干される

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月3日、都内にて開催された「Pen クリエイター・アワード2018」で、俳優の稲垣吾郎、吉田鋼太郎、女優の松岡茉優が受賞者として登壇した。

    g


    今年、最も活躍した日本のクリエイターたちを称えるものとして、建築家の石上純也氏、彫刻家の名和晃平氏、チームラボ代表・猪子寿之氏も受賞しており、ネット上でも「これは納得の方々の受賞ですね。おめでとうございます」といった、彼らの活躍を称える声に溢れている。

    「ところが、これがテレビに報じられる際には、残念ながら稲垣吾郎の存在感は限りなく薄くなるようです」(エンタメ誌ライター)

    授賞式で稲垣は、来年2月に公開される「映画『半世紀』がターニングポイント」と語り、
    さらに「去年のいま頃“新しい地図”というものを香取(慎吾)くんと草なぎ(剛)くんと3人で始めさせていただいて、本当にゼロからのスタートだったのですが、多くのファンの方がついてきてくださって、そして多くのメディアやスタッフに注目していただいて、まさか去年のいま頃から考えると、この場に立ったり、お仕事に恵まれているなんてことは夢にも思っていなかった」と述べている。

    「例えば、12月4日放送の『スッキリ』では、香取の盟友・加藤浩次がスタジオにいるにもかかわらず、稲垣の新しい地図についてのコメントは放送されず、松岡茉優が『GUCCIをジューシーと読み間違えたことがあり、英語力が不安なのでハリウッド進出は考えてない』というジョークのような話を中心に紹介するに留まりました。

    さすがに画面上、不自然に稲垣がカットされるということはなかったですし、もちろん“尺”というものもあるでしょうから、すべてを伝えることは難しかったにせよ、視聴者は『新しい地図』に対する加藤浩次の言葉に期待していたのではないかと思います」(前出・エンタメ誌ライター)

    また、画面上テロップでは吉田に対し「ドラマ おっさんずラブ」、松岡に対し「映画 万引き家族」とあり、稲垣には「Penの表紙を務める」と注釈が添えられていた。

    「これではまるで、他の受賞者と違い“お付き合い”で賞を獲ったという印象を与えてしまうかも知れません。
    稲垣がもしSMAPのメンバーだった頃であれば、テレビでの取り上げ方も違ったのではないかと思わずにはいられません」(前出・エンタメ誌ライター)

    福岡ローカル番組で地上波復帰というニュースもあった元SMAPの3人。

    今後の活躍にも期待が寄せられる。 

    http://dailynewsonline.jp/article/1600290/

    所長見解:あれやね・・・

    【【ジャニ圧力】元SMAP・稲垣吾郎のコメントはカットの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    12月2日放送の『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)で審査員を務めた上沼恵美子(63)に対し、お笑いコンビ・とろサーモンの久保田かずのぶ(39)と、決勝で漫才を披露したスーパーマラドーナの武智(40)が暴言を吐いたことが、物議を醸している。

    事の発端は『M-1』終了後に生配信された久保田と武智によるインスタライブ。

    『M-1グランプリ2017』の覇者である久保田は、酔っ払った口調で「自分の感情だけで審査せんとってください」「おまえだよ、右側のな。クソが」とテーブルの足を蹴りながら激怒。

    インスタライブを撮影していた武智も、久保田の発言に便乗するように、「右のオバハンや、右のオバハンにはみんなうんざりしている」「更年期障害かって思いますよね」とコメント。

    名前こそ出さなかったものの、当日の大会で審査員席の向かって一番右側に座っていた上沼恵美子の審査を批判した。

    「スーパーマラドーナにとって今年の大会はラストイヤーでした。
    隣人から殺されそうになってしまうというネタで、相方の田中(41)の不気味さをうまく活かした漫才だったのですが、思うように点数が伸びず、全10組中7位という結果に。
    89点をつけた上沼は、“入るときは、面白いなぁ、どんな展開になるんやってドキドキした”と褒めつつも、後半の展開に関して“悪いけど、ぶしゃ~っとした”としらけてしまったと評価したんです。
    そのときの武智は、かなり険しい顔で上沼を見つめていたんです。
    このときから鬱憤が溜まっていたんでしょうか」(芸能記者)

    s


    久保田&武智は4日にツイッターで上沼に謝罪。

    さらに武智は7日になんばグランド花月での通常公演に出演し、登場直後に「お騒がせして申し訳ありませんでした」と観客に向けて再び謝罪した。

    「この騒動を受けて、上沼さんと同じく『M-1』審査員を務めたオール巨人さん(67)や司会を務めた今田耕司さん(52)をはじめ、多くの芸人が苦言を呈したり、公の場で謝罪するなど対応に追われています。
    ただ、事態はそう簡単には収らないようです」

    そう話すのは関西を中心に活動する放送作家。

    「スーマラは関西ローカルの上沼さんの番組にもよく出演しています。
    実は、9日放送の上沼さんと高田純次さん(71)の冠番組『気になる情報のウラのウラ 上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)にも、2人は出演することになっていたんです。ですがこの騒動が起こり、スーマラの出演はなくなったんです。
    当然、上沼さんが激怒してスーマラを追放したと考えざるを得ません」(前出の放送作家)

    12月9日放送分の『クギズケ!』の番組収録は12月8日。

    「8日の収録で上沼さんは、今回の件に対して、初めてじっくりと今の自分の思いを語るそうです」(前同)

    関西お笑い界の重鎮がこの騒動について何を語るのか? 

    9日の放送に注目が集まりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1601004/
    日刊大衆

    所長見解:そらな・・・

    【【暴言問題】女帝・上沼恵美子、スーパーマラドーナを番組から追放ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    いよいよ笑えない事態になってきた……?

    12月2日に行われた『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の審査員の判定を巡り、とろサーモン久保田をはじめとする芸人数名が泥酔し、特定の審査員に対しての批判をインターネット上で展開したとして、問題となっている。

    M-1から数時間後のスーパーマラドーナの武智が打ち上げの席でインスタライブを開始。

    その場には昨年優勝したとろサーモン久保田、ギャロップ林、和牛水田、かまいたち濱家などが同席しており、とろサーモン久保田は「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください!」と怒り、さらに審査員の名前は出さなかったものの、スーパーマラドーナの武智は「あのオバハン」とヤジを飛ばしており、相当に荒れていたことが予想される。

    この動画の配信後、上沼恵美子は自身のラジオ番組で審査員からの引退を宣言。

    その原因は久保田たちの発言が原因だったのではないかとされている。

    現在、問題の動画は削除済みで、久保田も武智も自身のTwitterで謝罪を発表しているが、本事件は彼らの「ごめんなさい」だけでは済まされない様相となっている。

    k


    12月17日になんばグランド花月で行われる「本公演」に出場予定だった、とろサーモン、かまいたちの2組が突如、休演と発表されたのだ。

    ライブでの休演そのものは珍しいことではないものの、今回のとろサーモンに関しては今回の泥酔騒動が原因ではないか? と噂されており、さらにかまいたちもこの打ち上げに同席していた事から、同罪として判断され出演を見合わせられたのではないか、と噂されている。

    なお、かまいたち濱家に関しては、動画を確認する限り「同席していただけ」とした方が正しく、さらに酔いが回っていたのか、机に突っ伏して寝ていたため、「かまいたちを同罪するのは可哀想ではないか?」と同情する声もあるという。

    年末の本公演という大舞台が謎の休演となり、本業にも影響が出てきてしまった久保田たち…・・・。

    果たして、彼らは楽しい正月を迎えることができるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1597885/

    所長見解:やばいね・・・

    【【これはヤバい】上沼暴言問題の「とろサーモン」久保田、謎の舞台休演ってよ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(36)は今年、相次いでレギュラー番組を失った。
    が、そんな現実はどこ吹く風とばかりに、ビジネスに精を出している。
    それも、怪しさに満ちた……。

    n


    今年3月はTBS系の「ビビット」、9月には日テレ系「ヒルナンデス!」を降板したオリラジ中田。

    芸能記者は、彼をこう評する。

    「近ごろの中田は、自分で立ち上げたブランドのTシャツなどのネット販売にご執心です。それが宗教じみていて気持ち悪い。
    『幸福洗脳』とプリントされただけのTシャツを1万円以上で売っているのです。
    さらに、ラジオ番組で“ディープなファンだったら買えよ”とリスナー、つまりファンに購入を呼びかけました」

    結果、売れたものの、

    「中田は“先輩芸人の半年分の収入を1週間で稼いだ”と豪語して、“何様?”と反感を買いました」

    が、気にもかけず、引退を囁かれても意に介さない。

    「なにせ、中田さんはいまや“教祖様”ですからね」

    そう語る女性がいる。
    彼女は、中田が主宰する月会費1千円のオンラインサロンメンバーの関係者だ。

    「中田さんの『NKTオンラインサロン』では、メンバーだけのやりとりができます。けれど、“やっていることが怪しすぎる”“宗教みたい”といった声が続出しているのです」

    この関係者が続ける。

    「中田さんは、オリラジが中心のダンスユニット『レディオ・フィッシュ』のプロデューサー兼メンバーとしても活動しています。
    このユニットは2年前に『パーフェクトヒューマン』が大ヒット、紅白出場も果たしました。
    でもこの売り上げをほとんど吉本興業に持っていかれた。
    だから彼は、レディオ・フィッシュ関連の売り上げを会社にとられないよう、サロンをはじめたというのですが……」

    サロン内ではバーベキューなどのオフ会もあり、ライブのチケットを中田などから直接、手売りされる。

    「芸人にファンが会えるんです。舞い上がりますよね。
    彼はファン心理を利用して、10枚以上のチケットをファンに渡して周囲にさばくよう頼むのです。
    売り切った子には“もっといけそう?”と追加で売らせる。
    さらには、レディオ・フィッシュの弟分のグループのビデオ撮影なんかもやらせる。
    ギャラなどありません。
    月会費1千円を払い、働くんですよ」

    そしてオフ会にはファンに全身黒の服を着てこいと要請。
    着てくると、黒い数珠を授けるという。

    「黒ずくめの服を勧めるのも、“まず中田を信じてほしい。だから黒い服着ろって言ったら着るんです。まず、信じる”と宗教じみているし、自分を“御神体”などと呼ばせたりしてもいる。全部シャレと片づけるには気味が悪すぎます」

    狂気と正気の境目があやふやな感じがしてならない。

    吉本興業はサロン運営を容認しているというが、こんな“教祖様ビジネス”、いつまで続くのやら。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00550762-shincho-ent


    所長見解:武勇伝やね・・・

    【【迷走中】オリラジ中田の怪しい「教祖様ビジネス」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    脳科学者の茂木健一郎氏が10月21日、自身のツイッターアカウントを更新し、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦がテレビの世界から消えつつある現状を嘆いている。

    中田といえば、今年3月に報道番組「ビビット」(TBS系)を卒業すると、先月にも「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)からの卒業を発表し、徐々に地上波テレビ番組への登場回数が減りつつあることから、“業界から干されているのでは?”といった懸念が一部で渦巻いていた。

    n


    こうした状況を受け、茂木氏は
    《オリラジ中田さんが「干されている」というニュースが次々と。
    そんなことはないと思うし、あってはならない。
    そもそも「大御所」に「異論」を言ったからって「干す」って、どれだけ同化圧力強いんだよ!笑》
    とつぶやき、テレビ業界の体質を糾弾している。

    そもそも茂木氏は上下関係を過剰に意識した現代のお笑い芸人による弱腰なスタンスに異を唱えていた。
    すると、ダウンタウンの松本人志がこれに反論、そこへ中田も参戦し、茂木氏の指摘に反論した先輩の松本について「ガッカリした」などとコメント。
    芸歴36年にもなるダウンタウンへの中田の“噛み付き発言”により、後に吉本興業の幹部からもお叱りを受けたという経緯がある。

    「この出来事が中田が“干された”原因だとする憶測は根強い。
    でも、そもそも中田にはこうした小競り合いの騒動以前から、同僚や先輩から日頃の悪態などを暴露されていて、業界内での評判が芳しくなかったという背景もあるかもしれませんよ。
    古くは、吉本の養成所時代にも中田には仲間や親友といった存在はなく、相方の藤森慎吾が同期の芸人らと談笑する姿を見ては“同期なんかと会話するな”“あいつらはライバルなんだから”と注意し、後にはんにゃやトレンディエンジェルなどの同期芸人からも『あの頃のあっちゃんは絡みづらかったし、怖かった』とたびたび証言されています。

    テレビのバラエティ番組は盛り上がる空気感を演者全員で作り上げ、視聴者を楽しませることが目的ですから、制作サイドもわざわざ他の芸人から疎まれている存在のタレントにオファーを出す訳にもいかないでしょう。
    “干されている”ことと“求められていない”ことは全然別物ですよ」(テレビ誌ライター)

    デビュー前から孤立を好み、独自のスタンスで歩を進めてきた中田。
    その一匹狼な方針によって最も被害を被っているのは相方の藤森慎吾なのかもしれない?

    http://news.livedoor.com/article/detail/15506394/


    所長見解:そうなんだね・・・

    【【武勇伝】オリラジ中田が干された本当の理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ