小林麻耶

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    2日放送のTBS系「グッとラック!」(月~金曜・前8時)で、新型コロナウイルスの世界的流行を特集した。

     
    番組では、安倍晋三首相が1日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、全国5000万超の全世帯に、布マスクを2枚ずつ配布する方針を明らかにしたことを報じた。

     
    安倍首相は配布時期を「再来週以降、感染者数の多い都道府県から順次、開始する予定だ」と表明。

    高齢者施設、障害者施設、小中学校に対しても必要な枚数を配る意向を示した。

     
    今回の方針にコメンテーターでタレントの小林麻耶は「(マスクの)郵送費だけでなくてそのまま郵送するのではなくてマスクを包装しなければいけないし、もしそのお金があるんだったら増産に回していただいて、私たちの手に入るようにしてもらいたい」と提言した。

     
    さらに「もし配るとしたら高齢者の方とか持病のある方にまず届けてもらいたい」と指摘していた。


    スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20200402-OHT1T50083.html


    no title

    所長見解:そやな・・・

    【【政治批判】小林麻耶さん「布マスク2枚配布のお金があるんだったら増産に回し、私たちの手に入るようにしてもらいたい」←これwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「彼はテレビで“宇宙パワー”のことを否定していましたが、私にはハッキリと言っていました。“宇宙からのエネルギーを吸収して治している”と」。

    そう語るのは、あきら。(36才)の過去を知る友人Aさんだ。

    小林麻耶(40才)が6月、芸能界再デビューを果たし、夫の國光吟(くにみつあきら)も「あきら。」として、タレントデビューした。

    昨年7月に「交際0日婚」を発表した当初、あきら。の職業は、「宇宙ヨガ講師」などと報じられたが、現在は、「元整体師」として活動している。


    m


    Aさんは、次のように明かす。

    「4年ほど前、出産で痛めた骨盤の施術を受けました。
    その内容は腰に手をかざすだけ。
    “エネルギーを感じるでしょう?”
    と言われても、彼の体温以外は何も感じられませんでした。
    40分の施術代として1万800円を請求されました」


    Aさんが「何も感じない」と伝えると、あきら。は手をかざす箇所をもも裏に変えるなど、あの手この手で“パワー”を送ってきたという。

    この当時、あきら。は地元の神奈川県藤沢市を中心に友人知人らの自宅で施術をしていた。

    あきら。の親友だったBさんはこんな話をする。

    「4年半前にヘルニアの施術を受けましたが、いくら続けても改善されませんでした。
    彼からは“おれがこれだけやっても治らない人は初めてだから、霊がついている”と親戚の霊能者を紹介され、除霊をすすめられたのには驚きました。
    もともとスピリチュアルな人でしたが、いつからか鬱病や骨折まで治せると豪語し始め、歯列矯正の話をして“歯なんておれがちょっと施術すれば動いて治るのに”と言われた人もいました」

    料金は“税込み”だったが、領収書は発行されなかったという。

    「領収書も帳簿もなく、確定申告の時期には“大丈夫かなあ、ヤバいかなあ”と心配そうにしていました。何か心配なことがあったのでしょうか」(Bさん)

    Aさんは、あきら。についてこう怒りをにじませた。

    「テレビに出ていた彼が“宇宙ヨガ講師はただのキャッチフレーズ”と言っているのを見て心底驚きました。
    私には“宇宙からのエネルギーを感じて、人のために使っている”と語っていましたから、あまりにもひどいと…」

    本誌・女性セブンはあきら。が自身で患者に配ったという施術動画を入手した。

    あきら。は、仰向けになった患者の頭に手をかざしてパワーを送っているのか、微動だにしない。

    だが、しばらくすると突然患者の体が波を打つように動いた。

    宇宙パワーが注入されたのだろうか。


    こうした、あきら。の言動について、所属事務所はこう話す。

    「所属前のお話ですが、事務所としては今後、誤解されかねないような言動をしないよう、注意を致しました」

    パワーの真偽は不明だが、「自己プロデュース力」はありそうだ。


    ※女性セブン2019年8月8日号

    週刊ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190725-00000008-pseven-ent

    所長見解:あれやね・・・

    【【宇宙ヨガ講師】小林麻耶の夫、どうもうさんくさい模様www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元TBSアナウンサーの小林麻耶(39)が10日、自身のブログを更新。

    タレントの優木まおみ(39)らが在籍する「生島企画室」に所属することを報告した。


    m


    小林は「この度、生島企画室に所属する運びとなりました」と報告し「事務所に所属し仕事をしたいと思いながらお茶をしていた時、偶然目の前を通られたのが生島ヒロシさんでした」伝えた。

    「生島ヒロシさんの著書『どん底に落ちてもはい上がる37のストーリー』p122では、悲しみを忘れたことはないし、悲しみが癒えることはきっとない。
    でも、残された僕たちは、突然人生の幕を下ろされてしまった彼らの命も背負って、全力で生きていく。
    と、書かれてありました」と紹介。

    最後は「生島企画室で仕事再開出来ること感謝致します。
    TBSアナウンサーからフリーアナウンサーという経歴にもご縁を感じています」とつづり
    「今までお世話になりましたセント・フォースさんに心から感謝しています」と結んだ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000349-oric-ent

    所長見解:引退してたんや・・・

    【【復帰】小林麻耶、芸能活動完全再開の模様www 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年8月に芸能界引退を発表した元フリーアナウンサー小林麻耶さん(39)が30日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」に出演。

    夫で整体師・国光吟(あきら)氏(35)同席のもと、坂上忍のインタビューに応じた。

    妹・麻央さん(享年34)の死後に報じられた市川海老蔵との再婚説など、週刊誌報道への怒りを涙で声を震わせたインタビューは反響を呼んでいる。

    放送では、自身の「引退」宣言を撤回し、メディアなどの仕事に復帰したい意欲がひしひしと伝わってきた。

    k


    放送から一夜明けた31日、國光氏もブログを更新し、「講演やテレビの仕事をしている麻耶ちゃんを見ていて、すごく輝いていました」「仕方なく引退になってしまった時から今、元気になり大好きな仕事を再開できるようになったので、すごく嬉しく思います」とメディア復帰への思いをつづっている。

    4月に放送されたTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」にも夫婦そろって出演しており、夫婦でのテレビ出演は今回が2度目だった。

    麻耶さんは昨年7月24日に4歳下の國光氏と結婚。

    直後の昨年8月3日に所属事務所を辞め、「メディアの仕事」を離れるとブログで宣言。

    同4日にも「今日からは普通の主婦として生活します!!」、同6日には「私は、引退しました。主人も、一般の人です」と記した。


    今回の「シンソウ-」では、突然の引退宣言について「ずっと心と体がボロボロな状態で…。考えた結果、事務所を辞めるという決断しか私にはなかったんです」と説明。

    麻耶さん曰く、「その後、引退という報道が出たので、体調も本当に悪かったし、仕事ができる状態では絶対になかったので、『引退』も仕方がないなと思いました」ということで、当初は「事務所を辞める=引退」ではなかったとのニュアンスだった。

    引退宣言した8月6日のブログについて、麻耶さんは「我慢の限界に達した時、怒りに任せて」書いたと説明。

    今後については「ずっと伝えるという仕事をしてきたので、伝えていきたい、表現していきたい」と芸能界復帰への思いにじませていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000075-dal-ent

    所長見解:どないやねん・・・

    【【完全復帰】小林麻耶さん「引退」宣言撤回ってよwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    昨年8月に芸能界引退を発表した元フリーアナウンサー小林麻耶さん(39)が30日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」(木曜、後9・00)にVTRで出演。

    昨年7月に結婚した夫で整体師・国光吟(あきら)氏同席のもと、坂上忍のインタビューに応じた。

    麻耶さんは2017年6月に最愛の妹・麻央さんが34歳の若さでこの世を去った直後から、義弟の市川海老蔵との再婚報道などが続き、「心がボロボロになった」と打ち明けた。

    z


    麻央さんが亡くなった直後に、ピンク色のバッグを持ち、手を挙げている1枚の写真がメディアに掲載され「“悲しんでいない”“後釜狙ってる”“再婚説”に結びついていきました」と麻耶さん。

    街を歩いていても、知らない人に「再婚は進んでる?」などと声をかけられたという。

    さらに、麻央さんの娘の麗禾ちゃん、息子の勸玄君を幼稚園に送り迎えすると「“母親気取り”って(言われ)」。

    2人の舞台を観に行くと、実際に観客らに「よく来れますね」「(2人は)あなたのことを必要としてませんよ」などと言われたという。

    「どんどん心がボロボロになって…。
    妹の亡くなった直後ですよ。
    そこからずーーっと(海老蔵との)再婚のことを言われ…、
    姪っ子、甥っ子と離れろ、と言われ…
    私は、最愛の妹を亡くし、そのように書かれ……、
    本当に…、こう言うことを言ってはいけないけれど、死にたくて仕方がありませんでした。
    本当に死にたかった」と怒りと涙で声を震わせた。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000164-dal-ent

    所長見解:たしかに・・・

    【【衝撃告白】小林麻耶さん、海老蔵との「再婚説」の真相がコチラ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ