ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    小泉今日子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「つい先日、小泉さんと恵比寿駅で会ったんです」と語るのは、小泉今日子(53)の古くからの知人。

    現在は制作会社『明後日』の社長としても活動している小泉。

    恵比寿駅といえば、会社の最寄り駅でもある。知人が続ける。


    「久々に会ったので、すごく懐かしかったのですが、驚いたのは彼女が電車で移動をしていたこと。
    会社の社長さんになりましたし、昔とは経済感覚なども変わってきているのかな、と思いましたね」


    k



    '18年2月に、事務所からの独立と、妻子のある豊原功補(53)との恋愛関係を公表した小泉。

    それから1年半が経過し、2人は新たな試みに挑もうとしている。

    プロデューサーとして映画の製作を手がけているというのだ。

    ある映画プロデューサーは言う。

    「豊原さんも小泉さんも映画のプロデュースは初めての体験だそうですが、なかなか映画がヒットしない時代に思い切った決断だと思います。
    昨年は製作費300万円という低予算映画『カメラを止めるな!』が大ヒットして話題になりました。
    でもお2人の映画『ソワレ』は主演の1人が若手人気俳優の村上虹郎さん(22)で和歌山県内のロケも1カ月弱おこなったそうですから、製作費用は少なくとも1~2千万円はかかるのではないでしょうか」


    彼らは製作費や広告費を集めるために、クラウドファンディングサービスを利用している。

    8月5日時点で支援金は350万円を超えており、かなり反響を呼んでいるようだが、小泉と豊原の“捨て身の作戦”も功を奏したようだ。


    「2人で経済誌のインタビューに応じ、豊原が“創造の世界はもっと自由であるべき”など映画製作について熱く語ったのです。
    2人で取材に応じたのは初めてのことで、7月末に配信された記事では和歌山県の海岸で撮影されたツーショットまで公開しています」(芸能関係者)


    豊原はインタビューではこんな発言も。

    《テレビに出られなくなる、CMに起用されなくなる、生活ができなくなる、映画が撮れなくなる。
    無言の圧力をみんな勝手に自分の中に感じてしまっているわけです。
    自分自身もそういう思いをすることはあるんですが》(『Forbes JAPAN』)


    現在の豊原は経済的に苦境にある。

    小泉への不倫愛を宣言して以降、テレビドラマや映画のオファーは激減しているのだ。


    ある舞台関係者は語る。

    「いまの収入の大部分が、『明後日』から支払われている演出料や出演料で、いわば小泉さんが捻出したお金です。
    その収入から、奥さんの生活費やお子さんの養育費を払っているわけですが、豊原さんも金欠状態に苦しんでいるのでしょう」


    この関係者は、2人のこんな場面も目撃したという。

    「楽屋で豊原さんが、ふと『飲み物がなくなったなぁ』と、つぶやいたんです。
    するとすかさず小泉さんが財布から千円札を渡して『私の分もこれで買ってきて』と……。すごく自然で、お金のことは小泉さんが全部面倒をみているんだな、と思いました」


    金欠苦に耐えながらも、“自由な創作”を目指し、映画製作という新たな夢に向かって走り出した恋人のために、実は小泉は大きな決断を下していた。

    “お気に入りの我が家”を売却したのだ。

    以前、小泉が住んでいたのは都心の一等地に所有するマンションだった。

    彼女を知る音楽関係者は言う。

    「小泉さんが50歳の誕生日を迎えたときに、『MEKURU』という雑誌が、彼女の大特集を組みました。
    すっぴんで撮影に臨んだことも話題になりました。
    広いリビングルームにたたずむ姿や、ソファに横たわる姿が印象的でしたが、その撮影現場となったのが、彼女の自宅マンションだったのです」

    部屋の広さは190平方メートル! 

    その重厚なたたずまいが外国人にも人気の物件で、地元の不動産関係者によれば「売却金額は3億円と聞いています」とのこと。

    この決断の理由について、前出の知人は次のように語る。

    「女としての意地というのでしょうか。
    豊原さんを妻子から引き離し、公の場で“恋人宣言”もさせてしまったわけですからね。
    『彼の夢は私が支える!』という思いにとらわれているのでしょう。
    交際を公にしたころ、小泉さんは賃貸マンションに引っ越していました。
    所有している物件を売却して当面の活動資金を調達することで、豊原さんの創作を支えていきたいと考えていたのでしょう」


    “男の夢”と“女の意地”をかけた映画は、来年公開されるという。


    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00010002-jisin-ent

    所長見解:あれね・・・

    【【悲報】小泉今日子、自宅を売却しなければいけない理由・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小泉今日子 豊原と同棲解消!束縛キツすぎで徒歩10分に別宅


    Tシャツにスパッツというラフな格好で、無造作に髪を束ねたすっぴんの女性。

    5月中旬の午後4時ごろ、自ら車を運転して都内のスタジオにやってきたのは、小泉今日子(53)だった。

    しばらくしてスタジオから出て来た小泉は、車から差し入れのお茶が大量に入った重そうな段ボールを1人で運び出す。

    さらにスクリーンのような機材も搬入するなど、孤軍奮闘していた。

    この日、5月25日から東京・紀伊國屋ホールで始まる舞台『後家安とその妹』の稽古が行われていた。

    企画・脚本・演出・出演の4役を務めるのは、恋人で俳優の豊原功補(53)だ。

    小泉は、この舞台を企画した制作会社『明後日』の社長でもある。

    小泉が甲斐甲斐しく裏方仕事に立ち働いているのをよそに、豊原は何度かスタジオから外に出てきたものの、タバコを美味しそうに一服するだけだった――。


    昨年2月、小泉は所属事務所から独立し、妻子ある豊原との恋愛関係を公表した。

    同時に豊原も会見を開き、小泉との恋愛関係を認めるコメントを発表。

    以降、2人は公然と愛を育んできた。

    しかしあれから1年3カ月の月日が経ち、2人の蜜月に陰りが見えてきたという。

    k


    「昨年末から小泉さんの“お節介焼き”が原因でよくケンカするようになったようです。
    彼女は裏方として豊原さんの出演する舞台をプロデュースしてきましたが、今回の舞台に向けてお互いの考えがぶつかり合い激しい言い争いになったんだとか。
    2人は私生活でもパートナーなので、24時間365日ベッタリ一緒。
    さらに小泉さんが豊原さんの仕事以外のことにも口を挟んでくることが増えたそうです。
    そんな生活が続き、豊原さんが『いい加減にしてくれ!』と猛反発。
    束縛のキツさに耐えられなくなってきたようです」(舞台関係者)


    そんな大ゲンカのすえ「2人は最近、同棲を解消した」と親しい知人が明かす。

    「今年に入ってから、豊原さんは小泉さんの自宅マンションを出ていき、近くに“仕事部屋”と称して新しいマンションを借りたと聞いています」


    愛の巣を“飛び出した恋人”を仕事場まで追いかけてきた小泉。

    だが、その献身ぶりはまだまだ“序の口”で――。

    稽古を終えて2人がスタジオから出てきたのは、午後7時半過ぎ。

    小泉が車に乗り込んでエンジンをかけ、しばらくすると豊原が助手席へ。

    小泉の運転で発車すると、20分ほど走ってコインパーキングに停車した。

    車から降り立った2人が向かった先は、帰り道にある老舗焼き肉店だった。

    席につくと、小泉はウーロン茶、豊原はマッコリを注文。

    2人で仲良くサラダを分け合っている。

    注文した肉がテーブルに並べられ、豊原がせっせと焼いていく。

    いっぽう小泉はほとんど焼き肉に手をつけず「あの映画、観た。悪くなかったけど……」と、映画や小説などの話題を振っていた。

    食事が終わると、2人でタバコを一服。

    そんな沈黙の時間も自然で、長年連れ添った夫婦のような雰囲気だ。

    会計時は、当然のように小泉が財布を出す。

    小泉がレジで支払いをしている間、豊原はトイレに立っていた。

    約2時間後、店を出た2人は、また車に乗りコインパーキングを発車。

    帰りも運転するため、小泉は食事中もアルコールを我慢していたのだろう。

    小泉の自宅方面に向かうが、途中の交差点で車は止まり、豊原だけが降りる。

    そして一軒のマンションに入って行った。

    豊原を送り届けた小泉は、かつて豊原との同棲が報じられ、本誌もたびたび豊原の出入りを確認していた自宅マンションへと1人で帰宅。

    豊原のマンションは、小泉の自宅から徒歩10分ほどの距離だった。

    運転手や荷物の搬入などをマネージャーのようにこなし、食事代も小泉持ち。

    これだけ尽くしているにも関わらず、豊原は別居生活を選んだのだった。

    こんな状態でも小泉が豊原との関係を続けるのには“ある計画”があるからだという。

    「豊原さんはあと1年ほどで奥さんとの別居生活5年目を迎えます。
    一般的に、離婚調停で婚姻関係の破綻が認められるのは、5年以上の別居ケースが多いんです。
    小泉さんは本格的に女優復帰する20年までに、豊原さんが“何らかの決着”をつけることを望んでいるといいます」(前出・知人)

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    食事を終え、小泉の運転で別々のマンションに帰宅。 
    https://img.jisin.jp/uploads/2019/05/koizumi_kyoko_1_line_tw.jpg


    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1737667/ 

    所長見解:なんかね・・・
    【【説】小泉今日子さん、もう捨てられそう説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    10月中旬の週末の夕方、都心に現われた小泉今日子(52)。

    k


    黒縁メガネをかけただけの普段着で、変装する様子はなく、その日常生活は堂々たるもの。

    買い物を終え、周囲を気にしながら帰宅した。

    妻子ある豊原功補(53)との交際を宣言したキョンキョンだが、ついに同棲まで報じられている。

    スーパーの袋を両手に提げ、2人分の買い出し?

    その数日前の10月8日。

    自身が経営するエンタメ企画会社が運営し、豊原が演出を担当した舞台『また、ここか』の千秋楽公演では、なんと受付に立っていた小泉。

    「ありがとうございました」と、帰っていく観客ひとりずつの目を見ながら見送り、裏方に徹していた。

    しかし、女優を休業しても溢れ出るオーラは隠せず。

    退出した観客が口々に「キョンキョンだ!」と興奮しており、会場出口は野次馬で騒然としていた。

    生活は庶民派でも、庶民に馴染むにはまだまだ時間がかかりそうだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181118-00010000-flash-ent


    所長見解:休業してるんだ・・・

    【【休業中】小泉今日子の買い出し姿がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小泉今日子の告白に追いつめられた豊原功補 離婚の行方、慰謝料は

    煮え切らない男にしびれを切らしての行動か。
    さもなければ、理解しがたいカミングアウトである。
    前代未聞の不倫告白をした小泉今日子(52)。
    “なんてったって”彼女ならやりかねない、そんな強気の女性といったイメージが付き纏うが、離婚に向けた今後を占うと……。

    t


    その衝撃的な告白がなされたのは、2月1日のことだった。
    ホームページ上で、デビュー以来所属した芸能事務所からの独立を発表。
    同時に妻子がいる俳優の豊原功補(52)と不倫関係にあると小泉自らが告白したのである。
    豊原は、知名度こそ小泉に劣るが、過去には大河ドラマに出演、海外の映画賞受賞歴もある実力派だ。

    芸能記者によれば、

    「2003年にドラマで共演をした2人は、3年前に写真誌にツーショットを撮られて以来、度々、目撃談などが報じられていました。
    小泉の告白では、過去の記事で豊原の離婚が成立しているといった、誤った情報が書かれても打ち消さなかったことで、結果、豊原の家族を傷つけたと謝罪。
    今回、“けじめ”として、報告に至ったと言うのです」


    ■ 女の意地

    この発表を受け、豊原も小泉に恋愛感情を持っていることや、家族と3年近く別居状態にあることなどを公式サイトに掲載。
    だが、「結局、何のために発表したのかよく分かりませんね」と言うのは、別の記者。

    >>2以降へ続く

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02150559/


    所長見解:逃げられないよね・・・
    【【不倫代償】小泉今日子の告白に追いつめられた豊原功補ってよwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小泉今日子独占告白「豊原功補との3年不倫」

    k


    「スッキリは全然、していません。
     スッキリしたくてした行動ではなくて――。
    『やっぱり、自分の真意はなかなか伝わらないのかな』という気持ちはありますけれど、でも、それがキッカケだったといいますか……。
    『また自分のことを含めて、考えていかないといけない』
    『キチンと生きないといけないな』という感想を持っています」

    2月1日、小泉今日子(52)は個人で設立した制作会社『明後日』のHPで’82年のデビュー時から所属していた『バーニングプロダクション』からの独立を宣言。
    同時に、FRIDAYが3年前にスクープした俳優・豊原功補(52)との熱愛関係を認め、「(豊原の)ご家族にはお詫びの言葉もございません」
    「全てをこの身で受け止める覚悟でございます。私事では御座いますが、人間としてのけじめとしてご報告させて頂きます」と、不倫の罪を被って生きることを宣言したのだ。

    2日後の2月3日、豊原も会見を開き、本誌に撮られた後から家族とは別居していること、将来について妻子と話し合っていることを明かした。

    すべてはフライデーに撮られたことで始まった―そう口を揃える二人。
    真意を問うべく、小泉を直撃。
    飛び出したのが冒頭の言葉だ。

    小泉は語る。

    「あの記事がキッカケとなったというか、あれから、いろいろな報道が始まったのではないでしょうか。
    写真を撮られた時、まだ(豊原は)ご家族と生活を共にされていました。
    だから私は、『ご家族に取材がいかないように守ってほしい』というようなことを事務所のスタッフに言いました。

    そう言ったことで、どういうわけか、『豊原さんはすでに離婚されている』というような情報がインターネットで流布して、それがあたかも事実のように流されたまま、ずっと時間を過ごしてしまって……
    (豊原の)ご家族の存在が伏せられた形になってしまった。

    そしてその間も『もうすぐ結婚か』とか、そういう記事がチョコチョコと出てきて……
    自分たちがいけないんですが、『優秀な皆さん(メディア)がそこ(妻子ある豊原と結婚できないこと)をわからないはずがないのに』とずっと思っていて。
    私としてはすごく不思議というか、『私が言った一言がそうさせちゃったのかな』って思うところもあって。
    皆さん、いろんな意見とかを聞いたりされたのだとは思うんですけど、私は(豊原の家族の存在を)スルーしてしまったことが気になっていて。
    もちろん、ご家族の気持ちも大事なんですが、(豊原の家族の存在が)なかなか伝わってないと思います。
    私が言えることではないのですが、自分たちとマスコミの関係って難しいんだなと、つくづく思うところがあります」

    今回の騒動についてこの後も語り続けた小泉今日子。
    2月9日発売のFRIDAY最新号では、彼女の独占告白を掲載し、本誌がとらえた小泉と豊原のツーショットなど多くの写真を掲載している。
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00010000-friday-ent.view-000 


    所長見解:意味不明・・・
    【【不倫独白】小泉今日子「私は(豊原の)ご家族を守ってほしいと(事務所に)言いました」 ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ