ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    小川彩佳

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    テレビ朝日系「報道ステーション」のプロデューサーを務めていた男性社員が、セクハラにより謹慎処分を受けたと一部で報じられたことについて、5日発売の「週刊文春」(文芸春秋)が詳細を報じた。

     
    同誌によると、処分を受けたのは、同社の早河洋代表取締役兼CEOに抜擢され、昨夏に「報ステ」の責任者であるチーフプロデューサー(CP)に就任した49歳の男性社員。

    今年4月から「報ステ」でフィールドキャスターを務めている森葉子アナウンサーを食事に誘い、その帰りに自宅に押し掛けるなどのセクハラ行為があったため同7月、複数の女性ディレクターがコンプライアンス統括室に通報。

    女性スタッフへの聞き取り調査の結果、他にも10人ほどが被害を訴えたとしている。


    s

     
    「現在、TBSの『NEWS23』のキャスターを務める小川彩佳アナウンサーも誘われたものの“未遂”に終わったようです。
    しかし、更迭されたCPのおかげで小川アナ、宇賀なつみアナウンサー、竹内由恵アナウンサーがテレ朝を去ってしまったのは否定できない事実のようです」(芸能記者)

     
    昨年まで視聴率三冠を獲得し続けていたのは日本テレビだが、今年のテレ朝は三冠を奪還できる勢いで数字を稼いでいる。

     
    10月からは女優の米倉涼子が主演する「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第6シリーズがスタート。

    かなりの高視聴率が期待できるが、どうやら、早急な社内改革が必要なようだ。

     
    「09年に社長、14年から会長の座に君臨している早河氏だが、今回更迭されたCPのように早河氏に気に入られた社員たちはやりたい放題。
    それが許されてしまう環境で居心地が悪くなってしまっている。
    早河氏が退陣すれば社内の空気が入れ替わることになりそうだ」(テレビ局関係者)

     
    とはいえ、CPが更迭されてしまっただけに、しばらくは早河派の社員たちもおとなしくなりそうだ。


    ▼写真
    https://i2.wp.com/it-toranoana.com/wp/wp-content/uploads/2016/09/mori-yoko12.jpg
    https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3f/a2/5b2dbb89daf5f3ee515d0a657770b595.jpg

    https://npn.co.jp/sp/article/detail/68537776/ 



    所長見解:ぐぬぬ・・・



    【【悲報】テレビ朝日の人気女子アナが次々と退社していったのはこの男のせいだった模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    テレビ朝日を寿退社したと思うと、2カ月後にはTBSでメインキャスターに抜擢された小川彩佳(34)。

    人気の美人アナを獲得したTBSに、他局から妬みソネミの声が上がったのも束の間。

    いまや他局は歯牙にもかけず、局内からは異論反論の大合唱だという。


    g


    昨年9月いっぱいで、7年半出演した「報道ステーション」を卒業し、4月5日付でテレビ朝日も退社。

    「嵐の櫻井翔に捨てられたイメージや、MCの富川悠太にいじめられているという報道のせいで、スポンサー受けがよくない。
    それに寿退社と言うけど、夫がだれだか公表もしない」

    というスポーツ誌記者の談話は、スキャンダラスな印象があるうえ秘密主義で感じが悪い、というニュアンスである。

    とはいえ夜10時以降のニュース番組で視聴率トップを独走する「報道ステーション」の華だった人材。

    不振の「news23」に起用すれば、「これで夜のニュースで他局と勝負できる」と期待の声が上がったという。

    ところが、雨宮塔子を追い出し、筑紫哲也時代の「異論反論オブジェクション」を復活させて臨んだ“小川23”は、初回の視聴率が4・3%。

    昨年10月から有働由美子がMCを務め、小川の元カレ櫻井翔も出る「news zero」は、当初は視聴率5%前後で低迷していたのに、同じ日に9・6%を記録。

    敵失で勢いづいた格好だ。

    6月27日を確認しても、「23」が4・0%で「zero」が8・5%。

    ちなみに「報道ステーション」は11・5%だった。


    もはや日テレ局員に、

    「小川の起用に構えていましたが、TBS側が自滅してくれました。
    うちの視聴率は8~10%で、意識するのは『報道ステーション』。
    『23』は敵ではない」

    と、突き放されてしまう始末である。


    「まとめられない」

    こうなるとTBSの局内が「異論反論オブジェクション」状態で、「小川が抜擢されたのは、彼女の父親が慶大医学部教授でTBSの産業医だからだろう、と囁かれています。
    報道のTBSで売ってきたのに、なぜテレ朝の使い古しを起用するのか」

    と、中堅の局員が言えば、別の局員は、

    「1本30万円程度と、破格に安いギャラで使っている小川には、無理なことは言えない。
    そうしている間に、雨宮を推していた旧筑紫派と、小川を起用した若手グループの間もギクシャクして、スタッフのぶつかり合いが起きています」

    また40代の局員は、

    「うちの幹部は、小川はたしかなアナウンス技術を持っていると評価しています。
    でも、数字に結びつかないのは、冒頭に問題提起型の長尺の特集を持ってきているのが、もはや時代遅れなのでしょう」

    と小川をかばうが、別の40代局員は、

    「小川は自分を“優等生の良い子”として演出していますが、それではダメ。
    有働は本番中に多量の脇汗をかいて叩かれたり、トイレでお漏らしして下着を汚した、と発言して苦情の電話を受けたり、ズタズタな部分も晒している。
    それが肥やしになっているんですね。
    小川も飾られたお人形さんを脱しなければ」

    と厳しい。

    放送ジャーナリストの小田桐誠氏は、

    「名の通ったキレイな女子アナを連れてくれば番組ができると思っているところが、そもそもの間違い」

    と切り捨て、続ける。

    「小川には力量がない。
    たとえば、トランプ大統領と安倍総理の会談をどう受け止めたか、小川が自分の言葉で話すべきなのに、まったくできていません。
    コメンテーターに振ることもできない。
    各トピックをまとめられない、これでは観てもらえないでしょう」

    問題は、編成会議で手を打ってどうなる、というレベルを超えているようだ。


    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00570928-shincho-ent

    ▼画像
    https://www.dailyshincho.com/wp-content/uploads/2019/07/1907110559_1.jpg

    所長見解:かわいそうに・・・

    【【news23】小川彩佳アナ、ついにTBS局内から異論反論の模様・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    視聴率も取れなければ、キャスターとしても力不足……。

    7月4日発売の「週刊新潮」が、フリーの小川彩佳アナが窮地に立たされていると報じた。


    g


    テレビ朝日を退職後、6月から鳴り物入りでTBSの看板番組「NEWS23」のキャスターに就任した小川アナ。

    清楚で美しいビジュアルに定評あるアナウンス力に加え、バリバリの報道志向。

    不振が続いた同番組のV時回復を期待したTBS関係者も少なくなかっただろう。

    また、ノースリーブの“戦闘服”も、男性視聴者を取り込む大きな武器になるものと思われていたはずだ。

    ところが蓋を開けてみると、6月3日の初回放送の視聴率は4.3%。

    元NHKの有働由美子アナがMCを務めるライバル「news zero」(日本テレビ系)の9.6%に大差をつけられた。

    その差は縮まることなく、6月27日の放送でも「NEWS23」4.0%に対し、「news zero」8.5%とダブルスコアのままだ。

    「同誌によると、小川アナの父親が慶大医学部教授でTBSの産業医だから抜擢されたのではないかという疑惑や、1本30万円と破格の激安ギャラだから文句は言えないという嘆きの声がTBS局内に出ているとのこと。
    ですが、視聴率の責任を彼女ひとりに背負わせるのは酷な話。
    視聴者からは

    《小川アナより星浩アンカーの方がスベっているのでは》
    《スポーツコーナーの石井アナが暑苦しい》
    《セットが暗いので気分が滅入る》

    といった意見も上がっています。


    確かに白バックで爽やかな『news zero』に比べると、『NEWS23』 は金色をベースにしながらも全体的にどんよりしていて重苦しい雰囲気。
    夜ニュースを見る層のほとんどがそう感じているのではないでしょうか」(週刊誌記者)

    7月3日に定例会見を開いたTBSの佐々木卓社長は、小川アナの「NEWS23」について「じっと見守っているという感じでございます」と発言。

    見守る前にセットの再考もありなのでは?

    http://dailynewsonline.jp/article/1907326/

    所長見解:たしかに・・・
    【【視聴率問題】小川彩佳アナではない「NEWS23」の敗因がコチラ・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    元テレ朝の小川彩佳アナ(34)を迎え、鳴り物入りでスタートした「news23」(TBS)。

    6月3日の初回視聴率が4・3%(ビデオリサーチ調べ:関東地区・以下同)で、期待外れだったことはお伝えしたが、最近では3%台もあるという。

    となれば、振り返れば「ワールドビジネスサテライト(WBS)」(テレ東)が控えている。早くも危険水域との声も出始めた――。


    23


    民放プロデューサーは言う。

    「実は小川アナが、アナウンサーとしての実力を発揮し、『news23』浮上のきっかけになると思われた出来事がありました。
    それが6月18日夜に新潟県村上市で最大震度6強を観測した山形沖地震でした。
    この日、TBSは夜10時からドラマ『わたし、定時で帰ります。』の最終回を放送、『news23』はいつもより遅い11時15分開始予定でした。
    地震が発生したのは10時22分、まずは画面上に速報のテロップを流し、26分にはCM中だったにもかかわらず、報道特番に切り替えました。
    『news23』のサブキャスターを務める山本恵里伽アナ(25)が各地の情報を伝える中、45分からは小川アナが出演し、予定よりも30分前倒しで『news23』が始まりました。
    生放送中のNHKやテレ朝はそれより早く地震のニュースに切り替えましたが、TBSの対応もかなり早かったと思います」

    ちなみに、NHKは『クローズアップ現代+』を放送中で、10時22分の発生直後に地震速報が画面中央に表示され、司会の武田真一アナ(51)が原稿を読む態勢を取った。

    しかし、画面が切り替わり、別のスタジオからの中継に。

    テレ朝は『報道ステーション』の放送中で、24分から富川悠太アナ(42)が慌てて地震のニュースを読み始めた。

    日テレはバラエティの「幸せ! ボンビーガール」を放送中だったが、TBS同様、26分には番組は地震特番に切り替えられた。

    フジテレビはバラエティ「レディース有吉」を放送中だったが、切り替わったのは27分頃である。

    独自の路線を行くテレ東も「ガイアの夜明け」を40分頃に切り替えている。

    前出プロデューサーが続ける。

    「この時の小川アナの対応は良かったと思いますよ。
    余計な挨拶はなく、『「news23」です。地震の~』とスッと入り込み、切り回していました。
    30分前倒しで始まり、なおかつ深夜1時10分まで放送を続けました。
    こういう緊迫した状況に彼女のキリッとした顔は合うと思います。
    実際、視聴率も人気ドラマ『わたし、定時で帰ります。』の最終回だっただけに、11時頃までは10%台をキープしていましたし、全体で見ても、古巣『報ステ』を上回る、民放1位だったことは間違いない」

    >>2以降に続きます

    デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00569110-shincho-ent

    所長見解:あれがな・・・

    【【news23】小川彩佳アナ、そろそろヤバい説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    今年5月、宇垣美里アナがイベントで魔女に扮するや大反響! 

    マンガやアニメ好きで知られ、TBS時代から高レベルのコスプレには定評があった元TBSアナウンサー・宇垣美里(28)の1stフォトエッセイが写真集ランキングでベスト5入りするなど、好セールスを記録。重版も決定した。

    「今年4月から、米倉涼子、上戸彩らと同じ『オスカープロモーション』の芸音本部に所属。
    5月にはメイクアップブランド『KATE』のイベントで披露した完成度が高すぎるコスプレが話題になりました」(制作会社ディレクター)


    c


    古巣のTBS関係者が苦笑する。

    「ジャニーズタレントと熱愛報道が出たり、『ヤングジャンプ』のグラビアに登場したり、彼女は良くも悪くも目立った存在でした。
    在職当時からすでに大御所タレントのような存在感があったので、会社員としての枠を超えた活動をしたかったのでしょう。
    なるべくしてタレントになったんじゃないですかね」

    宇垣は今秋復活する『ドクターX』(テレビ朝日系)で女優デビューすると一部で報じられたが……。

    「『ドクターX』はすでに大まかなキャストが決まっていますが、現時点で宇垣の名前はありません。
    彼女の意向もあり、所属事務所は安売りしない方針です。
    フリー転向後、そこまでテレビ等に露出していないのは、単発の安い仕事ではなく、ゴールデンなど、いい時間帯に放送される番組のレギュラーを狙っているからだそうです。
    女優デビューするとしても、脇役では受けないでしょう。
    犯人役など、メインのゲストなら、あり得ると思いますよ」(キー局ディレクター)


    やはり今年、TBSを退社した吉田明世アナ(31)は、退社後早々、登録者数100万人超の人気ユーチューバー・ラファエルの半生に迫った密着ドキュメンタリー動画にインタビュアーとして登場。

    意外な組み合わせが話題を集めた。

    「宇垣に比べてアナウンス力には定評があるものの、地味と言えば地味なので、どうかなと思っていましたが、まさか『YouTube』の番組に登場するとは。
    今後の展開に期待ですね」(芸能プロ幹部)


    今年、フリー転向した局アナで最も期待されているのが、元テレビ朝日の小川彩佳アナ(34)だろう。

    「これまで、フリー転向後1年は他局の番組に出ない、というのが暗黙のルールでした。
    ところが、小川アナは6月からTBSの看板報道番組『NEWS23』のメインキャスターに就任。
    元カレの『嵐』櫻井翔がキャスターを務める『news zero』(日本テレビ系)と戦うことになりました。
    美貌に加え、アナウンス力は頭ひとつ抜けた存在。
    スキャンダルでもない限り、安泰でしょう」(テレビ朝日関係者)


    新規フリーアナに比べ、苦戦しているのが各局の新人アナたちだ。

    「元『乃木坂46』の二人、市來(いちき)玲奈(日本テレビ)と斎藤ちはる(テレビ朝日)が入社直後から人気番組に起用されましたが、世間的な知名度はイマイチ。
    美人だし、MC業務もソツなくこなしているのですが、インパクトに欠けるのです。
    その点、今年のフジテレビの新人、藤本万梨乃アナは面白い。
    東大医学部卒の秀才で、『non-no』で読者モデルを務めた美貌の持ち主でもあるのです」(情報番組プロデューサー)

    女子アナ戦国時代に天下を取るのはフリーか、はたまた局アナか?


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00010000-friday-ent

    所長見解:どうなるかな・・・

    【【女子アナ戦国時代】生き残るフリー女子アナはコチラwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ