ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:市川紗椰

    Sponsored Link

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    9月いっぱいでの終了が決まった番組『ユアタイム』(フジテレビ系)。
    昨年4月に鳴りもの入りでスタートした夜のニュース番組も、約1年半で幕を閉じる。
    その最後を汚す格好となったのが、8月末に「FLASH」(光文社)で報じられたMCの市川紗椰と同局のベテランアナウンサー・野島卓との半同棲報道だ。

    s


    「『ユアタイム』が始まる前からフジは気合が入っており、“これまでにない報道番組を作る!”というテーマのもとスタートしました。
    そこでキャスティングも当時、イケメン経営コンサルタントとして注目されていたショーンKことショーン・マクアードル川上と、モデルとして活躍していた市川のコンビをキャスターとして起用することになっていました。
    ところが放送開始前にショーンKの学歴詐称疑惑が発覚。
    急遽、市川ひとりでスタートすることに。
    その結果、初回からコケてしまい、平均視聴率は最後まで2~3%台をウロウロ。
    本当は今年の3月に終了する話もあったのですが、肝入りでのスタートだったため1年では終わらせることができなかったのです」(フジテレビ関係者)

    その延命の結果、報じられてしまったのが市川と野島の“20歳差交際”だったのだから、なんとも皮肉な話だが、それにしても気になるのが“低視聴率の戦犯”とされる市川のことだ。

    「もともと相撲や鉄道、ガンダムなどのオタク気質の市川はネット住民からの支持が根強く、どちらかといえば彼女に同情する声が大きかったんです。
    今回の熱愛報道は番組打ち切りのアナウンスがあった後ですが、それでも視聴率低迷だけが番組終了の原因となっていれば、ここまでバッシングされることもなかったでしょう」(テレビ局関係者)

    現在は「残りの時間」を粛々とこなしている市川だが、そんなときでも制作チーム内部ではかなりの仕打ちにあっているのだという。

    「『ユアタイム』はこれまで『めざましテレビ』『スーパーニュース』などで知られるフジの敏腕プロデューサーで安藤優子さんの夫でもあるAさんが立ち上げた番組。
    市川はまさに『ユアタイム』制作統括を務めるAさんが自信を持って引っ張ってきた。
    それがショーンKの問題があったとはいえ、スタートダッシュに失敗。
    挙句の果てには、よりによって司会者同士の交際報道となり、これにキレたAさんは、現在はスタジオ内で市川とは目も合わせず、シカトしているようです。
    確かに市川にも責任はありますが、そこまでするAさんもどうなんだろうとスタッフの間で評判ですね」(前出・フジ関係者)

    「視聴者に特別なひと時を提供する」というコンセプトでスタートした『ユアタイム』だが、市川は違った意味で“特別なひと時”を過ごしているようだ。 

    http://dailynewsonline.jp/article/1356215/
    ビジネスジャーナル

    所長見解:いい報道番組だったのにね・・・
    【【これはひどい】市川紗椰、『ユアタイム』現場でスタッフからシカト状態ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2人が乗った白いベンツ・カブリオレは、お台場の夜を走り抜ける。
    深夜1時ともなれば、行き交う車もまばらだ。
    軽快な走りでレインボーブリッジに差しかかると、ベンツはさらにスピードを上げた。

    助手席の市川紗椰(30)は、隣でハンドルを握る男と2人だけの車内反省会を開いたに違いない。
    たとえば……ねぇ、今夜の私、大丈夫だったかな、と。
    さっきまで『ユアタイム』(フジテレビ系)の生放送で共演していた同局の野島卓アナ(50)は、笑顔で頷いたはずだ。

    s


    「市川と野島アナは現在、真剣交際中だ。
    番組でコンビを組む2人は、20歳の年の差ながら、密かに愛を育んでいた。
    市川は一週間のほとんどを野島アナの自宅マンションで過ごしており、半同棲状態にある」(同局報道関係者)

    出会いはもちろん『ユアタイム』。
    2016年4月に始まった番組は、波乱の幕開けだった。
    MCを務めるはずだったショーンKことショーン・マクアードル川上氏(49)が経歴詐称を報じられて番組開始直前に降板。
    もともと原稿を読む予定のなかった市川が、急遽MCを担当することになった。
    それを支えたのがアナウンス室の部長職でもある大ベテランの野島アナである。

    「昨年出演したバラエティ番組『アウト×デラックス』で市川は『(原稿を噛むと)隣で野島さんが、死ねば、っていう目になる。
    それがため息に変わり、クスッと笑ってくれるようになった』と喜んでいた。
    ツンデレな野島アナに、市川のほうが惹かれていった」(同前)

    鉄道や大相撲、声優事情に精通し、「恋人よりヲタ友が必要!」と豪語していたオタク女子な市川も、ついに三十路。
    一方の野島アナは1997年に離婚し、現在バツイチ。

    本誌の取材に対し、フジテレビ広報部は「社員のプライベートについてはお答えしておりません」と回答。
    一方、市川の所属事務所は「仲のいいスタッフの一人だと聞いています。
    大人なので、プライベートは本人にまかせています」と交際を否定しなかった。

    番組は9月いっぱいでの終了が決まったが、2人の愛は、さらにスピードを上げて突っ走る!

    週刊FLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170828-00010002-flash-ent


    所長見解:これは意外・・・
    【【これはびっくり】市川紗椰「ユアタイム」共演の野島卓アナと半同棲ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    市川紗椰(30)がキャスターを務めるニュース番組「ユアタイム」(フジテレビ)が、視聴率の不調が理由で9月に終了することが決定した。
    終了の原因は市川にあるとの報道も一部で流れ、キャスターとしての資質や、そもそも彼女を起用したフジテレビにも疑問が上がっている。
    しかし、一部のファンからは「俺たちの市川紗椰が帰ってきた!」と逆に歓迎する声もあがっているようだ。

    「『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)などで見せた、熱心な鉄道オタクぶりは多くのファンが認めています。
    タモリさんが鉄道好きなため、同番組では定期的にこの手の企画が放送されますが、彼女は何度も起用されています。
    仕事がほしいためにオタクを自称するような”ニワカ”とは違い、マニアックなグッズ収集から車両のドアが閉まる音の違いにまで言及するほど。
    市川さんは路線図も好きで、時刻表マニアだというタモリさんとも意気投合しているようです。
    最近の『タモリ倶楽部』の鉄道系企画では、番組が同じ時間帯のため市川さんは起用されず、ほかの女性タレントが起用されているので、降板をきっかけに市川さんとのマニアックな絡みが復活してほしいですね」(鉄道ライター)

    また鉄道以外でも市川は相撲マニアでもあり、重度のアニオタでもある。
    そのガチっぷりはオタクたちからも評価が高いのだ。

    「今回の降板騒動で彼女のオタクぶりに注目が集まっていますが、昔から彼女を知る人にとっては“何をいまさら”という話ですよね。
    多くのファッション誌でモデルを勤め、しかもハーフで胸も大きいという超絶美貌の彼女から、業界関係者でも舌を巻くようなオタクトークが繰り出されると、たちまち魅了されて仕事をオファーしたいと考えますよね。
    いまは多忙のため、単発の取材でもなかなかスケジュールが取れない状態です。
    すでに(番組が終了する)9月以降、新連載やテレビの仕事もいくつか決まっているようです」(取材を担当したカルチャー雑誌の編集者)

    no title


    市川紗椰、ユアタイム終了でオファーが急増? “オタク復帰”歓迎の声

    そもそも初回放送前に発覚した、メインMCを務める予定だったショーン・マクアードル川上氏(49)の学歴・経歴詐称疑惑の煽りを受けて、無理やりメーンキャスターにさせられてしまった市川。
    いくら早稲田大学卒で教養があると言っても、このときは批判が噴出。
    それでもなんとか約1年半の間こなしてきた経緯もある。

    「局全体が、視聴率低迷をなんとか打破しようとぶち上げたものの、ショーンK騒動でミソがついてしまった。
    オタク美女という彼女を抜擢することでなんとかスタートさせたものの、誰もが最初から彼女1人にやらせるのは苦しいとわかっていたと思います。
    堪能な語学や相撲好きなスキルもちっともうまく活かしてあげられていませんでしたね。
    報道番組のメインキャスターであるため、客観性の観点から、特定の企業のCMに出演するのはご法度で、それが局幹部の逆鱗に触れたという話もありますが、実はコレに関しては半年以上前から話題になっていた。
    視聴率低迷ももちろんあると思いますが、組織改編による余波でしょうね」(フジテレビ関係者)

    ニュース報道番組に毎日メーンで出演するとなれば、その勉強だけでも他番組に出演する余裕がなくなるわけで、彼女が解き放たれればその才能を活かす場はいくらでもある。
    今回の騒動を受けて、オヤジ系週刊誌からも早速擁護する声もあがっている。
    いずれにせよキャスターを務めたことで知名度は上がったわけで、今後はのびのびと語る市川のマニアックな姿が見てみたいものだ。 

    https://dot.asahi.com/dot/2017082100051.html


    所長見解:もったいないね・・・
    【【オタク復帰へ】市川紗椰、ユアタイム終了でオファーが急増ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「なんでユアタイム終わってしまうんや...」「終了するのは残念」――フジテレビの報道番組「ユアタイム~あなたの時間~」(月~木:23時30分・金:23時58分~)が終了するとのニュースに、ツイッターなどで惜しむ声が相次いでいる。

    s


    ショーンKことショーン・マクアードル川上さん(49)が開始直前に司会辞退、代わって登板した市川紗椰さん(30)は「経験不足」、視聴率も低迷――と、打ち切りを伝える記事はいずれも辛口だ。
    一方でネット上では、終了反対の声が上がる。
    この落差はいったい?

    フジは「番組の詳細については決定していない」

    フジテレビは2017年8月7日、J-CASTニュースの取材に、「番組の詳細については決定していない」(企業広報室)として「打ち切り」についての明言を避けたものの、系列のサンケイスポーツなども含め、7月末以来複数のスポーツ紙、週刊誌が、「ユアタイム」の終了を報じている。

    そのサンケイスポーツ(ウェブ版、7月29日付)は、2016年4月に「大型番組」として始まったものの、開始直前に司会に予定されていたショーンKさんが学歴詐称報道で降板するなど当初から騒動に見舞われ、「最近は視聴率の伸び悩みが続いていた」――と、番組の1年半を総括している。
    他のスポーツ紙も大同小異だ。

    週刊誌やネットメディアになると、さらに評は辛い。
    特に番組の顔・市川さんに対しては、経験の浅いキャスターぶりへの批判から、CMへの出演で局ともめた、趣味の相撲の話ばかり熱心――などなど、批判的な「関係者の話」が書き連ねられている。

    加計問題などで「独自色」

    こうして見ると、まるでいいところもなかったように見える「ユアタイム」だが、終了報道への反応をチェックすると――。

    「ユアタイム終わりかー。良心的な番組と思っていたんだけどな」
    「視聴率は悪かったが、市川紗耶は、段々と良くなった。相撲解説も良かったのに。
    よく、ショーンKの穴を埋めたよ。残念だ」
    「あのユルいながらもモーリーとかコメンテーターとかの独自視点がよかったのに。
    元官僚や新聞記者のつまらんオヤジ視点にはない内容」

    意外にも、というと失礼かもしれないが、ネット読者からは否定的に扱われがちなフジテレビの、しかも報道番組にもかかわらず、終了を惜しむ声が目立つ。

    「独自視点」を象徴するのが、加計問題の閉会中審査を扱った7月10日夜の放送だ。
    他の番組ではあまり扱われなかった加戸守行・前愛媛県知事の答弁に、市川さんの「経緯を丁寧に説明していて、辻褄が合うんですよね」というコメント付きで言及するとともに、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさんによる、

    「野党による内閣への追及ということで、(メディアが)ショーアップに加担して尻馬に乗ってしまったように思います。
    だから下手をすると、今回信頼を失うのは自民党というよりも、メディアが敗者になる可能性があります」

    という、マスコミのあり方を問う発言を放映、反響を呼んだ。

    こうした他の番組と一味違う姿勢が、視聴者にも認め始められた矢先の9月いっぱいでの「打ち切り」報道。
    8月5日付の日刊スポーツ(ウェブ版)は、後継番組に椿原慶子アナウンサー(31)を起用する方針だと伝えている。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13454804/


    所長見解:終わるの惜しいよね・・・
    【【ユアタイム終了】市川紗椰はキャスター失格じゃないってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    フジテレビの報道番組「ユアタイム」が今秋で終了することを29日に一部スポーツ紙が報じた。
     
    また別のスポーツ紙は、キャスターをつとめるモデルでタレントの市川紗椰(30)が9月いっぱいで降板。
    10月からは新キャスターでリニューアルすることを報じた。

    s


    「まだ最終的には固まっていませんが、10月から新番組の放送が濃厚になっています。
    昨年4月の放送開始から視聴率が2~3%と低迷し、回復せず。
    事実上の“打ち切り”といえるでしょう」(フジテレビ関係者)
     
    スタート前からつまずいてしまった同番組。
    当初はショーンKこと経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏(49)と市川のコンビがメインキャスターを務める予定だった。
    ところが番組スタート直前の昨年3月中旬、川上氏の経歴・学歴の詐称が判明。
    そのため、市川がメインキャスターをつとめることになってしまった。
     
    同局の窮地を救った市川だけに、番組が終了するにせよ何らかの“救済措置”がありそうなもの。
    だが市川はある“事件”がきっかけで、同局に大きな借りを作ってしまったという。
     
    「本来ならば報道番組のキャスターをつとめているうちは、特定企業のCMに出演するのはNG。
    ところが市川の事務所は大手ではないため、事情を理解していなかった。
    そのため今年の春先に放送されたアルコール飲料のCMを入れてしまったのです。
    当然、フジ上層部は激怒。
    市川は降板危機を迎えたが、代役が見つからずに続投。
    そんな事情から、市川サイドはフジに何も言えなくなってしまったようです」(大手広告代理店関係者)
     
    いずれにせよ、10月以降は市川から「キャスター」の肩書が外れることになりそうだ。

    女性自身
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13407537/


    所長見解:ずっと見てたのに・・・
    【【これはつらい】市川紗椰、ユアタイム降板にあった「フジに物申せない裏事情」ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ