ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

ミーハーなあなたに、ミーハーなニュースを。

    タグ:岡村隆史

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(48才)が、美女といっしょに音楽フェスを楽しんだ後、自宅に迎え入れていた──。

    東京・お台場に毎年10万人もの観客を集めるエレクトロニック・ダンス・ミュージックの祭典『ULTRA JAPAN』(以下、ウルトラ)。
    5年目となる今年も9月15日から3日間にわたって開催されたが、最終日となる17日の夜7時頃、インターネットの生中継が、ある人気お笑い芸人の姿を捉えた。
    ネット上には、すぐにこんな書き込みが相次いだ。

    《岡村さん見つけた!》
    《今年もVIP席で踊ってた!》

    岡村はこのイベントの常連で、ノリノリで踊る姿もファンにすれば“いつも通り”のこと。
    だが、この時の岡村は、いつもとは大きく違っていたのである。
    その理由は、隣で踊っている美女にあった──。

    『ウルトラ』の会場で踊る数時間前。
    東京・品川駅からほど近い大通りに愛車の四駆を停車させ、ハザードランプを点滅させる岡村の姿があった。
    待つこと数分、そこに小走りで駆け寄ってきたのは、黒いキャップから巻髪をなびかせる美女。
    スキニーパンツをはいた足は細くて長く、スタイルのよさが際立っている。

    彼女は周囲を気にするように急いで助手席に乗りこむと、岡村は車を発進させ、自宅へと戻って行った。
    その後、2人で向かった先が『ウルトラ』の会場だったようだ。
    いったいこの美女は誰なのか。

    「岡村さんの地元・大阪に住んでいる知人女性です。
    20代でタレント顔負けのルックスですが、芸能活動はしていない一般人。
    岡村さんは常日頃“芸能人の女性はもうこりごり”と言っていますから。
    この日は岡村さんの友人男性も一緒に『ウルトラ』に行ったようです。
    イベント後は、友人男性と別れ、岡村さんと彼女は2人で自宅へと帰ったそうですよ」(岡村の知人)

    岡村はもう二十数年来「彼女がいない」と公言しているが、その原因は極度の女性不信だといわれてきた。

    岡村の“交際関係”が最初に報じられたのは1998年のこと。
    相手は“魔性の女”と称されていた葉月里緒奈(43才)だった。

    「葉月さんが岡村さんのことを気に入って、彼の電話番号まで調べて積極的にアタックしたんです。
    グイグイ来られたことに逆に岡村さんはビビってしまい、正式な交際には至らなかった。2006年には、熊田曜子さん(36才)とのお泊まりが『フライデー』されましたが、後になって熊田さんが他のお笑い界の大御所たちにもアタックしていたことを聞き、“本気やなかったんか!”と、かなりのショックを受けた。
    それ以降、女性に対して、警戒心をより強めてしまった」(芸能関係者)

    この年になるまで独身をこじらせてしまった岡村は、今田耕司(52才)、チュートリアル・徳井義実(43才)、ピース・又吉直樹(38才)とともに独身芸人が集う「アローン会」を結成、副会長に就任した。

    本誌・女性セブンが今年5月に徳井の“自宅デート”を報じると、岡村は「アローン会に報告がなかった」「裏切り行為」と断罪。
    徳井がアローン会を脱退する騒ぎになった。

    しかし、その後になって「結婚しなければ会員の資格あり」と“規約変更”し、徳井の復帰が実現した。
    となると、気になるのは、お泊まりしたこの美女との関係だが…。

    「地元の友人の紹介で、知り合ってまだ間もないそうです。
    ナイスバディーで色気があり、まさに岡村さんのタイプど真ん中。
    自宅に泊めたのは今回が初めてじゃないかな。
    当然、結婚なんて話にはなっていないでしょう」(前出・岡村の知人)

    とのこと。
    アローン会からの“卒業”はまだ先になりそうだが、この日、岡村が美女に心を踊らせていたことは間違いなさそうだ。


    ※女性セブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180926-00000015-pseven-ent&p=2

    no title


    所長見解:よかったやん・・・

    【【これは美人】ナイナイ岡村隆史、自宅に迎え入れた美女がコチラwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が8月21日放送の「なるみ・岡村の過ぎるTV」(ABCテレビ)に出演し、タレントの和田アキ子とお酒を飲んだ際の驚愕エピソードを明かしている。

    w


    かつて深夜の六本木でお酒を飲み交わした際、和田が突然「あそこに知り合いおんねん!」と切り出し、交差点付近の派出所へ上がりこむと、その場にいた警官へ「◯◯さんはおる?」と尋ねたという。
    結局、和田の知り合いなる人物は不在だったものの、その後もしばらくはタバコを吸いながら警官のデスクへ居座り、派出所周辺が大勢の野次馬で埋め尽くされると、慌てる岡村をよそに「(この交番は)お茶も出ぇへんのかいな!」などとわめき散らしていたようだ。

    「プライベートで親交の深い岡村によって、和田の“豪快な私生活”が明かされましたが、このようなエピソードは氷山の一角。
    酔った時の和田が誰にも制御できないレベルの暴走を見せることはたびたび暴露されており、芸人の出川哲朗はベロベロになった和田から『おい、出川。久しぶりにチューさせてやるよ』と言われ、強制的にキスをさせられた挙句、『気持ち悪いねんお前』と突き放され頭をど突かれたというんです」(テレビ誌ライター)

    もちろん、和田の暴走による“被害者”は出川だけにとどまらない。

    「今や売れっ子の大物タレントとなった有吉弘行も和田の誕生日会に参加した際に、泥酔した彼女から『お前らの財布から金出せや』と恐喝され、その場に居た他のタレントらと共に泣く泣くお札を渡すと、和田はそれらを自分のアンダーウェアの中へしまい、『取れるもんなら取ってみい』などと挑発された過去を明かしています。

    和田と付き合いの長い松村邦洋に至っては、その“習性”を知り尽くしており、和田と会う際にはあらかじめお金を靴下の中に隠してから参加するようです」(前出・テレビ誌ライター)

    なお、酔いが覚めると和田はお金を返還するとのことだが、仮に六本木の警官から“カツアゲ”をしていればとんでもない大事に発展していたかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15212106/


    所長見解:逮捕・・・

    【【大胆暴露】和田アキ子の「交番で怒号」事件がコチラ・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ナインティナインの岡村隆史(48)が、ミュージシャンのGACKT(45)を怒らせてしまったという過去について語った。

    t


    岡村は16日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、先週は夏休みを取りフィリピンで過ごしたことを報告。
    現地でのエピソードなどを語った。

    ホテルのレストランで食事をしていた際、偶然、GACKTも来ていることを周囲から知らされたという。
    しかし岡村は会うのを拒んだそうで、「GACKTさん、僕のこと嫌いなんですよ。
    昔、ニッポン放送でお会いしてあいさつした時に、めちゃくちゃ印象悪かったんですって。それから大嫌いなんですって。
    『あの時、本当にぶっ殺してやろうかと思った』って言われた。
    そこから、あんまり、ちょっとね……GACKTさん、怖いっていうか」と笑いながら確執があることを明かした。

    「そのくせ、なんか誕生日になったら酵素ドリンク送ってくれたりとか、プロテイン送ってくれたりとかするんですけど」と、交流はあるというが、「ただ、GACKTさん僕のこと嫌いみたいで。
    嫌いって言われたら僕も近づいて行けないじゃないですか。
    ましてや海外ですから」と、拒絶した理由を語った。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808170000669.html 


    所長見解:めんどくさい・・・

    【【不仲暴露】岡村隆史(48)、GACKT(45)を激怒させた結果・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレントの中山秀征(51)が11日放送のカンテレ「おかべろ」で、タレントの今田耕司(52)との確執の真相を告白した。

    n


    中山と今田はフジテレビ系の生バラエティー番組「殿様のフェロモン」(1993年)のMCとして初共演。

    「考え方が違ったわけですよ。(フジテレビから)『オールナイトフジを復活させたいから、楽しく飲みながらなんで、ワイワイやってくださいよ。女の子きゃあきゃあ言いながら』みたいな(オファーがあった)。
    『ああそうですか。楽しそうですねえ』、僕はそれで受けた。
    ところが今ちゃんには戦いだというふうに伝わってるわけですよ」と、大きな温度差があった。

    番組スタート前の決起集会から既に「誰もしゃべらないような。俺、今ちゃんにビールをついだら、『あ、大丈夫です』と断られた」というピリピリムード。
    双方と親交があるザブングルの松尾陽介(41)によれば、当時、今田がダウンタウンにあいさつに行ったところ、浜田雅功から「全員殺してこい」と、ハッパをかけられていたという。

    中山が親密さを出すために「ヒデちゃんと呼んで」と頼んだものの、今田は「なんで知らないヤツをヒデちゃんって呼ばなきゃいけないんだ」と、ずっと「中山くん」で通していたという。

    中山は「バチバチで、初めて人とこんなにうまくいかないと思ったわけ。それまで楽しくやればなんとかなると思ったけど最後の最後までならなくて。空気が悪くて、それっきり今ちゃんと会うことがなくなったわけ」と説明。
    周囲の忖度(そんたく)もあって共演NGのような関係になり、10数年会うこともなかった。

    同番組で共演していたナインティナインの岡村隆史も「すごい番組内の空気悪い。今田ちゃんと秀ちゃんもなんか空気悪い」と感じていたことを告白。

    後に今田は松尾に「今考えたら、あの当時からテレビのことを分かってたのはヒデちゃんだったな。今の自分なら理解できるけど、あの当時は全く理解できてなかった」と、反省と中山へのリスペクトを吐露。
    松尾の仲介で再会の場が設けられ、和解したという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000068-dal-ent


    所長見解:そうやろね・・・

    【【不仲関係】中山秀征、今田耕司との確執の真相がコチラ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    明石家さんま(63)が24日、日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」に出演し、ナインティナイン岡村隆史(48)と飲みに行くと空気が悪くなることを明かした。

    s


    番組では年上の芸能人をどのように呼ぶかが話題になり、「さんまさん」「さんま師匠」と呼んだり、ヒロミは状況によっては「さんちゃま」と呼ぶことをあげた。

    さんまは岡村とキャバクラに行った時のことを振り返り、女性スタッフが「さんちゃーん」と呼ぶと、岡村はひとつひとつに反応して「こら、さんちゃんて呼ぶな。だれやと思てるねん。あほんだら」と説教し、「どんどん悪い空気になっていく」と述べた。

    ヒロミは「岡村はまじめだから」と酒の場所でもまじめであることを指摘。
    さんまは「そう。おれもさんちゃんて呼ばれたいねん。19や二十歳の子に。さんちゃーん、やっぱり笑い安定してるって」と岡村はノリが違うことをあげた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000170-dal-ent


    所長見解:まじめ・・・

    【【衝撃暴露】明石家さんま 岡村隆史と飲みに行くと「空気が悪くなる」←これwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ