小室哲哉

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    小室哲哉氏が音楽業復帰!

    秋元P要望で乃木坂新曲


    小室哲哉氏(61)が、乃木坂46の新曲「Route 246」(今月24日発売)の作曲・編曲を手がけ、音楽業復帰を果たすことが15日、分かった。

    乃木坂46への楽曲提供は初で、作詞を手がける総合プロデューサー秋元康氏(62)とは10年ぶりにタッグを組む。


    k


    小室氏は18年1月に音楽活動からの引退を表明し、同年4月リリースのアイドルグループ、ラストアイドルの楽曲「風よ吹け!」の作詞・作曲・プロデュースを最後に一線を退いていた。

    同学年の秋元氏や関係者からオファーを受け、2年3カ月ぶりの楽曲提供に至った。

    「多いなる友情と才能を持った秋元康さん、同じく近しい知人に1年間背中を押され、今回悩みに悩んで作曲・編曲を手掛けさせていただきました」と経緯を明かした。


    かつて原田知世(52)や郷ひろみ(64)らの楽曲でたびたびタッグを組んできた秋元氏は「一度は引退した彼ですが、時々、会って食事をするたびに、音楽への熱い思いは消えていないことを知りました。
    いろいろな事情はあるのでしょうが、何とかもう1度、音楽に携わる機会を持ってほしいと思いました」と明かした。

    「この人は本当に音楽がないと生きていけないのです。
    音楽にのめり込むとまわりが見えなくなってしまう不器用な人です。
    そのせいで多くの方に迷惑もかけたのでしょう。
    でも、小室哲哉はそれを音楽でしか返すことができないのです」とフォローした。


    「Route 246」はビートのきいたEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)系ナンバーで、「友情」がコンセプト。

    完成までに7回書き直したという小室氏は「友人の期待に応えたい一心で作りました。
    一貫した、らしさは表現されているのでは? と感じています」と話した。


    同曲でセンターを務める乃木坂46の齋藤飛鳥(21)は、以前から小室氏のファンだと公言していた。

    「小室さんが乃木坂46のために曲を作ってくださったことが何よりもうれしく、また楽曲も『小室さん感』があふれていて、個人的にも本当にうれしかったです。
    この楽曲の曲調と乃木坂46の組み合わせで、どう化学反応が起こるか楽しみです!」と喜んだ。


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202007150000666.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 
    乃木坂46の楽曲を初めて手がける小室哲哉氏 
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202007150000666-w1300_1.jpg



    所長見解:早いな・・・

    【【速報】小室哲哉氏が復帰ってよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    2018年1月に芸能界引退を表明した音楽プロデューサー・小室哲哉氏(61)が23日夜、東京・六本木で開催された音楽イベントに姿を見せた。


    小室氏は全身黒色の服装で、帽子を目深に被っており、旧知の仲であるエイベックス代表取締役会長CEOの松浦勝人氏(55)とテーブルに座り、グラスを傾けた。

    大音量の音楽が流れる中、耳打ちしながら笑顔を絶やすこと無く会話を重ねた。

    2人がいた場所はVIPルームではなく、一般客が踊るエリアの近くだったため、2人を囲うようにセキュリティがガードし、ものものしい様子だった。


    松浦氏は23日午後11時前にツイッターを更新。

    小室氏らが談笑する動画をアップし、「小室哲哉さんも久々に酔ってるよ!」とごきげんだった。


    またこの日のイベントには、TRFのDJ KOO(58)が出演。

    KOOは24日にインスタグラムを更新し、小室氏との2ショット写真をアップ。

    「小室さんが!! 遊びに来てくれた!!」と興奮を隠せない様子で「お元気そうで!! 音楽の話も沢山して!! 最KOOの夜でした!!」と久々の再会を喜んだ。


    no title


    松浦勝人
    @maxmatsuuratwit
    オクタゴン最高
    小室哲哉さんも久々に酔ってるよ!
    https://twitter.com/maxmatsuuratwit/status/1231576865753534464


    https://www.oricon.co.jp/news/2156086/full/

    所長見解:おばさんやん・・・
    【【閲覧注意】小室哲哉さんの現在がコチラ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    大手レコード会社「エイベックス」の松浦勝人会長が年末年始に大荒れだ。

    エイベックスでは昨年、マネジメントを行っている女優・沢尻エリカが薬物事件で逮捕。

    松浦氏自身も、歌手・浜崎あゆみの自叙伝『M 愛すべき人がいて』にかつて恋愛関係だったことを匂わせる記述があり話題になった。

    しかも、その浜崎は1月1日に、未婚のまま男児を出産していたことを発表し驚かせた。

    松浦氏は‘19年10月12日からツイッターの更新が滞っていたが、12月上旬からツイートを再開。

    12月28日にまず「年末にひとこと」と題した長文メッセージを公開し、沢尻の事件を踏まえ、

    《反論したい人はすればいい。
    僕らは普通の世界で生きているとは思っていない。
    そんな普通の世界でエンタテインメントなんて出来るわけがない。
    だから今の厳しく矛盾した世の中と闘っている》と擁護。

    ビートルズやアップルの故スティーブ・ジョブズ氏などの“改革者”には薬物の使用歴があり、そうした経験も素晴らしい作品や社会のアイデアに寄与したと主張した。


    止まらない松浦氏は現代社会について「くだらない現在の縛られた偽善ともいえるコンプライアンスとガバナンス」「腐った偽善の正義」「くだらない、くだらなすぎる」とバッサリ。

    最後は「だから、僕は今、原点に戻りクリエイティブに専念する」とつづった。


    音楽関係者は次のように話す。

    「松浦氏は‘16年に同社が社員に違法な長時間労働をさせたとして労基署から是正勧告を受けた時も『好きで仕事をやっている人は仕事と遊びの境目なんてない』『時代に合わない労基法なんて早く改正してほしい』と反発していた。
    そう思うのは個人の自由だが、エイベックスは東証一部上場企業。
    そのトップがコンプライス遵守に逆行する発言を堂々とするのはいかがなものか」

    v


    その後も松浦氏は意味深発言を連発した。

    《あの人を助けるためにお金を貸したけど、その人は返す気もないという。
    意味がわからん。
    ‘23年に一括返済の予定だけど、あなたの得意なあれを差し押さえでもする以外方法はないなぁ》

    とつぶやき、フォロワーから「小室哲哉のこと?」と突っ込まれ、一旦は否定したが、その後追認。

    小室が「松浦くんとはもう10年も付き合いづらい関係なんだ」と話していることを知り「萎えた」とした上で、

    《KEIKOをほっておいて、挙句の果てに僕にまでそんなこというって、どういうことなのかなぁ》

    と苦言を呈した。

    小室は妻のKEIKOと離婚を求めて係争中。

    一部報道によると別居に伴う生活費にあたる婚姻費用として「月額8万円」の支払いを主張しており「あまりにも少なすぎる」と物議を醸している。

    松浦氏は過去、詐欺事件で有罪判決を受けた小室の5億円にものぼる賠償金を肩代わりしたとされている。

    同氏のツイートを見た小室から慌てて電話が入り、近く緊急会談するようだが、両者の間に亀裂が入っていることだけは間違いないようだ。


    沢尻の事件がひと段落ついたタイミングで、堰を切ったかのように“暴走ツイート”を繰り返す松浦氏。

    その中で唯一、あとで削除されたツイートがあったという。

    「当該ツイートはすでに削除されてしまいましたが、何でも元エイベックス社員が松浦氏や同社の看板アーティストに関する暴露をSNS上で連投していたそうなのです。
    その人物は松浦氏に対して金銭も要求していたとか。
    この手の話は無視するのが一番ですが、暴露の中身に内部関係者しか知りえない情報が盛り込まれていたため、松浦氏はナーバスになり、ツイッターで『これ以上やったら訴える』と警告していました。
    わざわざ呟いたせいで、業界では『何があったんだ!?』と騒ぎになっています」(実際に見た芸能関係者)


    松浦氏のツイートが削除されたのも、騒動の拡大を危惧してのものかもしれない。

    エイベックスにとって2020年もさらに波乱の年になってしまうのだろうか。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200106-00000001-friday-ent

    所長見解:小室さん・・・

    【【話題】エイベックス会長ツイート「金を貸したけど、返す気もないという。意味がわからん」←これ小室wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    音楽プロデューサーの小室哲哉氏(60)が妻で歌手のKEIKO(47)に離婚を切り出し、すでに東京家裁に関連書類が提出され、今年に入って5回の調停が行われていると報じられた。


    「女性を不幸にする男はどこまでいっても変わらない」「残念な方」「軽蔑に値する」と、世間の反応は非難ごうごうだが、小室氏を知るマスコミ、音楽関係者の見方はちょっと違う。


    「わがまま放題、好き勝手にやってきた男。
    これまでの生き方を見れば、報道が事実でも何も驚くことはない」と、もっぱらなのだ。

    あるワイドショーの芸能デスクもこう言う。

    「2011年にくも膜下出血を発症してから、リハビリに励んで、ようやく元気を取り戻しつつある妻に感謝し、これまで苦労させたことを詫びつつ、大切に寄り添う。
    そういう考えは小室さんにはない。
    倒れてから看病も自分なりに尽くしてきた。
    もう十分、我慢してきたのだから解放してもらってもいいだろう。
    形だけの夫婦関係を続けるのはうんざりと思っているようにもみえます」


    k


    ■看護婦との関係は継続

    小室氏は昨年の会見で、看護師の女性との不倫疑惑を否定するとともに、KEIKOの介護の大変さを語り、引退を表明した。

    普通の夫婦の会話がほぼできなくなっているとしつつ、そんなKEIKOと「目を見て、しっかり話をしていきたい」とも語り、同情を集めたが、大分の実家でKEIKOの面倒を見る親族側が今回の報道と同じ週刊文春でこう訴えた。

    「彼(小室)の話はほとんど嘘。
    桂子のサポートに疲れたと言っていますが、介護らしいことは何もしていませんし、そもそも今の彼女は要介護者ではない。
    なぜあそこまで、自分の妻のプライバシーや名誉にかかわることを、あしざまに言わなくてはならないのでしょうか」

     
    KEIKO本人も、小室氏の態度は腹に据えかねたようで、女性セブン最新号の直撃取材に応じている。

    白のトップスにデニム、真っ赤なバレエシューズ姿で「ジムやカラオケにはたまに行きますよ。自分の歌を歌うこともあります」などとコメントしたというから、夫婦の会話もできないほどの後遺症が残っているというのは信じがたい。

    小室氏との復縁について質問すると、首を横に振りながら「もうそれは全っ然!」とコメントしたそうだ。

     
    小室氏取材の長いベテラン芸能記者は言う。

    「アイドルデュオ『キララとウララ』のメンバーと結婚。
    そして離婚後、華原朋美と公私ともにパートナーとなりましたけれど、こちらは結婚にはいたらずに破局。
    その後、歌手Asamiと再婚し女児に恵まれましたけれど、これもわずか10カ月で離婚。
    慰謝料7億円と騒がれました。
    その離婚後わずか8カ月で結婚したのがKEIKOさん。
    小室さんの女性関係を振り返ると、不倫疑惑やら性格の不一致などで短期間で関係を終えています。
    どんな相手と結ばれても、長く添い遂げようというような感覚は希薄なのでしょう」

     
    著作権譲渡による巨額詐欺事件で08年に逮捕され、10億円以上の借金があるとされる小室氏。

    看護師の女性との“不倫”関係は継続中なのもバレてしまったが、調停で別居中の妻に生活費などを渡す婚姻費用を「月額8万円」とKEIKO側に提示したという。

    音楽業界で栄華を極めた男の成れの果て。

    もはや人間性の問題だろう。


    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17282917/ 


    所長見解:まあね・・・
    【【あの人は今】小室哲哉さんの人間性がコチラ・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    世間を驚かせた電撃婚が2002年のこと。

    当時、誰が今のふたりを想像できただろうか――。

    稀代のカリスマ音楽プロデューサー・小室哲哉(60才)と彼を支えたシンガーの妻・KEIKO(47才)。

    今や直接話をすることすらない。

    互いに“別れ方”を巡ってドロ沼の離婚調停に突入していた。

     
    大分県大分市から車を30分ほど走らせると、戦国時代にキリシタン大名・大友宗麟が築いた城下町である臼杵市にたどり着く。

    10月中旬の週末、風光明媚なこの街で、白のロングトップスにデニム、足元は真っ赤なバレエシューズ姿の女性が本誌・女性セブンにこう話した。


    「ジムやカラオケにはたまに行きますよ。
    “まだ声は出るのかしら”みたいな感じで、自分の歌を歌うこともあります」

     
    女性は、globeのボーカル・KEIKO。

    現在、東京から離れ、実家の大分県で暮らしている。

    その彼女に夫・小室氏との復縁について尋ねると、首を横に振りながら、

    「もうそれは全っ然!」

    と困ったような笑みを浮かべて否定した。

     
    2011年10月にくも膜下出血で倒れたKEIKO。

    5時間にわたる大手術で一命は取り留めたものの、高次脳機能障害が残った。

    だが冒頭の様子からもわかるように、彼女の体調は順調に回復している。

    「本当に元気で日常生活にはまったく問題なく、歌や踊りの練習をしながら時々上京しています。
    今年1月には休止していたツイッターを再開し、4月にミスチルのライブを鑑賞したことをツイートしていました」(テレビ局関係者)


    g

     
    一方の小室氏は8月、福島県で開かれた中高生の交流会に姿を現した。

    「スマホアプリを使った作詞作曲についての講義を任されたようです。
    引退会見以来、約1年半ぶりの公の場でした。
    “ボランティアとして若い子にいろんな話をしたい”という思いがあった小室さんは長髪を後ろで束ね、少しふっくらした印象でした」(芸能関係者)

     
    KEIKOの知人が語る。

    「まだ、ふたりは婚姻関係にありますが関係は修復不可能です。
    KEIKOさんが昨年、“婚姻関係にあるのだから生活費を入れてほしい”と頼むと、小室さんが離婚を切り出したそうです。
    すでに離婚調停中で、今年に入り5回も調停が行われているそうです。
    それだけでなく、別居中の生活費である『婚姻費用』についても争っています。
    小室さんが最初、KEIKOさんに提示したのは月額8万円だったと聞きました。
    あんなに収入があるのに、さすがにその額はおかしいとKEIKOさんは思っていて…」

     
    ふたりに亀裂が入った事の発端は、昨年1月。

    病に倒れたKEIKOの看病に追われていたはずの小室氏が、看護師と数年来にわたって不倫関係にあると『週刊文春』に報じられたことだ。

     
    即座に会見を開いた小室氏は、病床のKEIKOが音楽に関心を持たないことや、会話や集中力が続かず「小学4年生の漢字ドリル」をやっていることなどを赤裸々に語り、介護で心身疲れ果てたとして突然の引退を表明した。

    「看護師の存在を知らなかったKEIKOさんは小室さんの会見をテレビで見て、涙を流したそうです。
    それに、彼女の本来の姿は小室さんが話すような状態ではなかったので、公の場でウソをつかれたことにショックを受けていました。
    会見以降、小室さんと彼女が顔を合わせることは一度もなかったそうです」(別の芸能関係者)

     
    それからというもの、連絡を取り合う際は弁護士を通じてで、直接話すことはなくなったという。

    そして、離婚調停へと進展した。

    「その調停が難航しているんです。
    KEIKOさんも離婚の成立を望んでいるのですが、なかなか認められずにいる。
    なんでも、小室さんに対して、うやむやにしてほしくない件があるようなんです」(前出・別の芸能関係者)


    ◆年間1億円の収入もセコすぎる対応

    大きな理由は小室氏の「借金問題」にあるという。

    「小室さんは昔から派手な生活を送る一方で金銭トラブルが絶えなかった。
    過去に香港で立ち上げた音楽制作会社は70億円以上の損失を被ったとされています。

    https://www.news-postseven.com/archives/20191023_1473178.html

    所長見解:せこいな・・・
    【【小室哲哉離婚問題】KEIKOさん「復縁なんて全っ然」←これwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ