小島瑠璃子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    衝撃!

    小島瑠璃子が親知らず抜いたら…顔が真四角に”変貌” かまいたち山内は「嘘でしょ?」



    h

     
    タレントの小島瑠璃子(27)の”変貌”に心配の声が殺到している。

    「変顔にするアプリじゃないよ」と笑いを誘うネタとして投稿したが、ファンから悲鳴が…。

    あまりの反響に本人が「心配になってしまったらごめんなさい」と謝罪した。

     
    8日に「親知らず下二本同時に抜いたwwwww変顔にするアプリじゃないよ」と笑い泣きする顔の絵文字を付けて投稿。

    2枚の写真を添付し、あごがシュッとして愛らしいいつもの小島の顔写真と、あごが真四角になり、面長な顔になった顔写真を並べ、ビフォー&アフターを明確にした。

     
    この変貌に芸能人仲間も驚いたようで、お笑いコンビ「かまいたち」の山内健司は「嘘でしょ?」と絶句…。

    菊地亜美も「え、爆笑」「めっちゃうけるもはや可愛い」と反応した。

    ファンからも「お大事に」「大変だったね」「そんな腫れる?」と心配され、今後親知らずを抜く予定だが怖くなったという声も…。

     
    これを受けて小島は同午後8時ごろ「親知らずが埋まってて、切開して砕いて抜いたのでこんなに腫れました これから抜く方、心配になってしまってたらごめんなさい」と謝罪。

    「普通に抜いたら、こんなに腫れないらしいです」と前向きなコメントでファンを勇気づけた。


    【写真】衝撃…こじるり親知らず抜いたら顔が真四角に▼
    https://static.chunichi.co.jp/image/article/size1/2/9/0/1/2901b165d73a96525bc101adf0f03fd4_1.jpg


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d8aa32432651dd159be778b89e5de902e8614ab4

    所長見解:おもろいやん・・・

    【【閲覧注意】小島瑠璃子が親知らず抜いた結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    タレント・小島瑠璃子(26)が12日、大阪市の毎日放送(MBS)で、27日に開幕する「第100回全国高校ラグビー大会」(大阪・花園ラグビー場)のハイライト番組(試合開催日および決勝前日の深夜放送)の発表会見に登場した。

     
    ラグビー元日本代表の大畑大介氏(45)とともに、8年連続で同番組のMCを務めてきた小島だが、今大会をもっての卒業が発表された。

    「選手が春、夏、発散しきれなかった思いを花園にぶつけてくれると思う。
    私も今回で退かせてもらいますが、彼らの思いを一緒に感じながらお伝えできたら。
    できることは何でもしたい。
    とても気合が入っているので、ラスト1年頑張りたいです」と意気込んだ。

     
    100回大会で卒業という思いはあったそうで「年齢のところは正直ある。
    このポジションは高校生目線があるっていうのが一番いいと思ってるんですが、どんどん父兄目線になって。
    結構悩んでこういう形になりました」と経緯を報告。

    「寂しさより、ありがとうの気持ちの方が大きい。
    花園の見方は、女性タレントではぶっちぎりという自負はある。
    これからも高校ラグビーのファンですし、今年は無観客だけど、花園に来れるようになったらウロウロしてるかもしれない」と笑った。


    s

     
    そんな小島はコロナの自粛生活で6キロ太ったという。

    「胴体の後ろ、前、横、3サイズ全部が大きくなってると思います。
    30本ほど持っているデニムの25本が入らなくなった。
    高校生は心配ないけど自分が心配。
    高校ラグビーだけじゃなくて、グラビアも卒業しないといけなくなっちゃう。
    夏までに元に戻したい」

     
    小島といえば、大人気漫画「キングダム」作者の原泰久氏(45)との交際を週刊誌に報じられたが、「幸せ太り?」との質問には「完全にコロナ太りです。
    本当に家から出なかったので。
    ジムに行くのもためらわれて、ジムに習慣がなくなっちゃいました」と話した。


    ※画像がコチラ


    https://news.yahoo.co.jp/articles/e290b3f280618964e41618d7c913cc0fa494f482
    所長見解:もうな・・・

    【【検証画像】小島瑠璃子、幸せ太りすぎる説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小島瑠璃子の“キングダム愛”に早くも暗雲、2時間長電話攻めに「シンドイ…」


    s


    2人の関係性に変化が起きている

    ただ、その雲行きが少し怪しくなっているようで――。

    「もともとは、原先生の大ファンだったこじるりからの猛アタックでスタートした関係なのですが、ここ最近こじるりが原先生のことを“グチっている”んです。
    付き合いたてのころは彼女がゾッコンだったのに、近ごろは先生のほうがこじるりに“依存”し始めているみたいで。
    毎日のようにこじるりに電話をかけており、長いときには2時間になることも少なくないそうです。
    彼女も“さすがにシンドくなってきた……”とコボしていました」(小島の知人)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/454fba109b42238a9289dbb4adc4705895b0c855 




    所長見解:どやろ・・・

    【【朗報】小島瑠璃子さん、破局寸前の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    例の “キングダム不倫略奪愛疑惑” で、いまや『令和のベッキー』ともいわれ、レギュラー番組以外はほとんど目にする機会が減っているあの小島瑠璃子(26)だ。


    k


    丸山欠席余波で、結果的にまたファンの怒りを買っているという。

    「村上と小島は2017年から2年間ほど交際していたと言われています。
    その際もさんざん小島は村上ファンから叩かれ続けた。
    そして交際の噂が出て以降、2人はもう3年ほどテレビ共演していなかった。
    それが代役という形で実現したことで、また村上ファンを刺激してしまった」(ジャニーズに近い芸能レポーター)


    当日の生放送の冒頭で『ひさしぶりやな~』と、まさにすべてを悟ったかのようにつっこむ村上に対して、引きつり気味の笑顔で『ご無沙汰しております』と返した小島。

    「これは暗に過去の交際を認めたということにもなるでしょう。
    今、小島は大バッシングの最中にいる。
    元カレで一回りも年上の村上としては、何かと心配した上での冒頭の言葉だったのでしょう。
    そんな元カレにまで気を使わせる小島のことを良く思わない村上ファンは多い。
    ただ、小島の嫌われっぷりは想像のはるか上を行っているので、どんな状況でも叩かれていた可能性が高い」


    https://k-knuckles.jp/1/11120/2/

    所長見解:もうな・・・

    【【令和のベッキー】略奪愛疑惑の#小島瑠璃子さん、レギュラー以外全滅の模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小島瑠璃子の「結婚まっしぐら」が止まらないようだ。

    9月5日にはツイッターにて、自身の握手会に来たカップルが結婚したとのエピソードを投下。

    世間からいくら“略奪婚”と叩かれようとも、人気マンガ「キングダム」の作者で19歳年上の原泰久氏との結婚に突き進む姿には潔さすら感じさせるほどだ。


    r


    「ネット上では女性たちから《ますます嫌いになった》《夫が持っている『キングダム』のコミックも捨てたくなる》といった声が続出。
    ただ、こじるりアレルギーを示す女性たちはそもそもが小島のファンではなかったため、好感度が下がってもさしたる影響はありません。
    それに対して小島が気にすべきは男性人気の低下でしょう」(芸能ライター)

     
    その小島は女子大中退ながら、インテリタレントとしての地位を確立している。

    サブMCを務める「プレミアの巣窟」(フジテレビ系)では見事な仕切りぶりを見せ、科学番組の「サイエンスZERO」(Eテレ)ではナビゲーターとして宇宙や生物など様々な分野に食いついていく好奇心を披露。

    その姿は男子が憧れる「知的なお姉さん」そのものだろう。

    ところが今回の略奪婚騒ぎで、小島には<金持ち好き>との悪評が付いて回ることに。

    これは男性が最も苦手なするタイプの一つであり、男性ファンが一気に離散することになりかねない状況というのである。

    そんな危機を打開するのは、これまで以上にあの仕事を頑張ることにあるというのだ。


    「小島の人気を支えていたのは知的美人とは裏腹の大胆な水着グラビア。
    適度に大きなバストと健康的な笑顔は、男子の憧れる女性像を体現していました。
    普通なら結婚と共に水着を控えるものですが、26歳の小島ならまだまだグラビアの世界で現役続行できるはず。
    これまで以上に際どい肢体を見せつければ、他人の妻という付加価値もあいまって、さらに艶度が増すに違いありません」(前出・芸能ライター)

     
    今年3月にリリースしたデジタル写真集では購読者から

    <最高です!>
    <まさかの大当たり>
    <カラダのラインもとてもきれい>

    と絶賛の声が続出。

    その期待を裏切らないように、これからも脱ぎ続けていただきたいものだ。


    アサ芸プラス
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_158329

    所長見解:けどな・・・

    【【朗報】小島瑠璃子さん、致命的な男性人気低下で迫られる「脱ぎ」←これwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

      ↑このページのトップヘ