このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月27日の記者会見で、2020年いっぱいでの「活動休止」を発表した嵐。

    リーダーの大野智(38)は「自由な生活をしたいとメンバーに伝え、何度も話し合った」と説明したが、一体、何があったのか。


    2016年4月19日、港区西麻布の路地裏にひっそり佇む会員制バー。

    男性の友人と同店に現れた大野はカラオケを熱唱。

    BEGINの「島人ぬ宝」などをハイトーンボイスで歌い上げた後、マイクに向かって絶叫した。

    「もうアイドルは嫌だ!」

    m


    前年の2015年9月、写真誌「フライデー」が大野と十歳年下の元女優Aさんとの2ショットを掲載している。

    「Aさんは身長170センチ近くあるモデル系美女。
    同誌は、二人で岩盤浴に出かけたり、焼肉店でデートする姿を報じました。
    報道直後、大野は少人数のジャニーズ番記者を集めて囲み取材を行い、『もう会うことも一切ございません』などと宣言させられたのです」(芸能記者)

    「週刊文春」が取材を進めたところ、Aさんは前出のバーで店員として働いていたことがわかった。
     

    1月31日(木)発売の「週刊文春」では、大野とAさんの関係に加え、二宮和也(35)と元女子アナとの交際、相葉雅紀(36)の“同棲”相手、櫻井翔(37)の“流血事件”など、嵐の活動休止の陰で何があったのか、全真相を詳報する。

    http://bunshun.jp/articles/-/10567 

    所長見解:まあな・・・

    【【活動休止理由】嵐・大野智「もうアイドルは嫌だ!」 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ファンのみならず、世間にも大きな衝撃を与えた『嵐』の活動休止報告。

    しかし、発表から数日たっても収まらない報道の過熱ぶりに、一部では疑問の声が上がり始めている。

    例えば女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、「嵐の活動休止にそこまで興味がない方が冷静に語るトピ」というトピックが立ち、コメントが多数寄せられている。

    トピックを立てた「主」は「私は嵐のファンではありません」と前置きした上で、「単なる芸能ニュースを国民全体の一大事のように報道するマスコミに疑問を覚えます」と投稿。

    騒ぎ過ぎではないかと共感を求めた。

    r


    この意見に賛同する人たちも、

    《トップニュースで繰り返し報道しててちょっとあり得ない》
    《嫌いじゃないけど朝っぱらから騒ぎ過ぎだと思う》
    《ある程度なら流すべきだったと思うけど、番組の尺ほとんどを使って流すようなことか?》
    《ネットニュースもテレビもそればかりでウンザリはするよね》
    《報道側の人が関心あるから、国民みんな関心あると勘違いしてるのかもしれない》
    《解散じゃなくてただの活動休止だよ? 騒ぎ過ぎでしょ》

    などといった声を上げている。


    大坂なおみの快挙を差し置いてトップニュース

    「安室奈美恵の引退のときもそうでしたが、芸能ニュースが速報としてテロップで流される時点で違和感を覚える人は多いようですね。
    メディア側は『国民的アイドルである』という認識だからこそ速報を打ったわけですが、
    『誰がそれを決めているんだ?』という声は以前から寄せられています」(テレビ局関係者)

    また、各局横並びで活動休止報道を大きく扱ったため、それを避けるようにしてNHKのニュース番組に流れた人たちも少なくない。

    しかしそのNHKでさえトップ扱いだったため、関心のない人の間ではさらに不満が強まったようだ。

    「タイミングの問題もあるかと思います。
    速報が流れたとき、NHKでは大相撲中継で玉鷲の初優勝が決まった直後の場面でした。
    また、テニスでは大坂なおみの歴史的優勝に加え、世界ランキング1位となる快挙までありました。
    それらを差し置いて“アイドルの活動休止予告”がトップニュースだったのは、確かにやり過ぎと思われて当然かと…」(同・関係者)

    発表段階でこの騒ぎでは、実際に活動休止となる2年後は『ウンザリ』がもっと広がってしまいそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1671724/


    所長見解:たしかに・・・

    【【マスコミ】嵐の活動休止が連日トップニュース扱いの結果www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    嵐 経済効果は3259億円!スカイツリー5本分 休止までの2年間で

    嵐が2020年末に活動休止するまでの2年間の経済効果が約3259億296万円に上ることが29日、分かった。

    経済効果試算の第一人者である宮本勝浩・関西大学名誉教授(74)が算出したもので、アイドルグループとしては空前絶後のスケールになる。

    宮本氏は、活動休止までの2年間でもたらす経済効果を計約3259億296万円と試算。

    この数字について「AKBの経済効果約565億円(2011年)やSMAPの経済効果約636億円(18年算出)と比較すると空前絶後である」とした。

    ベースはファンクラブ会費やコンサートに来場するファンの交通費や宿泊費など。

    嵐のファンクラブ会員数は約250万人と言われ、年会費が1人4000円。

    これだけで約100億円になる。

    さらに230万人以上を動員する5大ドームツアーのチケット売り上げや、来場するファンの飲食費などを計約421億8143万円と見積もり。

    これらにソフトの材料や制作費用などの波及効果を加え、今年の経済効果を約1515億9189万円と算出した。

    休止前ラストイヤーとなる2020年は約1743億1107万円で、合わせて3200億円を超えるとした。

    これは東京スカイツリーの建設にかかった総事業費約650億円を軽く上回る数字。

    くしくもメンバーの数と同じ5本のツリーが建てられる計算になる。

    r


    宮本氏は「予想していたよりもはるかに大きな数字で驚いた。
    ファンクラブ会員数と動員力が桁違いなことがここまで膨らんだ要因だろう」と分析。

    「今後、これだけの業績を上げるグループが出てくるのは難しいのでは」と予測し「活動休止はエンターテインメント業界だけでなく日本経済にとっても大きな損失」と指摘した。

    国民的グループの絶大な影響力を改めて示した格好の嵐。

    この日は日本テレビの東京・麹町スタジオで行われた冠番組「嵐にしやがれ」の2月16日放送分の収録に参加。今月27日の会見後初めて5人全員がそろった。

    冒頭でメンバーは観覧者を前に「これからも今までと変わらずに皆さんと楽しい時間を過ごせるよう頑張っていきたい」「ファンの方々も含めてチーム嵐だと思っていますので、これからもチーム一丸となって駆け抜けていきたい」などと思いを吐露。

    いとうあさこ(48)や大久保佳代子(47)をゲストに、収録は和やかに行われた。

    残り2年。

    嵐が新たな思いを胸に動き始めた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000001-spnannex-ent


    所長見解:すごい・・・

    【【活動休止】嵐 経済効果はスカイツリー5本分説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    1月27日に開かれた記者会見以降、連日、嵐の活動休止に関する報道が続いています。

    その大半は、嵐の活動休止を悲しむ声や、彼らの素晴らしさを称えるものですが、飛び抜けて反響が大きかったのは、「無責任」質問に関する記事。

    ある記者の「『お疲れ様でした』という声もある一方で、『無責任』という指摘もあると思う」という発言に批判が殺到しただけでなく、「モーニングショー」(テレビ朝日系)の石原良純さんや羽鳥慎一さん、「バゲット」(日本テレビ系)の青木源太さん、「バイキング」の坂上忍さんら情報番組の出演者たちもこの発言に批判的なコメントを発しました。

    しかし、嵐の会見で見えた本当の問題は、いち記者による「無責任」質問ではなく、「メディアとしてどうなのか?」と思わせるところが多々あったことなのです。

    嵐の人間性や仕事やファンと向き合う姿勢は素晴らしいものがありました。

    それだけに、メディアに対する疑念が浮かび上がってしまったのです。

    s


    ■恋愛や結婚に触れる質問はなし

    ところが、今回の会見では恋愛・結婚に触れる質問はありませんでした。

    「全員アラフォーのグループに対して恋愛・結婚に関するフレーズはタブー」という状態は明らかに異常。

    「個人の意思を尊重する」という風潮の現代においては時代錯誤です。


    また、同じアラフォーで昨年、芸能界引退した滝沢秀明さんと退所した渋谷すばるさんの名前が出ないことも「不自然」と言われても仕方がないでしょう。

    大野さんは2人と「40歳を前に自分の人生を考え直した」という共通点を持ちながら、異なる道を選びました。

    2人と比較することで、より大野さんの思いを掘り下げるチャンスだったのに、それをしなかったのです。

    大野さんにとっても憶測を書かれてしまうリスクを回避できるだけに、「2人にふれるな」というジャニーズ事務所と「2人にはふれない」というメディアの閉鎖的なスタンスに疑問を抱かざるをえません。

    名前が出なかったことで「やっぱり」と思わされたのは、SMAPも同じ。

    大野さんが最初に相談を持ち掛けたのは2017年6月であり、SMAPが解散した2016年12月からわずか半年後のことでした。

    今回の会見でも、「人生を考えるうえでSMAP解散の影響はあったか?」という質問くらいはできるはずですが、いまだSMAPというフレーズ自体がタブーになっていることを再認識した人は多いでしょう。

    もし滝沢さん、渋谷さん、SMAPの名前をあげた質問があったとしても、自然体で聡明な嵐の5人なら、自分たちの言葉でしっかりコメントしたのではないでしょうか。

    もし返答に困る人がいたとしても、質問することでふだんとは異なる顔を見せてくれたはずであり、そういう取材をあきらめたかのようなメディアの姿勢には首をひねりたくなってしまうのです。

    ただ、これらの忖度をメディアに求めるジャニーズ事務所も、ジャニーズ事務所に忖度して避けるメディアも、「このまま前時代的な商慣習を続けていいとは思っていない」でしょう。

    ネットの進化によって人々の発信力が高まっているだけに、自分たちの利益を追求するような古い商慣習は批判され、影響力が弱まっていくことはわかっているはずです。

    その後、会見を取材していたメディアらが、「活動休止の真相」「結婚の可能性」などの記事を次々に報じました。

    しかし、どれも会見で質問して掘り下げられなかった分、表面的かつ憶測の多いものであり、もどかしさを感じてしまいます。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00263156-toyo-soci

    所長見解:さすがやね・・・

    【【圧力忖度】嵐、記者会見の禁止ワード「結婚」「SMAP」「滝沢」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    突然の活動休止発表。

    2020年末までまだ2年の時間があるとはいえ、「嵐」の活動休止の衝撃は列島を駆け巡り続けている。

    そんな中、嵐のファンと「King & Prince」のファンの間で抗争が勃発している。

    共にジャニーズ事務所所属の両グループだが、2019年1月27日夕の嵐の活動休止発表直後から、ネット上には「嵐の後はキンプリの時代じゃーーーーー!」など、一部のKing & Princeのファンの雄叫びがツイッター上を中心に続々。

    「世代交代していかないとジャニーズも大変よね」と、King & Princeの時代到来は必然とする声も上がっている。

    しかし、これに対し、嵐ファンから猛烈な反論が上がり始めた。


    嵐ファンからは怒りの声が続出

    一部のKing & Princeファンからの挑発的なツイートに対し、嵐ファンからは、「嵐兄さんが活動休止になるからキンプリの時代?? んなわけねーだろ」といった猛抗議が続々。

    「キンプリの時代? ふざけんなそんなこと言ってるティアラ(※注・King & Princeのファン)がキンプリのイメージ悪くしてるんだよ」との苦言も上がっている。

    また、拡大する争いに対しては、

    「私はティアラだけど嵐活動休止後キンプリの時代が来るなんて言って喜んでいる人は不謹慎すぎるし、嵐が居なくなったからキンプリの時代っていうのは素直に喜べないな」と、自制を呼びかける声も上がり始めているが、双方のなじり合いを止めるには至っていない。

    そんな中、今後の争いの火種になりそうなのが、嵐ファンの中でも「狂信的」とされる「アラシック」だ。


    「アラシック」と「ティアラ」

    デビュー20周年を記念した「ARASHI Anniversary Tour5×20」の予定総動員数は237万5000人に達するなど根強いファンを持つことで知られる嵐。

    その中でも特に熱心とされる層は「アラシック」と呼ばれているが、時折、その熱心さが周囲への迷惑行為となって現れることがある。

    コンサートのたびに散見されるのが、メンバーの顔写真がプリントされた団扇を路上に並べ、それに向かって土下座をしたり、駅の中に貼られた嵐のポスターに対し、やはり祈りを捧げる「儀式」を行ったりする人たちだ。

    s


    これらの行為は当然ながら通行を妨害することになるため、コンサート会場を通る人々からは迷惑行為として認識されている。

    また、ジャニーズのほかのグループに対して嵐の優位性を説くなどするため、ネット上ではそのつど論争を巻き起こすことでも知られる。

    嵐が実際に活動を休止する2020年末まで、「アラシック」と「ティアラ」の応援合戦は続きそうだ。

    https://www.j-cast.com/2019/01/28348996.html?p=all


    所長見解:おもろいやん・・・

    【【抗争勃発】アラシック vs ティアラ ←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ