ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:嵐

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ジャニーズのアイドルグループ「NEWS」と“因縁”の「嵐」が7日、日本テレビの大型音楽番組「THE MUSIC DAY 伝えたい歌」でついに同じステージに立った。
    ファンも固唾をのんで見守ったが、そこで行われたのは白々しいまでの“和解演出”だった。だがこれで一件落着とはいかない。
    活動自粛からわずか20日弱で復帰した小山慶一郎(34)のものとみられる別の音声データがまたも流出したと言われているからだ。
    今度はジャニーズの大先輩の歌をイッキコールに使用していた疑惑が浮上している。

    k


    NEWSの小山と加藤シゲアキは先月、「週刊文春」に未成年者への飲酒強要疑惑を報じられ、ジャニーズ事務所は小山に活動自粛、加藤に厳重注意の処分を下した。
    続いて同グループの手越祐也にも未成年者との飲酒疑惑が報じられてしまう。
    こちらは日テレでサッカーW杯放送のメインキャスターが直前に控えていたため、おとがめなしとなったが、別の騒動に飛び火した。

    芸能関係者が語る。

    「文春が公開した動画の中で、手越は『CHEMISTRY』の『Wings of Words』を替え歌して『いちばーん嵐のファンが多いけど~ 東京ドームで口パク聞いてる~』と熱唱していたんです。
    先輩グループとそのファンに対し、あからさまにやゆしたから大変。
    嵐ファンから『嵐の悪口なんて許せない』などとののしられたばかりか、手越ファンとの代理戦争にまで発展しました」

    そんな中、NEWSは「THE MUSIC DAY」に出演。
    小山復帰後、4人での生放送番組への出演は初めてだが、総合司会は、“因縁の相手”嵐の櫻井翔とあって、いよいよ“直接対決”と注目されていたのだ(本紙既報)。

    迎えたこの日の夕方、その時はやって来た。
    NEWSが登場すると、櫻井は異常なまでのハイテンション。
    「おいNEWS!」と絶叫したかと思えば、メンバー4人に「よろしくね」「よろしく」「よろしくね」「よろしく頼むね」などと連呼しながら、半笑いで固い握手を求めたのだ。渦中の手越も妙な笑みを浮かべて、それに応じて頭を下げた。

    NEWSは15日スタートの加藤の主演ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」の主題歌「生きろ」を披露した。
    さらに企画「ジャニーズ平成30年間メドレー」にもNEWSは登場。
    手越は嵐の相葉雅紀らと「関ジャニ∞」の「がむしゃら行進曲」を熱唱したが、相葉とは特に絡みはなかった。

    「“口パク替え歌”を巡っては、嵐とNEWSのメンバー以上に、それぞれのファンがヒートアップ。
    それを知っていた櫻井は、これ以上ファン同士が争わないように、“和解の握手”をしたのです。
    ただあまりにもわざとらしく、大げさだったため、『逆に怖い。かなり怒っているのでは?』とも言われていますが…(笑い)。
    一方のNEWSも、増田(貴久)は嵐をリスペクトしていますが、手越は特にそのような気持ちはない。
    テレビだから一応、先輩を立てただけですよ」(音楽関係者)

    ひとまず嵐との公開対決は乗り切ったNEWSだが、また新たな“地雷”を抱えているというから穏やかではない。

    事情通がこう耳打ちする。

    「先月末、小山が復帰したころです。
    ネット上に小山らしき人物が近藤真彦の『ギンギラギンにさりげなく』を歌う音声データがアップされたのです。
    その中でイッキを促すようなコールも。
    前に音声が流出したのと同じ時に、録音されたとみられています。
    現在は削除されていますが、これがマッチ(近藤)やジャニーズの幹部にバレたら、嵐の口パクを暴露した以上にヤバいですよ」

    ジャニーズの中で嵐の存在が大きいのは事実だが、近藤は別格。
    「事務所幹部たちの寵愛をとりわけ受け続けてきたアンタッチャブルな存在」(同)だからだ。

    NEWSとしても嵐は先輩とはいえ年が近く、軽く見ている部分があるかもしれないが、近藤の前では直立不動にならざるを得ない。
    マッチにバレないことを祈るばかりか――。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000003-tospoweb-ent 


    所長見解:終わるな・・・

    【【新たな流出】NEWS・小山「酒席の激ヤバ音源」がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    no title



    所長見解:怖いよ・・・

    【【何これ怖い】嵐・二宮ファン、伊藤綾子の麺の食べ方に激怒の模様・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    NEWS手越と未成年女性の「飲酒パーティー」動画《予告編》週刊文春

    y


    「いちばーん嵐のファンが多いけど~♪ 東京ドームで口パク聞いてる~♪」

    https://www.youtube.com/watch?v=Do7yALVLVxw



    所長見解:さすがだわ・・・

    【【暴露炎上】NEWS・手越氏「嵐のファン多いけど東京ドームで口パク聞いてる~♪」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『嵐』の櫻井翔のイベントでの発言に対して、非難が起きている。

    櫻井は5月4日に映画『ラプラスの魔女』の公開記念舞台あいさつで三池崇史監督、共演した広瀬すずらとともに登壇した。
    このとき櫻井は「今朝、(神奈川県の)逗子から横須賀線で(都内に)戻ってきたのですが、寝過ごしちゃいました」と発言したのだが、これがひんしゅくを買った。

    s


    「最近、芸能人はよく『電車に乗った』という話をSNSへ写真付きで投稿しています。
    これは、芸能人だけど電車で移動する普通の人だという親近感を持たせるためのイメージ戦略です」(ジャニーズライター)

    有名人の電車移動がSNSに投稿する以前に、SNSやブログで流行していた“親近感アピール”の手段がある。

    「ノーメイクの素顔をSNSやブログに投稿するのが流行したことがありました。
    このときは、素顔といいながらも肌荒れなどが目立たないように薄くメイクをするのが常套手段でした。
    やがて、大勢がやるようになったことでネットニュースで取り上げられなくなり、話題にならなくなると、みんな潮が引くようにやめていったのです」(女性誌ライター)

    こういったことを考慮すると、櫻井の「横須賀線に乗った」という発言は、ほかの芸能人のやり方を真似たアピール方法だということだ。そのため、評判は良くなかった。

    「電車も使うさわやかなアイドルというイメージをを演出したかったのは間違いないでしょう。
    仕事にどうやって来ようが、今回の舞台あいさつでは特に関係がありません。
    話題作りがしたかったのだと思われます」(前出・ジャニーズライター)

    舞台挨拶のおこなわれた5月4日はゴールデンウィーク中。
    逗子から東京方面の上り電車には、鎌倉や横浜などからの乗客も多かったことだろう。
    それなのに、SNSには横須賀線で櫻井を見たという投稿がなかった。

    https://myjitsu.jp/archives/50982


    所長見解:そうだろうね・・・

    【【不可解すぎる】櫻井翔「電車で寝過ごし」 ←これwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アイドルグループ「嵐」の櫻井翔さん(36)が、「TOKIO」山口達也メンバーの書類送検発覚後初めて曜日レギュラーの「NEWS ZERO」(日本テレビ系)に出演したが、事件に関する報道はなく、櫻井さんのコメントもなかった。

    y


    報道・情報番組のキャスターをつとめるジャニーズ事務所のアイドルは、ここまで次々と事件について見解を述べてきた。
    その中で櫻井さん出演の「NEWS ZERO」がスルーしたことに、視聴者は「ちょっとでも喋った方が良かった気がしてならない」などと違和感も覚えたようだ。


    ■翔くん泣いてきたらこっちまで泣けるよ 

    櫻井さんは2018年4月30日、月曜キャスターの「NEWS ZERO」に生出演。
    25日、ジャニーズの先輩である山口メンバーが、女子高校生に無理矢理キスを迫るなどして強制わいせつ容疑で書類送検されていたと明るみに出てから、初めての同番組出演だった。

    ツイッターではこの日の放送開始前後から、

    「翔くんZEROで山口くんのことコメントするのかなするよね」
    「どーしよもし山口くんのコメントで翔くん泣いてきたらこっちまで泣けるよ」

    と心配するような声があがり、櫻井さんが山口メンバーの事件についてどんな言葉を発するかに注目が集まっていた。

    だが、放送が始まってしばらく経っても事件は扱われなかった。
    「何か話すだろう」という前提でいた視聴者は別の不安に駆られた。

    「あれ、まさか、櫻井くんだけ、山口メンバーの話、無視するのかな...そんなこと、ないよね、櫻井くん...」
    「山口くんの報道しないのかな 翔くんのコメントも聞きたい!」。

    結局、この日は事件について報じられず、櫻井さんのコメントもなかった。

    TOKIOと嵐は、元日恒例で18年も放送された日本テレビ系スペシャル番組「TOKIO×嵐」での共演など、公の場でも接点がある。
    そうした中で、長年キャスターとして時事問題にコメントもしている櫻井さんから、山口メンバーへの言葉を聞けなかったことに、視聴者は複雑な心境をのぞかせた。

    「翔くん、無理やりコメントして。とは言わないけど、これだけキャスター柄として表に出ていて山口くんのことに一切コメント言わないのはどうなんだろう」
    「正直、翔くんが山口くんに対してどんなコメントをするのか楽しみにしてた」
    「翔くんの思いを聞きたかった」
    「山口くんに触れなくて悪い方向に行かないだろうか...。。ちょっとでも喋った方が良かった気がしてならない」


    ■「コメントしなければならないと分かってはいました」

    ここまで、ジャニーズアイドルは報道番組で事件について次々と口を開いてきた。
    苦楽を共にしてきたTOKIOの国分太一さん(43)はメインMCをつとめる「ビビット」(TBS系)で4月26日、動揺を抑えきれずに涙をこぼしながら謝罪。
    翌27日放送では、山口メンバーが会見で述べた「TOKIOに戻りたい」旨の発言に、「そんな甘えた言葉は聞きたくなかった」と毅然とした態度で断罪しつつ、被害者を慮った。
    リーダーの城島茂さん(47)も28日の「週刊ニュースリーダー」(テレビ朝日系)で「ありえないですよね」と心を鬼にして断罪した。

    TOKIOに限らず、後輩である「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん(27)も26日、木曜パーソナリティの「めざましテレビ」(フジテレビ系)で、「今日、『めざましテレビ』でコメントしなければならないと分かってはいました」と重い口を開いていた。
    「正直どうコメントしていいのか分からないというのが本心」と絞り出した。

    櫻井さん出演の「ZERO」前日にあたる29日にも、東山紀之さん(51)がMCの「サンデーLIVE!!」(テレビ朝日)で、「KAT-TUN」の中丸雄一さん(34)も「シューイチ」(日本テレビ系)で、それぞれ独自の観点から思いを述べている。
    なお、29日には日刊スポーツが、山口メンバーが会見後に再入院していた旨を報じるという新たな動きもあった。

    ただ、「ZERO」では事件について25日にトップニュースで約8分、山口メンバー会見後の26日放送でもトップで約30分の長尺を割いて報道し、27日には扱っていない。
    30日も、発覚から5日経過していたこともあり、

    「翔くんがzeroで山口くんに触れないの当たり前じゃね? 週跨いでまでコメントしないだろ。後輩たちはコメントしたのにとかそんなのどのタイミングかってだけの話だろ」
    「週またぎで取り上げる意味ないからね」
    「月曜日まで引っ張って報道しないのは当たり前」

    と、気に留めない向きもある。

    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/05/01327516.html?p=all


    所長見解:別にいいよね・・・
    【【完全無視】嵐・櫻井の「ZERO」、山口メンバー事件をスルー ←これwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ