に「つまらなかった」 ←これwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ