ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    小倉智昭

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    歯に衣着せぬ“暴言”で人気コメンテーターとなった社会学者の古市憲寿氏が、12月14日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演。

    12月10日からの月曜から金曜まで5日連続での参加となった。

    メインMCを務める小倉智昭キャスターが膀胱がん手術のため長期休養中で、通常2名のゲストコメンテーターが3人に増えている中、古市氏が“連続出場”を果たした格好だ。

    「古市憲寿氏といえば、同じフジの『ワイドナショー』でも物議を醸した発言でネットニュースをたびたび賑わせていますが、この『とくダネ!』でも、かつて上野動物園の赤ちゃんパンダ・シャンシャンを『可愛くない』と言ってみたり、デヴィ夫人主催パーティーの出席者をヤユするコメントをして、ブログで名指しで糾弾される事態に発展したことも記憶に新しいですね。
    小倉氏や山崎夕貴アナとの“舌戦”はもはや名物にもなりつつあり、番組に欠かせない存在になってきました。この緊急事態で“登板過多”になるのも当然でしょう」(テレビ誌ライター)

    f


    この期間、自身のツイッターで〈明日もとくダネ!に出ます〉と発信し続けた古市氏。

    まさに、帰り際に「明日も来れる?」と聞かれ、出演が決定しているかのような様相だ。

    「以前、出演したテレビ番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、『とくダネ!』は“バイトのシフトみたいにこの日からこの日まで海外に行くんで、とか自由にシフトが組めるんですよ”と、出演を続ける理由として話していましたが、今、まさに“人手が足りないからシフト入れさせてくれ”と店長に懇願されたような状態でしょう。
    14日の出演でも『どんだけ人材難なんですか。そんなにいないんですか?』とボヤき、山崎アナから『お疲れ様って言おうと思ったのに』と苦笑いされています。
    小倉キャスターと山崎アナとの“掛け合い”を彷彿とさせるものもあり、このまま好調をキープできるようなら、古市氏を“新メインMCに”という声も出かねません」(前出・テレビ誌ライター)

    小倉氏も、テレビの前で古市氏の活躍に嫉妬しているかもしれない!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1615029/


    所長見解:おもろいよな・・・


    【【小倉さん降板】古市憲寿が「とくダネ!」新司会者説。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    11月5日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で膀胱ガンによる膀胱全摘手術を受けることを発表した小倉智昭。

    g


    検査を受けるため9日まで番組を休んだ後、11月下旬からは「本格的に手術をして根治を目指ざすことになる」という。
    翌6日の放送冒頭では、サブMCの伊藤利尋アナと山崎夕貴アナが一緒に2人で写ったショットで登場。
    伊藤アナは「小倉さんも見ていらっしゃると思います。留守を預かるわれわれがベストを尽くしたいと思います」と力強く語った。

    番組の緊急事態に周囲からは様々な声が出ている。

    「11月下旬に手術をされた後、小倉さんの復帰時期はまったく予測できないですね」とはフジ関係者。

    こう続ける。

    「『年内いっぱい休んで年明けに復帰する』という見方もありますが、あくまでも理想的なケース。半年以上の離脱も十分あり得ると思います」

    そんな中、小倉不在の「とくダネ!」に“ピンチヒッター”を起用する案もあるという。

    前出・フジ関係者が言う。

    「休養が長引けば、週替りや月替りで“臨時MC”を置くという案も出ている。
    そんな中、小倉さんの代役として急浮上している意外な人物がいるんですよ」

    その人物とは──。

    「橋下徹氏です。
    つい先日も『とくダネ!』が報じた橋下氏の話題にクレームを入れるなど、番組にとっては“因縁”の人物ですが、実は小倉さんとの信頼は深く、政治家時代からたびたび生出演している。
    橋下氏なら小倉さん不在の間、番組を盛り上げてくれるはずです」(前出・フジ関係者)

    小倉の完全復活を祈るばかりである。

    https://www.asagei.com/115649


    所長見解:おもしろそう・・・

    【【癌治療休養】「とくダネ!」小倉智昭の代役候補がまさかのコチラwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    キャスターの小倉智昭氏(71)がきょう5日、司会を務めるフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)で、自身の体調に関わる報告をすることが4日、分かった。
    15年末に初期の膀胱(ぼうこう)がんが発覚し、16年5月に手術している。
    報告の内容は不明だが、同局関係者は「重大な話ではないです。数日間休養して検査入院をするという話のようです」としている。

    g


    小倉氏はこれまでも自身の体調を自ら語ってきた。
    16年5月13日には番組内で初期の膀胱がんが見つかった経緯などを説明し「手術を受けてちゃんと戻ってきます」と力強く宣言。
    わずか10日後の23日に復帰した際は「やるだけのことはやって戻ってまいりました」と笑顔で語った。

    今年9月17日に番組が放送5000回を迎えた際には「2020年の東京五輪は番組で関わりたい」と夢を語っている。
    「小倉氏の番組への思い入れは強く、降板することはない」と関係者。
    今後の経過が注目される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000002-spnannex-ent


    所長見解:大変だな・・・

    【【ガーン】小倉智昭氏の報告の結果・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    20年もの長きにわたって、朝の顔として活躍してきた小倉智昭(71)に、勇退の日が近づいている。

    g


    「1999年の4月1日にスタートした『とくダネ!』が、20周年を迎える直前の、2019年の3月末に終了することが決定したそうなんです。
    打ち切りの主たる要因は番組のマンネリ化と視聴率の低迷。
    ですが、近年目立っていた番組のミスの連続が、存続よりも打ち切りの方向に舵を切る方向に拍車をかけたことは間違いないでしょう」(放送作家)

    朝の番組としてさまざまな情報を送り続けてきた『とくダネ!』だが、一方でこのところの放送では、不祥事を連発。
    ネット上では番組の作りに厳しい声も上がっていた。

    「昨年7月の『とくダネ!』で、医師法違反事件で逮捕された容疑者として、まったく別の男性の映像をインタビューとあわせて放送し、後日、間違いだったと謝罪をしました。
    さらに翌8月には、放送時点では書類送検されていなかった京都府議会議員について“書類送検された”と報道。
    これについても“事実の確認がとれていなかった”と謝罪しました。
    放送倫理・番組向上機構(BPO)は今年2月8日に会見を開き、『とくダネ!』の2つの件について“放送倫理違反があった”と意見書を公表しました」(芸能記者)

    『とくダネ!』のミスはこれだけではない。
    BPOが会見を行った当日朝の放送では、VTR出演した登山家の三浦雄一郎氏(86)の写真に「故・三浦雄一郎さん」とテロップを表示して紹介。
    これについてBPOは同会見で、「放送局として事実をきちんと確認を取った上で放送する。それがメディアとしての使命であるという文化をもっと育ててほしい」と厳しくコメントした。

    「2つのミスが続いた2017年といえば、宮内正喜氏の社長就任直後というフジテレビにとって大事な時期です。
    新体制がスタートしたばかりのタイミングで起きたこの不祥事に宮内社長は激怒。
    このときに、20周年のタイミングで番組打ち切りという方向性が決定したのではないかと、関係者の間では話が広まっています」(前出の放送作家)

    現在、小倉智昭はナレーションなどを除くと、番組のレギュラーは『とくダネ!』とBS日テレの『恋するクラシック』のみ。
    この番組がなくなったら、小倉は平日の貴重なレギュラーを失う。

    「実は番組終了の話は以前からあり、そのつど、小倉は“ギャラを下げてもいいから続けさせてくれ”と頭を下げてきたそうなんです。
    この4月からはピーク時の半額にまでギャラが下がっているという話もありますが、それでも番組終了の動きにはかなわなかった。
    4月からは、伊藤利尋アナ(45)、山崎夕貴アナ(31)を新キャスターに迎えたことで、視聴率は一時的に上昇したんですが、今は羽鳥慎一アナ(47)がキャスターを務める『羽鳥慎一のモーニングショー』(テレビ朝日系)に大惨敗状態。
    やはり『とくダネ!』といえば小倉のイメージが強いため、一度、番組も小倉も切って、新しい番組を始めるほか、朝の視聴率戦争には勝てないと局が判断したようです」(前同)

    小倉にも、テレビ界のど真ん中から去る日が近づいているようだ。

    https://taishu.jp/articles/-/61518?page=1


    所長見解:そろそろね・・・

    【【打ち切り】「とくダネ!」の小倉智昭がついにクビの模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    業績回復を目指し、大ナタを振るい続けているフジテレビ。
    この9月には古舘伊知郎やさまぁ~ずといった大物タレントの番組が次々と終了するという。
    その一方で4月にスタートした「石橋貴明のたいむとんねる」に関しては、視聴率が思わしくないにも関わらず、続行が決まっているというのだ。

    t


    「フジテレビでは10月期の月9ドラマ『SUITS/スーツ』に石橋の妻、鈴木保奈美を起用しており、石橋・鈴木夫妻への“忖度”で『たいむとんねる』の続行が決まったと噂されています。
    それに『たいむとんねる』が放送されている月曜23時台はNHK、日テレ、TBS、テレ東が報道番組を放送する激戦地帯。
    テレ朝だけはバラエティ番組の『激レアさんを連れてきた。』を放送していますが、『激レア~』では絶大な男性人気を誇る弘中綾香アナを起用しており、視聴率は安定しています。
    この中でフジテレビはどうあがいても真正面から戦っていくのは無理なので、石橋のギャラを除けば低予算番組の『たいむとんねる』を放送し続けるのは、むしろ都合がいいのかもしれません」(テレビ誌のライター)

    そんな消極的な理由で続投が決まっている石橋のほかにも、フジテレビには切りたくても切れない出演者がいるという。

    「平日朝の情報番組『とくダネ!』のメインMCを務める小倉智昭です。
    実績のあるキャスターではあるものの、自信過剰な態度に加え、71歳という年齢もあってかその発言が世間の声とマッチしない場面が多く、批判と失笑を集めているのが現状。
    つい最近も、乳ガンで亡くなったさくらももこさんの訃報に接して『作品(ちびまる子ちゃん)を見たことがない』と発言し、『今言うことか!』と視聴者の怒りを呼び起こしたばかりです。
    メインMCが視聴者から失笑されるのは、番組自体がバカにされているのも同然ですから、フジテレビとしては忸怩たる思いでしょう」(業界関係者)

    それならばなぜ、フジテレビは小倉に対して大ナタを振るおうとしないのだろうか。
    しかし話は簡単には進まないというのだ。

    前出の業界関係者が続ける。

    「小倉の所属事務所は業界内で力を持っており、様々な番組のキャスティングに影響力を持っています。
    そのためフジとしても、無用な波風を立たせたくないため、小倉を簡単には切れないのだとか。
    本人は70代にもかかわらずますます意気軒昂で、しばらくは自分から勇退を口に出すこともなさそうです」

    どうやらしばらくは、小倉の迷言に腹を立てる日々が続くことになりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1514761/

    所長見解:たしかに・・・

    【【大幅改編】フジテレビが石橋貴明とともに切れなかった出演者がコチラ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ