干される

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元祖“毒舌芸人”として再ブレークを果たしたヒロミ(54)に、早くも賞味期限切れ説が取り沙汰されている。

    今年1月にスタートした『アオハル(青春)TV』(フジテレビ系)が6月をもって、打ち切りになる方向で調整が始まったのだ。

    すべては、ゴールデン&プライム帯では絶対にあり得ない番組視聴率。

    局内には、ヒロミに対する失望感が渦巻いているという。

    h


    「MCに抜擢された初回2時間SPこそ、なんとか4.1%をゲットしたが、その後は目を覆いたくなるような惨状です。
    番組平均視聴率は常に2、3%台。
    裏番組の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)などは、普通に視聴率15、6%をキープしている。
    まさにスポンサーが白旗をあげ、裸足で逃げ出すようなありさまなんです」(放送作家)

    その戦犯と名指しされているのがMCのヒロミだ。

    「番組回しが通り一辺倒でつまらない、という評価になっているんです。
    さらに、DAIGOや『Sexy Zone』の菊池風磨、佐藤勝利らがレギュラー出演しているのに、うまく活用できていない。
    よくも悪くもヒロミ1人が悪目立ちしているんです。
    まあ、番組を見れば視聴者が置き去りになっているのがよく分かります」(テレビ局関係者)

    実はヒロミに降板説が囁かれているのは『アオハル』だけではない。

    「現在、レギュラー&準レギュラー番組など9本を抱えていますが、厳しい評価があちこちから伝わっています。
    結果、MCを務める『ウチのガヤがすみません!』(日テレ系)、『東大王』(TBS系)の2本も、秋の改編で消滅する方向で調整が始まったそうです」(芸能プロ関係者)

    こんなヒロミだが、出演料は意外にもお高いことで有名なのだという。

    「ゴールデン&プライム帯で最低150万円。『アオハル』は1本200万円と、法外な金額をフジに吹っ掛けていたそうです」(前出・放送作家)

    ヒロミが再び干されるのも時間の問題かもしれない。


    http://dailynewsonline.jp/article/1769722/
    週刊実話

    所長見解:まあね・・・

    【【再ブレイクも】ヒロミに囁かれる賞味期限切れ説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    一時期はその精悍なルックスでドラマの主演を務め、数多くの映画やCMにも出演するなど活躍を見せていたベテラン俳優のX。

    だが、近年はテレビなどでの出演は減少傾向にあるが、その背景には理由があるという。

    「Xさんは現場でとにかくキレやすく、扱いにくいタイプの芸能人というのが業界ではかなり知られています。
    学生時代はスポーツに励んでいたことから根っからの体育会系で、さすがに先輩や年上、目上の人にキレることはありませんが、マネージャーや若いスタッフに対するあたりはかなり激しく、時には手が出ることもあり、恐れられています」(民放テレビ局のディレクター)

    k


    ひと昔前の芸能界であれば、一部の大物スターをはじめとして、教育という名のもとに後輩俳優やスタッフを怒鳴り飛ばしたり、説教癖のあるベテランの姿も珍しくなかったようだが…。

    「昨今はパワハラや性的ハラスメントに何かと厳しいご時世ですからね。
    Xさんのようなタイプは大きなトラブルを招く可能性もあるということで、無用なトラブルを避けるため、キャスティングを自重される傾向はあると思います」(前出・ディレクター)

    近年は映画などで時々コワモテ役も演じるXだが、演技力だけでなく地の性格も活かしているのか──。

    http://dailynewsonline.jp/article/1754687/

    所長見解:誰やろ・・・

    【【誰?】有名ベテラン俳優Xがパワハラで干された模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    モデル、歌手、女優として人気者だった西内まりやが「引退」の危機にあるようだ。

    彼女は一昨年、仕事上のトラブルから所属事務所A社内で社長の顔をビンタし、逃走。

    昨年3月には西内側が一方的にA社との契約満了を発表していた。

    「どんな契約かは分かりませんが、いくら自分で契約が終わったと言い張っても、芸能界はそんな甘いものではないでしょう。
    トラブルを起こして出ていったというだけで、待っているのはいばらの道。
    実際、彼女は画面から消えたままです」(芸能ライター)

    西内は昨年7月に活動再開を発表。

    洋酒ブランドのアンバサダー就任などイベントも行っていたが、最近ではパタッと“仕事”が聞こえなくなった。

    「今年2月、自身のツイッターでオフィシャルブログを開設したことを報告したのですが、そのブログを見ると仕事の予定はなし。
    しかもツイッター自体も、その報告以後は更新せず、止まったまま。
    いまSNSで動いているのはインスタグラムだけです」(同・ライター)

    m


    このままキャリア消滅か…

    小規模ながらこなしていたイベントの類いは自費だったことも多かったらしく、「撮影費が厳しい」と周囲に漏らしていたという。

    「彼女には実姉でモデルの西内ひろがいるのですが、姉は個人事務所で活動。
    大手プロと提携しているのです。
    ですから、西内のイベント活動などを助けていたのですが、ひろ自身が妹に肩入れし過ぎると提携を切られてしまう。
    業界内の圧力もあって、西内に徐々に手を貸せなくなってきたのです」(芸能プロ関係者)

    当然ながら西内の所属事務所だったA社の影響力も否定できないところだろう。

    「最近の西内はインスタで日々の報告しているのですが、それが『韓国行ってきました』とか『今日もとある撮影をしてました』など、私的なのか仕事なのかハッキリしないんですよ。
    ファッション通販サイトがスポンサーで付いているようですが、どうも明確に宣伝もできないようです。
    そんな宣伝もままならないほど芸能界の圧力があるなら、スポンサーが手を引くのも時間の問題。
    このまま引退でしょう」(同・関係者)

    モデルとして『二コラ』や『Seventeen』で活躍、歌手として日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞、女優としてフジテレビ“月9”ドラマの主演も果たした西内。

    まだ25歳と若いだけに、このまま“自滅”はあまりにも惜しい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1753297/

    所長見解:しかたない・・・

    【【あの人は今】西内まりやさん、仕事がなくて引退の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月25日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にて、俳優の斎藤工が“嫌いなタイプの俳優”に言及して話題になっている。

    斎藤は「僕は最近、俳優さんに思うところがありまして…」と切り出すと、「舞台あいさつとか公共の場で、『今回、こういう役に挑戦しました』っていう俳優さんが嫌いなんですよ」と自身の思いを告白。

    何やら、自身が過去どんな役を演じたか周りも知っている前提で話すことに違和感を覚えるようで、「何で世の中は自分を知ってる前提で生きてるの?って思うんですよ」と、これを補足していった。

    一方、斎藤は自身が同じ境遇に置かれたとき、「〇〇役を演じさせていただきます斎藤工と申します」と「はじめましての精神」で自己紹介するそう。

    MCの『くりぃむしちゅー』上田晋也から「でも『今回演じてみていかがでしたか?』なんて質問されることもあるでしょ?」と聞かれても、「前回の役とか、今までの自分を引き合いには出さない」と答え、最終的に「過去の栄光で生きてる人ほどくだらないものはない」との持論を展開した。

    g


    “ほぼ名指し”で作品批判も!?

    同業者からの反発も予想される中、忖度なしに自分の意見を述べた斎藤。

    視聴者からは「俳優仲間敵に回しそう」「ストレート過ぎる」と心配の声も出ているが、何もこうした発言は今に始まったことではない。

    「今回に限らず、斎藤は業界へのダメ出しや悪習批判を公然と口にしています。
    最近では、映画専門誌『映画秘宝』の『2018年最もガッカリした“トホホ”映画』という企画で、《作品というよりポスタービジュアルが酷過ぎぎた》と“ある作品”を批判しました。
    斎藤は《トホホは立場上毎回避けているが》と一定の配慮をにじませながらも、《下半期に我慢ならない邦画のポスタービジュアルがあった》とその怒りを告白。
    《邦画によくある登場人物がブロッコリーみたいに皆載っているデザイン性を無視したモノ》
    《キャッチコピーとして“○回泣けます”と一言。これは駄目でしょう》
    《受け取り手の感情を(しかも回数まで)断定するなんて無礼だなと感じた》
    など、かなりストレートに切り捨てています」(芸能ライター)

    同記事内にて、《私はこれで“絶対観るもんか”と決意》と終始キレッキレに“ある作品”を一刀両断した斎藤。

    最後は《この作品のタイトルじゃないけれどコーヒーの前に気持ちが冷めた》と、名指し同然で締めくくっている。

    「同業者や業界への批判は、仕事関係がギクシャクするだけでなく、場合によっては干されるリスクも伴う大変勇気あることです。
    実際、斎藤に映画を批判された関係者は、『今後、絶対に斎藤を使うもんか』と思ったでしょうね」(同・ライター)

    斎藤には、これからも本音を語れる俳優でいてほしいが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1751441/

    所長見解:いうよね・・・
    【【批判暴露】斎藤工が干される模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    村本大輔(ウーマンラッシュアワー)

    認証済みアカウント

    @WRHMURAMOTO

    おれが選んでる真意の方を聞きにきな。テレビがおれを選ぶのではなくおれがテレビを選ぶ。アホはアホと楽しめばいい。独演会みればすべてわかる。

    m


    「ウーマン村本」はどこへ行く? テレビマンが本音で語る“彼を番組で使わない真意” | デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/03240700/


    https://twitter.com/WRHMURAMOTO/status/1109755621526507521


    所長見解:もうね・・・
    【【これは干される】ウーマン村本「テレビがおれを選ぶのではなくおれがテレビを選ぶ。アホはアホと楽しめばいい」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ