ミーハー総研(ミーハー総合研究所)

    家族

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    『7.2 新しい別の窓』にて、香取慎吾が「自身の子供がいらない理由」を明かす。

    友達の子供とは何十時間も遊んでいられるが…。

    2日放送の『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)でタレントの香取慎吾が自身の結婚観を語り、ネット上で反響を呼んでいる。

    k


    ■子供はあくまで友達感覚?

    番組では、香取、草彅剛、稲垣吾郎たちが結婚について本音トークを展開。

    その中の「誰が一番結婚に近いのか」をテーマで、香取は「皆さんのイメージどおりの感じだと思う」と結婚が遠いことを明かす。

    スタジオからは「子供好きだもんね?」「子供ってイメージがある」との声があがるが、「雑誌のインタビューとかでも言ってるけど、あんまり『子供』って感じはない」と子供を持つことには消極的のよう。

    何十時間も遊べるほどの子供好きではあるものの、あくまでも「友達」という感覚のようで、「その子たちは『じゃあ帰るわ!』って帰る場所があって、その子たちをちゃんと育てないといけないっていうのはちょっとない」と語った。



    ■「なんかわかる」と共感の声

    香取の発言に、ネット上ではさまざまな声が寄せられた。

    「慎吾ちゃんは子供好きやけど育てるとなるとまた別なんか~」

    「子供は好きだけどほしいという感じじゃなくて子供は友達って思っちゃうって慎吾くんいいなーそういうのいいよー」

    「よその子供だからかわいがることができるってなんかわかるわぁ」


    現時点では自身の子供はいらないと考えている香取だが、子供好きであることは確か。

    結婚して子供ができたときは「良きパパ」になりそうだが…。

    https://sirabee.com/2019/06/03/20162092837/

    https://img.sirabee.com/wp-content/uploads/2018/11/sirabee20181114katori1-768x512.jpg

    所長見解:いるの?・・・


    【【衝撃告白】香取慎吾、自分の子供について語る・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    ■「住んでいた地」と「名前」からわかる先祖の身分

    b


    ◆名前から武士かどうかわかる⁉

    先祖が武士かどうかの見極めに大事なことは、二つ。

    「住んでいた地」と「名前」です。

    先祖が住んだ地は、武士がいた城下町だったのか? 

    武士と庶民が半々で住んでいたのか? 農村か? 漁村か? その地の藩は? を調べます。

    次に、名前です。

    江戸時代には、武士の名前、神主の名前、お坊さんの名前などがおおよそ分かれていました。

    現代では時代錯誤も甚だしい話ですが、当時は庶民が武士っぽい名前を付けることができませんでした。

    経験から来る感覚で判断する部分もあるので、やや難しいですが、例えば、必殺仕事人の中村主水。

    主に水と書いて「もんど」と読ませるような名前。

    これは武士としか思えません。

    また、北島三郎の木こりの与作のような「よさく」という名前。

    これはちょっと武士っぽくありません。

    ただし名前だけで、必ずしもわかるわけではありません。

    もう一段階深く話すと、武士は実名(じつめい)と通称(つうしょう)という二つの名前を持っていました。

    実名は、諱(いみな)ともいい、殿様の前などフォーマルな場で使う名前。

    通称は、普段使う名前。

    実名はいかにも武士っぽい雰囲気の2文字の名前。

    通称は、庶民とさほど変わらない名前です。

    例を出します。

    ・織田信長(おだ のぶなが)の通称は三郎(さぶろう)、実名は信長

    ・坂本龍馬(さかもと りょうま)の通称は龍馬、実名は直柔(なおなり)

    明治に入って戸籍ができたとき、武士は通称と実名のどちらかを選んで登録しました。

    実名登録なら武士とわかりやすいですが、通称登録だと、名前だけでは確定しにくくなります。


    ◆先祖が武士であった場合の調査方法

    江戸時代(1603~1867)は、全国に300以上あった藩では、藩士の名簿を作っていました。

    それを「分限帳(ぶん(ぶ)げんちょう)」といいます。

    「武鑑(ぶかん)」「士族明細帳」「禄高帳(ろくだかちょう)」などもありますが、内容はほぼ同じで、藩士の氏名・役職・禄高(年俸)などが記載されています。

    なかには、居住地や作製時期の藩士の年齢・家紋などが記されているものもありました。

    現在の住宅地図のような、城下町の屋敷地図が残されていることもあります。


    このような史料の多くは、地元の図書館や公文書館・博物館などに現在でも保管されていることが多く、丹念(たんねん)に調べることによって、その家の先祖がどのような身分の武士であったかが、より具体的に判明すると思われます。

    また、武士である先祖は、仕えていた藩に、家系図や親類書(武士が、家族・親類の氏名や仕官先、本人との続柄などを書いた文書)を提出している可能性があります。

    それらの多くは、筆字で書かれた古文書ではありますが、先祖が書いた家系図類を発見し、活字化することによって、江戸時代初期か、あるいはそれ以前の先祖のことまでが詳細にわかる可能性があります。

    いずれにしても、先祖がかつて仕えていた藩の史料は、当家の家系を調べるうえで、貴重な情報源となります。


    ●明治5年の人口統計(身分別・職業別)

    江戸時代は正確な人口統計が調査されていませんが、明治維新直後の1872(明治5)年の身分別人口によれば、農民・職人・商人・町人などの平民(庶民)が約3083万人、旧幕臣や藩士などの士族(武士、卒族といわれた足軽などの下級武士を含む)が約194万人、皇族・神主・僧侶が2666人いました(※諸説あり)。

    これを比率にすると、平民が93%で、士族(武士)が約6%、その他の皇族・神主・僧侶が約1%です。

    また、1873(明治6)年の職業別統計では、人口のおよそ79%が農業、6.6%が商業、3.5%が職人とあり、その他は雑業と分類されました。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190602-00020763-gonline-bus_all

    所長見解:そうなんやね・・・


    【【調べる方法】先祖は武士か庶民か問題。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    「クソみてえな人生」と思う夜

    ――今は幸せだと思いますか?

    山下:まあ幸せなんじゃないですか。
    ライターや編集の仕事をしていますが、やりがいは大きいです。
    仕事で幸せを感じられるので、死ぬまで働きたい。
    でも、おれももう50歳なので、いつまで仕事の依頼が来るか分からない。
    それが唯一の不安材料ですね。
    仕事がなくなったら、人生が真っ暗になりますよ。


    ――ずっと独身でも構わないですか?

    山下:はい。結婚はしてもいいし、しなくてもいい。
    そもそも、できないだろうなという気持ちが強いです。
    そのことを悲観するつもりはありません。
    でも、たまにふと「クソみてえな人生だったな」と思うことはあります。
    いい歳して結婚せず、子供も作らず、好きなことをやってフラフラ生きているだけ。
    社会の役に立っているわけでもないし、「しょうもねえ人生だったな」ってね。

    子供の頃にイメージしていた50代って、こんなんじゃなかったなあ。
    もっとちゃんとした大人になれると思っていました。
    同級生の友達の子供はもう大学生になっているんですが、それに比べると、自分はますます社会不適合感が出てきたような気がします。

    それでも自分の人生が後悔にまみれているとは思わないし、将来を悲観してもいません。
    絶望感や孤独感で胸が潰れそうになることもありますが、ごくまれに、の話です。
    ひとりで好きなことをやって、そこそこ楽しく暮らしていく生き方が自分には合っているので、不満はないですね。
    あきらめはありますが(笑)。

    k


    取材を終えて

    取材中、「しょうがない」という言葉を繰り返していたことが、とても印象に残りました。
    シングルライフの現状に大満足ではないが、ひとりの良さも分かっているし、現実的にはひとりでいることを受け入れざるを得ない。そんな心境なのかもしれません。

    ひとりでいることに対して「しょうがない」と言うなら、「じゃあ結婚したら?」と思うのですが、そのエネルギーや労力を考えると、そうまでして変えたいとは思わないようです。
    今の自分を受け入れているとも言えますが、どこか将来を諦めているようにも見え、月並みな言葉ですが”人生の悲哀”を感じました。50歳という年齢も、関係しているのかもしれません。

    一方、ダイビングの趣味を持ち、仕事を生きがいに人生を楽しんでいるようにも見えます。
    家庭を持っている人から見たら、羨ましい面もあるでしょう。
    はたして、山下さんは幸福と言えるのかどうか、私には分かりませんでした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00010000-danro-life&p=4

    所長見解:どうなんやろね・・・


    【【悲報】50歳未婚男性 結婚できなかった人生がコチラ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん
     
    都内のスポーツクラブの前に一台の高級外車が止まったのは、4月のとある平日の夕方。

    左ハンドルの運転席から現れたのは、ベージュのトレンチコートにくるぶし丈のデニムという春らしい装いの松嶋菜々子(45才)だった。

    日常の何気ないシーンでも驚くほど目を引く。

    s


    「娘さんのプールの送り迎えですよ。いつも真剣に練習を見守っています」(スポーツクラブ関係者)

    時折、ママ友と会話を交わす。

    レッスンを終えた娘は松嶋の元へ駆け寄る。

    濡れた髪をやさしく拭いてあげながら2人はクラブを後にした。

    「毎日テレビで“田舎の素朴な母親”役の松嶋さんを見ていますが、まったく違う! リアル松嶋ママは『なつぞら』よりカッコよすぎました(笑い)」(居合わせた人)

    松嶋は現在、NHKの朝ドラ『なつぞら』で、ヒロインの広瀬すず(20才)の育ての母親を演じている。

    舞台は戦後の北海道。

    自分のことは後回し、芯は強いがいつでも家族のために働く母親役。

    質素な装いに、ほぼすっぴんメイクで方言を話す松嶋の好演は評判だ。

    「収録の合間もすずちゃんに“ご飯食べてる?”と気遣うなど母親の顔を見せていました。
    『ひまわり』(1996年放送)のヒロインを演じて以来、20年以上ぶりの朝ドラですが、気持ちが入っていたようですね」(ドラマ関係者)

    冒頭の送迎シーンもそうだが、私生活でも、松嶋はよき母親である。

    2001年に反町隆史(45才)と結婚すると、現在は14才と11才、2人の娘の母親として多忙な生活を送っている。

    「松嶋さんは教育熱心。
    プールやバレエの送迎はもちろん、名門一貫校のお受験もしっかり合格。
    学校行事にも積極的で、ご夫婦そろって、出席されていますよ」(松嶋の知人)

    2人の娘の子育てに夫の協力は欠かせない。

    「今回の朝ドラは長い北海道ロケがあったのですが、その時は反町さんが仕事を控えて、家事やお子さんの送迎もこなしていらっしゃいました。
    反町さんはアウトドアの達人でフットワークの軽い人。
    車の洗車から草木の手入れ、料理までササッとこなしてくれる。
    ソファにドスッと座っているタイプとは正反対。
    だから松嶋さんも仕事に力も入れられるし、オンオフがしっかりつけられるんだと思います。うらやましい」(前出・松嶋の知人)

    松嶋が娘の送迎をしていた数日後、今度は都心を歩く反町の姿があった。

    カモフラージュ柄のパンツにTシャツというラフな装いだが、やはり目を引くオーラだ。

    スポーツジムや日焼けサロンなどをはしごすると自宅へ帰って行った。

    いい夫がいるのは『なつぞら』と同じようだ。


    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190512-00000003-pseven-ent

    所長見解:幸せやん・・・
    【【理想の夫婦】松嶋菜々子、反町隆史の娘がコチラwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (・ω・)/ななしさん

    女優でタレントの平愛梨が4月24日、自身のインスタグラムにて、夫でサッカー選手の長友佑都と愛息子との家族ショットを公開。

    幸せそうな様子に反響が寄せられたが、息子のことを謎の呼び名で呼んでいることに対し、嫌悪感を示す声が多くあがった。

    f


    平と同じような内容を、長友も自身のインスタグラムに投稿。

    《トルコに来て1年がたちますが、本当に子供に対して温かく、素晴らしい国です。家族みんなトルコが大好きです》

    と〝トルコ愛〟を語り、息子を抱いて平と寄り添う幸せそうな家族写真を公開した。

    一方で平は、家族エピソードを交えながら写真を投稿。

    4月23日はトルコで『こどもの日』と定められているようで、息子には《「好き放題させてあげる。怒らない」と朝から決めて過ごそう》と思っていたにもかかわらず、いたずらを繰り返されたため怒ってしまったそう。

    文章の中では、《今日はどんな風にバンビーノと向き合うのでしょうか》《まだ何も分からないバンビーノ》《強めの自我を出してくるバンビーノ》など、息子のことを〝バンビーノ〟とつづっている。

    また長友のことは〝PAPA〟と書いていた。

    育児の大変さに共感が集まる一方で、公開された息子の姿にネットでは、

    《かわいいー! 幸せそうでうらやましい》
    《口元は父親似やな 目はカーチャンか?》
    《これは成長とともに長友成分濃くなるで》

    などと、微笑ましく思っている声が多く上がった。


    しかし、バンビーノ呼びには案の定、

    《バンビーノって何だよww》
    《バンビーノ呼びダサい。子供が大きくなったとき嫌だと思う》
    《お花畑過ぎて… 長友も安っぽくなったわ》
    《アモーレもバンビーノも恥ずかしくて失笑もんだわ》

    などと、呆れている声が飛び交っている。


    「長友は平との交際が報じられた際、平のことを『自分自身にとって大切な人。〝アモーレ〟ですね』と発言したことで、一時期ちょっとした〝アモーレ〟ブームが起きました。

    長友と平が互いを『恋愛、愛する人』を意味するイタリア語『アモーレ』とするならば、息子は『男の子、少年』を意味する『バンビーノ』というわけです」(芸能ライター)

    今後、成長した〝バンビーノ〟と〝PAPA〟がサッカーボールでじゃれる姿が見られるかもしれない…。


    https://myjitsu.jp/archives/82366

    ▼写真
    https://www.instagram.com/p/BwnGVnZnp1O/

    所長見解:ちょっとね・・・

    【【これはイタい】平愛梨と長友佑都の家族ショットにドン引きの理由・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ