ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    工藤静香

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    メッキがはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

    木村拓哉(46)と工藤静香(49)の間に、隙間風が吹き始めたともっぱらだ。

    原因は2018年に華々しくモデルデビューした次女Koki,(コウキ=16)のプロデュースが思うように軌道に乗らないためだという。 

    コウキは今年4月期の中条あやみ主演の連続ドラマ「白衣の戦士!」の挿入歌「片隅」の作曲を手がけた。

    ピアノ、ストリングスをバランスよく配したミディアムバラードで、楽曲提供を受けたのは、あの三浦大知(31)。

    今年2月に平成の天皇の「在位30周年記念式典」に出席し、上皇が作詞し、上皇后が作曲した「歌声の響」を熱唱した。

    三浦は、18年まで2年連続でNHK紅白歌合戦にも出演。

    最近の新曲は、オリコンで初登場ベスト10入りが当たり前になりつつある“国民的歌手”だ。

    ところが、コウキ作曲の「片隅」は6月24日付のオリコン週間シングルランキングで12位。

    同日発表された三浦の最新ライブ「DAICHI MIURA LIVE TOUR ONE END in 大阪城ホール」のDVDとBD(ブルーレイ)を合計した「ミュージックDVD・BDランキング」は初登場1位。

    これを踏まえると「片隅」は残念な結果だったと言えるだろう。


    「コウキは母・静香が17年に発売した30周年記念アルバムに収録されている3曲の作曲を担当しています。
    中島美嘉にも楽曲提供し、作曲家としてある程度の“箔”をつけたことで三浦に新曲を歌ってもらえたのでしょう。
    コウキのプロデューサーでもある静香の戦略性を感じます。
    ただ、『片隅』のセールスが思うように伸びなかったこともあり、今後はテレビ局もコウキの楽曲採用には慎重にならざるを得ないでしょう」(音楽関係者)


    k


    ■三浦大知に上から目線

    また、コウキが「片隅」について「実力のあるアーティストの方に歌っていただけるのを熱望して書いていた曲」とコメントを発表したことも評判を落とすことにつながった。

    三浦は芸能界ではコウキよりキャリアが長い。ネット上では「ずいぶん上から目線ですね」といった厳しい意見が相次いだ。

    この状況に静香は苛立ちを隠せない様子だという。

    「最近では家族でテレビを見ていても、音楽関係の話題に触れるのは“タブー”みたいな雰囲気があるそうです。
    せっかく三浦を担ぎ出すことに成功したのに、思うように曲が売れなかったからです。
    コウキはモデルに専念すべきだという声もありますが、静香は負けず嫌いの性格です。
    ほとぼりが冷めたら、また新曲のプロモーションを仕掛けてくるだろうというのが周囲の一致した見方です。
    気の毒なのがキムタクです。
    ジャニー喜多川社長が亡くなって、いろいろと大変なはずなのに、娘のプロモーションに協力する流れになりつつあります。
    もともとキムタクはコウキの芸能活動に賛成していたわけではありませんから憂鬱だと思いますね」(ドラマ関係者)

    最初は親の七光で注目されても、消えていく2世タレントは山ほどいる。

    コウキの実力もメッキがはがれ始めた。

    娘がダメージを負う前に引き際を見極めるのも親の務めだろう。


    画像①


    https://news.livedoor.com/article/detail/16771593/
    日刊ゲンダイDIGITAL

    所長見解:しかたないやん・・・

    【【キムタク娘】Koki,ちゃんのメッキがはがれ始めた説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の工藤静香さん(49)が、芸能界の親友である女優の飯島直子さん(51)との2ショットをインスタグラムにアップし、話題となっています。

    工藤さんは7月1日までに自身のインスタグラムに、6月28日に行われた自身のライブに来てくれたという飯島さんとの全身写真での2ショット写真を掲載。

    「なおちゃんもいつ会っても変わらない。本当に大好き」と飯島さんへの好意を綴っています。

    しかし、この2ショットが一部で波紋を呼んでいるというのです。


    k


    工藤静香さんのインスタグラム。

    たしかに飯島さんのほうがだいぶ若々しいかも…

    ネットではこの2ショットに対し

    「飯島直子可愛いな」
    「飯島直子が変わらず可愛い」
    「飯島直子さん、かわらず素敵~!」

    と飯島さんのみを褒める声が続出。

    また飯島さんのほうが工藤さんより2つ年上なことに対し

    「飯島直子の方が年上だよね? 飯島さんの方が若いし、キレイ」
    「飯島のほうが年上だったか…」

    と、工藤さんのほうが老けてみえることを指摘する声、さらには

    「何歳になっても“元ヤン”の雰囲気って出ちゃうものなのね」
    「元ヤン感が拭えない2人」

    と2人が醸し出すオーラを指摘する声も出ていました。

    「ネットでは『飯島さんによる工藤さんの公開処刑』なんて声もありましたが、飯島さんは丸顔、工藤さんは面長なので工藤さんのほうが老けて見えるというのはありますね。
    あと工藤さんはこの時、メイクが濃すぎるというのも要因の1つかもしれませんが…」(テレビ局勤務)


    この2人といえばかつて、2006年から2008年に放送されていたバラエティ番組『明石家さんちゃんねる』(TBS系)にレギュラー出演していた過去がありますが、仲の良い明石家さんまさんが司会ということもあって、かなり自由奔放に振る舞っていたことが思い出されますが…。

    「2人のロケ中の行儀の悪さが新聞に投書されるという事件もありましたよ」と語るのは、テレビ局関係者。

    というのも、2008年2月13日付けの朝日新聞に「飯島直子さんと工藤静香さんがオフィスの事務所机に腰掛けていること。
    明るく開放的な雰囲気の会社でもそれは許されないのではないか」という視聴者からの指摘があったのです。

    「その出来事は、2008年2月6日に放送された同番組で飲料メーカー『サッポロビール』に工藤さんと飯島さんがロケに行った時に起こりました。
    2人はフロアで社員のデスクに腰掛け楽しげに笑ったり、工藤さんが受付に寄りかかったり肘をつくなど、大人としてはかなり行儀の悪い振る舞いを行っていましたよ」(同上)

    また2人と共演していたさんまさんが、かつてある話を暴露したことでも話題に。

    さんまさんは2007年2月10日放送のラジオ番組『ヤングタウン』にて、工藤さんと飯島さんが2人集まると、かなり毒舌であることを暴露。

    「ある女優さんがいまして。その女優さんを2人がマウンテンゴリラって呼んでらっしゃる」
    「『あの女、マウンテンじゃん』。もうね、静香ちゃん連呼するんですよ」

    と話されていたのです。

    「この女優さんは2004年に木村拓哉さんとドラマ『プライド』(フジテレビ系)で共演し、ヒロインを務めた竹内結子さんのことを指しているのだろうと業界で言われていました。
    ドラマ内では2人はかなり濃厚なキスを交わしていましたからね、工藤さんがヤキモチを妬いていてもおかしくはない。
    しかし、この2人が集まってそんな話をしていると思うと本当に怖いですね…」(芸能事務所勤務)

    工藤さんと飯島さんのコンビ、見た目も中身も怖いもの無しのようです!

    https://www.excite.co.jp/news/article/Tablo_tablo_13215/

    インスタ画像はこちらから↓
    https://www.instagram.com/p/BzQQ1UrlS-D/?utm_source=ig_embed&ig_mid=XRxr6QAAAAF6DlRbVNeA3cxlT_DT

    所長見解:怖い・・・
    【【閲覧要注意】工藤静香と飯島直子のツーショットがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント・木村拓哉の妻でモデルのKoki,を次女に持つ、歌手の工藤静香のアーティストとしての“現実”を6月27日発売の「週刊新潮」が伝えた。

    工藤は6月13日から全国ツアーを開始しているが、記事によれば、客入りは深刻。

    6月22日に石川・金沢市で行われたライブでは、定員約1700人に対し、客入りは半分強。

    残念ながら閑古鳥が鳴くとはこのことだろう。

    k


    工藤といえば、伝説のアイドルグループ・おニャン子クラブ出身で、1980~90年代を代表する超人気アイドル歌手。

    そんな工藤の最近の“鉄板ネタ”は、次女のKoki,だ。

    18年5月にモデルデビューしたKoki,は、高級ブランドのブルガリやシャネルのアンバサダーを務めるなど破竹の勢い。

    ライブなどでは、工藤が話すKoki,の話題もファンの楽しみの1つとなったようだ。

    たが、さすがに露骨すぎるということで、工藤もKoki,ネタを控えるようになったという。

    その結果、工藤の人気に陰りが出てきたのではないかと同誌は推察している。

    「ツアーは、7月28日の岐阜公演まで全国11カ所を回ります。
    さすがに金沢のときのように客入りが“半分”というケースはないと思います。
    しかし、チケット・予約購入サイトの『イープラス』を見てみると、たとえば7月15日に行われる行田市産業文化会館(埼玉)では、まだ『受付中』となっています。
    ここは金沢の会場より少ない1027席なのですが…
    全盛期を知る者とすれば、寂しいものがありますね」(芸能記者)

    18年12月の「女性自身」は、“Koki,人気”のおかげで工藤のディナーショーが大盛況だと伝えた。

    なんと、1部と2部で約千人を動員し、一夜で3千万円も稼いだとか。

    ここはひとつ、Koki,ネタを復活させないと“慟哭”することになるか?

    http://dailynewsonline.jp/article/1901594/

    所長見解:いるのね・・・
    【【これはつらい】工藤静香、全国ツアーの客入り半分説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ◆ 工藤静香、写真は加工しない主義!目を大きくする加工「す~ごい嫌」「違和感全開」

    歌手の工藤静香(49)が14日、ニッポン放送「工藤静香のオールナイトニッポンGOLD」でおよそ2年ぶりにパーソナリティーを務め、インスタグラムなどの写真の加工について“こだわり”を語った。

    k


    自身のインスタグラムを積極的に更新している工藤。

    リスナーからの投稿で、写真加工についての話題があがると「でもこれ…加工って私、何を加工って言ってるのかなと思ってたの」と最近の写真加工事情について知らなかったことを明かし「インスタとかでもそうですけど、色を変えたりすることを加工だと思ってたのね。目を大きくしたり鼻をなんとかしたりとかでしょ。
    すごいですよね、そんなアプリみんな持ってるんですか!?」と驚いた様子。

    アシスタントの垣花正アナウンサー(47)が「持ってます。簡単にできるんですよ」と話すと、「なんかやだ~。ちょっと嫌です、加工は」と加工について苦言を呈した。

    また、工藤は「久しぶりにレコードジャケットを撮った時に、若い(写真を)いじる人が、今っぽくしてくれたんだと思うんだけど、私の顔がふっくらしてるのよ」と他人に加工されたエピソードについて振り返り「“これどうしたの”って言ったら、“あ、ちょっと直しました”って言うのよ。
    やだやだやめて!って」と訂正をお願いすると「ほっぺたがこけてるとちょっと老けて見えるから、ふっくらしました」と言われたことを明かした。

    「気遣ってくれるのはありがたいけど、私の今の顔だから、老けても何でもいいから戻してって言って、戻してもらったことがある」と加工が嫌だった理由について述べると、垣花アナが「それは若干、失礼なくらいですよね」と話し、「勝手にこの人がふっくらさせたということは、ちょっと細い工藤静香さんよりはふっくらの方が勝手に良いと思っているアナタがいるってことですもんね」と語気を強めた。

    「でもね、それが主流だって言われて。でも私は嫌な気持ちは別にしなかったの。本当に…何て言うの、実際よりきれいに映るのよ。若く見えるの。でも違和感全開で。無理だったんですよね」と工藤がなだめるように話し「肌のトーンとかは合わせるとかってあると思うんですけど、縮めたり膨らませたりはちょっと…」と続けると、垣花アナが「でもそれ当たり前の時代になりましたからね」と憂いを抱いた。

    工藤も「す~ごい嫌かも。でもそんなのね、ビデオとか撮ったら隠せないわけだからわかっちゃうわけじゃないですか」と話し、垣花アナも「何より、ご本人はそれで生きてるんですからね。写真の中だけですごくキレイになってもとかカッコよくなっても…っていうのはありますけどね」と同調。

    「あんまり目を大きくしたり鼻を小さくしたりとかしない方がいいと思います」と、ありのままの写真の良さについて熱弁した。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000247-spnannex-ent

    ▼画像
    https://amd.c.yimg.jp/im_siggCSMlrUMi0130VqBfYRocxw---x629-y900-q90-exp3h-pril/amd/20190614-00000247-spnannex-000-3-view.jpg

    所長見解:むしろ・・・

    【【衝撃告白】工藤静香、写真は加工しない主義ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の工藤静香が6月5日、自身のインスタグラムを更新。

    オレンジとバジルを使用して〝お手製の発酵シロップ〟を公開したのだが、ネット上では「ほんとに発酵? 腐敗じゃなくて?」「ばあちゃん家の冷蔵庫の奥から出てきたヤツ」など、騒然とした声が続出している。


    工藤は《発酵シロップの出来上がり 中の果物は乾燥させて食べます。2種類あれば楽しめる》《ヨーグルトに入れたり、果汁100パーセントのジュースに入れたら翌日は発酵して炭酸ジュースのようになります》と、シロップ作りに使用したラズベリーやブルーベリーなどを並べた写真を投稿しながら、おすすめの食べ方を紹介。

    さらに、オレンジとバジルを使った発酵シロップ作りの途中経過の様子が分かる写真も公開している。

    View this post on Instagram
    発酵シロップの出来上がり(^^) 中の果物は乾燥させて食べます。
    2種類あれば楽しめる?? 飲んだり、ヨーグルトに入れたり、果汁100パーセントのジュースに入れたら翌日は発酵して炭酸ジュースのようになります。
    赤 ラズベリー、ブルーべリー、グレープフルーツ。 黄 オレンジ、バジル

    A post shared by Kudo_shizuka (@kudo_shizuka) on Jun 4, 2019 at 6:56pm PDT

    k


    この投稿に、ファンからは、

    《自分で作れる気もしましぇ~ん きっと身体に良いんだろうな》
    《しーちゃんの健康管理とか ほんと尊敬デス》
    《静香さんは何でも手作り 尊敬します》

    などと、意識の高さに称賛のコメントが続々と寄せられている。


    発酵じゃなくて腐敗?

    しかし、ネット掲示板ではそのビジュアルに衝撃を受けるとともに、辛らつな声が多く上がっており、

    《排水溝に溜まったドブ水にしか見えない》
    《おばあちゃん家の冷蔵庫の奥から出てきたヤツっぽい》
    《何か、すごいモノ食ってんだな…》
    《野菜室の片隅で忘れ去られてビニール袋の中でタプタプになった何かですか?》
    《ゴミ屋敷を大掃除する特集で、冷蔵庫から見つかってスタジオがギャーってなるやつ。「これ…いつのだろう?」とか住民が言うやつ》

    などと散々。

    少なくとも〝発酵シロップ〟とは認知してもらえなかったようだ。


    「工藤さんは先日、自身のスタッフに〝生き物を飼育している濁った水槽の水のように見えるお手製デトックスウオーター〟を配り、ネット上で『デトックスパワハラ』(通称・デトハラ)だと話題になったばかり。
    そのデトックスウオーターにも酵素シロップを入れたことを明言していましたから、今回作ったこの2種類のシロップも、またデトックスウオーターに使われ、果てに〝水槽の水〟へと変身する可能性が高いと言えそうです。
    もっとも、今回は草花を入れていないだけ、多少、味は保証されていますが…」(女性誌ライター)

    いつも独創的な料理でファンを楽しませてくれる工藤。

    もはやファングッズとして〝しーちゃん特製デトックスウオーター〟が発売される日も近い!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1862866/

    所長見解:すごいね・・・
    【【閲覧注意】工藤静香の「手作り発酵シロップ」がコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ