このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「来週後半の発表」(芸能関係者)を目前に控え、大晦日のNHK紅白歌合戦の司会者人事のほぼ“確定”情報が流れている。
    「白組は嵐の松本潤(35)、紅組は広瀬すず(20)と綾瀬はるか(33)のダブル司会でどうやら落ち着くことになりそう」(NHK関係者)というのだが……。

    「白組は、『北海道』と命名されてから150年を迎えたことを記念した特別ドラマ『永遠のニシパ』(来春放送)で主人公の松浦武四郎を演じる松潤に白羽の矢が立った。
    一方の紅組は、NHKが力を入れまくっている朝ドラ100作目の『なつぞら』(来年4月から放送)でヒロインを演じる広瀬、同じく来年放送の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に出演する綾瀬。
    同局の看板2大ドラマにキャスティングされた女優2人のダブル起用は話題になるはずです」(前出のNHK関係者)

    司会者人事といえば、2年前の16年は直前まで情報が錯綜。
    日刊スポーツはV6井ノ原快彦(42)&高畑充希(26)、スポニチはV6井ノ原快彦&有働由美子(49)と違う組み合わせを報じていた。
    しかし、フタを開けてみれば、嵐の相葉雅紀(35)と有村架純(25)でNHKが裏をかく結果となった。

    k


    今年に話を戻せば、いまのところ、サンケイスポーツ(10月9日付)が目玉企画として人気番組「チコちゃんに叱られる!」(総合)の人気キャラクターであるチコちゃんの出演が内定したと報じたぐらい。
    臆測も含めて記事にもならないぐらい盛り上がりに欠けているのだ。

    そういえば、「西郷どん」の取材会に出席した笑福亭鶴瓶(66)がリップサービス(?)で紅白司会への返り咲きを熱望していたと報じられたことも。
    主人公の西郷隆盛(鈴木亮平)や大久保利通(瑛太)らと協力し、明治新政府設立に尽力するキーマン、岩倉具視を演じているだけに可能性はゼロではないのだろうが……。

    お決まりと化した嵐メンバーの白組司会はともかく、総合司会と紅組ぐらいは平成最後にふさわしい華やかさとサプライズに期待だ。

    日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/241181


    所長見解:嵐と・・・

    【【あの人とこの人】NHK紅白歌合戦の司会がほぼ確定ってよwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    何かと問題のジャニーズ事務所だが、今、『嵐』の松本潤が急激に評判を上げている。

    これまで松本というと、俳優としてそれなりの評価は得ていたが、全体的な人間像は見えないところもあった。

    「仕事では、あまりたたかれることがないのは確か。
    櫻井翔の司会のヘタさ、相葉雅紀の演技のひどさはつとに有名。
    大野智は司会も演技もダメで、この3人のレベルは低過ぎ。
    相対的に二宮和也と松本は、実力以上によく見える。
    ちょっと得なところはありますね」(ジャニーズライター)

    松本とともに俳優の評価が高い二宮は、現在フリーアナの伊藤綾子と交際中。
    結婚目前とされ、『嵐』の中ではファン離れが加速している。

    「二宮は日本テレビの『news every.』『VS嵐』で、わずか二度、一緒に仕事しただけで伊藤と付き合い始めるという手の速さでヒンシュクを買っている。
    彼は、かつて長澤まさみ、佐々木希との同棲現場を押さえられ、伊藤で三度目。
    いくら何でも、もうファンは信用しませんよ」(同・ライター)


    交際復活で妙に男を上げる

    では、松本の素行がいいかというと、そうでもない。

    「女優の井上真央との交際は長く、結婚目前と見られていた。
    ところが1年以上前に話がプッツリ切れて、いつの間にか雲散霧消。
    その間にセクシー女優の葵つかさとの交際が浮上。
    一度別れた後、葵に変態癖をバラされたりもした。
    ところが松本は葵とのヨリ戻しを懇願し、交際復活。
    井上とは不透明のままで、注目は葵に移ったのです」(女性誌記者)

    j


    松本は葵にフラれた後、「どうしても会いたくなっちゃう」「忘れられない」と泣き付き、交際を見事に復活させたことも明らかになっている。

    「葵との復活は、単なるセ○レではなかったことのアピールにもつながった。
    それがファンの間でも評価されたのです。
    松本は井上との関係をウヤムヤにしているにもかかわらず、葵との交際で妙に男を上げた格好です」(同・記者)

    松本は昨年、ジャニー喜多川社長に事務所の演出責任者候補として名指しされた。
    さらに今年7月、西日本豪雨で被害を受けた広島県と愛媛県を1人で訪問。
    知事に義援金目録を手渡すなど、事務所は松本だけを妙にプッシュをしているフシもある。

    「結局、演出担当には滝沢秀明が引退して就くものの、松本は表向きの実動隊である俳優部門でトップになる可能性大。
    つまり木村拓哉を抜き、ジャニーズの演者一番手が松本ということです。
    滝沢新体制では、彼より年上は、みんな閑職へ追いやる方向。
    松本は2歳年下だからセーフ。
    松本にはすごい追い風が吹いており、葵と結婚すれば、それこそ美談だらけになるはず。
    滝沢とは仲がいいとは聞きませんが、今はネコをかぶるはず」(同)

    葵サマサマだ。


    https://myjitsu.jp/archives/66031 


    所長見解:そういうことか・・・

    【【葵問題】嵐・松本潤の評価が急騰した理由・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    嵐の相葉雅紀のテレビ朝日系主演ドラマ「僕とシッポと神楽坂」の視聴率が苦戦している。

    同ドラマは神楽坂の動物病院を舞台に、相葉扮する心優しい獣医師・高円寺達也が、動物やその飼い主たちと交流を深めていくストーリー。
    相葉にとっては初の獣医師役となった。

    b


    放送は金曜午後11時15分からで、ゴールデン・プライム帯(午後7時-11時)のドラマに比べると視聴率が落ちるのは仕方ないものの、視聴率は初回から6・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、5・4%、4・9%と徐々にダウンしてしまっているのだ。

    同枠では今年4月期、相葉のジャニーズ事務所の先輩にあたるTOKIO・松岡昌宏主演の「家政夫のミタゾノ」が放送された。
    視聴率は全話平均で6・7%。
    最高は第6話の8・1%だった。

    「視聴率が好調で、日本テレビから視聴率三冠の奪取を狙うテレ朝。
    全体的な視聴率の押上げを狙ってあえて午後11時台のドラマに相葉を起用。
    しかし、狙い通りにそこそこの視聴率をゲットすることができなかった」(芸能記者)


    嵐といえば、松本潤が女優の井上真央と、二宮和也がフリーの伊藤綾子アナウンサーとそれぞれ交際中と言われており、事務所のゴーサインさえ出ればゴールインしそうだ。

    相葉は昨年12月、一部で5年以上交際している一般人の彼女の存在を報じられていた。

    発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)によると、相葉は地元の友達が続々と結婚。
    さらに、レギュラー番組「相葉マナブ」(テレビ朝日系)で共演しているアンジャッシュ・渡部建らの話を聞き、家庭を持つ事への憧れを強めているというのだ。

    松本と二宮よりも先に相葉がゴールインする可能性もありそうだ

    http://dailynewsonline.jp/article/1556552/


    所長見解:しないでしょ・・・

    【【グループ初】嵐・相葉雅紀、5年愛の恋人と結婚の模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    嵐の最新シングル「君のうた」が10月24日にリリースされた。
    前作「夏疾風」からおよそ3カ月ぶりとなる同曲は、相葉雅紀の主演ドラマ「僕とシッポと神楽坂」(テレビ朝日系)の主題歌。
    カップリングの「Sky Again」は、メンバーがそろって起用されているJAL「Fly for it!」CMソングだ。

    嵐はこの曲で、ジャニーズ事務所の元先輩にあたるSMAPを超えたという。

    s


    「今作は、嵐にとって56枚目のシングル。
    55枚で事務所最多だったSMAPをついに抜いたんです。
    周知の通りSMAPは、16年の大みそかに解散。
    ラストの1年は騒動で揺れ、楽曲がリリースができる状況ではなかったため、シングルは15年9月9日に発売された両A面「Otherside/愛が止まるまでは」でストップ。
    つまり嵐は今後、シングル最多記録をどんどん自己更新していくこととなります」(エンタメ誌ライター)

    オリコン週間シングルランキングで嵐は、通算51作が初登場で1位。
    今年2月21に発売された「Find The Answer」で歴代単独1位になった“歴代通算1位獲得数”の記録をさらに更新。
    シングルは44作連続1位だ。

    「SMAPの場合は、CDデビューした91年から97年あたりまで、3~4カ月に1枚のハイペースでシングルをリリースしてきました。
    ですが、90年代後半から緩やかにペースダウン。
    年1~2枚が当たり前になっていました。
    それに比べて嵐はSMAPより8年も後輩ですが、総発売枚数を超える快挙。
    しかも、『夏疾風』は発売初週で47.1万枚を売り上げ、奇跡のような数字を叩きだしています」(前出・エンタメ誌ライター)

    SMAPとタッキー&翼は、すでに解散。
    グループ活動しているユニットとしては長兄にあたるTOKIOは今年、山口達也が脱退・退所したため、音楽活動をやむを得ず中止。
    そんななか嵐は、国民的グループと呼ばれるにふさわしい活躍とセールスをキープしている。

    11月からは結成20周年記念イヤーに突入。
    その直前にSMAPを超えた意義は大きい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1551222/


    所長見解:どうかな・・・

    【【ジャニーズ】嵐がついにSMAP超えた説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「10月24日にですね、『君のうた』という嵐のニューシングルが出ます!」

    5人そろってCDの発売告知動画を公式ホームページ上にアップした嵐。
    彼らを応援する“アラシック”たちは10月11日にドキドキしながら、ある発表を待っていた。

    「11月16日の札幌ドーム公演を皮切りに全国5大ドームを回るツアーが始まります。
    現在18公演が発表されていますが、このツアーのチケットの当落発表が11日だったんです」(芸能プロ関係者)

    嵐のファンクラブ会員数は現在、228万人を超えているそうで、今回もプレミアチケットとなった。

    「85.5万人の動員を予定しているといいますが、ここからさらに追加公演があるということを、メンバーがすでに発表しています。
    '10年~'11年に行われたツアーでは、86万人を動員していますが、今年のツアーはそれを大幅に上回るでしょう」(コンサートプロモーター)

    r


    異例の“前倒しコンサート”

    100万人近い動員数でもプラチナ化してしまうチケットの転売を防ぐべく、本人確認やデジタル化などの対策が取られているが、「本人確認を行う“顔認証”は、'16年に行われたツアー『Japonism』以降では行われていません。
    デジタルチケットになったことで、座席の場所は当日現地に行くまでわからないことが多くなりましたが、同行者は名前の登録だけでいいため、チェックがゆるく、転売の抑止力はそこまでなさそうです」(同・コンサートプロモーター)

    あと1か月で幕を開けるアニバーサリーイヤーだが、実際に20周年を迎えるのは、1年後の'19年11月だ。

    「にもかかわらず、1年前から大がかりなツアーが始まります。
    ここまで前倒しでアニバーサリーコンサートが始まるのは異例のことですが、この先にもたくさんの“プロジェクト”が控えているからなのでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

    ファンがいちばん気になるのは、嵐にとって“はじまりの地”であるハワイでのコンサート。
    15周年を迎えた'14年9月には、2日間にわたって3万人を動員した。

    「デビュー会見を行ったハワイでのライブは、ハワイ州が'12年から打診して実現したもの。
    地元紙によれば、このオファーの際に20周年のコンサートの打診も行われていたといいます。
    前回の経済効果は20億円との報道もあり、ハワイ州としても嵐のライブは歓迎ムードなのです」(スポーツ紙記者)

    また国外だけでなく、国内でも大規模なコンサートが予定されているという。

    「国立競技場で2年間行った『アラフェス』。
    '14年からは改修工事のため行われていません。
    嵐は国立競技場のほか、宮城スタジアムで行われた『ARASHI BLAST in Miyagi』のように、5万人近くを収容するスタジアムを満員にする動員力もあります。

    とにかく、多くのファンにライブへ来てほしいという思いから、スタジアムツアーを行う案も浮上しているんです」(前出・芸能プロ関係者)

    http://news.livedoor.com/article/detail/15483571/
    週刊女性PRIME


    所長見解:人気やね・・・

    【【桂花楼?】嵐が高級中華料理店で「プライベート決起集会」がコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ