ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    干される

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    10月9日から放送がスタートするドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)。

    この作品で5年ぶりに民放連ドラ出演を果たすのが、橋本愛(23)だ。


    「橋本さんは、主演の高畑充希さんの同期を演じます。
    クールで場の空気を読むけれど、常に“自分の居場所”を探している若者という難しい役どころ。
    新田真剣佑さんや竜星涼さんなどのイケメンが出演することでも話題です」(スポーツ紙記者)

     
    '13年にNHK朝ドラ『あまちゃん』でアイドルを目指す足立ユイ役を熱演し、人気が急上昇した橋本。

    y


    「主演ののんさんに引けを取らない“実力派女優”としてのポジションを確立した彼女は、映画界やドラマから熱烈オファーが絶えませんでした。
    '13年以降、19本の映画に出演しており、そのうち8つは主演を飾っていますよ」(同・スポーツ紙記者)

     
    端正な顔立ちに、どこか陰のある雰囲気──。

    独特の感性から生まれる演技は、若手女優のなかでも“金の卵”として、圧倒的な存在感を放っていた。

    しかし、映画界で華々しく活躍する一方で、民放のテレビドラマに姿を見せなかったのは、とある理由があったという。


    「『あまちゃん』出演以降、仕事のオファーが殺到し、心身ともに疲れてしまったため、ペースを整えるために仕事をセーブしていたそうです。
    本来、彼女は繊細な性格で、今どき珍しい一球入魂タイプの女優。
    ドラマ出演となると長期間、共演者と顔を合わせることや、番宣のためにバラエティー番組に出演することが条件となってきますが、彼女はそれが苦手なタイプでした」(芸能プロ関係者)

     
    橋本は過去に、雑誌のインタビューでも次のように語っていた。

    《今はまだ、一生これで食べていこうとは思えてはいない。
    (中略)どうしても、すぐ陰に潜みたくなるところがあるもので(笑)》

     
    ドラマの撮影現場でも、共演者と言葉を交わさず、ひとりでいることが多かったという。

    「以前は“どうして需要があるのかわからない”と語るほど、女優という仕事に前向きではなかったようです。
    人見知りのため、朝ドラの現場でも、撮影が終わると共演者と話したりすることはなく、すぐに楽屋にこもっていました」(制作会社関係者)

     
    とはいえ、彼女も年を重ねるにつれ、自分の視野を広げる意味でも、挑戦していくことの大切さに気がついたのだろう。

    「最近は、積極的に可能性を広げていきたいと思っているようで、ドラマ出演にも前向きな姿勢を見せています。
    それに橋本さんの場合、マイペースな活動のほうが、女優としてさらに味が出ると期待の声もありますよ」(前出・芸能プロ関係者)

     
    5年ぶりの民放連ドラで、どんな姿を見せてくれるのか今から楽しみだ。


    週刊女性
    https://www.jprime.jp/articles/-/16090?display=b

    ▼写真
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/a/3/-/img_a31337870dbbeb6c4e73fa0af3e73fd4546140.jpg
    https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/e/5/-/img_e5b74f25987f81d4b629b73c532db132313485.jpg

    所長見解:ひさびさやね・・・

    【【あまちゃん女優】橋本愛、5年ぶりの連ドラ出演、こんなにもブランクあいた衝撃的な理由がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ぐっさん」の愛称でおなじみ、DonDokoDonの山口智充さん、完全に消える

    いつの間にか消えてた

    g

    所長見解:にじいろジーンで見るよな・・・

    【【あの人は今】山口智充さん、干されてる説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元SMAPの香取慎吾(42)が18日、NHK BSプレミアム「欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)」(日曜後10・50)に出演した。

     
    12日、自身のツイッターで「欽ちゃんにお呼ばれしまして。
    今日NHKに久々におじゃましまして。
    欽ちゃんのアドリブで笑、収録参加させて頂きました!楽しかったよ!!」などと収録への参加を報告していた香取。

    「汗ダクずぶ濡れになり、途中2枚目のTシャツに着替える程、白熱のアドリブショーに…!!」と収録の様子についてつづっていたが、この日の番組冒頭では「久々のNHKで、入口で入れなくて、警備員さんに止められました」と冗談交じりに語り、大爆笑を誘った。

    g


    香取と萩本は日本テレビ系「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」で長年タッグを組んでいる。


    https://www.sanspo.com/geino/news/20190818/geo19081823210029-n1.html

    ▼画像
    https://www.sanspo.com/geino/images/20190818/geo19081823210029-p1.jpg

    所長見解:干すよね・・・


    【【あの人は今】元SMAP・香取慎吾さん、NHKの警備員に止められた模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    吉本興業の騒動がいまだに収まらない。

    今のところ、一時囁かれた〝大量退所〟などには発展していないが、加藤浩次を筆頭に不満を持つものは多い。


    一方で、経営陣たちが、自身を批判した芸人たちに対して、制裁を加えるという報道が上がっている。


    闇営業騒動から派生した、岡本昭彦社長のパワハラ疑惑。

    加藤は自身のMC番組『スッキリ』(日本テレビ系)でこれを痛烈に批判し、岡本社長と大崎洋会長が辞職しなければ、自分が事務所を辞めるとまで宣言していた。

    その後一転、加藤は話し合いの末に事務所残留の道を選んだのだが、ラジオ番組では、「現状の仕事は吉本というエージェントを通してやる。
    他の仕事は他のエージェントを通してやる」

    「〝残留〟というと、今まで通りみたいだが、そうじゃない」と、吉本興業と溝が深まったことをニオわせている。


    しかし、こうした加藤の態度に、吉本が反撃に出るという。

    k


    坂上忍、加藤浩次が干される危険性を指摘

    「経営陣は、加藤の態度に怒り心頭です。
    見せしめのためにも、このまま好き勝手させるわけにはいかないでしょう。
    現状では、加藤の『スッキリ』降板という報道も一部で上がり始めました。
    確かに、『スッキリ』MCという大仕事は吉本が取ってきたものなので、事務所に従わない加藤にやらせてあげるというのは、虫が良過ぎるとも言えます」(芸能記者)


    坂上忍も、今後、加藤が事務所から干される可能性を示唆。

    加藤が推奨するエージェント契約に対して、「自分が社長だったら、エージェント契約とマネジメント契約のタレント、どちらを大事にする? エージェント契約だとおそらく、事務所に入ってくる額が少なくなるから…」と、エージェント契約を選んだ芸人が、事務所から干されるというデメリットを指摘している。


    「加藤の言い方だと、『スッキリ』の仕事は今まで通りの契約を継続するでしょうが、今後の仕事はエージェント契約に。
    しかし『スッキリ』の仕事は、〝朝の顔〟という爽やかなイメージを加藤につけて、その他の仕事につなげる窓口的な役割を果たしているのに、その派生した仕事を加藤がエージェントを通して勝手にするのは、吉本としては腑に落ちない。
    こういった背景からも、降板は時間の問題になるでしょうね」(同・記者)


    エージェント契約を推奨する加藤をつぶすことが、吉本という会社を守ることになるのだろうか…。


    http://dailynewsonline.jp/article/1964221/

    所長見解:そうなるわな・・・

    【【スッキリ降板】吉本興業に逆らった加藤浩次の末路がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    6日、74回目の原爆の日を迎えた広島。

    核のない平和を願う、その象徴とも言える日だが、この日が近づくとあるお笑いコンビの名前がネットをざわつかせ始める。

    それが、リズムネタ「ラッスンゴレライ」で2014年に大ブレイクした「8.6秒バズーカー」だ。

    「ラッスンゴレライ」のYouTube再生回数は2200万回を超え、よしもと史上最速でなんばグランド花月単独ライブを開催。

    そんな人気絶頂だった彼らはなぜ、“テレビに出ちゃいけない芸人”“反日芸人”のレッテルを貼られたのか。

    r


    ・コンビ名の「8.6秒」は8月6日の原爆投下日を意味する

    ・ネタ「ラッスンゴレライ」は爆弾投下の号令“落寸号令雷”を意味する

    ・ネタのセリフ「ちょっと待って!」は爆撃機“チョットマッテ号”の意味

    ・揃いのサングラスはマッカーサーを意味する

     
    しかし、この反日疑惑は単なる憶測だけで始まったわけではない。

    デビュー前、当時大学生だったはまやねんがTwitterに書き込んだ「もう日本オワタ。中国とロシアに一気に攻め込まれる(笑)植民地ぷぎゃあ」というつぶやき。

    はまやねんは「政治的な知識もないのに適当にカッコつけてつぶやいてしまった」と弁明しているが、この反日疑惑によって、出演番組のスポンサーにはクレームが殺到。

    出演した番組もお蔵入りし、人気絶頂だった2人は突然テレビの世界から姿を消した。
    https://abematimes.com/posts/7014136 


    所長見解:いたね・・・

    【【あの人は今】8.6秒バズーカー ←これ】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ