小泉今日子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    <小泉今日子>文化芸術支援訴える!自粛生活後の「心の穴を埋めるのが文化だと思う」


    女優の小泉今日子が22日、ネット配信で行われた『#WeNeedCulture at DOMMUNE~文化芸術復興基金をつくろう~』に生出演した。

    『演劇緊急支援プロジェクト』(演劇)、『SaveOurSpace』(音楽)、『SAVE the CINEMA』(映画)の3団体が、プロジェクト『#WeNeedCulture』を立ち上げ、同基金創設を提案。

    「コロナ時の補填のみならず、コロナ終息後の復興支援の土台として強く要請していくつもりです」としている。

    きょう22日には3団体が、関係省庁に対し統一要望書を提出し、意見を交わした。

    今回の生配信はその一環として行っている。


    配信には小泉のほか、渡辺えり、土田英生が生出演した。


    p


    2018年6月に女優業を休養し、プロデューサー業に力を入れると発表している小泉は
    「10代に歌手としてデビューして、女優として映画にも出させていただき、今は女優だけでなく制作者として演劇に関わっている」と自己紹介した。

    小泉は新型コロナウイルスの影響により「9月、10月、11月くらいまで劇場をキャンセルしている方が増えている。
    お客さんを入れて上演っていう目処も立ってない」と現状を憂いだ。


    続けて「演劇作るためには、劇場費からスタッフさんのギャランティー、美術のセットとか、ものすごくお金がかかる。
    演劇のチケット代って映画とかと比べたら高いけど、それでもほとんどクロにならない」と明かした。


    それを聞いた渡辺は「『今からやってもいいですよ』って言われてもそこから準備だから。だからその間はどうするのって」と指摘し、支援の重要性を訴えた。

    また小泉は、演劇や音楽などの『文化』について「これからが出番。
    みんな頑張ってこの時間をどうにか工夫して乗り切った。
    これから心にぽっかり穴が開いちゃう人がでてきそうな気がして。
    それを埋めるのが『文化』だと思います」と語った。



    関係省庁に提出された統一要望書では、文化庁と文部科学省に対し「自粛要請が解除された後も、安全・安心を最優先する結果、長期間にわたって経済面でも影響を受ける」と強調。

    「活動の存続を維持するため、文化芸術団体が公演や上映、ライブなどを行うことに伴う売上減少・経費増大に対して補填することなどを目的とした『文化芸術復興基金』を創設してください」と訴えている。



    そのほか、経済産業省には「現状の持続化給付金は、文化芸術活動を存続させるためには極めて不十分」とし「給付の継続(再度の給付)、運用の柔軟化を求めます。
    あわせて、固定費にかかる支出に対する給付型の支援も求めます」と切望。

    最後、厚生労働省に対し「雇用調整助成金は、申請してから支給までに時間がかかっており、また支給が認められる件数、割合も極めて少ないという問題があります」と指摘。


    「雇用調整助成金が早期に支給されるよう運用の是正と、各種制度においてフリーランスも対象とするよう制度の是正、柔軟化を求めます」とした。



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00000403-oric-ent


    小泉今日子 文化芸術支援訴える 自粛生活後の「心の穴を埋めるのが文化だと思う」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200522-00000231-spnannex-ent


    ▼写真

    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200522-00000403-oric-000-view.jpg

    所長見解:もうね・・・

    【【アベガー】小泉パヨ子さん「芸能へ支援しろ」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    キョンキョンが法案反対をめぐってジャンヌ・ダルクになれた理由


    女優の小泉今日子(54)が19日、抗議の意思を示していた検察庁法改正案が今国会での成立が見送られたことに対して心境を明かした。

    小泉は10日からSNS上で同法案の抗議意思を示す“ネットデモ”を開始し、「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグを付けて投稿。

    「もう一度言っておきます!」、「私、更に勉強してみました。読んで、見て、考えた。その上で今日も呟かずにはいられない」などとつぶやくと、俳優の井浦新(45)、浅野忠信(46)ら芸能人や著名人たちも続々と小泉に賛同し注目を浴びていた。

    k


    結局、政府、与党は18日、検察官の定年を政府の判断で延長できるようにする検察庁法改正案の今国会での成立を断念。

    発言が注目されまるで“ジャンヌ・ダルク”のようになった小泉は、「小さな石をたくさん投げたら山が少し動いた。が、浮き足立ってはいけない。 冷静に誰が何を言い、どんな行動を取るのか見守りたい。」とつづった。


    「今後もテレビに出続けたいならば、明らかに偏った政治的なコメントはアウト。
    しかし、小泉といえば、昨年、俳優の豊原功補との不倫を堂々とカミングアウト。
    豊原の舞台をプロデュースするなど、もはや裏方志向。
    テレビを気にせず、堂々と発言できる。
    今後、識者枠で報道番組でコメントすることはあるかもしれないが」(テレビ局関係者)


    http://npn.co.jp/article/detail/200004167


    ▼写真
    http://npn.co.jp/res/images/article/200004167/190c092e38693a306ea4903dcf0b61a8_photo.jpg

    所長見解:急やね・・・


    【【#検察庁法改正案に抗議します】小泉パヨ子さんがジャンヌ・ダルクになった悲しすぎる理由がコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正案が18日、今の国会での成立が見送られることになった。

    政府・与党は、国民の理解なしに国会審議を進めることは難しいと判断した。

     
    法案については、今月9日から「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグとともに、ツイッター上で反対意見が急速に拡大した。

    ミュージシャン、俳優ら多くの著名人がハッシュタグを広めたことも話題となった。


    k

     
    “抗議”が実った形だが、法案成立の見送りが決定したこの日、ハッシュタグをつけてツイートしていた著名人で、見送りにノーリアクションのケースも多かった。

     
    抗議派の象徴的存在だった小泉今日子をはじめ、俳優の井浦新、浅野忠信、西郷輝彦、城田優、秋元才加、オアシズの大久保佳代子、ミュージシャンのChara、SKY-HI、くるり・岸田繁、いきものがかり・水野良樹、漫画家の江口寿史氏、羽海野チカ氏、けらえいこ氏、ゆうきまさみ氏、俳人の俵万智氏らは、18日午後9時の時点でコメントなどはしていない。

     
    なお、普段から政治的な発言が多いタレントのラサール石井、作家でタレントの室井佑月、落語家の立川談四楼らは、法案成立の見送りに言及している。


    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/05/18/0013352711.shtml


    所長見解:これな・・・

    【【#検察庁法改正案に抗議します】小泉パヨ子さん、浅野忠信さん、井浦新さん、などの検察法改正案に抗議の芸能人様ら 成立見送りになぜか反応なしの模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    東京高等検察庁の黒川弘務検事長の定年を延長する閣議決定を受け、自民党が検察庁法改正案の審議を5月8日に強行した。

    一連の政府の動きに真っ先に抗議の意思を示したのがSNSユーザーだった。

    5月9日から10日にかけて、「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグをつけた投稿がツイッターを中心に拡大。

     
    5月10日には、俳優の井浦新(45)、浅野忠信(46)、演出家の宮本亜門氏(62)などの著名人も続々と声を上げ、その勢いは増し、小泉今日子(54)が代表を務める「株式会社明後日」のアカウントも「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグを付けて投稿。

    ネット上で同じハッシュタグの投稿が100万件を超えた時点で「1.000.000超えました。この目に焼き付けました」などと、7回のツイートを展開。

     
    歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(27)も「#検察庁法改正案に抗議します」を付けてツイートすると、「この勇気に最大級の賛辞を贈ります」「えらい」といった声が寄せられ、ハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」のツイートがトレンドの1位に上昇。

    10日夕方には、ツイート数は400万件を超えた。
     
    しかし、きゃりーはその後、該当のツイートを削除。

    翌11日にツイッターを更新し、法改正案に関する発言をした理由について「今コロナの件で国民が大変な時に今急いで動く必要があるのか、自分たちの未来を守りたい。
    自分たちで守るべきだと思い呟きました」と説明。

     
    ツイートを削除した理由については「いろんな意見があって良いとは思います。
    私に対してのイメージ、理想それぞれあるとは思いますがファン同士で喧嘩するのは嫌だなぁ」という思いからだったと明かした。

    h


    同じく声を上げた小泉今日子は“アベノマスク”についてツイートしたりと、以前から“反安倍”の姿勢を表明しています。(夕刊紙記者)

     
    4月22日、小泉は「株式会社明後日」のアカウントで「アベノマスクの不良品を政府、公表せずというニュースをリツイートし、「人間だから間違えや失敗は誰にでもあるだろう。一生懸命やった結果だったら人はいつか許してくれるかもしれない。
    でも汚らしい嘘や狡は絶対に許されない。
    カビだらけのマスクはその汚らしさを具現化したように見えて仕方がない」と、安倍政権を真っ向から批判している。

     
    同日、安倍晋三首相が東京五輪延期にともなう追加費用を負担することに合意したという問題で、東京新聞の望月衣塑子記者が「コロナで経済が悪化してるのに、日本にオリンピック費用をそんなに負担できる訳がない。
    巨額な日本の負担は国民への税金に跳ね返る。
    これなら開催を見送るべきだ」とツイート。

    小泉はこのツイートに対しても「まったくそうだ」と同意していた。

     
    小泉は5月13日深夜にも、自民党の泉田裕彦衆院議員が「強行採決なら退席する」とツイートしたのち、「内閣委員をはずされることになりました」とつづった投稿を引用して「#泉田裕彦議員を応援します」とツイートしている。

    「小泉は“森友問題”にも関心を寄せていて、2018年に投稿された同問題に抗議するデモを呼びかけるツイートに“いいね”をしたこともあったようです。
    アメリカでは芸能人が政治に対して意見を述べることは当たり前ですが、日本では芸能人が政治的意思を表明することにはリスクが伴います。
    それでも“反安倍”の姿勢をつらぬく小泉には意志の強さを感じますね」(前出の夕刊紙記者)


    つづく


    週刊大衆
    https://taishu.jp/articles/-/74999?page=1
    写真 
    https://taishu.jp/mwimgs/5/e/-/img_5e542e42463ea42172fe5c017a6b2fa12626282.jpg 



    所長見解:どしたん・・・

    【【激怒】アベガー女優が増幅中の理由がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    アホじゃね

    t

    所長見解:言うたるな・・・

    【【話題】三権分立の三権って 国会 内閣(行政) 裁判所じゃね? 検察は行政組織なのにwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ