ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:島田紳助

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    有吉、生放送で後輩芸人に掴みかかりブチギレ 乃木坂・高山一実ドン引きも視聴者大爆笑

    『オールスター後夜祭18』で司会の有吉弘行が後輩芸人・ハナコの3人に掴みかかり激怒。乃木坂46・高山一実はドン引きの表情を見せたが…

    芸能人が一堂に会すTBSの祭典『オールスター感謝祭』の終了後、『オールスター後夜祭』が6日深夜に2度目の生放送をスタートした。

    番組中、司会の有吉弘行(44)が後輩芸人・ハナコの3人に掴みかかり怒りを露わに。
    視聴者を騒然とさせている。


    ■有吉、ハナコにブチギレ

    春も放送され好評を博した『後夜祭』。
    この日も直前に放送された本家『感謝祭』のセットを流用し、本家出場芸人に加え新たに126人の芸人が集結。
    司会は有吉と乃木坂46・高山一実(24)が務めた。

    『後夜祭』独特のクイズで盛り上がる中、番組開始から約30分後に事件は起きる。
    CM明け、『キングオブコント2018』優勝のトリオ・ハナコの3人に突然有吉が掴みかかり、怒りを露わにしたのだ。

    ハナコは平謝り、周囲や高山は必死に有吉を止め事態は収束。
    司会席に戻った有吉はその後も、謝り続けるハナコを鋭く睨みつけた。

    z


    ■伝説のシーンをパロディ

    ブチギレした有吉に高山は驚き、ドン引きした表情を見せていたが、それも恐らくは芝居。その後、有吉もハナコも、芸人たちも笑いながら番組は再開する。

    ここまでの一連の流れはもちろん、2009年の第37回『感謝祭』を再現したもの。
    司会を務めていた島田紳助が、生放送中にも関わらず「挨拶がなかった」ことを理由に東京03に詰め寄り恫喝したシーンをオマージュしたのだ。

    有吉は以前から「恫喝パロディ」をするチャンスを逃してきたことを公言している。
    東京03はその年『KOC』に優勝したトリオという点でもハナコと共通点があり、それも含めて完璧なパロディを披露、ついに悲願を達成した。


    ■視聴者は爆笑

    盛り上がった『後夜祭』に視聴者は「面白すぎて寝れない」と嬉しい悲鳴。
    そしてやはり、一連の「島田紳助恫喝パロディ」は特に楽しめたようだ。


    ■マジギレする一幕も…

    これはあくまでもパロディでの恫喝だったものの、その後、有吉が本気で怒りの表情をのぞかせたシーンもあった。
    それは、大型の体重計に芸人が乗り、1分間で1トンピッタリにするチャレンジ企画でのことだ。

    テレビに映りたい芸人らが殺到した結果、1度目は失敗、2度目の挑戦の際に重さを表示するモニターがエラー表示に。
    全員に体重計から降りるよう指示するも興奮する芸人らはなかなか降りず、「小学生じゃないんだから」と怒りを滲ませ始める有吉。

    それでも体重計に安田大サーカス・クロちゃんが乗り続けていたため、「乗るんじゃない」と蹴りを入れる。
    事態を飲み込めないクロちゃんは「なんで?」と驚きながら有吉に食らいつき続け、最後はカンペで頭をはたかれた。


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください)
    https://sirabee.com/2018/10/07/20161826492/


    所長見解:あったな・・・

    【【放送事故】有吉、生放送で後輩芸人に掴みかかりブチギレの結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志が、29日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(毎週水曜22:00~)に出演し、かつて目撃したおバカキャラの急造を暴露した。

    この日のゲストには、ANZEN漫才のみやぞんが登場。
    愛される天然の“おバカキャラ”が作ったものではないかという疑惑が浮上し、7年前にフジテレビのトーク番組に出演した際の映像を見ると、今とは話し方が明らかに違う、知性すら感じられるトークぶりを見せていた。

    これを見た田中は「ヤバいヤバい、なにこれ(笑)」と驚がくし、「これは完全にアウトでしょ。だってよくいたんですよ、『ヘキサゴン』とかやってたころ、なんか急におバカキャラみたいなのが入ってきて、マネージャーに『正解するな』って言われてるタレントを何人も見たことがある」と暴露。

    h


    だが、みやぞんは「(キャラ作りは)まったくないです」と否定し、相方のあらぽんも「1歳ぐらいからずっと一緒にいるんですけど、おバカキャラというかバカだと思いますけどね」と証言した。

    https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180829/Cobs_1809353.html


    所長見解:あったな・・・

    【【衝撃暴露】ヘキサゴンの裏側がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    一見、華やかに見えても、生き馬の目を抜く世界――。
    勝ち抜いた猛者たちには、闇夜で闘った過去があった。

    「報道では、オフィス北野社内での例の独立騒動の際、たけしさんや軍団の面々は、社員たちに敬語で接したと語っていますが、そんなの大嘘ですよ。
    あとで“あれはリアルアウトレイジだった”と、退職したマネージャー同士で語り草になるほどだった(苦笑)」

    t


    こう話すのは芸能事務所関係者だ。
    このときの軍団の暴言により、実際、複数人のマネージャーが辞表を提出したというほど、激しい恫喝があったというのが実態だそうだ。

    「たけしさんの独立劇は、軍団の存在もあり、恫喝するのがタレント側という、ちょっとレアケースですが、やはりタレントの独立には揉め事がついて回るもの。
    事務所がタレントの独立を封じるための恫喝なら、枚挙にいとまがない」とは、テレビ番組の制作会社所属のプロデューサーだ。
    彼は現在の仕事の前、小さな芸能プロダクションに勤務していたという。

    「SMAPも同じですよ。独立組の3人は、そもそも十分な人気があったから、どうにか今もやっていけますが、まだ思うようにテレビ出演できないわけでしょう?」(前同)

    元SMAPという金看板ゆえ、表立って芸能界を干される話には至っていない。
    だが、たとえば連続ドラマでジャニーズ事務所から主役級がブッキングされれば、そこにSMAPの独立組をブッキングすることは絶対にありえない。

    「テレビ局は今も、ジャニーズのタレントを争奪し合ってるのが現状ですから、SMAPの独立組の出演の余地はない。
    ジャニーさんの“後押しする”という言葉は、ある意味、“やれるものならやってみろ”という恫喝ですよね」(同)

    確かにインターネットの番組か深夜帯でしか、SMAPの独立組を見ることがなくなったことを考えると、そう取れなくもない。

    もっと露骨な話もある。

    「関西の準キー局クラスになると、世間的な意味での恫喝風景なんて、ある意味、日常茶飯事みたいなものです」 

    こう断言するのは、在阪キー局勤務のディレクターだ。

    「島田紳助さんが“ボケ”だ“カス”だと若いADをドツいて引きずり回すのなんて、何度も見ました。
    紳助さんは、暴排条例の件がなくても、いずれはコンプライアンスで、もっと問題になったかもしれない」

    いわく、島田紳助氏の恫喝は「プロ顔負け」だとか。
    「若いスタッフがだらしないのも確かですが、時代が違いますよね。
    もう一人、大御所で言えば、上沼恵美子さんは“無言の恫喝”で有名です(笑)」(前同)

    笑って言うが、“無言の恫喝”とは何か。

    「テレビ業界って、深夜のてっぺん越えてからの会議とか、普通にあるんですよ。
    そのタイミングで、上沼さんが気を利かせて、アツアツの唐揚げを大量に差し入れたりしてくれるんですけど、年を取ると、深夜に唐揚げなんかキツいんですよ。
    ただ会議が終わっても、誰も手をつけてないと、上沼さんの機嫌を損ねる。
    結局、若手が泣きながら、毎度完食してます(苦笑)」(同)

    この“無言の恫喝”に耐えきれず、口を唐揚げで満たしたまま、昏倒したADもいるという。そこまで唐揚げで追い込まれるとは、恫喝の形も様々である。

    >>2に続く

    https://taishu.jp/articles/-/60153?page=1 


    所長見解:そうだろうね・・・

    【【闇深】元SMAP、オフィス北野、島田紳助…芸能界のアウトレイジ暗闘の結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    明石家さんま(62)が27日、MBSで放送された「明石家さんまが語り継ぎたいレジェンド芸人20人」に出演。
    2011年8月に暴力団との交際を理由に芸能界を引退した島田紳助さん(62)の復帰計画を吉本と練っていたが、紳助さんと吉本の意見の違いで頓挫(とんざ)したことを明かした。

    s


    紳助さんについては、12年の新春会見で、大崎洋社長が自ら紳助さんの復帰について触れ、「皆さまのご理解をいただければ、いつの日か吉本に戻ってきてもらえると信じている。これは全社員、全タレントの思いです」と語っていた。
    この発言を受け、紳助さん復帰説がにわかに現実味を帯びたのは事実だ。

    さんまはこの日の番組で、引退後は「一切連絡とってない」という同期の紳助さんについて、「これはテレビで放送できひんと思うけど…」と迷いながら切り出し、「吉本と紳助と俺と、(紳助が)帰ってくる準備、俺はしててんけども」と復帰の準備をしていたことを打ち明けた。

    しかし、「本人と会社の意見の違いで、予定通りいかなかった」と紳助さんと吉本の意見の相違があり、最終的には実現しなかったことを明かした。

    さんまは紳助さんの引退後、ラジオ番組で「犯罪を起こしたわけやないんやから」と盟友をフォローする発言をしていた。

    なお、さんまと同様、紳助さんと同期で、引退後も交流がある大平サブローは「マッチョやで。(体)鍛えて、ムッキムキ。髪の毛伸ばして、すごいよ」と近況を報告していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000119-dal-ent


    所長見解:もういいよ・・・

    【【衝撃暴露】明石家さんま 島田紳助さんの復帰計画の結果・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いタレント、司会者として高い人気を集め、2011年に芸能界を引退した島田紳助さんだが、その後は南国生活を楽しんでいるようだ、とネットで話題を集めている。

    11年の引退以降はメディアへの積極的な露出は避けている島田さんだが、2018年4月7日に沖縄県宮古島のレンタカー業者「宮古島アップスレンタカー」のインスタグラムに登場したのだ。

    no title


    半そで半ズボン、サンダルの南国ルック

    すでに暑さが増している宮古島で撮影されたその写真には、半そでに半ズボン、足元はサンダルと南国ルックできめた島田さんが映っている。

    東南アジアなどで主に使われる、窓なしのオープンな3輪自動車「トゥクトゥク」に笑顔を浮かべて楽しげに乗り込んでおり、南国生活を満喫している様子だ。

    この画像は700件近い「いいね!」がついた他、島田さんの久しぶりの公での姿に、往年の代名詞でもあった

    「素敵やん!」

    というコメントや、

    「元気そうでなりよりです 久々紳助さんのトークが聞きたいなー」
    「久しぶりに紳助さんのお姿が見れて本当に嬉しいです」

    といったファンからのメッセージの他、インターネット掲示板「5ちゃんねる」では、

    「人生クッソ充実してそう」
    「ワイも財産築いて島でゆっくり過ごしたい」
    「紳助の余生とかいう理想の生き方」

    など、引退後の生活への憧れの声も上がった。


    引退後は逆風なネット世論も徐々に追い風気味?

    島田さんは暴力団との付き合いがもとで芸能界を11年に引退。

    以降は24時間ランナーの候補である、復活特番が撮影されている、といった噂や、はたまた死亡説といったデマが流れることもあった。

    引退直後に流れたそういった噂に対してはネット上では冷ややかな意見も上がったものの、16年2月、俳優・石坂浩二の「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)からの突然の降板や、タレントのベッキーさんと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんの「ゲス不倫」について、芸能リポーターの井上公造さんが伝えた島田さんからの

    「石坂浩二さんなしでは、あの番組が成功しなかったのは、絶対的な事実です。品位と格が番組につきましたから。僕だけでは、単なるバラエティーで失敗してました。確実に」

    「すべてを失っていいと思って人を好きになるって、すごいやん。あんたらできるのか?そんな恋したことあるのか?」

    「ロクに恋もさせてもらえなかった31歳のベッキーが、人生かけた恋を、人生かけて恋したことない人間には、理解してもらえないよね。タレントとしてはダメなベッキーかもやけど、僕はすべてをかけたベッキーが素敵に思えます」

    といったメッセージには、支持の声も上がっていた。

    https://www.j-cast.com/2018/04/19326613.html?p=all


    所長見解:そろそろか・・・
    【【あの人は今】島田紳助さん、宮古島で発見された画像がコチラwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ