山口達也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「ハァ、ハァ、ハァ…」。

    荒い息遣いが聞こえてくる。

    坊主頭にヒゲをたくわえ、サングラスをかけた強面の男性は、おもむろに顔をしかめて路上に座り込み、こう呟いた。

    「あぁ…クソ…」。

    5月上旬の午後1時、都内の気温は20℃を超え、汗ばむ陽気となった。

    強い日差しに体力を奪われたのか、男はなかなか立ち上がれない。

    駅から家までの約15分間のウオーキングは一時中断に追い込まれた。

    それから5分、男は身を起こすと、再び歩き始めて自宅に向かった。

    だが時折足元がふらつき、また路上に座り込む──。

    この男性がTOKIOの元メンバー、山口達也(47才)であることを、道行く人は誰も気づいていなかった。

    あれから1年、人前から姿を消していた彼は、今も闘い続けていた。

    国民的アイドルの大スキャンダルが世間を揺るがせたのは、昨年4月だった。

    山口は自身が司会を務める『Rの法則』(NHK Eテレ)で知り合った女子高生2人を自宅マンションに呼び出し、強引にキスを迫ったという。

    女子高生が警視庁に被害届を出したことで事件が明るみに出て、山口は4月26日に謝罪会見を開いた。

    5月2日には城島茂(48才)、国分太一(44才)、松岡昌宏(42才)、長瀬智也(40才)のメンバー4人が1時間半にわたる緊急会見を開き、山口の不祥事を詫びた。

    その4日後、山口はジャニーズ事務所からの退所を発表した。

    当時、山口は都内近郊の療養施設に入院していた。

    それは、「ある持病」の治療に専念するためだった。

    山口の病状を知る医療関係者が言う。

    「事件発覚後、山口さんはアルコール依存症の疑いがあると報じられましたが、本当の病名は『躁鬱病』でした。
    彼はこの治療に専念するため、メンタルクリニックに力を入れる病院に転院したんです」

    躁鬱病の正式名称は「双極性障害」。

    気分が晴れてハイテンションになる「躁状態」と憂鬱で無気力になる「鬱状態」とを繰り返す病気で、日本における患者の割合は、1000人に4~7人とされる。

    「彼は5年以上前から躁鬱で精神的に不安定な状態が続いており、不安を打ち消そうとアルコールを頼ってトラブルを起こすことがありました。
    1年前の事件も長年にわたる病気が背景にあり、事件後の山口さんは“今度こそ絶対に治す”と本腰を入れて、専門的な医療機関で治療を始めました。
    昨年夏ごろにはこの病院を退院し、定期的に通院しながらカウンセリングやリハビリを続けています」(前出・医療関係者)

    g


    ◆「ご心配かけています…失礼します」

    現在、山口は冒頭で触れたウオーキングや、自転車などのトレーニングに励む。

    その姿は1年前と大きく異なる。

    山口をよく知る人物が明かす。

    「山口さんは退院後、頭を丸め、耳元から顎にかけてヒゲをたくわえていて見た目は“激変”しています。
    静かに療養するため外見を変えたのもありますが、反省の意でもあったんだと思う。
    外出するときの服装はいつも決まってトレーニングウエアにニット帽とスニーカー。
    周囲に気づかれることはほとんどないそうです」

    1年にわたって治療を続け体調は上向いているというが、今も心身の状態は万全とは言えないようだ。

    ある日の山口は、自転車をスムーズに乗りこなして、自宅近辺を散策する。

    知人との会話で見せた表情は以前と同じ人なつこい彼の笑顔だった。

    >>2以降に続きます

    ※画像がコチラ


    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190516-00000005-pseven-ent&p=1

    所長見解:こんなもんやろ・・・

    【【画像】元TOKIO・山口達也さん、激変したリハビリ姿がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    同日発売の『週刊新潮』(新潮社)では、山口の芸能界復帰の可能性について、「とても無理」という関係者コメントとともに記事を掲載。

    山口の酒癖の悪さは業界で知れわたっており、治療が完璧になされたという保証でもない限り、復帰はありえないと断じている。

    さらに被害女性の事件のトラウマも深刻だという。

    「TOKIOが今年9月にデビュー25周年を迎えることもあり、各週刊誌はゴールデンウィーク号で“山口復帰”について取り上げたんでしょう。
    一部メディアでは山口が、2016年8月に離婚した元妻のYさんが暮らすハワイで治療をしているという話も出ていましたが、それはないようです」(芸能プロ関係者)

    ハワイで息子2人と暮らしている元妻Yさんだが、自身のインスタグラムでは息子2人の顔を隠すことなく、写真の投稿を続けている。

    「昨年9月12日に初のインスタ投稿をしてから3日後の15日には息子2人の食事風景を投稿しています。
    今どき、芸能人はSNSやブログ投稿する際には絶対に子どもの顔を隠しますけど、まったく隠していません。
    まあ、Yさんは一般人で海外生活をしているから気にしていないのかもしれないですね」(女性誌記者)


    ■息子たちの芸能界入りもある!?

    山口の息子ということで、芸能プロ関係者らも2人に注目しているという。

    「2人とも山口に似て、まさに“ジャニーズ系”の超イケメンなんですよ。
    目は切れ長の二重で笑顔もかわいらしく、人気が出そうです。
    今、人気絶頂のKing&Princeの平野紫耀(22)っぽい雰囲気もあります。
    4月30日には、Yさんがインスタグラムで“宣材写真”のような写真を撮ったことを報告しています。
    そんなこともあり、芸能関係者の間では“いずれは芸能界に入るのではないか”と噂になっています。
    その際にはやはりジャニーズに入るのではないかと。
    確かにそれほどのイケメンですからね」(前出の女性誌記者)

    y


    ジャニーズには、親が芸能人という二世タレントも少なくない。
    森進一(71)と森昌子(60)の長男で、現在、世界的人気のロックバンドONE OK ROCKでヴォーカルを務めるTaka(31)は、かつてNEWSのメンバーだった。

    また、ジャニーズJr.の6人組グループ、SixTONESのメンバーである京本大我(24)は、俳優の京本政樹(60)を父親に持つ。

    さらに、Hey!Say!JUMPのメンバーで、現在は活動を休止し、アメリカに留学中の岡本圭人(26)の父親は、同じくジャニーズに所属する元・男闘呼組の岡本健一(49)だ。

    このように、二世ジャニーズも数多いが、さすがに山口のケースはどうなのか。

    「ジャニーズは山口が事件を起こした際に、“契約を解除することとなりますが、(中略)社会に責任を果たすために必要な支援を今後も積極的かつ継続的に行って参ります”と、山口を今後も支援するという旨の声明を出しています。
    さらに、山口とYさんの婚姻届の保証人である、ピーターとしても知られていた池畑慎之介さん(66)とYさんは、現在も懇意にしており、家族ぐるみで交流しているようです。
    今年1月19日にも、Yさんは池畑さんとの写真をインスタグラムに投稿していました。
    子どもが芸能界デビューする際には、芸能界の大物である池畑さんからの後押しもあるでしょうから、希望する事務所に入れるのではないでしょうか」(前同)

    はたして、超異例の二世ジャニーズは誕生するのか。

    続報を待ちたい。
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190509-40039002-taishu




    所長見解:無理やろ・・・


    【【二世タレント】元TOKIO・山口達也のイケメン息子がジャニーズ入りの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年4月に未成年への強制わいせつ容疑で書類送検され、同年5月にTOKIOから脱退、ジャニーズ事務所との契約も解除された元メンバーの山口達也(47)。

    今年9月にデビュー25周年を迎えるTOKIO。

    それを機に「山口のTOKIO復帰」を報じる一部メディアもあったが、4月24日に発売された『週刊新潮』(新潮社)では「とても無理でしょう」という関係者のコメントを掲載。

    被害女性に事件のトラウマが残っており、さらに“依存症”とも言われる酒癖の悪さを業界で知らぬ者はおらず、治療が完璧になされたという保証でもないかぎり、復帰はありえないとも断じている。

    y


    「記事では2016年8月に離婚した山口の元妻の母親にも取材していて、“世間ではワーッとなりましましたが、私たちは驚きませんでした。
    お酒は病気ですから……。
    孫も事件のことを知っている”と、話していたと報じています。
    この元妻の母親の言葉は、まるで山口が不祥事を起こすことやお酒のことを知っていたような口ぶりですよね。
    山口については、不祥事を起こす以前から彼の酒癖の悪さから、夫婦間にいざこざがあったのではないかという話が出ていたんです。
    山口の元妻は離婚前後、精神的に相当不安定だったようで、当時のフェイスブックに心境を吐露していました」(芸能記者) 


    山口と離婚した直後の2016年9月、元妻と見られる人物のフェイスブックには以下のような投稿があったという。

    「1番自分が望む幸せとは…と、3年間、本気で向き合いました」
    「あっという間に真っ黒な闇の中に入ってしまった」
    「息も吸えなくなるほどの苦しみが心も身体も全てを埋め尽くしてしまった」

    文面からは山口との関係に相当悩んでいたことが伺える。

    離婚後、元妻と2人の子どもはハワイに移住し、現在も同地で生活しているという。

    「一部報道では山口も治療のためにハワイに渡ったと伝えられていますが、離婚に至った経緯やその後の未成年女性との不祥事のことを考えると、元妻が山口と復縁すること、さらに子どもも含め家族関係を再構築することはないでしょうね」(前出の芸能記者)

    4月26日、山口達也が事件の報道を受けて会見してから、1年を迎える。

    国内で治療を続けているという山口は、どのような思いでその日を迎えるのだろうか。


    http://dailynewsonline.jp/article/1794497/
    日刊大衆

    所長見解:そうやろね・・・
    【【あの人は今】元TOKIO・山口達也さん、復帰の可能性がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『ジャニーズアイランド』滝沢秀明社長による〝恐怖人事〟が囁かれる中、意外な情報が伝わってきた。

    煙たい存在であるはずの年長グループ『TOKIO』とは、すでに〝手打ち〟をしたというのだ。

    j


    「『嵐』は2020年末での活動休止を決定しましたが、すでにリーダー大野智の追放説が出ています。
    木村拓哉は、ビートたけしも『なぜ!?』と驚くほど、バラエティー進出が露骨。
    完全に〝イジメ〟の対象にしている。
    後は〝天敵〟中居正広を追い込みたい。
    でも『TOKIO』だけは、どうにも手が出せない。
    そこで滝沢社長は穏便決着させたようです」(ジャニーズライター)


    今やジャニーズ事務所の人事決定者である滝沢社長だが、なぜ『TOKIO』には強硬策に出られないのか。

    「年功序列のジャニーズにあって『TOKIO』は筆頭グループ。
    いくら滝沢社長がエリートだといっても、全体の貢献度は滝沢社長個人では勝負にならない。
    滝沢社長が嫌いな年長者ばかりでも、簡単につぶすことはできないんです」(同・ライター)


    一部芸能サイトは、リーダーの城島茂が滝沢社長に猛反発していることを伝えている。

    「城島はすでに48歳。
    滝沢社長が打ち出している〝50歳定年制〟には間もなくです。
    でも、城島は穏やかな性格で、人望厚くグループをまとめ上げてきた。
    中居などとは正反対です」(女性誌記者)


    タッキーも太刀打ちできないTOKIO

    グループには、元TBSのヤリ手女性社員と結婚した国分太一、さらには最も厄介な長瀬智也がいる。

    長瀬は10代半ばからソロとしても活動。

    個人でアイドル誌のグラビアも飾ってきた。

    「長瀬は、浜崎あゆみとの交際をオープンにしたり、イチャつく姿をあえて写真誌に撮らせたりもした。
    その上、おそろいのタトゥーを入れた写真まで公開。
    ジャニーズでは異色の人間ですが、ジャニー社長、メリー副社長ともかわいがってきた。
    マスコミの評判もよく、滝沢社長も太刀打ちできないんです」(同・記者)

    当初、滝沢社長は『TOKIO』に関し、ジャニーズ内で独立させ、別会社への移籍を考えていたとされる。

    「しかし、ワイセツ問題で契約解除した山口達也を復帰させないという条件で、このままで活動させるようです。
    最近、長瀬が各社のCMに急激に出だしたのはこのためですよ」(芸能プロ関係者)

    〝長い物には巻かれよ〟ではないが、滝沢社長のズル賢さが見え隠れするようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1704064/

    所長見解:タッキ―・・・

    【【ジャニーズ事務所】滝沢秀明社長「山口達也復帰ナシ」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2019年のジャニーズ事務所の注目の1つに『TOKIO』の元メンバー山口達也が復帰できるかどうか、という点がある。

    滝沢秀明新体制の“冷酷さ”に話題が集中している折、やはり山口の復帰は滝沢の手に掛かっているといえる。

    「滝沢は9月に発売された『週刊新潮』の単独インタビューで『ダメなものはダメ』と、明らかに山口を指し、復帰を否定しています。
    年長者嫌いで、ましてワイセツ事件を起こした山口を復帰させることは、おおよそ考えられません」(週刊誌記者)

    t


    しかし、コトはそう簡単ではない。

    「『TOKIO』のリーダー・城島茂は、前身である『城島茂バンド』から山口と組んでいて、
    山口の追放に今も納得してしません。
    山口とはたびたび会い、どうやって復帰の方向に持っていくか、頭を悩ませています」(ジャニーズライター)


    滝沢に相いれない人間が『TOKIO』にもう1人いる。

    グループでは最年少だが、滝沢より4歳年上の長瀬智也だ。

    「長瀬は、ジャニーズ事務所への貢献度でいえば、滝沢とは比べものにならないほど高い。
    下積みがなく『TOKIO』のボーカル、ギターとして長く活躍。
    それが一転、滝沢より下位の位置となり、滝沢の言うことを聞けというのだから、承服するはずないでしょう」(同・ライター)

    滝沢はジャニー社長、メリー副社長のお気に入りで知られるが、長瀬も事務所では数少ない両人のお気に入り。

    そのため、かつて浜崎あゆみとの公の交際や、そろってタトゥーを入れたことも黙認された。

    「長瀬はメリー副社長に直訴し、山口達也を戻すだけでなく、別会社での活動を申し出ています。
    自分の貢献度も考えてくれというわけです。
    別会社といっても系列会社ということです」(女性誌記者)

    「長瀬は一度、メリー副社長に“独立”を直談判して却下されています。
    その最大の理由は、やはり山口です。
    どんな形にしろ、事務所系列に戻せばジャニーズ事務所の処罰の甘さを批判されかねないからです。
    そこで城島と長瀬は、ひとまず『TOKIO』は関連会社に移籍。
    その上で山口をフリーで参加させる構図を描いています。
    ギャラの支払いは別会社だし、フリーなら誰を使おうが別会社の勝手。
    これは通るかもしれません」(同・記者)

    https://myjitsu.jp/archives/71530


    所長見解:無理やろ・・・

    【【滝沢体制下】TOKIOが企む「山口達也復帰」作戦がコチラwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ