ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    工藤静香

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の工藤静香さん(49)のインスタグラムが、何をしても炎上するようになってしまっていると話題だ。

    2019年5月22日、工藤さんは、「今日はずっとリハだったので、朝からハヤシライスを仕込んでおきました!リハ後はお弁当の食材をゲット お花がとても可愛かったので」とのメッセージを添えて、花壇の付近で撮影した1枚をアップ。

    工藤さんのものとみられる両足付近に写る花が印象的な1枚だ。


    値引きトマトで「庶民派アピール」?

    何とも微笑ましいワンシーンを写した写真だが、同投稿を取り上げたネットニュースがネット掲示板に転載されるや、ユーザーたちが注目し始めたのが、写真に写り込んでいた、購入品とみられるトマト。

    写真のトマトにはビニール製の包装に「30%引き」と書かれた値引きシールが貼られているが、これに気付いたユーザーたちからは、「この写り込み方は狙ってるでしょ 庶民派アピール」など、工藤さんがつましさを過度に強調しているのではないかとする書き込みが殺到してしまったのだ。


    また、30日に工藤さんが「冷蔵庫にある物でとりあえずの、肉ジャガ」と、肉じゃがの写真をアップしたところ、「茶色くない?」など、その出来栄えを良しとしない声が別のネット掲示板で噴出。

    ニンジンが入っていなかったため色取りが悪かったということなのかもしれないが、それでも、「じゃがいもの切り方おかしいだろ」など、やはり出来栄えに関するバッシングが発生するに至った。


    このほか、「天然石を太陽に少し当てたら何だか気持ちが良さそうでした」と投稿した際には、宝石の管理方法がおかしいとするネットニュースが飛び出したほか、自作の「デトックスウオーター」なるものの動画をストーリーズ機能で公開したところ、今度は、「雑草漬け」などの声が上がる始末。

    もはや、何をやっても「炎上」してしまっているのである。

    j


    しかし、これらの騒動をよく見ていくと、ある事実に気付く。

    それは、これらの罵声が、工藤さんのインスタグラムのコメント欄にはあまり見られず、ほかの掲示板上での「炎上」である場合がほとんどなのだ。

    事実、22日のトマトが写り込んでいたインスタ投稿には、「トマト30%引きだね 節約大事ですもんね!」といった好意的な声がコメント欄に続々と寄せられているほか、30日の肉じゃがの写真にも、「久しぶりに肉じゃが食べたくなりました」といった肯定的な反応が多数寄せられている。

    確かに炎上しているのは事実だが、それらはいずれも当該アカウントの外での炎上。

    この光景、どこかで見たような......。

    そう、辻希美さん(31)のブログやSNSと同じなのである。


    「対岸の火事」になりつつある?

    2019年1月29日、オリコンニュースは「辻希美は本当に炎上してる? "ファントム炎上"を手にした強み」と題する分析記事を配信。

    辻さんのブログやSNSのコメント欄が全て閉じられていて、炎上は「匿名掲示板のアンチスレ」で起きていると指摘。

    ネットニュースがアンチスレを元に、幻影(phantom)の炎上、つまり「ファントム炎上」を生み出しているのではと、一刀両断にしているのだ。

    これらを総合すると、工藤さんの最近の「炎上」も、よく似た構図と言えるのではないだろうか。

    事実、前述のトマトの投稿については、「30%で叩かれているけど...主婦なら普通の買い物でしょ」と、工藤さんが「炎上」しているとする情報を知った後でコメント欄に書き込みを行っているユーザーもいるほどで、アカウントを訪れているアンチの割合は、果たしてどれだけなのかと疑いたくなる。


    工藤さんの「炎上」も、辻さんのものと同様、「対岸の火事」とでも言うべきものになりつつあるのではないだろうか。

    そう考えると、新たな「武器」を手に入れたとも言えそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16562090/

    所長見解:たしかに・・・


    【【恒例炎上】工藤静香さん、ついに「辻ちゃん化現象」ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    木村拓哉の妻で歌手の工藤静香(49)が、30日に自身のインスタグラムを更新。

    手作りの肉じゃがの写真を公開し、家庭的でほっこりとする出来栄えに多くの反響が寄せられている。

    k


    ■小顔効果もある玉ねぎを使って…

    友人から、大きい玉ねぎをもらったという工藤。

    公開された写真を見てみると、彼女の顔が小さいことも相まって、その大きさがよく分かる。

    この日は「冷蔵庫にあるものでとりあえず…」と、肉じゃがを作ったそうで、投稿には玉ねぎに皮付きのじゃがいもがゴロッと入った肉じゃがの写真も。

    まだまだたくさん玉ねぎがある様子で、「明日は玉ねぎのステーキにしよう」と意気込んでいる。


    千葉の友人から大っきい玉ねぎが届いてました!嬉しい? しっかり書いておきますが、冷蔵庫にある物でとりあえずの、肉ジャガ。
    明日は玉ねぎステーキにしよう? ジャガイモは芽だけ取り除き皮ごと!!

    A post shared by Kudo_shizuka (@kudo_shizuka) on May 30, 2019 at 3:22am PDT


    ■「皮ごと?」「美味しそう」 

    これまでにもインスタグラムで手料理の写真を公開してきた工藤。

    6月からライブツアーも控えている多忙な中でも手料理にこだわっている様子に、今回も絶賛の声が相次いでいる。

    「新ジャガ 皮つきのまま 肉ジャガにするの しーちゃん さすがです! 美味しそう」

    「皮ごと肉じゃが美味いしそうですね」

    「味が染み込んでそうで とても美味しそうです」

    「しーちゃんリハでお疲れなのに、ちゃんと夕飯作ってほんとに偉いなぁ尊敬します」

    じゃがいもを皮ごと使っていたことに驚いてしまったユーザーもいたようだが、新じゃがの時期ということもあり、「マネしてみたい!」との声も目立つ。

    (画像は工藤静香公式Instagramのスクリーンショット)

    画像①

    画像②

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162091796/



    所長見解:マシやん・・・


    【【インスタ】工藤静香さん、手作りの皮ごと肉じゃががコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    俳優の木村拓哉(46)と歌手の工藤静香(49)の次女でモデルのKoki,(16)が28日、自身のインスタグラムを更新し、モデルデビューから1週年を迎えたことを報告した。

    k


    Koki,はこの日、人気ブランド「COACH」の最新ファッションに身を包み、美脚を披露したショットを投稿。

    さらに連続投稿で「このお仕事を始めさせていただいてから今日で一年になりました。私を応援してくださっているファンの皆様、そしてスタッフの皆様に心から感謝致します」とつづった。


    その上で「この一年を通し、様々な経験をさせていただきました」と振り返り、「そのすべてを宝物にして今後も進んで行きたいと思います。
    これからも宜しくお願い致します。
    本当にありがとうございます」と決意を新たにしていた。


    Koki,は昨年5月にファッション誌「エル・ジャポン」の表紙を飾り衝撃デビュー。

    その後は高級ブランド・シャネル、ブルガリのアンバサダーに抜てきされ、パリでランウェイデビューを飾るなど躍進が続いている。



    画像①

    画像②

    画像③

    画像④
    https://hochi.news/articles/20190528-OHT1T50056.html 


    所長見解:早いね・・・

    【【キムタク娘】Kokiちゃん、モデルデビュー1周年ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の工藤静香(49)が22日、自身のインスタグラムを更新し話題となっている。

    工藤といえば先日、インスタグラムのストーリーズでトマトのマリネを披露したが、
    一緒に添えられていたバジルの切り方がおかしいなどのツッコミが殺到してしまった。

    k


    そんな工藤はこの日、「今日はずっとリハだったので、朝からハヤシライスを仕込んでおきました!リハ後はお弁当の食材をゲット」とコメントを添えて、ハヤシライスの写真を公開した。

    よく煮込まれたハヤシライスにはゴロッとした牛肉が入っており食欲をそそる出来栄えだ。

    また、もう一枚の写真には買い物袋に入ったトマトが確認でき、トマトには30%の値引きシールが貼られている。



    この投稿を見たファンからは

    「ハヤシライスめっちゃ美味しそう!」
    「お肉も厚切りでうらやましいです」
    「いつも思うのですがどの料理もほんと美味しそう!」

    「値引きの商品も買うんですね!なんか親近感が、、、」
    「トマトが30%引き、庶民な感じで嬉しすぎます」
    「庶民派!益々大好」

    などの驚きの声が寄せられている。



    美味しいハヤシライスを作るためには値引きシールが貼られているようなよく熟れたトマトを使うのがコツなのだろうか。

    ファンからは称賛の声が続出していた。


    ※インスタ画像がコチラ


    http://dailynewsonline.jp/article/1838400/

    所長見解:写真・・・


    【【インスタ】工藤静香さんの手作りハヤシライスの秘密がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    平成が終わり、令和初日を迎えた5月1日。

    元SMAPの木村拓哉(46)と工藤静香(49)の次女でモデルのKoki,(16)が『スポーツニッポン』の両面を飾る“ダブル一面”に登場。

    デビュー以来、初となる独占インタビューに応じたのだが、この中での発言にジャニーズ関係者が激怒しているという。

    インタビューでKoki,は「令和」という元号についての印象や、新時代に対しての思いを告白。

    また、記者からの「平成のスターといえば誰か?」という質問に対して「お父さんとお母さんです」と明かし、『めちゃくちゃに泣いてしまいたい』、『Lotus』、『深紅の花』、『深海魚』、『まだまだいっぱいで』、『雪・月・花』など工藤静香のお気に入りの楽曲を列挙。

    さらに、「SMAPの歌も好き?」という質問には「もちろんです!」と答え、「特にライブは大好きで、いつも楽しみにしていました。
    歌っている時も踊っている時もカッコいいお父さんを見るのが大好きでした」と、SMAPが大好きだったと答えた。

    m


    「両親思いなフレッシュな10代のインタビューが令和初日に紙面を飾りましたが、この件についてジャニーズ事務所が相当怒っているようなんです。
    というのも、SMAP解散後、ジャニーズはメディアで“SMAP”の名前が極力出ないように気を配ってきていました。
    テレビのバラエティ番組からのSMAPのCDジャケットの使用依頼に対しても、高額な使用料を要求するなどし、事実上使わせないようにしてきました。
    ですが、今回、令和初日からスポーツ紙の一面で名前が出てしまった。
    そもそも令和初日の一面がなぜKoki,なのかという声が関係者から上がっているのですが、スポニチには、工藤が長年懇意にしている記者がいるため、工藤が間に入って調整し、今回の独占インタビューが実現することになったと聞いています。
    昨年5月にKoki,が、ファッション誌『エル・ジャポン』(ハースト婦人画報社)でモデルデビューしたことをスクープしたのもスポニチですしね」(芸能記者)

    『エル・ジャポン』でのデビュー以来、Koki,は中国のファッション誌『紅秀Grazia』の表紙を飾り、イタリアの高級ブランド「ブルガリ」のアンバサダーに日本人として初就任。

    さらには「シャネル」のビューティアンバサダーにも抜擢。

    親の威光や名前を極力出さずに“モデル”としてのキャリアを積み上げてきたが、ここにきて両親のエピソードを語り始めた。

    「これまでKoki,は、メディアへの露出を避け、神秘的なイメージを持たせるために仕事を選んできましたが、“出し惜しみ期間”が過ぎたことで、工藤が今回の独占インタビューを仕込んだのではないかという話が聞こえてきています。
    今回の令和インタビューは、読んでいて違和感を覚えるほど両親を絶賛している。
    普通は、読者に身びいきと思われるのを避けると思うんですけど……。
    Koki,をどう見せていきたいのかも分からないですし、モデルとしてのキャリアを築き上げていく上ではイメージダウンにしかならないのではないでしょうか。
    実際、ジャニーズ事務所を怒らせてしまったわけですしね……」(前出の芸能記者)

    令和初日に新聞の“ダブル一面”を飾ったKoki,。

    両親のように時代を象徴するスターになることはできるのだろうか?
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190509-79681872-taishu 



    所長見解:いいやん・・・


    【【これはヤバい】Kokiさん「SMAP大好き」 発言の結果www】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ