ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    巨人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    プロ野球・巨人に激震が走った。
    高橋由伸監督の今季限りの辞任が電撃発表されたのだ。
    山口寿一オーナーが3日、プロ野球記者クラブに属するメディアを集めて明らかにした。
    高橋監督は2015年オフに監督就任以来、3年連続で優勝を逃しており、12年ぶりとなるシーズンの負け越しも決まった。
    最終的に2年連続Bクラスとなれば、責任問題は避けられない。
    高橋監督は先月の段階でフロントに「責任を取る」と辞意を申し入れていたという。

    では、次期監督は誰になるのか?
    これが原辰徳前監督に再び戻るというのだから、巨人ファンはげんなりだ。
    加えて、身内のスキャンダルもくすぶっている。
    今年5月、「アサヒ芸能」(徳間書店)がさりげなく記事にしていた、原監督長男のクスリ疑惑。
    報じたのがアサ芸ということで、そこまで波及はしなかったが、記事にもある通り、原監督の息子が当局の任意の聴取に応じたことは間違いない。

    h


    「尿検査の結果は『シロ』だったため、そのまま帰されたが、問題なのは当局から目をつけられていること。
    それほど原ジュニアには悪評が多すぎる」(テレビ関係者)

    東京・六本木では“遊び人”として有名で、「親父から買ってもらった」というロレックスの腕時計を自慢する姿も目撃されている。

    「典型的なボンボン。
    就職の際には父親のコネを駆使して、某民放キー局から内々定をもらっていたが、局側が身辺調査したところヤバイことがわかり、内定が取り消されたという話も聞いている。
    その後彼は某アイドルグループの関連事務所に就職したが、長くは続かず、すぐに辞めてしまった」(週刊誌記者)

    原監督の唯一の弱点がこの息子。
    再び監督に就任するのはいいが、身内のスキャンダルで野球どころではなくなる可能性も否定できない。

    「読売グループも監督のボンクラ息子の話は耳に入っている。それでもGOを出すのだから、よほど人材がいないのだろう」(球界関係者)

    現在も長男は当局の捜査対象という。
    最悪の事態にならなければいいが……。

    http://dailynewsonline.jp/article/1535913/


    所長見解:大丈夫なのか・・・

    【【巨人新監督候補】原辰徳の息子が「薬物疑惑」問題。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    【巨人】後任は原辰徳氏で一本化 4年ぶり3度目の指揮へ…由伸監督辞任表明

    巨人の高橋由伸監督(43)が今季限りで辞任することが3日、明らかになった。
    東京・大手町の球団事務所で山口寿一オーナー(61)が取材に応じ、辞意の申し出を了承したことを明かした。
    チームはクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性を残すが、高橋監督は3年契約最終年の今季、優勝争いに絡めなかった責任を痛感。自ら身を引く意思を固めた。
    後任には原辰徳氏(60)を候補として一本化している模様。
    4年ぶりに指揮を執ることが有力となった。

    h


    由伸監督が大きな決断を下した。
    球団事務所で報道陣に囲まれた山口オーナーの口から、衝撃的な言葉が発せられた。
    「高橋監督から責任を取って辞めたいと話がありました。(指揮した)3年間、優勝から遠ざかっている責任を取りたいという話です」。
    今季限りで、指揮官がユニホームを脱ぐことを明かした。

    山口オーナーによると、先週、同監督から電話があり、会談を持った席で辞意を伝えられた。
    チームは3位でのCS進出の可能性を残しており、日本一への道は閉ざされていないが「本人としてはCSに出られるとか、順位が何位になるかではなく、3年間優勝争いに加われなかったことを非常に重く受け止めていた」という。
    球団側もいったん持ち帰って検討したが、了承するに至ったという。

    15年オフに現役を引退し、監督に就任。
    指揮官として2年続けて優勝を逃し、今季もゲレーロや野上ら補強組が不発に終わり、9月29日には12年ぶりのシーズン負け越しが決定。
    指揮官一人の責任とは捉えておらず、同オーナーは「戦力の補強をはじめ、監督に対して十分なバックアップができていなかった。私からは申し訳なく思っていると伝えました」と球団の責任をわびた。
    その上でフロント体制の見直しにも言及。
    「GMも含めて、それをどうしていくのかはこれから」と刷新を予告した。

    過渡期のチーム再建を託され、結果を求められつつ、信念を持って若手を積極的に起用。
    6月から4番に座り続ける岡本を筆頭に、吉川尚、重信らを育て上げた。
    その手腕を山口オーナーも高く評価。
    9月12日のオーナー会議後には「十分にチームを整えて、腕を振るってもらいたい」と続投に前向きだった。
    本人の意思が固く、翻意はならなかったが「高橋由伸は、ジャイアンツの宝だと思っています。再びジャイアンツのユニホームを、監督として着てもらうということを願っています」と期待した。

    後任監督には、原氏で一本化していることが本紙の取材で分かった。
    通算12年で3度の日本一を含む7度リーグ制覇を成し遂げた名将が、高橋監督が芽吹かせたチームを継承する。
    山口オーナーは後任について「難しい状況で引き受けてもらうことになる。そうすると、やはり経験、実績といったことは必要」と話した理想像とも合致する。

    実現すれば3期目の政権となる。
    3度、監督に就任するケースは球界でも少ない。
    この日、都内で取材に応じた原氏は「現時点では何もお話しすることはありません。その言葉しかありません」と話すにとどめた。
    「新しい体制で今月下旬のドラフト会議には臨みたいと思っている」と同オーナー。
    早期決定を目指していく。


    ◆原 辰徳(はら・たつのり)1958年7月22日、福岡県大牟田市生まれ。60歳。
    東海大相模高、東海大を経て、80年ドラフト1位で巨人入団。
    81年に新人王、83年は103打点で打点王とMVP。95年に現役引退。
    野手総合コーチなどを経て、2002年に監督就任。
    03年オフに退団し、06年に巨人監督復帰。
    09年の第2回WBCで日本代表を世界一に導いた。
    巨人では指揮を執った12年間でリーグ優勝7度、日本一3度。15年に監督を勇退。
    今年1月に野球殿堂入りを果たした。
    181センチ、88キロ。右投右打。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000008-sph-base

    所長見解:やっぱりか・・・

    【【巨人・高橋由伸監督辞任】新監督は原辰徳氏 ←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3回目の原辰徳か、現役引退させて阿部慎之助か、松井秀喜が出てくるか

    3年前に就任した高橋監督。
    初年度は2位だったが昨年は4位と低迷。
    今季も首位・広島には10ゲームほど差をつけられている

    「高橋由伸監督は経験不足です。失敗を恐れて自分から動かない。キチンと選手とコミュニケーションをとっているようにも見えません。当然、巨人のフロントでは次期監督の話も出ているでしょう」

    野球評論家の江本孟紀氏が語る。

    t


    今季の巨人はボロボロだ。
    7月22日に6点差をひっくり返され広島に逆転負けすると、早くも自力優勝の可能性が消滅。抑えのマシソンや上原浩治が相次いで二軍落ちし、Aクラス死守も危うい。

    「ベンチの雰囲気も最悪です。
    疲れの見える投手陣は、強肩の小林(誠司)に正捕手をやってもらいたい。
    その小林は村田真一ヘッドコーチと仲が悪く、干され気味なんです。
    村田さんは従順な選手を好みますが、小林は指導に納得いかなければ『ボクにはボクのやり方がありますから』と反発しますからね。
    本来なら高橋監督がうまくとり持つべきですが、コーチ陣に任せきりで口を出さないんです」(スポーツ紙巨人担当記者)

    高橋監督の任期は今季で終了する。
    2年連続Bクラスとなれば、再契約の可能性は低い。
    となれば、次期監督は誰になるのだろうか。
    前出の江本氏は、原辰徳氏の3度目の就任に期待する。

    「高橋監督と違って動きが早い。ピンチの時には自らマウンドに向かい、投手に発破をかける行動力があります」

    原氏は選手からの人気も高い。
    だが球団幹部との関係がかんばしくない。

    「GMの鹿取(義隆)さんと仲が良くないんです。
    原さんは最初の監督就任時(’01年)、自ら動いてヘッドコーチに招聘(しょうへい)した鹿取さんと、選手の起用法などで対立。
    鹿取さんはブルペン担当コーチに配置転換となり、’03年にシーズン終了を待たず退団したんです」(前出・記者)

    元巨人の投手で評論家の高橋善正氏は、阿部慎之助をおす。

    「若返りを図るなら阿部でしょう。巨人の現役選手では実績もバツグンです」

    阿部は来季40歳と、監督としてもフレッシュだ。
    欠点は人望のなさだろう。

    「一時期キャッチャー陣を厳しく指導し続けて、若手を萎縮させました。
    3年前まで長野(久義)や坂本(勇人)らとグアムで行っていた自主トレを単独でやるようになったのは、細かい練習法にまで口を出す阿部が愛想をつかされたからですよ」(巨人軍球団関係者)

    実力や実績があるにもかかわらず、自身の問題で監督候補のリストから外れそうな原と阿部。
    そこで急浮上してくるのが、あの人――。
    松井秀喜氏だ。

    「松井さんはヤンキースに移籍してから、日本の報道陣に追いかけられないニューヨークの生活に満足しています。
    巨人は春のキャンプで臨時コーチに招いたり、松井さんの野球教室にジャイアンツ球場(神奈川県川崎市)を自由に使わせるなど優遇していますが、帰国に前向きではないようです」(前出・球団関係者)

    監督就任の可能性はゼロなのだろうか。

    「松井さんは子どもが赤ん坊のうちは、住み慣れたニューヨークを離れたくないと言っています。
    長男は来年6歳。小学校に上がる年齢です。
    尊敬する長嶋茂雄さんが説得し続ければ、来季の監督就任も夢ではないかもしれません」(同前)

    はたしてゴジラは、弱い巨人軍を救うべく立ち上がるだろうか。


    FRIDAYデジタル
    http://news.livedoor.com/article/detail/15148048/


    所長見解:江川やれよ・・・

    【【候補者3名】プロ野球・巨人の次期監督はコチラwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ