小室哲哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2011年にくも膜下出血で倒れ、療養中のglobeのボーカル・KEIKO(46才)が完全回復を果たしたという。

    その元気な姿をキャッチした──。

    2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在は大分県にある実家で療養中のKEIKO。

    このツイートから伝わってくる回復ぶりは、昨年1月に夫・小室氏が涙で語った“献身介護”を要する状態からは、想像できないほどに劇的だ。

    ファンを歓喜させた「回復宣言」。

    それは同時に、夫に対するメッセージなのかもしれない。

    g


    妻への献身的な介護に追われていたはずの小室氏に、不倫疑惑が持ち上がったのは昨年1月のことだった。

    小室氏を擁護した誰もが、KEIKOの深刻な状態と、彼の献身的な介護を信じていた。

    しかし、その半年後の昨年7月、再び『週刊文春』は「桂子(KEIKOの本名)のサポートに疲れたと言っているが、彼は介護らしいことは何もしてない」など、KEIKOの親族の怒りの告白を掲載。

    不倫騒動からちょうど1年。

    騒動の中でも沈黙を貫いてきたKEIKOが、ツイッターを再開した意味とは何なのか。

    彼女が療養する大分県で話を聞いた。

    「実家でお母さんと一緒に暮らしていますが、本当に元気。
    だいぶ前から完全復活していますよ。
    小室さんは“音楽に関心がなくなった”なんて言っていましたけど、そんなこと全然ありません。
    よくカラオケにも行ってるみたい。
    毎日のように自転車であちこち出かけて、ひとりでスーパーに買い物だって行きます。
    “どうも、小学4年生のKEIKOです”って冗談を言うくらい明るくて元気。
    最近はジムでダンスを踊っています。
    この地元には彼女の応援団がいっぱいいます。
    “復帰が楽しみだね”なんてみんなで話しています」(近隣住民)

    そんな“サポーター”たちの応援があったからか、1月末、KEIKOは知人女性と共に大分空港から羽田空港へと飛び立つ機内にいた。

    明るめの茶色のロングヘア、黒いポンチョにダメージジーンズをはき、足元は高いチャンキーヒールの黒いロングブーツ。

    手には水色のバーキンを提げている。

    マスクはしていても、華やかな芸能人オーラを感じさせる。

    「KEIKOさんにとって久しぶりの上京だったようです。
    東京では、知人女性たちと一緒に『再生医療』などの最先端の医療設備が整うクリニックに行ったり、ブランドショップをハシゴしたり。
    流行のスイーツを食べたとも聞きました。
    “爆買い”のようにいろいろと回ったようです」(KEIKOの知人)

    東京で目一杯羽を伸ばしたKEIKO。

    その後は、久しぶりに夫の小室氏と会って、回復ぶりを報告するのかと思いきや、向かったのは小室氏が住む家とは別の場所だった。

    「KEIKOさんは当然会話も不自由なくできますよ。
    でも、実際には会見直後からふたりは会うこともなければ、まともに話すらしていません。
    今では連絡を取る時は、お互いに弁護士を介しているようです」(別の知人)

    会見で小室氏が語っていた状況とは大きく様子が異なるようだ。

    KEIKOに現状などについて尋ねると、「ごめんなさい。今、時間がないので」とハッキリとした口調で返してきた。

    その表情は明るく、もはや“介護”とは無縁の様子だった。

    「KEIKOさんがようやく自分の言葉を発信し始めたことは大きな前進であり、大きな変化です。
    彼女がメディアで、自身のことや小室さんとの関係について語る日は、そう遠くはないかもしれません」(前出・知人)


    https://www.news-postseven.com/archives/20190206_865615.html

    ▼画像
    https://www.news-postseven.com/picture/2019/02/keiko_04.jpg
    https://www.news-postseven.com/picture/2019/02/keiko_05.jpg
    https://www.news-postseven.com/picture/2019/02/keiko_02.jpg
    https://www.news-postseven.com/picture/2019/02/keiko_03.jpg
    https://www.news-postseven.com/picture/2019/02/keiko_01.jpg

    所長見解:元気そうやん・・・

    【【画像あり】globe・KEIKO「どうも小学4年生のKEIKOです」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    KEIKO「筋トレやってまぁす!」順調リハビリうかがわせる

    くも膜下出血のためリハビリを続けるglobeのKEIKOが24日、ツイッターを更新し「ジム行って来ました~」と報告。

    回復ぶりをアピールしている。

    KEIKOは「ジムに行って来ました~。筋トレやってまぁす!疲れたぁ」とツイート。

    体を動かしていることを明かし、リハビリが進んでいる様子をうかがわせた。

    KEIKOは14日に約1年1カ月ぶりにツイッターを更新。

    「お久しぶりです。Twitter再開しようと思いまーす。よろしくお願いします」と、投稿し、ファンを歓喜させていた。

    g


    17年12月以前の投稿は、連日投稿されていたものの「お休みなさい」の一言しかなかったが、再開予告後は、短いながらもきちんとしたコメントが投稿されており、ファンからは「ツイートだけでも嬉しいのに筋トレされているKEIKOさんを知れて嬉しい」「元気そうなコメントがすごく嬉しいです」など喜びのコメントが寄せられていた。

    KEIKOは02年に音楽プロデューサーでglobeの小室哲哉氏と結婚。

    11年10月にくも膜下出血で救急搬送され手術を受けた。

    その後は治療に専念するも、小室氏は出演していたテレビなどで「小学校高学年か中1ぐらい」「ちょっときつく言っても短い時間のことは忘れちゃう」など、KEIKOの様子を明かしていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000067-dal-ent 


    所長見解:復帰できそう?・・・

    【【globe】KEIKO「筋トレやってまぁす!」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    昭和の歌姫・美空ひばりは、昭和の終わりから半年と経たずに生涯を閉じた。

    時代の象徴は時代と共に姿を消すものなのか。

    平成の歌姫と、平成の音楽シーンの象徴もまた、時代の区切りに活動を終えた。

    安室奈美恵(41)と小室哲哉(60)だ。

    至近から見た安室の実像は、これまで、意外なほど語られてない。

    今回、globeのメンバーとして小室と寝食を共にし、安室のミリオンセラーの歌詞も担当したマーク・パンサー(48)が、2人の来し方を語ってくれた。


    「安室ちゃんとは一緒のファミリーでしたけど、皆と飲んで騒ぐような子ではなくて、真面目な印象。
    当時の小室さんの周りには、ごまをする人や、言いなりの人が多い中、安室ちゃんだけは自分を貫いていた」

    小室が安室のプロデュースをしていたのは1995年(平成7年)から約5年間と、さほど長くない。

    しかし、プロデューサーとしての小室の絶頂期と重なる。

    「あの頃は、ロサンゼルスの6千坪の小室さんの豪邸に僕も住んでいた。
    近所にはボブ・ディラン。
    日本ではフェラーリでドライブしたし、ヨーロッパの電車移動は車両ごと予約していたんです」

    皆が、狂熱に浮かれるなか、安室だけは違った。

    「97年に台北で小室ファミリーのライブをした時も、高級ホテルのワンフロア全部屋を予約したんですよ。
    でも安室ちゃんだけ別の場所に泊まっていた。
    それくらい徹底して距離を取っていましたね。
    媚びない彼女は近くで見ていても格好良かったですもん」

    k


    孤高と寂寥

    97年にダンサーのSAMと結婚し、翌年長男を出産、99年に実母を義理の叔父に殺害される事件が起きるなど、激動の20代を過ごす安室。

    しかし、事件後も10日余りで復帰し、トップをひた走ることを止めなかった。

    そして2001年に小室と袂を分かつ。

    この時期、音楽業界全体も変革期にあった。

    「iTunesが生まれて配信サービスが出てきた。
    CDセールスが絶対的価値だった小室さんがプレッシャーを感じ始めた頃です。
    この初期微動を安室ちゃんは察知したんでしょう。 
    物ではなく自分自身を売る時代が来ると。
    それでセルフプロデュースに舵を切るのです」

    その後の2人の人生は明暗を分ける。

    安室は、ライブ中心の活動が功を奏し、全世代の女性から憧れと支持を集める。

    一方の小室は、ヒット曲をなかなか生み出せない。

    そして、08年に5億円の詐欺容疑で逮捕、翌年に有罪判決を受けている。

    18年、人気絶頂の中での引退が社会現象になった安室に対し、不倫報道の釈明会見で引退を表明した小室。

    孤高と寂寥のコントラストがより強まった。

    「カジノで大勝ちしている時に止めるのと同じくらい、人気が続く中での引退はアーティストにとって難しい。
    それが出来たのが安室ちゃんで、夢を追い続けたのが小室さん。
    どちらが失敗ということもない。
    僕と小室さんの2人でクラブでDJしてた2、3年前だって楽しそうにしてましたしね」

    マークは前を見ている。

    「結成25周年には東京五輪、30周年には大阪万博がある。
    僕がglobeの灯を消さないでいれば、メンバー全員が揃ってライブをする奇跡が起こると思っている」

    年号で区切れない熱い想いが灯っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15872691/

    所長見解:懐かしいな・・・

    【【平成のヒットメーカー】マーク・パンサーが見た「安室奈美恵と小室哲哉」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    globeのボーカルで、2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在療養中のKEIKOが14日、1年以上ぶりにTwitterを更新。

    ファンから喜びの声が殺到した。


    g


    KEIKOはこの日、2017年12月11日以降、約1年1ヶ月ぶりにTwitterを更新。

    「お久しぶりです。Twitter再開しようと思いまーす よろしくお願いします」

    「今日は、かわいこちゃんの誕生日で…。嬉しくなって、ツイートしちゃいました」

    とつぶやいた。


    以前KEIKOはほぼ毎日ツイートしていたが、Twitter休止後に夫・小室哲哉氏の不倫疑惑報道や引退が重なり、心配の声が寄せられていた。

    久々の更新にファンからは

    「おかえりなさい!」
    「ずっと待ってました!!」
    「こんなにうれしい事はないです」
    「これからも楽しみにしてます」

    など、反響が殺到している。


    https://mdpr.jp/news/detail/1815911 


    所長見解:復帰してほしいな・・・

    【【ツイッター更新】globeのKEIKO「お久しぶりです」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    globeのマーク・パンサーが24日、毎日放送「せやねん」に出演し、売れいていたころの懐事情を赤裸々に語った。

    1995年にデビューし、「2000円のCDが3000万枚くらい売れましたから」と飛ぶ鳥を落とす勢いだったglobe。

    g


    具体的収入こそ明かさなかったが、当時マークも「原宿駅の目の前のビル買いましたよ。8億円くらいのを一括で」とこともなげに振り返った。

    ビルには「屋上に露天風呂」を作り、新宿副都心のビル群が一望できるという。

    さらに「1階は美容室にして、朝はシャンプー。6階はレストランバー」と語った。

    さらに高級外車もいくつも所有したが「忙し過ぎて。小室哲哉さんと世界中を飛び回っていたから」と、原宿のビルの利用は月に1度、フェラーリなどの運転も3カ月に1度しかできなかったという。

    マークはglobeではラップを担当。

    だがKEIKOがくも膜下で倒れ療養、小室氏が引退し1人になってしまったため、現在はDJとしてさまざまな楽曲をかけ、合間にラップをするなどしてイベントをやっている。


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000039-dal-ent


    所長見解:すごいな・・・

    【【globe】マーク・パンサー、原宿の8億円のビルを一括買いってよwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ