ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    巨人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    ネオンの看板が連なる飲食店ビルのエレベーターの中、男は同乗していた見知らぬ男性をにらみつけるといきなり胸倉に掴みかかった。

    隆々とした太い腕で、有無を言わさず男性の首根っこを締め上げると、そのままエレベーターの壁までドスンと突き飛ばした。

    筋肉トレーニングで鍛え上げられた圧倒的な腕力でミシミシと締め上げると、男性の首はポキッと折れそうなほどひしげた。

    その怒気を帯びた表情の三角マユの男の正体は誰あろう、読売ジャイアンツ・澤村拓一その人だった。

    k


    巨人番記者が語る。

    「澤村は、4月6日のDeNA戦で今季初先発のマウンドに登っていますが、4回4失点、5回まで持たずに降板しています。
    その翌日には、登録が抹消され、2軍落ちとなりました。
    その翌週の2軍戦で先発が予定されていたのですが、何の前触れもなく登板を回避したのです。
    その原因が飲みに行った先で客とトラブルを起したことだった」

    球団関係者が重い口を開く。

    「4月中旬、場所は新宿区内、クラブなど飲食店が立ち並ぶビルのエレベーター内でした。見ず知らずの人の首を締め上げる暴挙には、さすがに澤村と同行していた仲間が止めに入り、男性に大きなケガはなかった。
    澤村は泥酔状態でまったく覚えていないようです。
    ちなみに、澤村と一緒だったのは選手ではありません」

    澤村は過去にも酒席でのトラブルを報じられたことがある。

    同様の騒動を起こし、ひた隠しておきたかっただろうが、その情報はすぐチーム内に拡散。

    みな、あきれ返っている。

    「選手やコーチは『またやらかしたらしいな』と口々に話し、中には担当記者などに『騒動を報じちゃったほうがいい』とお灸をすえる意味で話す声もあったといいます。
    原監督も『またバカをやったんだ』と、もはやオモシロ話として話しているほどです」(スポーツ紙デスク)

    波紋を広げるばかりの暴行騒動だが、その陰では澤村がトレード要員になっていたとも──。

    詳細は5月7日発売の週刊アサヒ芸能5月16日号でレポートしている。

    https://www.asagei.com/126037

    所長見解:トレードやな・・・

    【【これはヤバい】巨人・澤村拓一「泥酔暴行事件」がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    3月29日、プロ野球が開幕した。球団ワーストタイとなる4年連続V逸の汚名をそそぎたい巨人は、オフに50億円ともいわれる大型補強を敢行。

    復帰した原辰徳監督( 60 )のもと、ペナント奪還に燃えている。

    「原監督には、すさまじいプレッシャーがかかっています。
    12年で7度のリーグ優勝、日本一を3回達成しており、2009年の第2回WBC大会では、日本を世界一に導いた。
    今や名実ともに、球界屈指の名将ですから」(スポーツ紙記者)

    h


    選手としてのキャリアも輝かしいものだ。

    「高校時代は東海大相模で、1年生からサードでレギュラーを獲得。
    春夏合わせて3度甲子園に出場し、東海大に進学しました。
    大学時代も首都大学リーグで大活躍し、三冠王にも2度輝いています。
    3年時には“長嶋の再来”と報じられるなど、文字通り大スターとして活躍し、80年にドラフト1位で巨人に入団しました」(前同)

    甘いマスクも手伝い、モテっぷりは半端なく、原氏が歩くところ黄色い悲鳴がやまなかったという。

    そんな人気絶頂の原氏と交際していたと告白するのが、新宿で『ワッケーロ』という老舗の占いバーを経営する篠原明子さんだ。

    「初めに断っておきたいんですが、私は2012年に一部週刊誌で報じられた“1億円の女”ではありませんからね(笑)。
    現在まで、原さんと金銭の授受は一度もありませんから……。
    当時、32歳だった私にとって、原さんは年下のかわいい男の子という感じでした。
    親戚に野球選手がいたので、野球選手好きだったんです(笑)。
    原さんはテレビや新聞で大スターでしたから、憧れの存在でしたね」

    二人の出会いは、原氏が大学3年時に日本で開催された日米野球だったという。

    「青山ダイヤモンドホール(当時)で、日米野球のイベントがあったの。
    そこで、原さんにサインをもらったんだけど、彼、私に色紙を手渡すときに落としたんです。
    その日、私は露出の多いワンピースにビーチサンダル姿。
    沖縄帰りだったから小麦色に焼けていて……。 
    原さんはわざと色紙を落として、下から舐めるように私の体を見ていた(笑)。
    根はスケベなんですかね」

    本当は、明子さんはランディ・バース氏、掛布雅之氏と共に、阪神黄金期を支えた岡田彰布氏の陣中見舞いに同日行ったんだとか。

    「当時、岡田さんは大学野球で早稲田のスター。
    よく学ラン姿で私の店に飲みに来ていたから、仲良しだったんです。
    ただ、岡田さんとつきあおうとは思いませんでした。
    やっぱり、イケメンの原さんですね(笑)」

    原氏からサインをもらった彼女は、後日、東海大野球部に電話をかけた。

    「原さんが出たので、“この間、サイン落としたときの……”って言ったら、すぐ分かって。その後、電話し合う仲になったの。
    やっぱりサイン落としたのは、わざとだったんですかね(笑)。
    彼は“野球漬け”だから、ストレスも多い。
    電話だけでなく、プレゼントを贈りあったりしていました。
    ほどなく、私のアパートで男女の仲になったんですけど、私は彼を“ルンルン”と呼んでいましたね。
    当時、『花の子ルンルン』というアニメが放送中で、“原の子ルンルン”というダジャレです(笑)。
    彼はスターだったんで、人前で“原さん”と呼べなかったのもあります」

    4月1日発売の『週刊大衆』では、この他にも明子さんの赤裸々な“逸話”と、今季の原監督に向けての優勝応援ラブレターを掲載。

    今季の原巨人には、ぜひV奪還を期待したい。


    http://dailynewsonline.jp/article/1753876/
    日刊大衆

    所長見解:古いな・・・
    【【元恋人暴露】巨人・原監督、「禁断の恋」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    日本中に衝撃を与えた「イチロー引退」会見。

    世界一の安打製造機が「決断」に至る直前まで、実は「第二の選択肢」が目の前にブラ下がっていた──。

    「巨人への移籍交渉が、極秘裏に行われていたんですよ」

    事情を知る関係者のこんな証言を紹介し、驚愕の舞台裏に迫っているのは、3月26日発売の「週刊アサヒ芸能」4月4日号だ。

    h


    巨人・原辰徳監督は大のイチローファンとして知られる。

    昨オフから巨額を投じて大型補強を重ねる球界の盟主の「最大の目玉」がイチローだったのだ。

    イチローの代理人を通じ、交渉は東京ドームでのマリナーズ開幕戦の最中にも行われていたというから驚きである。

    そのアスレチックスとの開幕2連戦はさながら、イチローの引退セレモニーのごとき演出がなされた。

    「巨人はそれに対し、まだ移籍をあきらめていないとして、引退ムードを出さないようマリナーズに『圧力』をかけたというんです」(球界関係者)

    だが、ギリギリまでの交渉は実らず。

    イチローは結局、メジャーリーガーとしてキャリアを終える選択をしたのだった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16216556/

    所長見解:ないやろ・・・

    【【極秘交渉】イチロー、巨人への移籍説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡辺恒雄氏(92)が10日、都内ホテルで行われた巨人・原辰徳監督の殿堂入りを祝うパーティーに出席。

    11月中旬にネット上で“危篤説“や“死亡説”のうわさが広がっていたが、約5カ月ぶりに公の場に姿を見せた。

    取材対応はなかったが巨人・山口寿一オーナーによると、周囲には「死亡説が流されたから来たんだよ」とジョークを飛ばしていたという。

    この日は入院先の病院から駆けつけ、「帰る時は自分で歩いて帰っていきました」と明かした。

    原監督は冒頭のあいさつで渡辺主筆にも感謝。

    「本日は渡辺主筆も久々にお会いしまして、ご無沙汰しております」と呼びかけ、会場の渡辺主筆も左手を挙げてうなずいた。

    w


    渡辺主筆は自宅で転倒し、頸椎(けいつい)の一部を骨折。

    8月中旬から入院生活を送っていた。

    その後、11月になってインターネット上で渡辺主筆が亡くなったという噂が広まり、球団の山口寿一オーナーが「非常にデマが流れて、うちの新聞社にも取材が殺到した。
    全くのデマなんだよね。亡くなったということもあり得ないし、危篤ですらなかった状態で、事実とは全く違う情報が流れた」と打ち消す事態となっていた。

    渡辺主筆が公の場に姿を見せたのは、7月6日、東京ドームでの試合を観戦して以来。

    この時は苦しい戦いをしていた高橋由伸前監督を擁護し、「高橋はよく(選手を)観ている。一人、一人、(選手の現状や課題を)全部知っていて。名監督だよ。監督はよくやっている」と話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000146-dal-base


    所長見解:しぶとい・・・

    【【世界の渡辺】ナベツネが生きていた件・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    元巨人で野球解説者の元木大介氏(46)が来季巨人のコーチ就任を要請されていると21日、明かした。

    g


    この日、ニッポン放送の「土田晃之 日曜のへそ」に出演。すでに打撃コーチとして招へいされることを報じられている中でリスナーから「コーチをやりますか?  ラーメン屋はどうなりますか?」と質問を受けた。

    直球の問い掛けに「つけ麺屋をやっていたけど、もうやってないです。あまり俺のファンじゃないな」と笑いつつ「オファーは来ています。まだやるか、やらないかは分からない。いずれ分かるんじゃないですか?」と話した。


    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00368403-nksports-base


    所長見解:元木・・・

    【【G党悲報】元木大介氏、巨人からのコーチ就任要請に本気の件www】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ