小室哲哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「週刊文春デジタル」が報じた音楽プロデューサー・小室哲哉氏(60)と妻で歌手のKEIKO(47)の離婚調停。

    東京家庭裁判所では既に5回の調停が行われているが、別居中の婚姻費用などをめぐって双方の主張は大きく食い違い、金銭闘争の様相を呈している。

    小室氏は自分の収入が600万円台であり、負担すべき婚姻費用は月額8万円ほどだと主張している。

    【写真】小室哲哉と看護師A子さん
    https://bunshun.jp/mwimgs/6/c/1500wm/img_6c2416ad74cf6cf5be6477ad9fe12b57724248.jpg

     
    第5回の調停期日は10月21日(月)の午前だった。

    だが、この前日の20日、小室氏は「週刊文春」(2018年1月25日号)で報じた看護師のA子さんとA子さんの家族を港区内の自宅に宿泊させていた。

     
    翌朝の21日の午前8時、小室氏はA子さんの家族を愛車のベンツに乗せ、自らが運転し、近所の学校へと送った。

    小室氏のこの行動に周囲は驚きを隠せない。

    「小室さんは、何十年と”夜型”生活で、起きるのは決まって昼過ぎ。
    まして運転は専属の運転手任せです。
    早起きまでして自ら送り届けるのはよほど大切な人だという証拠でしょう」(小室氏の友人)

    k


    A子さんは離婚歴のあるシングルマザー。

    「ニンニク注射」で有名な都内クリニックに勤めており、8年前、当時患者だった小室氏と出会った。

    引退会見で小室氏は、A子さんとはあくまで「看護師と患者の関係」と述べ、KEIKOとも面識がある間柄だと説明。

    男女関係についてはあくまで否定。

    小室氏は会見で、「(A子さんの精神的な支えは)かなりありました。
    本当にお恥ずかしい話ですが、(この)5、6年で、普通の男性としての能力がなくて、精神的な支えが必要だったと思います」
    「(A子さんとは)誤解を招かないよう今後は戒め、しっかりとしていきたい」とも発言している。


    小室氏は「KEIKOには極力お金を掛けようとしない」

    だが、小室氏とA子さんの距離は会見以降、いっそう近いものとなっていった。

    「週刊文春」(2018年7月12日号)では、昨年5月、小室氏が港区のタワーマンションに引越した後、A子さんがたびたび小室氏の自宅を訪れ、翌日まで滞在する様子を報じている。

    「この小室さんの新居にはKEIKOの部屋も荷物もなく、小室さんはこの頃からA子さんとの再婚を真剣に考えているようだった。
    周囲には『KEIKOとの関係を見直したい』と漏らしていた」
    (2人を知る音楽関係者)

     
    既報の通り、今年に入って小室氏は地元の大分県で暮らす妻・KEIKOに対し離婚を切り出した。

    妻であるKEIKOが地元で暮らすための生活費を相談したことが”引き金”となった。

    「小室さんは離婚に向けてKEIKOに対しては極力お金を掛けようとしない一方、A子さんにはこれまで随分とお金を遣ってきた。
    海外での仕事のたびにブランド品を購入し、誕生日には数十万円のワインでお祝いしている。
    そもそもA子さんは小室さんの個人事務所のスタッフでもあるので、小室さんは彼女に月々給料も払っていたのです。

    借金が10億円以上あることで、皆さん、小室さんは金欠だと勘違いしているが、小室さんはお金は持っています。
    『捕まってからも年収、1億円を切ったことないんだ』が口癖でした。
    しかし、借金も利子しか払わなかったり、自身が抱えたスタッフへの給料支払いも先延ばしにしたり、頻繁に通う美容院も1年以上ツケがたまっているなど未払い問題は今までもしょっちゅうあった。
    お金に対する価値観が世間とズレているのです」(同前)


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191022-00014903-bunshun-ent


    所長見解:あかんやん・・・
    【【KEIKOと離婚へ】小室哲哉さんと再婚予定の看護師A子さんがコチラwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    音楽プロデューサー・小室哲哉氏(60)と妻で歌手のKEIKO(47)が離婚調停中であることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

    今年に入り、東京地裁に関連した書類が提出され、すでに5回の調停が行われている。

     
    小室氏といえば、「週刊文春」(2018年1月25日号)で報じた看護師A子さんとの不倫報道の後、記者会見を行い、引退を宣言。

    妻、KEIKOが音楽への関心をなくし、「小学4年生の漢字ドリル」をやっていること、大人の女性としてのコミュニケーションがなくなったことをあげ、介護疲れを訴えていた。


    k


    ■KEIKOは地元で穏やかに暮らしている

    だが実際、KEIKOの体調は日常生活を自由におくれるほど回復しており、「週刊文春」(2018年7月12日号)では、「私は元気です」というKEIKO本人からのメッセージと、知人から提供された笑顔を見せるKEIKOの近影とともに、「彼の話はほとんど嘘。
    彼は介護らしいことは何もしていません」など会見に憤ったKEIKOの親族や小室氏の元専属運転手の証言を掲載した。

     
    引退会見ではKEIKOと「目を見て話し合いたい」と語っていた小室氏だが、その後もKEIKOは小室氏とは一度も顔を合わせることがないという。

    KEIKOは今でも地元の大分県で穏やかに生活している。

    離婚を切り出したのは小室氏からだった。


    ■年600万円台の収入を主張する小室氏

    「小室さんはKEIKOさんの実家に彼女のサポートを任せ、これまでお金もほとんど入れずに放置してきた。
    婚姻関係は続いているわけだから『生活費を入れてほしい』とKEIKO側が小室に頼むと離婚を切り出した」(2人を知る関係者)

     
    現在は、双方ともに弁護士を立て、「婚姻費用分担請求調停事件」「夫婦関係調整調停事件」について調停が行われている。

    婚姻費用とは別居中の生活費などの費用を指すが、最初、小室氏側がKEIKO側に対して掲示した婚姻費用は「月額8万円」だった。

    「小室さんは毎年楽曲提供などの印税が入り、現在でも1億円以上の総収入があるにもかかわらず、税金や数千万円の経費などを差し引いた600万円台の収入を主張。
    それを根拠に婚姻費用は8万円程度が妥当だと言っています。
    一方のKEIKO側としては、小室さんは音楽制作の活動を引退しており、数千万円の経費は認められないと主張。
    明細の開示も請求していたが、小室側が一向に応じず、のらりくらりとかわされている。
    小室さんの担当弁護士は詐欺事件や金銭トラブブルを担当した長年のパートナーです」(同前)

     
    08年、巨額の著作権譲渡による詐欺事件で大阪地検に逮捕された小室氏は現在も10億円以上の借金があるといわれている。 

    「調停でも小室さんは借金を理由にお金が払えないと主張しています。
    ただ現状、借金返済は利子を払うのみで引き延ばすかたわら、小室さんは家賃が月に100万円近い高級マンションに今でも住み、運転手付きのベンツで移動。
    前妻には慰謝料と養育費で月に130万円払っており、KEIKO側が納得しないのも無理はない。
    お金がどうこうだけでなく、誠意ある対応を周囲が望んでいる」(同前)

     
    KEIKOの所属事務所であり、小室氏の楽曲レーベルの管理をするエイベックスに取材を申し込むと以下の回答がきた。

    「話し合いは行われているようですが、プライベートに関する事ですのでコメントは差し控えさせて頂きます」


    悠々自適な生活を送る小室氏が、この先、KEIKOの目を見て話をする日は来るのだろうか。


    文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191021-00014887-bunshun-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191021-00014887-bunshun-ent&p=2

    所長見解:どないなん・・・
    【【悲報】小室哲哉とKEIKOが離婚ってよ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    6月18日に東京・ロフトプラスワンでトークイベント「ライブナタリー Presents Respect! トークライブ Vol.2 ~TM NETWORK 勝手に名曲総選挙~」が開催された。

    著名人がリスペクトするアーティストへの愛情を語り合う「Respect! トークライブ」。

    第2回ではミト(クラムボン)、RAM RIDERが今年デビュー35周年を迎えるTM NETWORKについてたっぷりと語り合った。

    2人の自己紹介が終わると、FANKS(※TM NETWORKのファンの呼称)から募った人気楽曲ベスト20の発表へ。

    t


    ♦「TM NETWORK 勝手に名曲総選挙」投票結果 上位20曲

    1位:ELECTRIC PROPHET(電気じかけの予言者)
    2位:Get Wild
    3位:Human System
    4位:Self Control(方舟に曳かれて)
    5位:Fool On The Planet(青く揺れる惑星に立って)
    6位:I am
    7位:STILL LOVE HER(失われた風景)
    8位:We love the EARTH
    9位:BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を越えて)
    10位:Resistance
    11位:YOUR SONG
    12位:Here, There & Everywhere(冬の神話)
    13位:Nights of The Knife
    14位:Time Passed Me By(夜の芝生)
    15位:8月の長い夜
    16位:SEVEN DAYS WAR
    17位:1974(16光年の訪問者)
    18位:Kiss You
    19位:アクシデント(ACCIDENT)
    20位:MESSaGE

    ♦ミト&RAM RIDERが選ぶTMN名曲3
    ミト
    ・Thrill Mad Natural
    ・TWINKLE NIGHT(あるひとりのロマンティストの生誕)
    ・Self Control(方舟に曳かれて)
    RAM RIDER
    ・WILD HEAVEN
    ・JUST ONE VICTORY(たったひとつの勝利)
    ・YOUR SONG("D"Mix)


    https://natalie.mu/music/news/336504

    所長見解:懐かしい・・・

    【【懐かしい】TM NETWORK「名曲総選挙」の結果がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    さらにここにきて小室が金策に走り回るのには、他の理由も挙げられている。

    芸能プロダクション幹部が語る。

    「実は小室とKEIKOの離婚が時間の問題と言われています。
    現在、要介護と言われていたKEIKOですが、実際は、リハビリなどで後遺症が改善。
    日常生活には不自由していないことも、親族が一部マスコミに証言している。
    むしろKEIKOのネガティブな病状を喧伝する小室に対し、KEIKO側は不信感を強めるほどで、今年1月にはKEIKOが実家のある大分から上京。
    関係者と善後策を話し合っただけに、正式に離婚となれば当然、慰謝料が発生する。
    小室にとっては赤貧ぶりに拍車がかかりかねない」


    バツ2の小室が02年に前妻のAsami(43)と離婚した際に、その慰謝料は7億円以上だっただけに、長年連れ添ったKEIKOへの慰謝料はかなりの高額になることは間違いない。

    だが小室は周囲に対し、KEIKOとの仲が円満だと吹聴しているという。

    tk


    「小室さんは覆面プロデューサーの提案が進展しないとみるや『KEIKOを復帰させればプロデュースさせてくれるか?』と言いだした。
    その時は『上に確認します』と言って話を終わらせたのですが、年が明けてからも何かにつけ『仕事させろ』と連絡してくるそうです」(エイベックス関係者)

    小室を知る関係者ならば、2人の関係破綻は周知の事実。

    ましてやKEIKOとの共演はありえないだけに、覆面プロデューサー復帰は、一方的なラブコールに終わりそうな雲行きだ。

    「仮に小室さんのプロジェクトが動けば、人件費やスタジオ代など、数千万円単位のカネが動くことになります。
    現場の人間には『センスが古臭い60歳のおっさんにそんなにカネをかけるくらいなら、俺たちの給料を上げてくれよ』と毒づくスタッフもいるとか。
    CDが売れない時代においては、かつてのヒットメーカーもただのお荷物。
    一度前例を作ると、今後も膨大な制作費をたれ流すことになる。
    現場からは上層部に何の報告もしていないそうです」(エイベックス関係者)

    かつて時代の寵児と言われた小室にしては、あまりにも寂しい晩節と言えよう。


    http://dailynewsonline.jp/article/1716807/
    アサ芸プラス

    所長見解:まあね・・・

    【【あの人は今】小室哲哉「KEIKOを復帰させる」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    音楽プロデューサー小室哲哉(60)の妻で、療養中のglobeのボーカルKEIKO(46)が、カラオケで歌ったことを報告した。

    k


    2011年10月にくも膜下出血で救急搬送されて以来、療養中のKEIKO。

    17年12月からツイッターの更新がストップしてファンから心配されていたが、今年1月に約1年ぶりに更新し、「ジム行って来ました~。筋トレやってまぁす!疲れたぁ」と元気な様子をうかがわせた。

    復帰やglobeの活動再開などもファンから期待されているが、夫の小室は昨年1月に不倫疑惑を報じられた際の会見で、KEIKOについて「残念なことに、脳のどこの部分か分からないですけど(音楽への)興味がなくなってしまって。
    その後、カラオケに誘ったり、ネットを見せたり、CDを聞かせたり、弾いても見せたりとか…僕なりのいろいろ、いざないを試みたんですが、残念ながら音楽に興味を持つということは、日に日に減ってきて…。
    今年で7年目になるんですがが、最初の時期に何度か、無理やりレコーディングスタジオに連れて行って、未発表曲ですが、その時の心境を自分なりに歌詞にしたためまして何とか歌ってもらった曲が1曲、ありますが…それ以降は、いいよねと。
    それから4、5年はほぼ歌うことがなくなりました。
    それが現状です」と語っていた。


    しかしKEIKOは3日に更新したツイッターで「カラオケ行ってきましたぁー。たくさん歌いました。。。」と報告。

    ファンからは

    「嬉しい KEIKOちゃんが歌ってる姿を想像するだけでテンション上がりますね!」
    「何歌ったのか気になる~!」
    「いつかKEIKOさんの歌声が聴けるのを楽しみにしています!」

    といったコメントが多数寄せられた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-03040316-nksports-ent

    globe
    http://pbs.twimg.com/media/DMa4gCOVwAMOYMZ.jpg

    所長見解:元気そうやね・・・

    【【globe】KEIKO「カラオケ行ってきましたぁー。たくさん歌いました。。。」 ←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ