ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    工藤静香

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    歌手の工藤静香(49)が24日までに自身のインスタグラムを更新。

    お笑いタレント・明石家さんま(64)との2ショットを公開し、反響を呼んでいる。

     
    工藤は「明石家紅白で歌わせていただきました」と、さんまが司会を務めるNHK総合の歌番組にゲスト出演したことを報告。

    「さんまさんとお仕事でご一緒させて頂くのは11年振り 相変わらず素敵なさんまさんでしたよ!」と明かし、さんまと寄り添った2ショットやウエストの細さが際立つ衣装姿などを投稿した。

     
    この投稿にはフォロワーから

    「素敵な写真です」

    「貴重なツーショット写真見れて嬉しい」

    「ウエスト激細ー」

    「しーちゃんスタイル良すぎ」

    などのコメントが続々。


    また、工藤の夫で俳優の木村拓哉(46)がさんまと親交が深いことから

    「旦那様も仲良しですね~」

    「たっくんと仲良しのさんまさん びっくり!」

    などの声も上がっていた。


    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000096-sph-ent

    no title

    所長見解:なんやね・・・

    【【インスタ】工藤静香、明石家さんまと2ショットがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    舞台に立つ華奢な女性が自由自在にフルートを操る。

    体つきに似合わない力強い音色がドラマティックで抑揚のあるメロディーを奏でた。

    その澄んだ音は会場の隅々まで響き渡り、観客を魅了した。

    「彼女の音の深みは、ほかの学生とはレベルが違います。まさに圧巻の演奏でした」(観客の1人)

     
    演奏曲は、著名なドイツ人作曲家、アントン・ベルンハルト・フュルステナウの『24の練習曲』。

    巧みな演奏テクニックを必要とする、フルート奏者の間では有名な練習曲だ。

    それを、堂々と演奏していたのは、木村拓哉(46才)と工藤静香(49才)の長女(18才)。


    k

     
    この日長女は、第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選に出場。

    フルート部門の高校の部を勝ち抜き、10月16日に開催される東京大会本選への出場を決めた。

    本選へ進めるのは、応募した66人中21人だけという難関だ。


    「このコンクールは、音楽を志す誰もがあこがれる登竜門でもあります。
    第1回は1947年に開催された歴史あるコンクールで、毎日新聞社が主催していることから毎コンとも呼ばれます。
    この権威ある大会で入賞することは、大きな名誉です」(音楽関係者)

     
    今年の地区本選は北海道・東京・名古屋・大阪・北九州で行われ、地区本選を勝ち抜いたごくわずかな人だけが、11月下旬に横浜で開かれる全国大会に出場できる。


    「本選での課題曲には、音楽大学の学生でも弾きこなすのに苦労するような、さらに難易度の高い曲が指定されています。
    本選出場が決まった人は、今頃猛レッスン中でしょう。
    フルートは優雅なイメージがあるかもしれませんが、体力をとても必要とします。
    全国レベルとなると、食事を含めた生活面で、家族のしっかりしたサポートを受けている子ばかりです」(前出・音楽関係者)

     
    長女は、この地区予選に先立って行われた別のコンクールでもその実力を認められていた。

    8月末に開催された『日本奏楽コンクール』では、管楽器部門高校の部で、見事1位に輝いたのだ。


    「このコンクールは歴史は浅いですが、参加者は全国から集まっていてレベルが高い。
    さらにピアノや声楽などの全部門、幼児から社会人まで全年齢から決めるグランプリは『該当者なし』でしたが、準グランプリに木村さんの長女が選ばれています。
    実質、高校日本一といえます」(前出・音楽関係者)


    ※女性セブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191010-00000004-pseven-ent

    所長見解:次は長女か・・・

    【【koki姉】木村拓哉、工藤静香夫妻の長女がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歌手の工藤静香が10月7日、自身のインスタグラムを更新し、何匹もの犬が工藤の足下にまとわりつく写真を投稿。

    写真には「会う度に走り寄り、私の足にしがみつき、顔をスリスリしてくれるワンちゃん 可愛くて撫で撫でしたらアムちゃんがなんと!
    威嚇をしてその子をどかし、マネをしようと試みました笑笑 
    注、腰を振られている訳ではありません ワンちゃんも焼きもちを妬くのです。
    お友達と記念撮影。」とのコメントがつけられている。


    s


    インスタグラムのコメント欄にはフォロワーからの

    「可愛い子ばかりに囲まれて羨ましいです」

    「しーちゃんはワンちゃんにも好かれるスターなんです」

    「ワンちゃんにも大人気」

    といったコメントが並んでいる。


    「愛犬家として知られる工藤さんですが、ワンちゃんのお散歩中に、顔見知りのワンちゃんたちに囲まれてしまった、ってことなのでしょう。
    それにしても大勢の犬たちの囲まれてますね、犬が好きな匂いでもさせてたのでしょうか(笑)」(芸能誌ライター)


    一方でネットには

    「誰も腰振ってるなんて思わないのに、何で自分からそういう下品な発想してくるかね…(笑)」

    「この辺の下品さが工藤さんの本性なんだよね(笑)」

    「犬たちは可愛いけど、工藤さんのコメントはなんだかな(笑)」

    「腰を振るって、おっさんが書くようなコメント」

    と、工藤の放った“腰を振る”というワードに反応するユーザーも多かったようだ。


    時折顔をのぞかせる、工藤のこうした無防備なコメントこそ、彼女が愛されネタにされる証なのかもしれない!?

    http://dailynewsonline.jp/article/2034313/

    所長見解:おもろいやん・・・
    【【悲報】工藤静香さん、インスタのひと言が物議の模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    工藤静香(49)さんの自撮り写真が「トラウマレベルの恐怖画像」な件



    s


    工藤静香「ボブヘア写真」公開も「体調不良を心配する声」続出


    「この写真を見て彼女の『体調不良』を心配する声が続出しているんです。
    元々スレンダーな工藤からしても相当やつれた印象を受ける。
    顔色も芳しくなくギョロッとした目をしているので『なにか事情があってよく眠れていないのでは』といった指摘も出ています」


    ※画像がコチラ


    https://re-geinou.com/archives/2664

    所長見解:こんなんやん・・・

    【【閲覧注意】工藤静香(49)さんが自撮り写真を公開した結果・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    メリー&ジュリー親子の覚えもめでたく、主演ドラマ続きのキムタク

    ドラマ『教場』の打ち上げ会場を後にするキムタク。

    この後、徒歩数分の距離にある2次会会場へ車で向かった。 

    「梅雨の影響で撮影が長丁場になりましたけど、やり遂げました。
    先生役は初めてで、生徒役の方も初共演の人がほとんどでしたけど、楽しく、厳しくできました。
    中江功監督を信頼して、ひとつひとつ丁寧に作り上げられました。
    今日はいろいろ話して、楽しく飲みましょう!」

     
    その言葉に川口春奈(24)、林遣都(けんと)(28)に工藤阿須加(28)、三浦翔平(31)ら、若手実力派俳優たちの背筋がピンと伸びる。

    モジャモジャ頭にツナギという、とても今年47歳になるおっさんには見えないスタイルでも、木村拓哉はまだまだ畏怖される存在だ。

    フジテレビ開局60周年特別企画ドラマ『教場』の打ち上げで、キムタクの存在感は圧倒的だった――。

    k

     
    一方で、彼が所属するジャニーズ事務所は激震に見舞われている。

    社長のジャニー喜多川氏が逝去。

    公正取引委員会からはテレビ局へ圧力をかけた疑いがあるとして注意を受けた。

    『TOKIO』の長瀬智也(40)や『関ジャニ∞』の錦戸亮(34)らの退所が取り沙汰されるなど、ネガティブな報道が一気に噴出。

    芸能プロ幹部は「これまで、ジャニー喜多川氏が剛腕で抑え込んできたネガティブ情報が一気に噴出している」と見ている。


    「昨年、『関ジャニ』を脱退した渋谷すばるが10月にソロアルバムをリリースすると発表しました。
    あの田原俊彦も諸星和己も、赤西仁ですら、ジャニーズ事務所を抜けた後はしばらく表舞台から消えました。
    それが去った者の常でした。ジャニーズ事務所の力が落ちている証拠でしょう」

     
    そんな中、キムタクの存在感は、新生ジャニーズ事務所でも増す一方だ。

    前出の芸能プロ幹部は「’16年の『SMAP』独立騒動で木村がトップの信頼を不動のものにした」と言う。

    「当初、『SMAP』メンバー全員がチーフマネージャーの飯島三智氏についていくと見られていました。
    ところが、木村が残留を選んだことで独立計画は頓挫。
    解散に追い込まれたのは周知の通りです。
    木村を説得して翻意させたのは妻の工藤静香で、副社長のメリー喜多川氏、その娘の藤島ジュリー氏を大いに喜ばせたと言われています」

     
    静香にしてみれば、メリー氏には結婚を許可してくれた恩義があり、かつ、『SMAP』メンバーで妻子持ちなのはキムタクだけ。

    残留は既定路線だった。

     
    当時、静香は本誌にこう語っている。

    「独立すれば、いま(事務所から)貰っているお給料より収入はよくなる。
    一時的にはね。
    だから、おカネが目的なら出るべきです。
    でも、仕事ってそういうものじゃないでしょう? 
    人と人のつながりで人間は生きている」

     
    メリー&ジュリー親子の覚えがめでたいキムタクには「近藤真彦、東山紀之に次ぐ、ジャニーズ事務所ナンバー3」の地位が用意されるという。

    「『光GENJI』内海光司や『男闘呼組』岡本健一など、先輩も残っていますが、広告訴求力や知名度で遠く及ばない。
    ライバルといえば中居正広くらいですが、かねてから独立指向が強い彼が、ジャニーさん亡き後の事務所に残る理由は乏しい。
    CM出演をゼロにするなど、身辺整理も進めてある。
    MCの実力は折り紙付きで、人脈も豊富だから、社内独立する形で個人事務所を立ち上げるだろうと言われています。
    となれば、木村はナンバー3どころか、もっと上も見えてくるでしょう」(元ジャニーズJr.で作家の平本淳也氏)

     
    冒頭で紹介した『教場』で主役の鬼教官に扮するキムタクは、10月スタートの連ドラ『グランメゾン東京』(TBS系)では天才シェフになる。

    もちろん主演だ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17009581/
    FRIDAYデジタル


    画像①

    画像②

    画像③

    所長見解:さすが・・・

    【【朗報】木村拓哉さん、ジャニーズ大幹部へ出世の模様・・・ 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ