ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    小室哲哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん 

    6月18日に東京・ロフトプラスワンでトークイベント「ライブナタリー Presents Respect! トークライブ Vol.2 ~TM NETWORK 勝手に名曲総選挙~」が開催された。

    著名人がリスペクトするアーティストへの愛情を語り合う「Respect! トークライブ」。

    第2回ではミト(クラムボン)、RAM RIDERが今年デビュー35周年を迎えるTM NETWORKについてたっぷりと語り合った。

    2人の自己紹介が終わると、FANKS(※TM NETWORKのファンの呼称)から募った人気楽曲ベスト20の発表へ。

    t


    ♦「TM NETWORK 勝手に名曲総選挙」投票結果 上位20曲

    1位:ELECTRIC PROPHET(電気じかけの予言者)
    2位:Get Wild
    3位:Human System
    4位:Self Control(方舟に曳かれて)
    5位:Fool On The Planet(青く揺れる惑星に立って)
    6位:I am
    7位:STILL LOVE HER(失われた風景)
    8位:We love the EARTH
    9位:BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を越えて)
    10位:Resistance
    11位:YOUR SONG
    12位:Here, There & Everywhere(冬の神話)
    13位:Nights of The Knife
    14位:Time Passed Me By(夜の芝生)
    15位:8月の長い夜
    16位:SEVEN DAYS WAR
    17位:1974(16光年の訪問者)
    18位:Kiss You
    19位:アクシデント(ACCIDENT)
    20位:MESSaGE

    ♦ミト&RAM RIDERが選ぶTMN名曲3
    ミト
    ・Thrill Mad Natural
    ・TWINKLE NIGHT(あるひとりのロマンティストの生誕)
    ・Self Control(方舟に曳かれて)
    RAM RIDER
    ・WILD HEAVEN
    ・JUST ONE VICTORY(たったひとつの勝利)
    ・YOUR SONG("D"Mix)


    https://natalie.mu/music/news/336504

    所長見解:懐かしい・・・

    【【懐かしい】TM NETWORK「名曲総選挙」の結果がコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    さらにここにきて小室が金策に走り回るのには、他の理由も挙げられている。

    芸能プロダクション幹部が語る。

    「実は小室とKEIKOの離婚が時間の問題と言われています。
    現在、要介護と言われていたKEIKOですが、実際は、リハビリなどで後遺症が改善。
    日常生活には不自由していないことも、親族が一部マスコミに証言している。
    むしろKEIKOのネガティブな病状を喧伝する小室に対し、KEIKO側は不信感を強めるほどで、今年1月にはKEIKOが実家のある大分から上京。
    関係者と善後策を話し合っただけに、正式に離婚となれば当然、慰謝料が発生する。
    小室にとっては赤貧ぶりに拍車がかかりかねない」


    バツ2の小室が02年に前妻のAsami(43)と離婚した際に、その慰謝料は7億円以上だっただけに、長年連れ添ったKEIKOへの慰謝料はかなりの高額になることは間違いない。

    だが小室は周囲に対し、KEIKOとの仲が円満だと吹聴しているという。

    tk


    「小室さんは覆面プロデューサーの提案が進展しないとみるや『KEIKOを復帰させればプロデュースさせてくれるか?』と言いだした。
    その時は『上に確認します』と言って話を終わらせたのですが、年が明けてからも何かにつけ『仕事させろ』と連絡してくるそうです」(エイベックス関係者)

    小室を知る関係者ならば、2人の関係破綻は周知の事実。

    ましてやKEIKOとの共演はありえないだけに、覆面プロデューサー復帰は、一方的なラブコールに終わりそうな雲行きだ。

    「仮に小室さんのプロジェクトが動けば、人件費やスタジオ代など、数千万円単位のカネが動くことになります。
    現場の人間には『センスが古臭い60歳のおっさんにそんなにカネをかけるくらいなら、俺たちの給料を上げてくれよ』と毒づくスタッフもいるとか。
    CDが売れない時代においては、かつてのヒットメーカーもただのお荷物。
    一度前例を作ると、今後も膨大な制作費をたれ流すことになる。
    現場からは上層部に何の報告もしていないそうです」(エイベックス関係者)

    かつて時代の寵児と言われた小室にしては、あまりにも寂しい晩節と言えよう。


    http://dailynewsonline.jp/article/1716807/
    アサ芸プラス

    所長見解:まあね・・・

    【【あの人は今】小室哲哉「KEIKOを復帰させる」←これwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    音楽プロデューサー小室哲哉(60)の妻で、療養中のglobeのボーカルKEIKO(46)が、カラオケで歌ったことを報告した。

    k


    2011年10月にくも膜下出血で救急搬送されて以来、療養中のKEIKO。

    17年12月からツイッターの更新がストップしてファンから心配されていたが、今年1月に約1年ぶりに更新し、「ジム行って来ました~。筋トレやってまぁす!疲れたぁ」と元気な様子をうかがわせた。

    復帰やglobeの活動再開などもファンから期待されているが、夫の小室は昨年1月に不倫疑惑を報じられた際の会見で、KEIKOについて「残念なことに、脳のどこの部分か分からないですけど(音楽への)興味がなくなってしまって。
    その後、カラオケに誘ったり、ネットを見せたり、CDを聞かせたり、弾いても見せたりとか…僕なりのいろいろ、いざないを試みたんですが、残念ながら音楽に興味を持つということは、日に日に減ってきて…。
    今年で7年目になるんですがが、最初の時期に何度か、無理やりレコーディングスタジオに連れて行って、未発表曲ですが、その時の心境を自分なりに歌詞にしたためまして何とか歌ってもらった曲が1曲、ありますが…それ以降は、いいよねと。
    それから4、5年はほぼ歌うことがなくなりました。
    それが現状です」と語っていた。


    しかしKEIKOは3日に更新したツイッターで「カラオケ行ってきましたぁー。たくさん歌いました。。。」と報告。

    ファンからは

    「嬉しい KEIKOちゃんが歌ってる姿を想像するだけでテンション上がりますね!」
    「何歌ったのか気になる~!」
    「いつかKEIKOさんの歌声が聴けるのを楽しみにしています!」

    といったコメントが多数寄せられた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-03040316-nksports-ent

    globe
    http://pbs.twimg.com/media/DMa4gCOVwAMOYMZ.jpg

    所長見解:元気そうやね・・・

    【【globe】KEIKO「カラオケ行ってきましたぁー。たくさん歌いました。。。」 ←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2011年にくも膜下出血で倒れ、療養中のglobeのボーカル・KEIKO(46才)が完全回復を果たしたという。

    その元気な姿をキャッチした──。

    2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在は大分県にある実家で療養中のKEIKO。

    このツイートから伝わってくる回復ぶりは、昨年1月に夫・小室氏が涙で語った“献身介護”を要する状態からは、想像できないほどに劇的だ。

    ファンを歓喜させた「回復宣言」。

    それは同時に、夫に対するメッセージなのかもしれない。

    g


    妻への献身的な介護に追われていたはずの小室氏に、不倫疑惑が持ち上がったのは昨年1月のことだった。

    小室氏を擁護した誰もが、KEIKOの深刻な状態と、彼の献身的な介護を信じていた。

    しかし、その半年後の昨年7月、再び『週刊文春』は「桂子(KEIKOの本名)のサポートに疲れたと言っているが、彼は介護らしいことは何もしてない」など、KEIKOの親族の怒りの告白を掲載。

    不倫騒動からちょうど1年。

    騒動の中でも沈黙を貫いてきたKEIKOが、ツイッターを再開した意味とは何なのか。

    彼女が療養する大分県で話を聞いた。

    「実家でお母さんと一緒に暮らしていますが、本当に元気。
    だいぶ前から完全復活していますよ。
    小室さんは“音楽に関心がなくなった”なんて言っていましたけど、そんなこと全然ありません。
    よくカラオケにも行ってるみたい。
    毎日のように自転車であちこち出かけて、ひとりでスーパーに買い物だって行きます。
    “どうも、小学4年生のKEIKOです”って冗談を言うくらい明るくて元気。
    最近はジムでダンスを踊っています。
    この地元には彼女の応援団がいっぱいいます。
    “復帰が楽しみだね”なんてみんなで話しています」(近隣住民)

    そんな“サポーター”たちの応援があったからか、1月末、KEIKOは知人女性と共に大分空港から羽田空港へと飛び立つ機内にいた。

    明るめの茶色のロングヘア、黒いポンチョにダメージジーンズをはき、足元は高いチャンキーヒールの黒いロングブーツ。

    手には水色のバーキンを提げている。

    マスクはしていても、華やかな芸能人オーラを感じさせる。

    「KEIKOさんにとって久しぶりの上京だったようです。
    東京では、知人女性たちと一緒に『再生医療』などの最先端の医療設備が整うクリニックに行ったり、ブランドショップをハシゴしたり。
    流行のスイーツを食べたとも聞きました。
    “爆買い”のようにいろいろと回ったようです」(KEIKOの知人)

    東京で目一杯羽を伸ばしたKEIKO。

    その後は、久しぶりに夫の小室氏と会って、回復ぶりを報告するのかと思いきや、向かったのは小室氏が住む家とは別の場所だった。

    「KEIKOさんは当然会話も不自由なくできますよ。
    でも、実際には会見直後からふたりは会うこともなければ、まともに話すらしていません。
    今では連絡を取る時は、お互いに弁護士を介しているようです」(別の知人)

    会見で小室氏が語っていた状況とは大きく様子が異なるようだ。

    KEIKOに現状などについて尋ねると、「ごめんなさい。今、時間がないので」とハッキリとした口調で返してきた。

    その表情は明るく、もはや“介護”とは無縁の様子だった。

    「KEIKOさんがようやく自分の言葉を発信し始めたことは大きな前進であり、大きな変化です。
    彼女がメディアで、自身のことや小室さんとの関係について語る日は、そう遠くはないかもしれません」(前出・知人)


    https://www.news-postseven.com/archives/20190206_865615.html

    ▼画像
    https://www.news-postseven.com/picture/2019/02/keiko_04.jpg
    https://www.news-postseven.com/picture/2019/02/keiko_05.jpg
    https://www.news-postseven.com/picture/2019/02/keiko_02.jpg
    https://www.news-postseven.com/picture/2019/02/keiko_03.jpg
    https://www.news-postseven.com/picture/2019/02/keiko_01.jpg

    所長見解:元気そうやん・・・

    【【画像あり】globe・KEIKO「どうも小学4年生のKEIKOです」←これwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    KEIKO「筋トレやってまぁす!」順調リハビリうかがわせる

    くも膜下出血のためリハビリを続けるglobeのKEIKOが24日、ツイッターを更新し「ジム行って来ました~」と報告。

    回復ぶりをアピールしている。

    KEIKOは「ジムに行って来ました~。筋トレやってまぁす!疲れたぁ」とツイート。

    体を動かしていることを明かし、リハビリが進んでいる様子をうかがわせた。

    KEIKOは14日に約1年1カ月ぶりにツイッターを更新。

    「お久しぶりです。Twitter再開しようと思いまーす。よろしくお願いします」と、投稿し、ファンを歓喜させていた。

    g


    17年12月以前の投稿は、連日投稿されていたものの「お休みなさい」の一言しかなかったが、再開予告後は、短いながらもきちんとしたコメントが投稿されており、ファンからは「ツイートだけでも嬉しいのに筋トレされているKEIKOさんを知れて嬉しい」「元気そうなコメントがすごく嬉しいです」など喜びのコメントが寄せられていた。

    KEIKOは02年に音楽プロデューサーでglobeの小室哲哉氏と結婚。

    11年10月にくも膜下出血で救急搬送され手術を受けた。

    その後は治療に専念するも、小室氏は出演していたテレビなどで「小学校高学年か中1ぐらい」「ちょっときつく言っても短い時間のことは忘れちゃう」など、KEIKOの様子を明かしていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000067-dal-ent 


    所長見解:復帰できそう?・・・

    【【globe】KEIKO「筋トレやってまぁす!」←これwww】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ