このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月27日に行われた人気グループ・嵐の会見。

    来年末で無期限活動休止に入ることを発表し、リーダー・大野智の意思によるものであることを前面に押し出していたが、ほかのメンバーたちも活動休止を望んでいたことを、ニュースサイト「デイリー新潮」(新潮社)が報じている。

    会見によると、17年6月16日に大野が他のメンバー4人を集め、「嵐としての活動を終えたい」と切り出したのが活動休止の発端だったとか。

    大野は活動休止後について、「具体的に何がしたいと考えているわけではなく、一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたかった」と話していた。

    「アートが趣味の大野ですが、アートといえば元SMAPの香取慎吾。
    香取の作品は心の葛藤をキャンバスにぶつけているような作品が多く、おそらく、大野もキャンバスに向かうことがストレス発散になっていたのでは」(芸能記者)

    とはいえ、今やジャニーズ事務所の看板を背負う嵐だけに、事務所の幹部が大野の一存でそう簡単に活動休止をOKするとは思えなかった。

    s


    「デイリー新潮」によると、松本潤と二宮和也は大野の活動休止要請を好意的に受け止めていたのだとか。

    その理由だが、松本は故・蜷川幸雄さん舞台で薫陶を受けただけに、舞台に専念する時間がほしかったのだとか。

    一方、二宮は以前から「映画俳優としてやっていきたい」と事務所に直訴。

    事務所は考慮していたものの、俳優に専念できないもどかしさに不満を持っていたというのだ。

    「2人の活動が軌道に乗れば、逆に嵐として活動する時間がなくなりそう。
    大野は芸能界からフェードアウトしそうで、活動再開を決めたとしても、一夜限りなど“レア感”を持たせた形になるのでは」(音楽業界関係者)

    いずれにせよ、開催中のような大規模ツアーは今後、行われることはなさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1697745/

    所長見解:そうなの・・・

    【【人気グループ】嵐、大野智以外のメンバーも活動休止を望んでいた模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの中居正広(46)が、16日放送のニッポン放送「中居正広 ON & ON AIR」(土曜後11・00)に出演。

    事務所の後輩である嵐の活動休止発表について言及し、ファンに「あの会見が全て」と呼びかけた。

    f

    番組中盤、中居は「そういえば、嵐さんが活動休止を発表されたんですね」と切り出し、「僕は嵐のファンでもないですし…、ファンではないとか言ったら『中居くん、こんな時期に信じられない』とか言われるかもしれないけれど(笑)。
    僕はライブも行ったことも無いし、嵐のCDを買ったこともないんで、この期に及んで話題になったから昔からファンですというわけにもいかないので。
    でも、携わるというか後輩でもあったりするので」と後輩の決断について語り始めた。

    「あの会見に、この判断に、僕がうんぬん言うことは全くない」とし、「一つ言うのならば、(活動休止まで)今後猶予が2年間弱ある、すごく皆が色んなこと言うから。
    憶測記事みたいなものが、ネットは分からないけどそれもそうでしょうね、週刊誌とかが実はこうだ、実はこうだったみたいな。
    嵐ファンの子は、いろんな記事とかに惑わされないでほしいな。
    惑わされなくて大丈夫ですよって感じかな。
    あの会見が全てなんで」と嵐のファンへメッセージ。

    「(憶測記事に)気持ちを動かされるようじゃ、そんなのもったいないので。
    それに気持ちを持っていかれないように純粋にご覧になってもらっていて大丈夫。
    それぐらいしか言えないですよ」と語った。


    https://news.nifty.com/article/entame/12278/12278-193570/
    スポニチアネックス

    所長見解:そやね・・・

    【【ジャニーズ事務所】中居正広 嵐ファンへの痛烈な訴えがコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月27日に行われた、嵐による2020年末活動休止宣言の余波はまだ続いている。

    メディアでは「嵐緊急記者会見」のあり方について「はたしてアレでよかったのか」という声もあちこちで聞こえてきている。

    「嵐やジャニーズの言い分を垂れ流すだけでなく、きちんと批判すべき点は批判しつつ、疑問点はとことん追及するのが、本来のジャーナリズムのあり方です。
    一部、単なるファンのように泣きながら質問している人がいましたが、あれでは“報道の中立性”が疑われてしまいます」(全国紙記者)

    「泣きながら質問していた人」とは、日本テレビの青木源太アナウンサー(35)だ。

    s


    彼は、もともとジャニーズ、特に嵐のファンで、記者会見でもひたすら「ファン目線」の質問を繰り返していた。

    それだけでなく、記者会見で「無責任じゃないのかという指摘もあるのでは?」という質問をした記者がいたことに、青木アナは自身のツイッターで、

    ≪今夜は初めて愚痴を言わせてください。無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいてとても悔しくて悔しくて≫

    とつぶやいていた。


    この青木アナの言動には、さすがに批判も殺到。

    それに答えるかたちで、青木アナは2月3日にツイッターを更新し、謝罪した。

    ≪私の言動で不快な思いをされた方々、申し訳ありませんでした。ご批判やお叱りの言葉をしっかりと受け止めたいと思います≫


    深く反省しているように見える青木アナだが、放送作家はこう言う。


    http://dailynewsonline.jp/article/1695541/?page=2
    日刊大衆
    所長見解:ちょっとな・・・

    【【疑惑】「嵐」会見で青木アナの裏ジャニーズ営業説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    嵐に続いて今後はTOKIOにグループ休止&解散説が浮上。

    さらにメンバーの長瀬智也(40)には、ジャニーズ事務所からの移籍説が取り沙汰されている。

    「話はこれだけで終わらない。
    元SMAPリーダーの中居正広(46)に再度独立説が再燃し始めた。
    NEWSの手越祐也(31)にも、長瀬や中居同様に離脱説が実しやかに囁かれているんです」(芸能関係者)

    j


    すべての発端は嵐の活動休止宣言だ。

    約1年以上の説得期間がありながら、最終的にジャニーズ事務所はメンバーを懐柔できなかった。

    記者会見でリーダーの大野が「2020年という区切りで一度、嵐をたたみ、それぞれの道を歩んでもいいのではないか…」と提案したことが始まりだったと説明した。

    その後、メンバー同士が何度も話し合いを重ね、昨年6月に活動休止を決断したという。

    記者会見中の嵐メンバーは、カメラの放列フラッシュを浴びながらも終始笑顔。

    それぞれの思いを「5人じゃないと嵐じゃない」というメッセージに託し、会見を締め括った。

    「彼らの言葉をそのまま額面通りに受け取る業界関係者は誰もいません。
    あれは事実上の解散宣言です」と断じるのは某大手芸能プロ幹部だ。


    そんな中、嵐に続いて活動休止&解散説が飛び交っているのが先のTOKIO。

    「長瀬は山口が脱退した時点でTOKIOの解散を口にしていた。
    いまやメンバーの気持ちはバラバラです。
    『ザ!鉄腕!DASH!!』があるからグループを名乗っているだけの状態。
    そのキーマンが長瀬です。
    彼は俳優業よりも音楽活動に重きを置いてきた。
    思うような音楽活動ができない現状に芸能活動への気持ちも離れている。
    しかも、所属タレントの人事権を持つ系列会社『ジャニーズアイランド』の代表取締役社長に就任した滝沢との折り合いが悪い。
    長瀬が暴発したら嵐以上の騒動になりかねない」(芸能プロ関係者)


    独立説が飛び交う中居と手越については、「中居は『ナカイの窓』、『中居正広の身になる図書館』のレギュラー番組2本が打ち切られる。
    1度はジャニーズに残る決意をしたが、また揺らいでいるんです。
    手越は一連のスキャンダル報道に嫌気が差しており、本気でeスポーツのプロ選手転向を模索中だ」(制作会社幹部)

    ジャニーズ帝国に嵐直撃。

    https://wjn.jp/article/detail/8759634/

    所長見解:しかたないやん・・・

    【【帝国崩壊へ】TOKIO解散、長瀬智也が独立説。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    1月27日に突如として発表された嵐の活動休止。

    国民的グループの活動休止というニュースは瞬く間に日本列島を駆け巡り、「やっぱり私生活の自由がないのが原因?」「グループを活動休止しないと結婚できないから?」など、さまざまな憶測の嵐を巻き起こした。

    テレビや雑誌では嵐の大特集を組み、2020年末での活動休止を惜しむ一方、メンバーたちは記者会見同様、仲睦まじい雰囲気でレギュラー番組でもメッセージを残すなど事態の鎮静化を図った。

    とはいえ、「なぜ“活動休止”なのか?」「なぜ2年先の活動休止をいま発表するのか?」など、素朴な疑問もいまだ拭えない。

    ジャニーズ事務所に近しい関係者は次のように語る。

    「雑誌やネットではいろいろいわれてますけど、メンバーたちが30代後半に差しかかり、結婚をしたいのは事実。
    でも嵐ぐらいになると、メンバーが結婚したぐらいでは人気は揺るがない。
    おそらく大野君は、結婚だけではなくてもっと広い意味での“プライベートの自由”を優先したかったんでしょう。

    そこにほかの4人も同調したのには、『そのほうが自分たちも結婚しやすい』という“損得勘定”が働いたということはあるでしょう。
    ですが、そこで『解散』とはならず、ほかの4人が『活動休止』という選択をしたのには、もっと別の事情がある。

    メンバーの40代以降も嵐が“国民的アイドルグループ”として活動を続けていては、いつか関係がギクシャクし、“第2のSMAP”になることは容易に想像できる。
    最近は関ジャニ∞やKing & Princeなど下からの突き上げもあり、『このまま活動を続けるより、いったんきちんと休んでまた活動を再開したほうが、結果として嵐のブランドが上がる』と判断したんでしょう。
    今回の活動休止は、再開を前提にしたものだと思いますね」

    s


    SMAPと同じ轍は踏みたくない

    「活動休止までに一目でもいいから嵐を見たい」。

    そう思った人が、コンサートのチケットを得ようとファンクラブに殺到。

    「活動休止の発表から2日間で約15万人がファンクラブに新規加入」との報道があったように、嵐はさっそく“特需”に見舞われている。

    「嵐ぐらいの規模になると、グループ活動を辞めるまでには、2年はどうしてもかかります。
    それはファンクラブ会員の多さだったり、CMやテレビ仕事の契約だったり、スケールがほかのグループとは違いすぎますからね。

    ジャニーズ的にも『この2年間で稼ぎまくる』という狙いは当然あるでしょうし。
    今まで、2年もの準備期間を置いて活動休止したグループは存在しなかったわけですから、今後、“嵐ロス”をおおいに演出し、2年にわたって稼ぎまくるのだとすれば、さすがとしか言いようがない。

    ドラマもバラエティもテレビ仕事をちゃんとこなせて、コンサートやファンクラブでもしっかり稼げる嵐は、SMAPなきジャニーズ事務所では最大の稼ぎ頭。
    だからこそ、SMAPではできなかった“ちゃんとした終幕”を演出したいという思いは、当然ジャニー喜多川氏をはじめ事務所側にもあるでしょう。

    伝説のグループとしてどう“有終の美”を飾るのか。そのためにも、2年間程度は絶対に必要だったということです」(前出の関係者)


    http://dailynewsonline.jp/article/1689739/

    所長見解:安室商法・・・

    【【真相暴露】「嵐の活動休止」に2年もかかる理由がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ